参り まし た 入間 くん ネタバレ。 【魔入りました!入間くん】主人公鈴木入間の指輪!アリこと「悪食の指輪」とは?

【魔入りました!入間くん】主人公鈴木入間の指輪!アリこと「悪食の指輪」とは?

参り まし た 入間 くん ネタバレ

2017年3月から週刊少年チャンピオンにて連載されている 「魔入りました!入間くん」。 お金欲しさに、クズ両親の手で 悪魔・サリバンの元に売られてしまった 少年・鈴木入間。 サリバンは入間を孫として溺愛。 お手伝いのオペラと共に入間を甲斐甲斐しくお世話し、自らが学長を務める 「悪魔学校 バビルス 」に通わせます。 人間であることを隠しながらも、 人間だからこそできる特異な出来事を繰り広げてあっという間に悪魔界で話題の存在になる入間。 「問題児 アブノーマル クラス」の生徒たちと仲良く協力しながら、最重要である 「位階 ランク アップ」目指して日々楽しく暮らしています。 ランクアップチャンスのイベントの2つ目 「音楽祭」に向けて奮闘する各クラス。 「目立たない」プルソンを仲間に引き込み、演奏チームとダンスチームに分かれて猛特訓する問題児クラス。 荒削りだけど 伝説の女悪魔・リリスの世界はできてきています! 誰とも干渉して来なかったプルソンも少しずつ馴染んで楽しみも覚えてきた模様。 しかしそんな中、 不穏な陰がプルソンに忍び寄る・・・。 そんな「魔入りました!入間くん」160話のネタバレです。 前話からのあらすじ 劇で使う衣装をいろいろ物色する入間たち。 たくさんの衣装の中に、プルソンに向けた 認識阻害の布を織り込んだ黒子のような衣装もあった。 「神秘の幕」は顔出しを拒む貴族が使っていたもの。 姿を陽炎のように不安定なものにするため、 堂々と13人全員が舞台に立てる、とケロリが睨んで用意したものでした。 衣装以外にもメイクや背景、小道具などにもプロの力を借りようといろいろ模索しているケロリ。 学校行事にお金をかけることに制限はないものの、ここまでやっていいのかな?と入間はちょっと懸念。 しかしケロリは、 「ちっともズルくないわ。 知識、お金、コネ。 すべてこれまでの私が努力で培った財産。 これまでの財産を未来の私に使って何がいけないの?」 才能も財産。 これはプルソンにも響いた模様。 疼く指をほぐすため、みんなに軽めの演奏を披露してみせるプルソン。 プルソンの心もだんだんほぐれてきたようです。 しかし、 突然カルエゴ先生の呼び出し。 父親からの電話。 受け答えをする プルソンの表情が固まる・・・ 何かを先生に頼んだ後、手に 「退学届」を持って姿をくらませるプルソン。 えっ!音楽祭どうするの!? 魔入りました!入間くん160話ネタバレ 学校vsモンペア? 「早急に息子を返していただきたい」 プルソンの父親からカルエゴ先生の元にかかってきた電話。 プルソンの家系は隠密行動を生業にしている家系。 息子のプルソンが口外しなくともプルソンが音楽祭に出ようとしていることは筒抜けのようです。 そもそも、プルソンを学校へ通わせているのは 常に姿を隠し、隠密の腕を上げるためだと。 だから前に出されてしまっては意味がない。 学校を「学びや交流の場」というより 「修行の場」として形式的なものと捉えているのでしょうか・・・。 言われっぱなしのカルエゴ先生もさすがは厳粛な悪魔、落ち着いて学校の方針について粛々と 「本校は常に生徒の能力と精神向上のため最善を尽くしています。 今回の件も本人の音楽の才能と自主性を重んじた上で」と、ここまで語った所で 「自主性?」と割って入るプルソン父。 「我らに個の考えなど必要ない。 そんなぬるい教育をしているのか、貴校では息子は絶対に成長できぬな」 教育方針の違いと言ってしまえばそれまでですが・・・これにはさすがのカルエゴ先生も障る所があったようで。 「本校の教育方針に異を唱えると?」思わず魔獣を召喚しそうになる先生。 そこへカルエゴ先生の師、ダリ先生が電話を代わる。 「失礼、本校では生徒の欲を第一としておりますので、本人の同意なしに手続きはできません」 この言葉にプルソン父も動じることなく 「自主退学だ、明日にでも家へ帰らせる」それで前回プルソンは退学届を握っていたのでした・・・ このことは問題児クラスにも伝えられた。 全員血の気が引いたような表情に・・・。 「プルソンくんはいるよ」 プルソンは自分で 「いいんです」と言ったということも伝えられた。 それに続けて 「プルソンが抜けて課題のハードルが下がったのだからラッキーだろう」とカルエゴ先生。 あえての挑発だと思いますがね。 その言葉を遮ったのはリード! 「ランクだけ見りゃそうだけど違うじゃん!!ここまで来てそんなん悔しいじゃん・・・!」 リードもプルソンと一緒に練習しながら会話したり遊んだりすることがとても楽しかったんでしょう。 息をついた先生が 「プルソンが抜けたからと言って貴様らが腑抜けている場合ではない。 音楽祭まであと5日、私も貴様らに構っていられない・・・今は多忙なのだ」と言う顔を見上げて何か引っかかる表情の入間。 「準備と指導と、行方不明のプルソンを捜さねばならんのだからな」 きょとんとする生徒たち。 どうやらプルソンは退学するでもなく家に戻るでもなく、姿を消しながら本当に 「揺蕩う蝙蝠」になっているようです。 自分の意志で帰ってない?家出してるのか?僕ら変なこと言ったかな?まさか事故でケガ!? あれこれ考える生徒たちに 「どこにいるか大体察しはつくがな」と、まっすぐどこかを見つめる先生の顔を見て、 ふぁっ・・・と何かをひらめく入間! 「どうしたらいいか迷っているんだ。 きっとプルソンくんは音楽祭に出たくて、帰ってこいって言われて一人で迷って迷って消えて・・・」 「どこにも行けないプルソンくんが最後にたどり着く、彼の居たい場所・・・」 その瞬間、全員が振り返り入間の目線の先に目をやる。 「見えないけど絶対に居る!教室 ここ に!」 大丈夫、君を待ってるよ 「プルソンくん!」と突然大声で呼びかける入間! 「僕は・・・僕たちはキミと一緒に音楽祭に出たいよ!!」 それに続いてリードも 「でようよ!だって超楽しかったじゃん!」と叫ぶ! クララ「ハイ!ひとりぼっちはよくない!」 アスモデウス「イルマ様と特訓しておいて辞めるはダメだ!」 エリザベッタ「今回のメインはあなたと私。 レディを1人にするなんて無粋じゃなくて?」 アガレス「1人でサボるのよくない」 ゴエモン「できることがあれば何でもする!」 カムイ「紳士同士話足りない」 サブノック「己から主役を奪ったのだからカッコよくなくては困る!」 アロケル「行動は思考より欲に忠実なり」 ジャズ「俺はお前が来る方に賭けるね」 ケロリ「私のステージは13人で!完璧最高なんですよ!!」 僕たちは練習するよ!君の演奏に負けないように!! 13人でステージに立つために!!! ひとしきり叫んだ後、猛練習を再開する問題児クラス! おそらく1人1人が 「ただ言いたい事」を叫んだだけに過ぎないのに、こんなにも誰かのために響く声になるなんて。 大丈夫、と信じて。 ついに音楽祭は明日・・・!! 魔入りました!入間くん160話感想・まとめ いいクラスメイトに出会えてよかったねプルソン・・・! 熱いみんなの呼びかけに思わず目が潤んでしまいます;; それにしても、プルソンの家系はどういう教育方針なのでしょうか? 隠密の家系だから個の意志を無視して家系に従わせる?そのために学校を利用?それならプルソンはプルソンでなくても、悪魔でなくてもよくなってしまいます。 プルソンの兄が能力の高さ故に消えてしまった、と父親は語っていましたが、 もしかすると彼も家出中なのでは・・・この音楽祭で奇跡が起きて、プルソンと兄が再会できないかな?と少し願ってしまいます。 カルエゴ先生やダリ先生も、ただ平謝りするでもなく きちんと学校方針と生徒1人のことを考えて言いたいことを言ってくれる所も安心できますね。 たった1人のために、必要とあらば戦うことも辞さない、学校はこうであるべきだと思いますね。 プルソンがいないまま、明日に迫ってしまった音楽祭本番。

次の

魔入りました!入間くん

参り まし た 入間 くん ネタバレ

鈴木入間、14歳、人間。 魔界に住む悪魔の餌であるため魔界で目立ってはいけない。 しかし、物語というのは皮肉なもの。 前回で六指衆のテロを防いだニュースが広まって、魔界の報道陣に押しかけられるほどの人気者へとなってしまいます。 「人気者ですね」 学園に入間くん目当てに押し寄せる報道陣を見て、そう呟かれてしまいます。 「自宅にも張られているだろうしどこに住もうか?」 「じゃあ、家にくれば~?」 と提案したのはクラスメイトのクララです。 そうしてマスコミから逃げるための潜伏先としてのクララの実家であるウァラク家に隠れることになります。 そこで入間くんとアスモデウスは、騒がしい兄妹たちの歓迎や、お決まりの「姉ちゃんの彼氏~?」といった質問攻めなど洗礼を受けます。 円状の不思議なものが点々と置いてある居間に招待されてからは、ママからのクララの恥ずかしいアルバムの公開もありました。 幼いクララの黒歴史がアルバムに残されていて、それをみんなで鑑賞します。 そこからひとしきり家族たちの相手をして遊び終わると、クララに膝枕による不思議な魔術でアスモデウスと一緒に入間くんも熟睡します。 起きるとともに朝から元気に入間くんたちと戯れるクララの様子を見て、ママは、 「成長記録、更新ね!」 とアルバムの写真を追加していました。 魔入りました!入間くん 89話の感想 今回はクララのイベント回でしたね。 不思議ちゃんキャラでサブ枠を賑わせていたクララの意外な家庭環境が見れてクララ押しのファンにとっては貴重な回となったのではないでしょうか? 六指衆のテロについての事件も収入して一段落ついての、のびのびとしたイベントな回でしたね。 可もなく不可もなく、ギャグの質も相変わらず面白くて、いつも通りの安定した面白さでした。 そのため、物語が進展していくというよりも、平和な一日を描くという次の事件への伏線をじわじわと張っていくための繋ぎ的な要素だと思われます。 ただ、クララとの関係がどうなっていくのかという点においては好感度ポイントとして、一つポイントを稼ぎましたね。 今後、どういったアクシデントが起こるのでしょうか? それにどう入間くんが巻き込まれていくのか見ものですね。 最後まで読んで頂きまして有難うございました。

次の

悪魔階位(悪魔ランク)早見表:魔入りました入間くん

参り まし た 入間 くん ネタバレ

しかし父からの連絡を受けたプルソンは、入間たちに相談もしないまま退学届を準備していました。 魔入りました!入間くん160話のネタバレ プルソンの父はカルエゴに息子を返してほしいと、電話で直接抗議してきました。 プルソンを音楽祭に出すなど言語道断だという父。 これはプルソンに聞いたわけではなく、一族が独自に調べたことでした。 陰の者であるプルソン家は秘密を探ることなど造作もないこと。 元々悪魔学校にプルソンを預けているのは隠密としての腕を磨かせるためであり、前に出されてしまっては通わせている意味がないと父は抗議します。 するとカルエゴは、本校は常に生徒の能力と精神を向上させる最善の教育が出来るように努めており、今回の一件もプルソンの音楽の才能と自主性を重んじた故のことだと説明します。 しかし父は自分たちに個の考えなど必要ないので、そんなぬるい教育をしているなら、悪魔学校ではプルソンは絶対に成長できないと言い放ちました。 そんな父の言葉に、本校の教育方針に異を唱えるのかとカルエゴは静かに怒りを露わにします。 そこでダリがカルエゴの肩を叩いて落ち着かせながら、本校は生徒の欲を第一としているため、本人の同意なしに手続きは取れないと父に説明しました。 すると父はプルソンを呼べと指示し、自主退学させて明日にでも家へ帰らせると話すのでした。 そんなこんなでプルソンは退学のための準備を行うこととなり、そのことはカルエゴの口からアブノーマルクラスにも伝えられました。 生徒たちは衝撃の事実に絶句します。 プルソンが抜けたことで課題のハードルは下がったので逆にラッキーだろうとカルエゴは言いますが、リードはここまで来てそんなの悔しいと言いました。 しかし音楽祭まであと5日しかなく、プルソンが抜けたからと言って腑抜けている場合ではないとカルエゴは話します。 音楽祭の準備と生徒たちの指導に加えて、行方不明のプルソンを捜さなければならないため忙しいというカルエゴ。 入間はプルソンが行方不明だという言葉を聞いて驚きました。 どうやら家には戻っていないらしく、学校にもプルソンの実家から何度も問い合わせが来ているようです。 それを聞いた生徒たちは、家出中なんじゃないか、自分たちが余計なこと言ったんじゃないか、怪我など何かあったんじゃないかと口々に話します。 しかしカルエゴは、どこにいるか大体察しはつくと言います。 生徒たちは、どこですか!?と驚きながら問いかけますが、カルエゴは無言で入間を見つめました。 すると入間は何かに気づき、どうしたらいいか迷ってるんだと話し始めます。 プルソンは音楽祭に出たくて、帰って来いと言われてずっと一人で迷って消えて、どこにも行けないでいるのではないかと推測する入間。 そんな彼が最後にたどり着く自分の居たい場所。 それはこの教室だと入間は言いました。 生徒たちは一斉に教室の後ろを振り返り、ステージに視線を注ぎました。 プルソンの姿は見えませんが、入間を皮切りに一人一人プルソンに向けての想いを語りかけます。 まず入間は自分たちはプルソンと一緒に音楽祭に出たいという思いをぶつけ、リードは入間に同意しながら、練習の日々が楽しかったことを話します。 さらにひとりぼっちはよくないとクララは言い、アスモデウスは入間と特訓しておきながら、辞めるなどダメに決まっていると言いました。 そしてエリザベッタは音楽祭で踊るリリスになり切りながら、今回のメインは自分とプルソンのため、レディを1人にするなんて無粋だと話します。 他の生徒もプルソンに来てほしいという思いをぶつけ、最後にもう一度入間が13人でステージに立つために、プルソンの演奏に負けないよう、全員で一生懸命練習することを約束しました。 その後、プルソンと演奏できることを信じて、アブノーマルクラスは必死に練習を重ねていきました。 そしてついに音楽祭が間近に迫ってきました。

次の