オリエント スズメバチ。 植物

太陽光発電するオリエントスズメバチをみならいたい人類。

オリエント スズメバチ

太陽光からエネルギーを生成する色素を持つオリエントスズメバチ(資料写真)。 研究チームのリーダーでイスラエルにあるテルアビブ大学のマリアン・プロトキン氏は、「オリエントスズメバチは外骨格の内部で電気を生成する。 しかしその仕組みは謎だった」と話す。 オリエントスズメバチの発電現象を発見したのはプロトキン氏の師に当たる故ヤコブ・イシャイ氏。 太陽が最も強く照らす時間帯に活発に行動する生態から、この事実にたどり着いていた。 ほかのスズメバチにはこのような習性はないという。 プロトキン氏の研究チームはこの発見からさらに一歩進み、ハチの外骨格の構造を解析し、電気がどのように生成されるのかを解明した。 まず表面の茶色の組織が光を捕獲し、黄色の組織が光から電気を生成する。 「ただし、この電気を何に利用しているのかよくわからない」とプロトキン氏は述べる。 人間が作る太陽電池の発電効率は通常10~11%程度だが、オリエントスズメバチはわずか0. 335%しかないという。 したがって、エネルギーの大部分は依然としてエサから得ていることになる。 「しかし、この点はそれほど重要ではない」とプロトキン氏は話す。 「なぜなら、植物や微生物の間で太陽の光を捕獲する集光性がみられることは珍しくないが、動物界ではいままで確認されたことはなかったのだ」。 研究チームはオリエントスズメバチの茶色の組織の多くにメラニンを発見した。 人間の肌では有害な紫外線を吸収して熱に変換し、肌の細胞を保護している色素だ。 光を捕獲する溝も組織にある。 太陽の光線を組織内に導きつつ、小さな光線に分割していた。 一方、黄色の組織には、キサントプテリンという色素が含まれていた。 チョウの羽や哺乳類の尿を黄色にしている色素である。 研究チームは、キサントプテリンを単離して液体溶液を作り、一種の導体である固体太陽電池の電極内にその溶液を配置した。 そして、電極に光を放つと、溶液中のキサントプテリンが電気を生成した。 イギリスにあるロンドン自然史博物館の昆虫学者クリス・ライアル氏は、今回の研究を受けて次のように話す。 「素晴らしい研究だ。 発電しないスズメバチとの外骨格構造の比較研究が望まれる。 今回の研究が正しければ互いに全然違うはずだ」。 「例えば、フランスとスペインの国境にあるピレネー山脈で出会ったアポロウスバ(学名:Parnassius apollo)は、羽ばたく前に太陽の光を十分に浴びる習性を持っていた。 おそらく、太陽放射を吸収していたのだろう。 両者を比べてみるとおもしろいだろうね」。 今回の研究成果は、「Naturwissenschaften」誌の2010年12月号に掲載されている。 Photograph by Blickwinkel, Alamy 文=Matt Kaplan.

次の

ハイテク?スズメバチ

オリエント スズメバチ

ツマグロスズメバチ 出典: ツマグロスズメバチは、体長は20mmほどの大きさで、女王バチは28mmほどになります。 日本国内では、主に八重山諸島に生息しています。 腹部が黄色と黒のツートンカラーのため、見分けやすいスズメバチです。 台風の被害を防ぐために、 地面近くに巣を作ることが多いです。 巣は初期の頃はトックリのような形状で、大きくなってくると球体へと変わっていきます。 それほど攻撃的ではありませんが、畑や庭に巣を作ることが多いため、農作業中に誤って巣を触ってしまい襲われるという事故が多く起こっています。 駆除は専門業者に依頼するのが確実 蜂の巣の駆除は、大変危険が伴うため専門の業者に依頼したほうがいいでしょう。 下記の「 生活110番」は、害獣・害虫駆除を始めとしたさまざまなお困りごとを解決する事が出来るサービスで、全国3,000社の提携加盟店の中からご依頼にあった業者を紹介してくれます。 対応エリアは日本全国で、24時間365日受付対応を行っているので、夜間でも相談が可能です。 メールでの無料見積もりも出来るので、お困りのようでしたら一度相談されてみてはいかがでしょうか。 スズメバチの毒性は時に、アナフィラキシーショックを起こし死亡することもあります。 庭や軒先に大きな巣を見つけたときはむやみに触らず、専門業者や行政に頼ったほうが無難でしょう。 スズメバチについてはこちらの記事もどうそ。

次の

CERの森を利用したミツバチ研究

オリエント スズメバチ

形態 [ ] オリエントスズメバチは、に外観が非常によく似ている。 と混同すべきではない。 の体長は25 - 35mmで、雄バチや働きバチはそれよりも小さい。 オスのは13節だが、メスは12節である。 生態 [ ] 2010年にとの大学の研究チームは、オリエントスズメバチの腹の黄色い縞は太陽の光を取り入れ、エネルギーに変換できることを発見した。 実際に、主な代謝活動は黄色色素層で生じている。 その処理は、 ()と呼ばれる色素によって実現されている。 このことは、オリエントスズメバチがほとんどのスズメバチと違って、強烈な日差しの間に多く活動している理由の説明となるかもしれない。 分布 [ ] 沿岸でよく見られるが、やでも見られる。 しかしながら、人間によるの影響で、はやまで広がり始めている。 出典 [ ]• 京都大学生態学研究センター• 日本動物行動学会 NEWSLETTER No. 44 p6 PDF• Walker, Matt 2010年12月6日. BBC Earth News. 2010年12月9日閲覧。 Buxton, P. July 1920. The Journal of Hygiene Cambridge University Press 19 1 : 68—71. 2011年10月4日閲覧。. Dvorak, Libor June 2006. Entomological Problems 36: 80. 2011年10月4日閲覧。. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• ウィキメディア・コモンズには、に関するメディアがあります。

次の