おせち 料理 歴史。 おせち料理を重箱に詰める意味とは?意外に浅いおせち料理の歴史

おせち料理の由来と食材の意味を解説付きで紹介!

おせち 料理 歴史

スポンサーリンク おせち料理を重箱に入れる理由とは? 重箱に積めるようになったことの意味として最も有名なのが 「幸せを重ねる」というものです。 も語呂合わせや、 見た目からの連想に由来するものが多く、特にお正月の 飾りや料理にはそういった考え方が見て取れます。 日本人が、いかにお正月を重要視して大切にしていたかが 読み取れるような気がしますね! 意外に短いおせち料理の歴史! 最初は重箱に入っていなかった! おせち料理の歴史を探ってみると、おせち料理が重箱に詰められるように なったのは、 江戸時代も末期の頃でした。 おせち料理は、奈良時代の頃から 「御節供(おせちく)」というおせち料理 の元祖があり、主に朝廷のお正月の宴で食べられていました。 ですが、この頃から江戸時代の末期まで、「料理はお皿に盛り付けられていた」 のです。 江戸時代の頃は、呼び名も「おせち料理」ではありませんでした。 関東では 「食積(くいつみ)」 関西では 「蓬莱飾り(ほうらいかざり)」 などと呼ばれ、床の間などに飾っていたという ことです。 その後、 江戸時代後期になって「御節(おせち)」という呼び方が登場します。 当時は 従来通り御膳などに備えたものを「おせち」と呼び、 重箱に詰めたものを 「食積」 と呼び、分けて用意していました。 重箱はサランラップのかわり? おせち料理は、 「お正月の間はお母さんもゆっくり休んでもらう」という 意図もあって、保存の効く煮物などの料理が多いです。 ですが、料理自体保存が効いたとしても、 保存する容器が問題です。 現代であれば、残った料理はラップなどをして保存できますよね? しかし、江戸時代から戦後すぐは、ラップなどはありませんでした。 これは、春夏秋冬を表すと言われていたり、 「完全」や 「安定」を 意味していて縁起がいいとして日本人に好まれている 「三」という数字を 越えてさらに縁起が良いからという理由から来ていると言われています。 一方で日本では「四」の「し」という音は「死」を連想するもの として、忌み嫌われていますので、重箱の四段目のことを 「与の重」と表記して 「よのじゅう」と呼んでいます。  カテゴリー• 117• 355•

次の

なぜ正月に「おせち」を食べるの? おせちの由来や食材に込められた意味など【知っておきたい食知識】

おせち 料理 歴史

日本の風習であるおせち料理の由来や意味、歴史を知りましょう。 目次 おせち料理とは?由来や意味について おせち料理の始まりは、 節といわれる季節の変わり目ごとに、豊作を感謝して神様にお供え物をした「節供」に由来しています。 お供え物として作物で作った料理が、おせち料理の始まりです。 五節句とは? 五節句の「節」とは、もともとは中国の唐の時代に暦法で定められた季節の変わり目で、邪気を払う日でした。 日本では人日(じんじつ)、上巳(じょうし)、端午(たんご)、七夕(しちせき)、重陽(ちょうよう)という節日に、邪気を払う宴会が宮中で催されるようになり、五節句と呼ばれるようになりました。 おせち料理の種類とそれぞれの意味・いわれ 食材・料理 意味 黒豆 邪気を払い、勤勉に働くことや健康で丈夫に過ごせることを願う。 数の子 ニシンの卵である数の子は数が多いことから子孫繁栄を願う。 田作り 片口イワシを撒いて豊作となった田畑があったことから、五穀豊穣を願う。 紅白かまぼこ 半月かまぼこは日の出を表す。 赤は慶び、白は神聖の意味を持つ。 昆布巻 「喜ぶ」にかけて縁起をかつぎ、健康長寿を願う。 伊達巻 しゃれた身なりの伊達者にカステラかまぼこが似ていたことに由来。 書が巻物にされていたことから、知識が増えることを願う。 栗きんとん 黄金色をしていることから財宝にたとえられ、金運を呼ぶ。 煮しめ 土の中で根を張る根菜が中心で、末永い幸せを願う。 おせち料理は、ひとつひとつの料理に意味が込められています。 おせち料理の意味については、「おせち料理の意味と種類」で詳しく解説しています。 おせちのはじまり・歴史 おせち料理は弥生時代に中国から伝わったことに始まり、江戸時代後期に現代に近い形になっています。 おせち料理はどのような歴史をたどって、生まれたのでしょうか。 おせち料理のはじまりは弥生時代から おせち料理の起源は、弥生時代まで遡ります。 稲作が縄文時代の終わりに中国から日本に伝来し、弥生時代にかけて広まったことで、狩猟中心の社会から農耕中心の社会へと変わりました。 中国から「節」を季節の変わり目とする暦ももたらされ、節ごとに収穫を神様に感謝して、 「節供」といわれるお供え物をする風習が生まれたのです。 「節供」として供えた作物を料理したものは「御節料理」と呼ばれ、おせち料理のもとになったとされています。 おせちが定着したのは奈良時代から平安時代 弥生時代では風習であったおせち料理が定着したのは、奈良時代から平安時代の時期に、節の儀式が宮中行事として執り行われるようになったことによります。 唐の暦法にもとづいた節目の日である節日に、邪気を祓い、不老長寿を願う儀式として「節会(せちえ)」が催され、「御節供 おせちく 」と呼ばれるお祝い料理が振る舞われました。 特に、五節句の日に開かれる節会は重要視され、五節会と言われていたといいます。 平安時代に五節会が開かれたのは、1月1日の元日と1月7日の白馬(あおうま)、1月16日の踏歌(とうか)と1月の3回に加えて、5月5日の端午(たんご)、11月の豊明(とよのあかり)に開かれていました。 この時代は正月料理という位置づけではなく、五節句のお祝い料理すべてが、「御節供」と呼ばれていました。 おせちがお正月の定番として受け入れられ始めた江戸時代 江戸時代になると、五節句は祝日として定められ、幕府の公式行事として位置付けられました。 江戸時代は人日の節句は1月7日、上巳の節句は3月3日、端午の節句は5月5日、七夕の節句は7月7日、重陽の節句は9月9日です。 そして、庶民の間にも「御節供」が民間行事として広まったことで、1年に5回ある節句で豪華な料理がふるまわれるようになっていきました。 そして、五節句のうち新年を迎える最も重要な人日の節句の料理が、正月料理として定着しました。 山や海の幸がおせち料理に取り入れられるようになり、 江戸時代後期になると、現代のように料理一つひとつに意味が込められ、新年を祝うために食べるものとなりました。 また、大みそかにおせち料理を作り、お正月に家族揃って食べる風習も生まれています。 また、おせち料理が重箱に詰めるスタイルとして確立したのは、江戸時代末期から明治時代にかけてのことです。 重箱は、室町時代にすでに存在していたことが文献から分かっています。 江戸時代の初期から中期にあたる寛永から元禄の時代は、酒宴では重箱が用いられていました。 しかし、寛永の後の宝永の時代になると、徐々に硯蓋(すずりぶた)といわれる盆状の器が用いられ、おせち料理もお膳に乗っていました。 ところが、再び江戸時代末期になって硯蓋が使用されなくなり、おせち料理は重箱に詰めるのが一般的になったのです。 おせちが重箱に詰められるようになった理由はいくつかあり、一つは 「箱を重ねる=めでたさを重ねる」という意味によるものです。 また、重箱に詰めることで場所をとらない、重箱に入れておくとお客様に振る舞いやすいといった理由も挙げられます。 「おせち」と呼ばれ始めた第二次世界大戦後 おせち料理は江戸時代末期には現代のものに近い形になりましたが、 「おせち」と呼ばれるようになったのは、第二次世界大戦後のことです。 それまで、おせちは、「食積 くいつみ 」、あるいは、「蓬莱」と呼ばれていました。 おせち料理は家庭で作られるものでしたが、終戦後はデパートで重箱入りのおせちが売り出されるようになりました。 「おせち」という名称で売り出されたことが、広く一般的に「おせち」と呼ばれるようになったきっかけです。 現代ではおせち料理は伝統的なものだけではなく、洋風や中華風、和様折衷の料理が盛り込まれるなど、バラエティ豊かな商品が販売されています。 有名シェフや有名レストランのプロデュースによる商品など、高級感あふれる商品もあります。 また、百貨店やスーパー、ネット販売など、様々な方法でおせちを購入できる時代になりました。 夫婦2人世帯など少人数向けの商品も展開されるなど人数や嗜好に合わせて、おせちを買いやすくなっています。 また、自分で作ったものと購入したものを組み合わせて、重箱に詰めることも一般的です。 さいごに おせち料理の歴史を振り返ると、 節といわれる季節の変わり目に神様に収穫を感謝する風習の「節供」が起源です。 奈良時代から平安時代にかけて「節会」として宮中行事となり、「御節供」が振る舞われ、おせちのもとになりました。 そして、江戸時代に五節句が祝日となると、大衆にも民間行事として広まったことで、節句のうち正月料理がおせちとして位置づけられ、現代に近い形に変わっています。 現代では和洋折衷のおせちなどが登場し、おせちは伝統的な料理にとらわれないものとなりつつありますが、これからも時代に合わせて変化していくのかもしれません。

次の

酢だこの意味・いわれ|2020年おせち料理特集|郵便局のネットショップ

おせち 料理 歴史

家族や親戚が一堂に集まるお正月。 普段は会えない大切な方に会う楽しみ、新たに迎える年に対する期待など、お正月は様々な思いが入り混じる、1年の中でもとても貴重で大切な一日です。 お正月と聞いて思い浮かべるものといえば、鏡餅、初詣、初日の出など様々なものが挙げられますが、これらに並んで多くの方が連想するものは、おせち料理ではないでしょうか。 おせち料理は、言うなれば食卓テーブルを普段とは全く違うものに彩り、家族、親族との団欒を作り出すために、そして正月を過ごすために必要不可欠なものです。 おせちとは おせち料理とは、年初めに各家を訪れて、その家を1年間守ると言われている年神様にお供えをするための供物料理です。 お正月の鏡餅も、年神様にお供えをするために用意するものであり、お正月に行う風習は、年神様にまつわることが非常に多いです。 そもそも「おせち」という言葉は暦上の節句を意味する言葉であり、本来は季節の節目に「御節供」、「御節料理」として作られていたものでした。 それが現在では節供の一番初めの正月に作られる料理として「おせち料理」があるのです。 作り置き可能な食品を用いた料理構成とされているのは、かまどの神様を休めることが出来る、という意味や、正月の三が日は主婦を家事から解放するという意味もあります。 また、あまり知られていませんが「おせち料理」には、正月にあまり火を使用しないようにするという意味も含まれています。 おせち料理の料理には、一つ一つ様々な意味がこめられており、「きんとん」においては漢字では「金団」と書くため、黄金にたとえて金運を呼ぶ縁起物という意味や、「車海老艶煮」は茹でるとお年寄りのように腰 が曲がることから、長寿でいられるようにという願いが込められています。 おせち料理を総合的に見たとき、そこに含まれる栄養バランスの良さや、保存性の高さなどは先人の知恵の結晶というように言い表すことが出来ます。 現代でも、しきたりや伝統に基づき、おせち料理という風習を大事にする方も多数おりますが、その一方で料理の中身を現代風にアレンジして食べたり、メニューも地域や家庭によって異なるなど、年々多様性を増してきています。 おせち料理の由来 おせち料理の由来や歴史は平安時代まで遡ります。 当時おせち料理とは宮中で行われていた元旦や五節供などの日に神にお供えをし、宴を開く「お節供」という行事の際に出されていた食べ物のことでした。 それが現在のように正月に出される料理というように意味合いが変化してくるのは江戸時代です。 江戸時代後期、一般大衆にもこの宮中の行事が広がり、生活の中に取り入れられるようになります。 それがやがて節日の中で正月が最も重要な日であることから正月の料理を指すようになり現在まで受け継がれています。 お正月とは本来、新たに迎える年の豊穣を司る年神様をお迎えし、幸福を授けてもらうという意味を持ちます。 冒頭にも書いたように、おせち料理とはその年神様にお供えをする料理ですから食べ物によって様々な意味を込め、山、海の幸をふんだんに取り込んだ料理となっています。 本来、土地毎にとれたものを料理としてお供えしていましたが時代の移り変わりによって、また家庭の生活や食生活が豊かになることによって山、海の幸を盛り込んだ現代の形となっています。 重詰めの由来 おせち料理は中身も豪華なので目を引くものではありますがもう一つ頭に浮かぶのは重詰めに入れられたおせち料理ではないでしょうか。 現代は3段重ねが非常に多くなってきていますが正式なものは4段重ねとなっており、中には5段重ねというものもあります。 5段重ねの場合は1段目から4段目に料理を入れて5段目は空にしておきます。 これは、年神様から授かった福を詰めておく場所として空にしておくのです。 一般的な4段重ねの場合、呼び方は上から一の重、二の重、三の重、与の重と呼びます。 4段目のお重が四の重と呼ばれないのは「四」の発音が「死」を連想させ縁起が悪いとされることからこのような呼び方となっています。 その各段に入れる料理数は5種、7種、9種の奇数で詰めると非常に縁起がいいとされています。 ちなみにジー・テイストがご提供するおせち料理は3段重ねですが一般的な物よりも大きく、容量は一般的なお重の1段分〜2段分多いです。 詳しくはこちら 重箱に詰められたおせち料理を見ると気分が高揚しますが、おせち料理をこのような重詰めという形にするのには以下のような理由があります。 ・「福を重ねる」、「めでたさを重ねる」という意味を込めて ・当時は祝い肴を「喰積」と呼び、重詰めにしていたことに由来 ・年賀にお越しになるお客様に向けて料理として振舞いやすい ・保存がしやすい 祝い箸の由来 冒頭にも書いたようにおせち料理とは、年を迎えた際に訪れる年神様をもてなすための供物料理です。 祝い箸とはおせち料理を食べる際に使用される箸として知られていますが、これも年神様に関する風習の一つなのです。 祝い箸は両方の先端が細くなっていることから「両口箸」とも呼ばれています。 それは一方が神様、もう一方は人が使用するということで「神人共食」という意味になります。 新年を祝うと共に自分の家を守ってくれるとされる年神様と食事をするということです。 ですので、使用していない片方を取り箸として使用するのはタブーとされています。 祝い箸はこの他にも「柳箸」、「俵箸」というように呼ばれ、祝い事には欠かせない箸とされています。 「柳箸」と呼ばれるのはお祝いの席で大事な箸が折れるのを防ぐために柳の木が使用されていること。 そして何よりこの柳の木が神聖な木、春一番に芽を出すおめでたい木として知られていることから、このように呼ばれています。 「俵箸」と呼ばれるのは箸の中央が膨らみ米俵に見えることから五穀豊穣を願って、このように呼ばれています。 現代では、デパートやスーパーを初め、通販でも簡単に手に入るようになったおせち料理ですが、背景にはこのような由来や歴史が存在するのです。 物事は時代によって移り変わり、例外ではなくおせち料理自体も変化を続けています。 改めて日本伝統古来を引き継いできた「おせち料理」の背景を知っていただき、「おせち料理」に込められた意味、さらには感情を後生に受け継いでいきたいですね。

次の