伊藤 るり子。 ご存知でしょうか? 昭和の青春ポップス~stwww.surfingmagazine.com~

伊藤るり子とは

伊藤 るり子

Sponsored Link 年齢は?出身は?本名は? 芦川さんは、1935年10月6日生まれ、 東京市滝野川区田端町(現・北区田端)のご出身、 学歴は、 法政大学潤光女子高校(現・法政大学女子高等学校)中退、 本名は、伊藤幸子(旧姓:芦川)です。 ちなみに、松竹歌劇団時代は、さんに似ていて、よりたくましい感じだったことから、有馬さんの 「稲」に対して、 「麦」と呼ばれていたそうです。 松竹から日活へ 芦川さんは、1952年、高校を中退され、 「松竹歌劇団付属松竹音楽舞踊学校」に入学。 そして、翌年の1953年、ファッションショーに出演されている際、偶然居合わせた、 「松竹」の川島雄三監督にスカウトされ、同年、 「東京マダムと大阪夫人」で、映画デビューを果たされています。 「東京マダムと大阪夫人」より。 さんと芦川さん。 また、2年後の1955年には、その前年に、日活へ移籍された川島監督の推薦で、松竹を退団し日活に移籍されています。 石原裕次郎の相手役でブレイク! その後も芦川さんは、 1956年 「洲崎パラダイス赤信号」 1957年 「幕末太陽傳」 「洲崎パラダイス赤信号」より。 と、川島監督の映画に出演されているのですが、 その一方で、1956年には、 「乳母車」で、さんと初共演。 「乳母車」より。 芦川さんと石原さん。 芦川さんはこの映画で、ヒロインの桑原ゆみ子役をさわやかに演じ、石原さんとともに一躍人気者となると、 その後も、 1957年 「幕末太陽傳」 「嵐を呼ぶ男」 「幕末太陽傳」より。 1958年 「陽のあたる坂道」 「紅の翼」 「陽のあたる坂道」より。 1960年 「青年の樹」 「喧嘩太郎」 「青年の樹」より。 で石原さんの相手役を演じられ、その清楚な美しさで、人気を不動のものとされたのでした。 夫は藤竜也! そんな芦川さんの、気になるプライベートですが、 芦川さんは、1968年、俳優のさんと結婚されています。 ただ、すでに日活の看板女優として活躍されていた芦川さんに対し、この当時、藤さんはまだ無名の俳優で、(藤さんは、1962年に日活に入られています。 )会社(日活)からは、結婚に反対されていたのだそうです。 しかし、石原裕次郎さんが、お二人の結婚を認めてくれるよう、会社に口添えしてくれたそうで、お二人はめでたく結婚。 芦川さんは、同時に、芸能界を引退されたのでした。 それがなんともいえない愛しさになるのです と、綴っておられるので、芦川さんが、藤さんの苦しい時代の、支えになっていたことは間違いありませんね。

次の

伊藤るり子とは

伊藤 るり子

Sponsored Link 年齢は?出身は?本名は? 芦川さんは、1935年10月6日生まれ、 東京市滝野川区田端町(現・北区田端)のご出身、 学歴は、 法政大学潤光女子高校(現・法政大学女子高等学校)中退、 本名は、伊藤幸子(旧姓:芦川)です。 ちなみに、松竹歌劇団時代は、さんに似ていて、よりたくましい感じだったことから、有馬さんの 「稲」に対して、 「麦」と呼ばれていたそうです。 松竹から日活へ 芦川さんは、1952年、高校を中退され、 「松竹歌劇団付属松竹音楽舞踊学校」に入学。 そして、翌年の1953年、ファッションショーに出演されている際、偶然居合わせた、 「松竹」の川島雄三監督にスカウトされ、同年、 「東京マダムと大阪夫人」で、映画デビューを果たされています。 「東京マダムと大阪夫人」より。 さんと芦川さん。 また、2年後の1955年には、その前年に、日活へ移籍された川島監督の推薦で、松竹を退団し日活に移籍されています。 石原裕次郎の相手役でブレイク! その後も芦川さんは、 1956年 「洲崎パラダイス赤信号」 1957年 「幕末太陽傳」 「洲崎パラダイス赤信号」より。 と、川島監督の映画に出演されているのですが、 その一方で、1956年には、 「乳母車」で、さんと初共演。 「乳母車」より。 芦川さんと石原さん。 芦川さんはこの映画で、ヒロインの桑原ゆみ子役をさわやかに演じ、石原さんとともに一躍人気者となると、 その後も、 1957年 「幕末太陽傳」 「嵐を呼ぶ男」 「幕末太陽傳」より。 1958年 「陽のあたる坂道」 「紅の翼」 「陽のあたる坂道」より。 1960年 「青年の樹」 「喧嘩太郎」 「青年の樹」より。 で石原さんの相手役を演じられ、その清楚な美しさで、人気を不動のものとされたのでした。 夫は藤竜也! そんな芦川さんの、気になるプライベートですが、 芦川さんは、1968年、俳優のさんと結婚されています。 ただ、すでに日活の看板女優として活躍されていた芦川さんに対し、この当時、藤さんはまだ無名の俳優で、(藤さんは、1962年に日活に入られています。 )会社(日活)からは、結婚に反対されていたのだそうです。 しかし、石原裕次郎さんが、お二人の結婚を認めてくれるよう、会社に口添えしてくれたそうで、お二人はめでたく結婚。 芦川さんは、同時に、芸能界を引退されたのでした。 それがなんともいえない愛しさになるのです と、綴っておられるので、芦川さんが、藤さんの苦しい時代の、支えになっていたことは間違いありませんね。

次の

芦川いづみの今現在は?夫は藤竜也!子どもは?映画乳母車でブレイク!

伊藤 るり子

若い頃は小林旭や舟木一夫の相手役 伊藤さんは、1964年、東宝芸能学校卒業後、スカウトされ、 「日活」に入社すると、翌年の1965年には、 「大日本ハッタリ伝」で映画デビュー。 1966年には、 「山のかなたに」でテレビドラマデビューも果たすと、以降、数多くの映画やテレビドラマに出演。 映画では、 「さすらいは俺の運命」でさん、 「東京は恋する」でさんの相手役を務められるなど、 「日活」の青春映画で活躍し、 テレビドラマでは、 「山のかなたに」「雨の中に消えて」「あいつと私」などでさんと共演されました。 「雨の中に消えて」より。 (左から)広瀬みささん、松原智恵子さん、伊藤さん。 日活を退社~芸能界を引退 ただ、1960代後半~1970年にかけて、次第に日本映画産業全体が斜陽化したことで、 「日活」がロマンポルノに路線を変更すると、伊藤さんは、 「日活」を退社し、 「コヒナタ企画」に移籍して、活動の場をテレビへと移されているのですが、 その後、いつ頃かは不明ですが、結婚され、1976年頃、芸能界を引退されたようです。 出演作品(映画) それでは、ここで、伊藤さんの主な出演作品をご紹介しましょう。 映画では、 1965年 「大日本ハッタリ伝」 「花咲く乙女たち」 「拳銃野郎」 「さすらいは俺の運命」 「真紅な海が呼んでるぜ」 「東京は恋する」 「血と海」 「東京は恋する」より。 伊藤さんと舟木一夫さん。 1966年 「河内カルメン」 「鉄火場仁義」 「あなたの命」 「逃亡列車」 1967年 「二人の銀座」 「夜霧よ今夜も有難う」 「喜劇 東京の田舎ッぺ」 「爆破3秒前」 「夜霧よ今夜も有難う」より。 1968年 「花の恋人たち」 「ザ・スパイダースのバリ島珍道中」 「あゝひめゆりの塔」 1969年 「前科 ドス嵐」 「代紋 男で死にたい」 「野蛮人のネクタイ」 1970年 「鮮血の記録」 「ハレンチ学園 身体検査の巻」 「花の特攻隊 ああ戦友よ」 「ネオン警察 ジャックの刺青」 1973年 「人間革命」 出演作品(テレビドラマ) テレビドラマでは、 1966年 「山のかなたに」 「雨の中に消えて」 1967年 「あいつと私」 「青春」 「ある日私は」 「ある日私は」より。 伊藤さん(左)と松原智恵子さん(右)。 (左から)伊藤さん、さん、川口晶さん、さん。 男だ」 第21話 「アイフル大作戦」 第36話 「大江戸捜査網」 第117話 1974年 「ぶらり信兵衛 道場破り」 第22話 「助け人走る」 第32話 「ご存知遠山の金さん」 第28話 「ライオン奥様劇場・夜蝶の舞い」 1974~1975年 「バーディ大作戦」 1976年 「子連れ狼 第三部」 第24話 「グッドバイ・ママ」 「夫婦旅日記 さらば浪人」 第25話 などに出演されています。

次の