アドセンス広告 ジャンル。 アドセンスで全然稼げない原因は?儲かるジャンルと選定方法を暴露!│だてっちOfficialBlog

アドセンスで稼げるジャンルを特別に公開!

アドセンス広告 ジャンル

Googleアドセンス広告の種類を知りたい• 広告別の収益効果を知りたい• Googleアドセンスの最適な広告配置場所を知りたい• 一番稼げる広告タイプを知りたい こんな悩みを解決できる記事を用意しました。 なぜなら実際に 上記の内容 を実践したことで、このwebサイト(ブログカレッジ)はアドセンス広告のみで月15万以上を稼げるようになったからです。 ブログ初心者でも下記の内容を実践すれば今まで以上にGoogleアドセンスで稼げるようになるので、じっくり読み込んでください。 Google広告の流れ• ブロガー 上記の流れを頭の中に入れておきましょうね。 Googleアドセンス広告の報酬タイプは2つ! アドセンスの報酬タイプは クリックで報酬になる広告(クリック報酬単価)と 閲覧されれば報酬になる広告(インプレッション単価)の2タイプがあります。 ほとんどの収入源はクリック報酬単価と呼ばれるクリックで報酬になる広告ですが、 一部の広告には閲覧されれば報酬になるインプレッション単価も含まれているのです。 たまに、クリックが発生していないのに「1円」だけ入っていることありませんか? インプレッション単価は1日1円〜3円ほど発生することがあるのです。 その他、「アクティブビューのインプレッション単価」や「エンゲージメント単価」がありますが、雀の涙ほどの金額なので特にきにする必要はないでしょう。 気になる方はググってみてください。 【Googleアドセンス広告の種類】基本用語2つを覚えよう! ここからは Googleアドセンスの広告種類7つを解説していきます。 まず、前提として広告業界でよく使われる用語の 「レスポンシブ広告」と「ネイティブ広告」 から覚えます! この2種類は具体的な広告フォーマットではなく掲載方法の概念です。 アドセンスの広告フォーマットの中にこの2種類の概念が多く使われるので、最初に覚えておきた方が良いでしょう。 Googleアドセンス広告の種類1:レスポンシブ広告 レスポンシブ広告とは、 ユーザーのデバイスに合わせてサイズや見せ方を自動的にカスタマイしてくれる表示タイプで、Googleアドセンスでも取り入れています。 モバイル画面の時でも、「縦向き」と「横向き」ぞれぞれの場合で広告サイズを自動的に変えてくれ流のです。 Googleアドセンス広告の種類2:ネイティブ広告 ネイティブ広告とは、広告掲載面に広告を自然に溶け込ませることで、 ユーザーにコンテンツの一部として見てもらうことを目的とした表示タイプです。 レスポンシブ広告の共有事項として、「広告」というラベルが表示されます。 Googleアドセンス広告の「広告タイプ」は大きく2つ アドセンスの広告タイプは主に「広告ユニット」と「自動広告」の2タイプがあります。 Googleアドセンスの広告タイプ1:自動広告 自動広告とは2018年2月から開始された新しい広告。 サイト内に自動で設置してくれる広告で、記事下やサイドに手動でコードを貼り付ける手間を無くしてくれる、初心者の方におすすめです! バナー広告や全画面広告といったレスポンシブ広告対応された広告を簡単に設定できます。 ディスプレイ広告 モバイル全画面広告 自動広告についてもっと詳しく知りたい方は『』をご覧ください。 Googleアドセンスの広告タイプ2:広告ユニット 広告ユニットはGoogleアドセンスに用いられる広告のこと。 「サイトの好きな場所に好きな広告」を設置することが可能です。 配置場所や広告タイプを工夫するだけで収益がグンっと伸びる、アドセンス運営にて欠かせない重要な広告でしょう。 あとで紹介しますが広告ユニットを細かく分けると 4つの広告タイプが存在します。 Googleアドセンスの広告ユニットは4種類! 広告タイプを説明する前に、基本的な広告ユニットの設定手順を解説します。 テキスト広告とディスプレイ広告の違いは? テキスト広告:タイトル、テキスト、URLからなる文字ベースの広告 ディスプレイ広告:画像や動画が連動した画像ベースの広告 以下がディスプレイ広告のサンプルです。 テキスト広告とディスプレイ広告の両方を配信しよう テキスト広告とディスプレイ広告の両方を配信することをおすすめします。 なぜなら、 Google公式が推奨しているためです。 ディスプレイ広告は、テキスト広告とともに広告スペースの同じオークションにかけられます。 そのため、テキスト広告とディスプレイ広告を両方表示するよう設定すると、サイトに掲載される広告の競合率が高まり、収益の増加につながります。 これは、Google の技術により最も高い収益の見込まれる広告がページごとに判断され、掲載されるためです。 引用元: 主に「記事上」「サイド」「記事下」に設置するときに使用 テキスト広告とディスプレイ広告の使用例として、「記事上」「サイド」「記事下」に広告を設置したいときに活用されますよ。 また、 を表示させたいときもテキスト広告とディスプレイ広告が活躍します! 広告サイズで「長方形」の「レクタングル(大)」を選択するだけ。 あとは記事下にアドセンスコードを仕込むだけです。 ちなみに設置方法はこちらの記事を参考にさせていただきました。 >> リンク広告も活用しよう! リンク広告はぜひ活用すべきです!設置してから アドセンス収益が1. 2倍ほど上がりました。 リンク広告とは 2クリックで報酬が発生する広告タイプです。 よく見るあの広告です! リンク広告の特徴は、以下2点です! リンク広告の特徴は2つ!• 2クリック目で報酬が発生する。 誤クリックが減るためCPCが高い。 1クリックではなく2クリック目で報酬が発生する点がデメリットですが、 その分ユーザーの誤ったクリックが減るということなのでCPCが上がる傾向にあるのです。 実際にリンク広告を設置したら、CPCが他の広告よりも高くなっていることが分かりました! 広告リンクの設置方法 広告サイズで「リンク広告」の「レスポンシブリンク」を選択。 サイトカラーに合わせてオリジナルのリンク広告を作成してみましょう。 リンク広告の設置方法はこちらの記事を参考にさせていただきました。 >> Googleアドセンス広告の種類4:関連コンテンツ 関連コンテンツは 記事下の関連記事(RECOMMEND)内に溶け込むように表示されるネイティブ広告です。 以下の画像が具体例です。 クリック率が比較的高く、ぜひ取り入れておきたい広告タイプの1つ。 モバイル最適化が可能なレスポンシブサイズを推奨します。 注意点として、関連コンテンツは100記事近く 書き上げると自動的に広告ユニット内に表示され可能性が高まります。 詳しい内容は『 』に目を通しましょう。 カスタマイズを成功させれば上手に周囲に溶け込ませることができクリック率が上がる広告タイプです。 Googleアドセンス広告の種類6:記事内広告 記事内広告は 記事内の段落の間に自然に溶け込ませることができるネイティブ広告です。 アクティブビュー視認可能率が高い箇所や目次上に配置する際に便利です。 記事タイトル下は位置的にもっともユーザーの目に入りやすい位置なので、表示回数とクリック数が高いのが特徴。 この配置でおすすめな広告タイプなのが レスポンシブのリンク広告 です。 なぜならCPCが比較的高く、デザイン的にもタイトル下に馴染みやすいからです。 ただ読者が最後まで読んでもらうよう、 離脱率の要因となる大量の広告を貼らないこと をおすすめします。 稼ぎやすい広告の配置場所2:目次上 目次上も記事タイトル下と同様、読者の目に留まりやすいため、表示回数、クリック数ともに高い傾向にあります。 目次上は見せ方的にバナーを設置しても違和感がないため レスポンシブの記事内広告や 固定のダブルレクタングルが最適です。 稼ぎやすい広告の配置場所3:記事下 記事下はクリック率がかなり高くなる配置場所です。 なぜなら読者が記事を読み終えたら、次の行動を起こそうとするからです。 おすすめの広告は 固定のダブルレクタングルや 関連コンテンツ。 特に関連コンテンツは、 他のおすすめ記事に自然に溶け込んでくれるので、クリックされやすいのが特徴です。 CPCが高い!Googleアドセンス広告は大きいサイズのバナー! CPCが最も高い広告はバナー広告!サイズが大きくなればなるほど単価も上がる傾向にあります。 理由は、広告サイズが大きいほどクリック率いため、広告主側が支払う費用が高くなり、その分CPCも多く支払われるためです。 実際にブログカレッジにおいても、一番CPCが高い広告がダブルレクタングルになっています。 他は50円前後なのですが、ダブルレクタングルのみ平均100円を超えているのです! 一番稼げるGoogleアドセンス広告は「目次上の記事内広告」 3つの手順• 記事内広告を選んでコードを取得します。 functions. phpにウィジェット内の「目次上」を表示させるコードを記述。 詳しい設定手順は以下を参考にしてみてください。 実際に僕がアドバイザーとして運営しているブログには広告にラベル表示させてないのですが、Googleからは何も言われていません。

次の

Googleアドセンス広告は選べないけどブロックしたい広告は選べる!

アドセンス広告 ジャンル

アドセンスでブログで稼ごうにも、 全然稼げない…。 せっかく審査に合格して、やる気だったのに…。 とモチベーションが落ちている方は必ず読んでください。 今回は、 アドセンスで稼げない原因とクリック単価・クリック率が高いジャンルについて詳しく解説していきます。 始めに言っておくと、アドセンスで稼ぐには• ブログにアクセスを集める• 広告のクリック率を上げる• クリック単価の高い広告が表示されるジャンルを選定する これさえできていれば、それなりに稼げていると思います。 逆にいえば、これが何もできていないと、稼げません。 まずはブログ初心者にありがちな稼げない原因についておさらいしていきたいと思います。 アドセンスで稼げないありがちな3つの原因 ブログ初心者が陥りがちな稼げない原因はたったの3つです。 これに該当していると、稼ぐ事はできません。 あなたもいくつ当てはまるか見てみて下さいね。 検索結果の1ページ目に上位表示できていない アドセンスはアクセス数に比例して収益が上がっていきます。 広告のクリック数に応じて収益が発生しますから、アクセスが集まれば集まるほど、クリック率が低くても、広告はクリックされますからね。 それではどうすれば、アクセスが集められるのか? 単純に、上位表示できればアクセスを集める事ができます。 検索結果の1ページ目に表示させれば、必然とユーザーは訪れます。 ちなみに、 検索ページの1ページ目のクリック率はというと、 ポイント• 1位 :21. 12%• 2位 :10. 65%• 3位 : 7. 57%• 4位 : 4. 66%• 5位 : 3. 42%• 6位 : 2. 56%• 7位 : 2. 69%• 8位 : 1. 74%• 9位 : 1. 74%• 10位: 1. 64% ある会社が出していた2017年の検索ページの順位別クリック率になります。 これだけ見ても分かるように、検索結果の1ページ目に表示させる重要性がお分かり頂けますでしょうか? 単純に、アドセンスで稼ぎたければ、上位表示を狙うのみって感じですよね。 検索ボリュームがない(需要がない)ジャンルを扱っている これをブログで攻めていくテーマ・ジャンル・ネタ選定をする際に失敗している方が多くいるのですが、なかなか検索されないテーマ・ジャンル・ネタを選定したとしても、上位表示できても稼ぐ事はできません。 というのも、先ほども言ったように、アドセンスはアクセスが集まれば集まるほど稼げます。 検索ボリュームが少ない=需要がない ジャンルを選定して、上位表示できたとしても、そのテーマに検索ボリュームがなければ、稼げないという事になります。 確かに、「好き」・「得意」をテーマにするのは非常に記事も書きやすく取り組みやすく良いのですが、 稼げる=自分の好きなテーマをやるということが一致しない場合があるという事は頭に置いておいて下さいね。 やはり自分でブログを作る際は、狙っているキーワードがどのくらい検索されているのかというのは事前にツールを使って把握しておく事をオススメします。 キーワードプランナー• aramakijake は有名ですよね。 すぐに結果が出ると勘違いしている アフィリエイトで多くの人が稼げない原因は作業が継続してできていない人がほとんどです。 負のスパイラルとしては、• 上位表示ができない• アクセスが集まらない• 稼げない• モチベーションが落ちる• 作業するのを辞める になります。 アフィリエイトを始めたての人は、まずは正しい型を覚えましょう。 また、今教材・コンサルを受けて正しいやり方を覚えた人はそれを自分のブログ(サイト)に反映できるようしてください。 正しいやり方を常に自分のブログ(サイト)にアウトプットできるようになれば、結果はより早く出るようになれます。 これだけは言えます。 しかし、正しいやり方を実践できていない人はいくらやっても、結果がついてきません。 だからこそ、初めは正しいやり方を覚える事にコミットしましょう! アドセンスで稼げないジャンル・稼げるジャンルは何? アドセンスで稼ぐ場合、まず最初にやるべきこと、それは簡単です。 アクセスを集める になりますので、アドセンス広告のクリック単価・クリック率は初めは気にしなくて良いです。 アクセスを集めましょう。 需要のあるネタについて記事を書きましょう。 どんどん記事を量産しましょう。 初めはこのぐらいの意識で大丈夫です。 そして、ブログを始めて100記事ぐらい書くまではその時、その時のアクセス数に一喜一憂せず、淡々と作業をしていきましょう。 ある程度、アクセスが集められるようになったら、クリック率・クリック単価にも目を向けるようにしていきましょうね。 アクセスが集められるスキルを身に付けたらクリック単価に注目! 同じアクセス量を集めたとしても、ジャンルによってクリック単価が異なるってご存知でしたか? 実は、ごちゃまぜブログのような幅広いジャンルを取り扱ったブログだとアドセンスのクリック単価はそこまで高くはならない傾向にあるのですが、特定のジャンルに絞ってブログいわゆる 『特化型ブログ』を運営すると、アドセンスのクリック単価が高くなるんですよ。 また、攻めていくジャンル・テーマによってクリック単価が変わってくるというわけです。 『え?じゃあ、クリック単価が高いジャンルを選定した方がいいじゃん!』 と思われがちなのですが、このクリック単価が高いジャンルはもはやトップアフィリエイター他アフィリエイトをそこそこやっている人はみんな知っています。 つまり、• ライバルがつ強者揃い• ライバルが多い 市場という事になります。 ライバルが多い市場という事は、初心者が上位表示を簡単に狙える状況ではないという事は覚えておきましょう。 非常に、上位表示する事は難しいという事になります。 アドセンスで稼ぐためにはジャンル選定が重要!• ダイエット• 転職 これらのジャンルはアドセンス稼げます。 しかし、 YMYLのジャンルは正直初心者が攻めていくのは危険です。 ですし、非効率的。 YMYLジャンルはご存知でしょうか? YMYLとは「Your Money or Your Life」の略語で、検索の評価基準をまとめた 「検索品質評価ガイドライン」の項目の一つとして登場しています。 ポイント• Googleでは、金銭や生活に関するコンテンツの質を重要視し、信ぴょう性がない場合は評価を厳しくするという考えを持っています。 具体的なコンテンツ例は下記の通りです。 ショッピングや金銭の取引に関するもの• 投資や税金、家の購入など資産運用に関するもの• 医療、健康関連• 政治や法律、新しい科学技術• その他養子縁組、車の安全性など 評価基準が厳しい理由は、Googleの基本方針として、「ユーザーの利便性を最優先すること」「だますようなことをしてはいけない」という考えがあるためです。 他にクリック単価が高いジャンルは何がある? ちなみに、他にも詳しくクリック単価が高いジャンルを説明すると、• お仕事• 冠婚葬祭• 法律 これらはクリック単価が高い傾向にあります。 これらの共通点は、 サービス(商品)の値段が一定基準で高い傾向にあるんですね。 そうなんです。 当然ですがサービス(商品)の値段が高いものほど広告主は高い広告料を払ってプロモーションをするのでアドセンスのクリック単価も高くなるということ。 また、一回の支払いは安くても 継続的にお金を払い続けるサービス(保険など)もアドセンスのクリック単価が高くなる傾向があります。 クリック率の低いジャンルが存在する?! ブログを作る際に頭に置いておいて欲しいのが、ジャンルによってはクリック率の低いものもあるという事。 ブログ(サイト)運営者であれば結構みんな知っているのですが、これからブログを始めようとする初心者は必見です。 そもそもこのアドセンス広告はITリテラシーが高い属性は、広告をほとんどクリックしない傾向にあります。 そのため、ゲームジャンルやITジャンルは特にクリック率が低いと言われているのです。 つまり、その逆をいけばクリック率の高いジャンルを選定する事ができるというわけで、アドセンス広告で大きな利益を出したい場合には ITリテラシーが低い人がいるジャンルを選定する事で、アドセンスで莫大収益を発生させる事ができるというわけです。 オススメとしては、 年齢層が高い人をターゲットに絞る事です。 2016年12月:月収10万円達成 2017年2月:某案件の事件にて報酬激減 2017年4月:脱サラ 2017年7月:月収120万円達成 2017年8月:月収150万円達成 2017年9月:月収230万円達成 2017年10月〜:月収200万円以上を稼ぎ続け情報発信に取り組む 2017年:年収1000万円超え! 2018年2月:月収245万円達成 2018年3月:月収275万円達成 2018年4月:株式会社設立 2018年9月〜:10記事でアドセンス一発合格のクライアント続出! 2018年10月:クライアントがたった8記事でアドセンス一発合格 2018年12月:月収825万達成(Blog・M&A・プロモーション) M&A実績:590万円 2019年3月:月収1500万円達成 2019年6月:プロモーション合計2600万円達成(マーケティング4000万超) 2020年2月:サイトアフィリエイト月商300万達成 2020年3月:サイトアフィリエイト月商490万超え達成 現在はSEO月1000万を目指しつつ仕組み化。 広告運用・DRM・コミュニティ運営を実践しながら勉強中。 YouTubeも頑張ります。

次の

広告ブロックを設定してアドセンスのクリック率(CTR)を上げる方法

アドセンス広告 ジャンル

このようにURLを入力することでその広告を非表示にすることができます。 「www. amazon. jp」「www. rakuten. jp」という2つをブロックしています。 実際に広告をブロックした結果はいかに? 検証したブログは このブログとは別で運営している媒体です。 主に楽天市場、AmazonなどのEC系をキャッシュポイントとしています。 アドセンス広告の配置は「記事下」「関連記事」の3つを配置している状態です。 【Before】楽天市場とAmazonをブロックする前の単価 ブロックする前の1ヶ月間の広告配信の状況についてまとめておきます。 ページインプレッション収益:97円• インプレッション収益(RPM):24円• 収益:3,398 【After】楽天市場とAmazonをブロックした後の単価 ブロック後の1ヶ月経過ですが、こちらになります!• ページインプレッション収益:76円• インプレッション収益(RPM):34円• 収益:4,916円 考察 クリック率は下がる傾向にあるかと思います。 これまで楽天市場・アマゾンの広告が配信されていましたから、それを無くすということはクリック率は下がって当たり前です。 逆に、Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイトのリンクのクリック数が伸びています。 ただ、クリック数が減ったとしても、それ以上に インプレッション収益が上昇したためにブロックしたことで収益が伸びていることが分かりました!なので、EC系をキャッシュポイントとしているブログは競合する広告を非表示に設定すると良いことが分かりますね! クリック率を高める方法を模索すべき ただし、 過度に広告をブロックするのはあまりおすすめできません。 もちろん アクセス増やすことが最優先ですけどね~(笑) CTRを高める広告の配置とは? CTR(ページクリック率)を高める効果的な配置ですが、結果をいうと「タイトル下」「はじめのH2タグ前」「記事下」になります。 このことについては「 」でまとめているので、ご参考に! まとめ 広告単価が低いアドセンス広告はブロックしてもOK!だけど単価が高い広告は非表示しない方がベター! 過度なブロックは広告クリック数を減らすため、あまり設定するべきではないです。 僕の場合は、楽天アフィリエイトとAmazonアソシエイツをメインとしたブログを構築しているためブロックしました。 かといって広告単価が高いジャンルでブログを構築している場合は、ASPが成約しなくなるからブロックれば良い。 という問題でもありません。 そのあたり、テストする必要があるとかと思います。 広告単価が高いジャンルでブログの場合は、個人的な意見としてはアドセンス広告とASPを両立した方が良いと考えています。 ですが、単価を気にするよりも「クリックされる効果的な配置」を考えた方が効率的ですね!それが出来てのブロックを検討していきましょう!.

次の