一人暮らし貧乏生活。 手取り15万円の一人暮らしはどんな生活になるか【貧乏?余裕?】

手取り15万円の一人暮らしはどんな生活になるか【貧乏?余裕?】

一人暮らし貧乏生活

住居環境が悪い• 職場や学校まで遠い• 毎月の食費を切り詰めなければならない• 食事に偏りが生まれる• ガスや電源のスイッチを入れるのが心苦しい• 暇な時間を作れない• 自由に遊ぶお金が少ない• 友達と遊べない(仕事や金欠で)• おいしそうなお店を見つけてもスルー• 洋服や下着を買う抵抗感が強い• 身近な人への生活レベルでの劣等感 これらを克服していくには、 節約か収入アップの2つしかありません。 即効性が高いのは節約になります。 一人暮らしをするために必要なお金 手取りで 最低月10万円です。 都内を除けば、月10万で最低限度の生活はできます。 安い賃貸マンションに住み、なるべく職場や学校に近い住環境を選べば交通費もコストカットできます。 目安ですが、生活に必要なお金の内訳はこうです。 家賃 5万 食費 3万 水道光熱費 1万 通信費 7千円 日用品 5千円 これに加えて、 毎月の貯金であったり 友達との交遊費で2~3万円くらいかかるしますと 月の手取りで15万くらいあればOKということになります。 お金のかからない娯楽なんていくらでもありますし、節約をうまいことすればお腹いっぱい食べることも、毎日健康に生活することも難しくありません。 ビンボーとはいっても、十分幸せな暮らしを送ることは可能です。 僕自身進学して、田舎から大阪に出てきたときは13万くらいの生活費でした。 生活の節約ポイント 続いて 生活の切りつめるポイントを紹介したいと思います。 探せばいくらでもあると思いますが、代表的なもの4つ。 日常の節約ポイント• 住む家• 通信費• 洋服 住む家 部屋の種類は 1ルーム1択。 6畳ほどあれば広さは充分。 ユニットバスタイプの部屋がほとんどだと思います。 職場や駅に近い立地なら交通費を削ることもできてしまいます。 あと近所に• スーパー• ホームセンター• コンビニ• 気軽に入れる飲食店 などがあるところを選ぶといいです。 部屋も南向きの日当たりがいい場所だと尚よし。 なかなか希望通りの住まいは見つからないかもしれませんが、 安くていい場所は探せばいくらでも見つかります。 食事 自炊最強です! 1日の食費を1,000円以下に抑えることなど造作もありません。 特に白飯は贅沢の極み! おかずもおいしく食べることができるし、おなかいっぱいになります。 カップ麺はおすすめしません。 僕は一人暮らしすること4年ですが、 カップ麺を口にした日はトータルで30日も無いと思います。 理由としては memo 牛丼屋や一人暮らしの強い味方 できたてをおいしく食べることができるし、野菜メニューもあります。 特に学生には強い見方でしょう。 ちなみに僕はすき家よりも吉野家派。 女性は1人だと入りづらいかもしれませんが。 お値段は1か月5千円ちょっと! ネットあんまり使わないという人は片方だけでもいいと思いますが、僕みたく ネットで仕事する人は両方あったほうが便利です。 ノマドみたくカフェなどで作業するのにポケットWi-Fiは必須です。 ルーター工事なんてめんどくさいものも必要ありません。 詳しくはこちらのサイトをどうぞ! 「」 洋服はどうする? A:僕も不安でした 一人暮らしのときに風邪で寝込んでしまうと、 薬や食べ物を運んできてくれる家族がいないのは心細いですよね。 あと 医者に診てもらうお金も心配です。 対策としては• 普段から健康に気を付ける• いざというときに連絡できる人を持つ• 食品や常備薬を置いておく となるでしょう。 パート・アルバイト含め会社で社会保険に入っておけば、3割負担でかかることができます。 肌荒れやのどが痛い程度の体調不良であれば、治療費は1,000円ちょっとです。 (レントゲンやCT、エコー、採血検査など受けると5,000円以上かかる) 薬も数百円~2,000円くらいなので安く済みます。 大きな病気でもしない限りは大した出費にはなりません。 いざというときに助けてくれる親族がいると心強いです。 女性であれば色気をうまいこと使う• 男性であれば口先をうまいこと操る そうすればヒモになれるかもしれません。 ただし同じ生活水準の人と付き合うのであれば、あんまりお金のかけたデートはできないと思った方がいいでしょう。 ディズニーランドでも行こうものなら、やっぱり出費がきついです。 財布からお金がドバドバと飛び出していく夢の国は、頭の中が 金でいっぱいになります。 貧乏な一人暮らしでも幸せになれる 贅沢さえ求めなければ、月10万円くらいで十分幸せな暮らしは可能です。 日本という世界でも稀なインフラの整った国に生活している以上、食べ物に困って死ぬということもないでしょう。 普通に幸せに暮らせます。 清潔な水も飲めるし、普段の食事や生活必需品も驚くほど安いコストで入手することができます。 今のところ戦争や紛争もありません。 平和です。 スマホ1台で大概のことはできます。 漫画や音楽や映画もそうです。 TSUTAYAなんて通わなくても、ネットフリックスやAmazonPrimeで十分事足ります。 貧乏脱出するには? ただし将来的なことも考えますと、やはり不安はぬぐいされません。 もう少しだけいい生活をしてみたいと思うのは自然なことです。 生きるために最低限のお金を稼ぎながら、 副業規模のネットビジネスを始めるというのをおすすめしています。 といいますか僕も貧乏生活を脱出したいと思ったのが、ブログを書き始めたのがきっかけです。 今の生活を変えたいと思うあなたは僕の同士です。 やる気あらば、ブログで稼ぐ方法教えます。 月にプラス3万円お小遣いを稼ぐことは、さほど難しくありません。

次の

2/2 一人暮らしの節約事情 貧乏体験編 [一人暮らし] All About

一人暮らし貧乏生活

一人暮らしの貧乏体験を聞きました 気がついたら、お財布の中には小銭しかなかった…。 そんな切実な貧乏体験を一人暮らしのみなさんに語っていただきました。 日頃はなんとかやりくりしていても、たまに予想外の急な出費やうっかり油断して使いすぎてしまうこともあるものです。 「給料日まであと一週間。 どうやって暮らそう…」なんて窮地に陥ってしまったら、あなたなら、どうしますか。 一人暮らしのみなさんに、これまで経験した貧乏体験について聞いてみました。 見切り品を冷凍するそうです。 真っ黒になるけれど、そういうものだと思っていれば食べられるのだと。 ダンボールを空けると、缶詰やレトルト食品やウインナー、乾麺などが…。 仕送りも最小限しかもらっていなかったのですが、そのダンボールの中に封筒が入っていて、あけてみると3000円が入っていました。 3000円という微妙な金額と、「ほんのちょっとでも」という母の優しさと、お金がないというひもじさに、わんわん泣きました。 「ここは、ファスティングダイエット(=断食)だ!」と食べずに過ごしていましたが、3日で断念。 そのあとはカップ麺をかなりふやかして、ひとつで3食分(1日1食)で過ごしたりしました。 お米も切れかけだったので、主食は小麦粉を水と出汁で溶いて、すいとん的なものを作っていました。 あとは、卵と豆腐が少しずつあったので、ゆで卵+豆腐にケチャップマヨネーズをかけて、満足感を得ていました。 そんな生活を3ヶ月くらい、仕送り前に。 当時は自炊をしていて、調味料が一通り揃っていたので、本当に助かったと思います。 同じのことを白菜やキャベツでもやると、必然的に食費が浮く。 それでも何とか朝昼晩、3食ともそれなりにちゃんと食べることができたので、人間やればできるものなんだなぁと妙に感心したのを覚えています。 あなたの体験や実践テクニックをぜひお聞かせください。 最後に、みなさんの一人暮らしの貧乏体験やおすすめの節約テクニックなどを教えてください。 例えば、「お金がなくて、友達の家に居座った」「どんなに寒くても、冬は厚着でエアコンは点けない」など他の人からドン引きされてしまいそうなことや、「やかんの水は拭ってから火にかける」など小さな節約習慣も、もちろん大歓迎です。 「貧乏体験・節約テク」よりご投稿ください。 この回答の結果は次回以降の記事でご紹介させていただくこともあります。 どしどしご参加いただければ嬉しいです。 食事もロクにできないほど切実な話から、親の愛を感じる心温まる話まで。 また、当時のご本人にはおそらく切実な問題だったのだろうと思うのですが、ちょっとクスリと笑えてしまったり。 一人暮らしならではの貧乏体験談は、とても興味深いものとなりました。 アンケートにご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました。 次回以降の記事では、アンケートで聞いた節約テクニックをお届けします。 小さなことから、大胆な大技まで、アイディア満載です。 どうぞお楽しみに。 光熱費や食費の節約のテクニック、インターネットでのお小遣いの稼ぎ方、マネープランの考え方など、無理なく無駄なく暮らすためのリンク集です。 「いくらでひとり暮らしはできる?」「私の生活は堅実? 無駄が多い?」など、お財布事情は気になるところ。 一人暮らしのリアルなお財布事情調査と「あなたの一票」による投票結果を紹介しています。 シングルという立場は同じでも、実家暮らしと一人暮らしでは金銭感覚に微妙な差があります。 お互いのいいところから学んで、賢くお金を使いましょう。 貧乏生活は、生き抜くチカラを養う格好の訓練です。 ガイド・午堂 登紀雄さんがどれくらい極貧生活だったか、また、そこから学んだことを紹介しています。 数多ある芸人本の中でなぜこの本が圧倒的に売れているのかを考察しています。

次の

一人暮らしの貧乏生活はどうやって乗り切る?

一人暮らし貧乏生活

もくじ• なによりそんな貧乏生活を送っている自分を回りと比べて、とてつもない虚しさを感じちゃうこともしばしばなんですよね。 そんな時に自分を支える「魂の言葉」が必要だなって。 まずは自分の心のよりどころとなるポリシーを決めてみました! 「今が頑張り時!いつか巻き返して極貧生活から抜け出してやるんだもんね!」 熱い闘志を胸に、日々の暮らしの貧乏体験の数々を、「普通の人じゃ体験できないプライスレスな体験」と考えるのが、節約生活を上手に生き抜くポイントだと。 実際に節約生活をやってる時も、この言葉にはかなり救われたんですよね。 それはずばり! 1万円から水道光熱費を引いた残りを食費として使ってよし! というものです。 ガス・水道・電気代って、家賃や食費と同じく生きていくために必要な生活費ですよね。 毎月決まった家賃+1万円という定額でやりくりできれば毎月の出費の計算も簡単だし、なにより水道光熱費を節約すればするほど使える食費が増えるんですからいいことづくめなこのプラン! 1か月の水道光熱費は季節によって上下はあるんですけど、大体が7000円以下。 3000円が1か月の食費として使えるわけです。 スポンサードリンク 月3000円の食費でいったい何が買えるのか!? この3000円でまず最初に買うもの…。 それは間違いなく「米」でしょう! 毎日の主食。 日本人が生きるために欠かせない食料、コメ。 お米しか買ってないのに残金2000円。 これはかなりヤバし!っすよね。 今さらですけど、3000円の食費だと単純に計算しても1日100円。 3食食べると考えると、1食当たり33円しか予算がないわけです。 どっちがお腹を満たしてくれるかと言ったらそりゃ断然お米ですよね!!何を優先すべきかは明白です。 …そう。 言うなれば、「一人暮らしの食費を安く抑えたい!」 そのすべては 「米をいかに安く買うか!」に集約されると言っても過言ではありません!.

次の