ポケモン シナリオ。 シナリオ中に人から貰うポケモン

【ポケモン剣盾】シナリオ最速攻略用旅パを考察しますPart.1

ポケモン シナリオ

アサメタウン~ハクダンシティ• ハクダンシティ~ショウヨウシティ• ショウヨウシティ~シャラシティ• シャラシティ~ヒヨクシティ• ヒヨクシティ~ミアレシティ• ミアレシティ~クノエシティ• クノエシティ~ヒャッコクシティ• ヒャッコクシティ~エイセツシティ• エイセツシティ~ポケモンリーグ・ミアレシティ• 自宅2階からスタート。 階段で1階に下り、ママと会話。 2階に戻り、鏡を調べてパジャマから着替える。 再び1階に下りてママと会話。 自宅から出てサナとセレナ カルム と会話。 自宅の左側にある門から町を出て1番道路に向かう。 真っ直ぐ北に進んでメイスイタウンに向かう。 町の入口から少し進んだ所で友達から声をかけられる。 左奥に進み、サナ・トロバ・ティエルノ・セレナ カルム と会話。 主人公のニックネームを決める。 ティエルノから最初のポケモン ハリマロンorフォッコorケロマツ をもらう。 トロバから ポケモン図鑑をもらう。 ティエルノから はかせのてがみをもらう。 町の入口から出ようとした所でイベント。 とバトル。 バトル後、サナにポケモンの体力を回復してもらう。 町の南の出口から1番道路を通ってアサメタウンに戻る。 自宅に戻り、ママと会話。 ママにはかせのてがみを渡し、 タウンマップをもらう。 自宅の外でサイホーンに見送られた後、1番道路を通ってメイスイタウンに向かう。 町を北に進み、橋の手前で山男と会話。 町の北の出口から2番道路に向かう。 少し進んだ所でサナとセレナ カルム と会話。 セレナ カルム からポケモンの捕まえ方を教わり、 モンスターボール10個をもらう。 北に進み、北の出口からハクダンの森に向かう。 入口でサナと合流。 森を抜けるまでサナと一緒に行動することになる。 サナに話しかけるとポケモンを回復してくれる。 右奥に進むとティエルノたちがいる。 さらに北に進むとサナが まひなおしを拾ってきてくれる。 森の北西の出口前でセレナ カルム と会話。 友達と合流後、出口から森を出て3番道路に向かう。 セレナ カルム から たんけんのこころえをもらう。 道路を北西に進み、ハクダンシティに向かう• 町の入口近くにあるポケモンセンターに入り、ティエルノからポケモンセンターとフレンドレィショップの説明を受ける。 町の北東にあるポケモンジム前に行き、入口に立っているローラースケートに話しかけてバトルする。 バトルに勝利すると ローラースケートをもらえる。 でを倒す。 バグバッジ・ わざマシン83「まとわりつく」をもらう。 ハクダンシティジム1階でジム案内人と会話。 22番道路の先にはチャンピオンロードのゲートがあるが、その先にはまだ進めないのでいったん引き返す。 町の北西の出口前にいるパンジーと会話。 がくしゅうそうちをもらった後、出口を出て4番道路に向かう。 4番道路を北に進み、北ゲート前でジーナ、デクシオと会話。 ポケモン研究所に案内してもらう。 北ゲート内でデクシオから わざマシン27「おんがえし」をもらう。 ゲートを抜けてミアレシティに向かう。 ミアレシティ到着後、ジーナの後を着いて行き、プラターヌポケモン研究所に行く。 エレベーターで研究所3階に上がり、プラターヌ博士と会話。 ポケモン図鑑の評価をしてもらう。 サナとセレナ カルム と合流後、とポケモンバトル。 バトル後、フシギダネ・ヒトカゲ・ゼニガメから1匹をくれる。 選んだポケモンに応じて フシギバナイト・ リザードナイトXorY・ カメックスナイトをくれる。 ティエルノ・トロバとも合流した後、プラターヌ博士と会話。 研究所1階に下り、フラダリ・ジーナと会話。 プラターヌ研究所出口前でサナたちと会話。 研究所を出て通りを左に進んで行くとカフェ・ソレイユの前にセレナ カルム がいる。 セレナ カルム を追ってカフェに入り、カフェでフラダリ・カルネ・セレナ カルム と会話。 カフェを出た後、ミアレシティ西の出口ゲート前でティエルノからホログラムメールを受信。 西ゲートの中でキズナおやじと会話。 Oパワーについての説明を聞き、Oパワー こうげきパワー・ぼうぎょパワー を分けてもらう。 西ゲートを出て5番道路に向かう。 ゲート前でルカリオと遭遇。 現れたシャラシティジムリーダーのコルニと会話。 西に進み、ティエルノ・トロバと遭遇。 とバトル。 バトル後、トロバから あまいミツをもらう。 南西に進み、コボクタウンに向かう。 町の北にあるに向かう。 城内にいるサナと会話後、城を出て町の北西の出口から7番道路に向かう。 西に真っ直ぐ進むと橋の上でカビゴンが寝ている。 ショボンヌ城の主人からポケモンのふえの話を聞き、パルファム宮殿にあるポケモンのふえを取りに行く。 7番道路の東側まで戻り、分かれ道を北西に進んで6番道路に向かう。 道を真っ直ぐ進み、パルファム宮殿に向かう。 宮殿の門の前で門番に1000円を支払い、門を開けてもらう。 宮殿に入ると主人のトリミアンが行方不明になっている。 宮殿1階奥にある庭園に行く。 庭園の左奥の植木の迷路に行くとサナと協力してトリミアンを捕まえることになる。 サナが主人公の後ろをついてくるので、話しかけると今いる場所で見張りをしてくれる。 まず迷路の入口付近の十字路で見張りをさせ、迷路右側にいるトリミアンに近づく。 次にサナを左側の十字路を見張らせてトリミアンに近づくと捕まえることができる。 トリミアンを捕獲して宮殿の主人と会話後、宮殿2階のバルコニーに向かう。 バルコニーにいるサナに話しかる。 イベント後、宮殿の主人から ポケモンのふえをもらう。 執事からメガシンカに関する話を聞いた後、 わざマシン17「まもる」をもらう。 宮殿から出て、6番道路を通って7番道路まで戻る。 橋の前でショボンヌ城の主人にポケモンのふえを渡して吹いてもらうと、 Lv. 15 が目覚めてバトルになる。 カビゴンとのバトル後、橋を渡って西に進むと育て屋の前でティエルノ・トロバが現れる。 育て屋についての説明を受ける。 7番道路をさらに西に進んだ所でトロバからについての説明を聞く。 バトルシャトーに入り、ビオラ・イッコンと会話。 バロン バロネス の爵位を手に入れる。 7番道路をさらに西に進み、セレナ カルム たちと合流。 セレナ カルム とタッグを組んで、・とダブルバトルをする。 バトル後、南西に進み、洞窟入口から地つなぎの洞穴に入る。 入ってすぐの所にいる研究員に話しかけるとポケモンの体力を回復してくれる。 通路を西に進み、洞穴を出て8番道路に向かう。 地つなぎの洞穴を出て少し進んだ所でジーナ・デクシオと会話。 ポケモン図鑑をパワーアップしてコーストカロス図鑑を追加してもらう。 南に進み、コウジンタウンに向かう。 入って少し進んだ所でセレナ カルム と会話。 カセキ研究所に行き、研究員からカセキの話を聞く。 町の東にあるゲートを通って9番道路に向かう。 デコボコ道をに乗って進む。 サイホーンは近くでAボタンを押すと乗ることができ、デコボコ道以外の場所でBボタンを押すと降りることができる。 また、途中で道を塞いでいる岩の前でAボタンを押すとサイホーンが岩を壊してくれる。 東端にある入口から輝きの洞窟に入る。 奥にいるフレア団のしたっぱ4人とバトル。 さらに奥に進み、研究員から アゴのカセキと ヒレのカセキからどちらか1つをもらう。 詳しくはを参照。 洞窟を出て、9番道路を通ってコウジンタウンに戻る。 カセキ研究所にいる研究員から プテラナイトをもらう。 アゴのカセキからは、ヒレのカセキからはが復元する。 コウジン水族館を抜けて8番道路の海岸側に向かう。 海岸を北に進み、ショウヨウシティに向かう。 じてんしゃは黄色と緑から選べる。 町の東にある坂道の途中でジムリーダー ザクロから ひでんマシン04「かいりき」をもらう。 坂道の途中にあるに行く。 ショウヨウジムでとバトル。 ウォールバッジと わざマシン39「がんせきふうじ」を入手。 町の北側から10番道路に向かう。 途中でフレア団のしたっぱ3人とバトル。 北に進み、セキタイタウンに向かう。 町の中央付近にフレア団のしたっぱがいる。 フレア団を追って町の北西に行く。 フレア団と会話後、現れたセレナ カルム と会話。 町の東の出口から出ようとすると、シャラシティジムリーダーのコルニが現れる。 コルニとバトルになる。 バトル後、町から出て11番道路に向かう。 途中でプラターヌ博士からホログラムメールを受信。 メガシンカおやじについての話を聞く。 北東の洞窟入口から映し身の洞窟に入る。 1F南東の階段からB1Fに降りると、ポケモンの体力を回復してくれる女性がいる。 B1F南側でティエルノから わざマシン70「フラッシュ」をもらう。 1F北の出口から洞窟を出てシャラシティに向かう。 ポケモンセンター左の通路を進み、現れたティエルノ・トロバと会話。 メガシンカおやじについての話を聞く。 町の北側の階段を下りて進んだ所でティエルノから すごそうないしをもらう。 北に進み、マスタータワーに向かう。 1階中央にある扉から小部屋に入る。 小部屋の中でメガシンカおやじ・コルニと会話。 メガシンカおやじからメガシンカについての話を聞いた後、 とバトル。 イベント後、タワーから出てシャラシティに戻る。 町の西側の高台にあるに向かう。 とバトル。 ファイトバッジと わざマシン98「グロウパンチ」を入手。 町の北にあるマスタータワーに向かう。 入口でメガシンカおやじと会話後、奥にある螺旋階段を上ってタワーの頂上に行く。 タワー頂上でコルニから メガリングをもらう。 コルニのルカリオ1体を借りてコルニとメガシンカバトルをする。 戦闘中のわざ選択画面の下側にメガシンカのボタンがあるので、これを押してからわざを選択するとメガシンカする。 こちらのルカリオをメガシンカさせずにバトルが終了するとやり直しになる。 バトル後、コルニからルカリオをもらえる。 ルカリオは ルカリオナイトを持っている。 タワーを出てシャラシティに戻る。 町の東にあるゲート前でセレナ カルム から ひでんマシン03「なみのり」をもらう。 ゲートを通って12番道路に向かう。 ポケモンのわざ「なみのり」を使って川を渡り、東に進む。 メェークルは段差を登れるので、徒歩では行けない場所を探索できる。 東に進みヒヨクシティに向かう。 12番道路から訪れた所でセレナ カルム からホログラムメールを受信。 シーサイドステーションにいるプラターヌ博士から ひでんマシン02「そらをとぶ」をもらう。 シーサイドステーションの受付に話しかけ、モノレールに乗って崖の上のエリアに行く。 崖の上のエリアのマップ左奥にあるジムの前で とバトル。 に向かう。 とバトル。 プラントバッジと わざマシン86「くさむすび」を入手。 崖の上のエリアのマップ手前にあるゲート前でフラダリからホログラムメールを受信。 ゲート内でジーナ・デクシオと会話。 ポケモン図鑑にマウンテンカロス図鑑を追加してもらう。 ゲートを出て13番道路に向かう。 南西方面に進み、鉄橋の上にいるフレア団のしたっぱとバトル。 バトル後、鉄橋の近くにある大きな岩を調べて はつでんしょパスを入手。 鉄橋を渡った先にある小屋の扉をはつでんしょパスで開き、カロス発電所に行く。 フレア団のしたっぱを倒しながら奥に進む。 フレア団の幹部とを倒す。 バトル後、ジーナにポケモンの体力を回復してもらう。 デクシオから かいふくのくすりをもらう。 発電所を出て13番道路へ戻る。 南に進み、階段を下りた所で謎の男の会話を聞く。 南ゲートを通ってミアレシティに向かう。 ゲートを出た所でサナと会話。 町の中央にあるプリズムタワーへ向かう。 イベント後、タワー内にあるに向かう。 とバトル。 ボルテージバッジと わざマシン24「10まんボルト」を入手。 プリズムタワーから出た所でプラターヌ博士からホログラムメールを受信。 町の北西のローズ広場にあるフラダリカフェに行く。 カフェでプラターヌ博士とフラダリと会話。 フラダリから おうじゃのしるしをもらう• カフェから出た所でトロバからホログラムメールを受信。 北ゲートから出て14番道路に向かう。 ゲートから出た所でセレナ カルム ・トロバと会話。 とバトルする。 バトル後、サナ・ティエルノとも合流。 会話後、沼地を北に進む。 道路北端でサナに連れられて民家に行く。 民家でイベント後、北に進みクノエシティに向かう。 町の中央にあるに行く。 クノエジムでとバトル。 フェアリーバッジと わざマシン99「マジカルシャイン」を入手。 ジムから出た所でサナ・トロバと会話。 町の北側からボール工場に向かう。 階段の途中にいるサナに話しかける。 イベント後、階段の先にある緑の壁の建物内に入る。 セレナ カルム がフレア団の相手をしている間に奥に進む。 ベルトコンベアに乗って進み、階段から上段の足場に上がる。 上段左奥の小部屋にいる女性に話しかけるとポケモンの体力を回復してくれる。 手前左にある装置でベルトコンベアの流れの向きを変えた後、上段右奥にある小部屋まで行く。 小部屋内でフレア団の幹部とバトル。 続いてセレナ カルム とタッグを組んでフレア団の・とダブルバトル。 バトル後、工場の社長と会話。 お礼に マスターボールと でかいきんのたまをもらう。 どちらか1つ選ぶように言われるが、どちらを選んでも両方とももらえる• 建物の出口付近まで戻り、サナたちと会話。 建物から出た所でホログラムメールを受信。 ボール工場のニュースが流れる。 ボール工場を出てクノエシティに戻る。 町の東側のゲートを通って15番道路に向かう。 道路を南東に進む。 途中の橋を渡った所でフラダリからホログラムメールを受信。 16番道路にはの南エリアに通じる入口があるほか、つりハウスにいる釣り人から すごいつりざおをもらえる。 南東のゲートを通ってフウジョタウンに向かう。 ゲートから出て少し進んだ所でプラターヌ博士・デクシオと会話。 伝説のポケモンについての話を聞く。 トロバと会話後、町の北側からフロストケイブに向かう。 吊り橋を渡った所でマンムーと一緒にいるトレーナーと会話。 北に進み、奥の入口から洞窟内に入る。 洞窟を奥に進んで行くとユキノオーとフレア団がいる。 フレア団のしたっぱとバトル。 続いてフレア団のとバトル。 バトル後、トロバと会話。 ユキノオーに話しかけると ユキノオナイトをもらえる。 フロストケイブを出てフウジョタウンに戻り、町の南東ゲートを通って17番道路に向かう。 ゲートから出て少し進んだ所にマンムーを連れたトレーナーがいる。 トレーナーと会話後、マンムーに乗って深い雪の道を南東に進む。 雪道を抜けた所でマンムーから降りる。 少し進むとセレナ カルム からホログラムメールを受信。 南東のゲートを抜けてヒャッコクシティへ向かう。 ゲートを出て少し進んだ所でジーナと会話。 ジーナから リピートボールをもらう。 町の北東にあるヒャッコクシティジム前で とバトル。 バトル後、セレナ カルム がポケモンの体力を回復してくれる。 に向かう。 とバトル。 サイキックバッジと わざマシン04「めいそう」を入手。 ジムから出た所でセレナ カルム と会話。 フラダリからホログラムメールを受信する。 ミアレシティに戻る。 町の北西のローズ広場にあるフラダリカフェに行く。 カフェでウエイターの格好をしたフレア団のしたっぱとバトル。 バトル後、隠し扉の合言葉を教えてもらう。 次に、ウエイトレスの格好をしたフレア団のしたっぱとバトル。 バトル後、ウエイトレスの後ろの棚を調べて合言葉を唱えると隠し扉が開く。 隠し扉からフラダリラボに行く。 フラダリカフェの隠し扉から入って少し進んだ所でフラダリと会話。 フラダリとバトルになる。 フラダリラボにいるフレア団員を倒しながらワープして進む。 北西の小部屋にジーナとデクシオがいる。 ジーナから げんきのかけらをもらえる。 西の小部屋にあるベッドを調べるとポケモンの体力を回復することができる。 東の小部屋にいるフレア団のを倒し、 エレベータのキーを入手。 エレベーターの前まで戻り、エレベーターに乗って地下2階に行く。 地下2階の階段を下りた先で鉄格子の中にいる謎の男AZから昔話を聞く。 フラダリを追ってエレベーターに乗り地下3階に行く。 フラダリと会話後、フレア団のとバトル。 バトル後、最終兵器を止めるために青と赤のボタンのどちらかを押す。 どちらを押しても結末は変わらない• イベント後、フラダリラボから出てセキタイタウンに向かう。 町の北西の小道でフレア団のしたっぱとバトル。 バトル後、小道を進んだ先でセレナ カルム と会話。 小道の奥の岩の扉からフレア団秘密基地に向かう。 エレベーターで地下に下り、部屋の奥にいるとバトル。 バトル後、フラダリの左にある扉から最深部に通じる通路を進む。 途中にいるフレア団員とはセレナ カルム とタッグを組んでダブルバトルになる。 途中でサナと合流した後、さらに進む。 最下層の扉の電子ロックをサナに解除してもらう。 扉を開けて先に進むとイベント。 フレア団の幹部4人とバトル。 幹部4人を倒した後、部屋中央の装置に近づくと Xの場合 or Yの場合 とバトルになる。 ゼルネアスorイベルタルとバトル後、が現れて再びバトルになる。 フラダリは手持ちのギャラドスをメガシンカさせてくる。 バトル直前にこちらのポケモンの体力は全回復しており、捕獲したゼルネアスorイベルタルを手持ちに入れて戦わせることができる。 イベント後、セキタイタウンに移動。 友達と会話後、ヒャッコクシティに向かう。 町の南東にあるゲート前でプラターヌ博士からホログラムメールを受信。 ゲートを通って18番道路に向かう。 道路を南東に進み、レンリタウンに向かう。 町の中央付近の橋の前でプラターヌ博士と会話後、とバトルになる。 南のゲートを通って19番道路に向かう。 途中の吊り橋の上でとバトル。 続いてとバトル。 トロバがポケモンの体力を回復してくれた後、引き続きとバトル。 バトル後、サナから ひでんマシン05「たきのぼり」をもらう。 吊り橋を渡り、南西のゲートを通ってエイセツシティに向かう。 町の中央にあるエイセツシティジムの入口前にいる男と会話。 町の南西のゲートを通って20番道路 迷いの森 に向かう。 迷いの森を抜けてポケモンの村に向かう。 村に入ってすぐの所でエイセツシティジムリーダーのウルップと会話。 ウルップを追ってエイセツシティに戻る。 に向かう。 とバトル。 アイスバーグバッジと わざマシン13「れいとうビーム」を入手。 ジム前でジム案内人・ウルップと会話後、町の北西のゲートを通って21番道路に向かう。 西に進み、チャンピオンロードに向かう。 バッジを8個集めた後、ゲートにいる男に話しかけるとバトルになる。 バトル後、ゲートの奥に進みチャンピオンロードに行く。 チャンピオンロードを抜けてポケモンリーグまでたどり着くには、最低限ポケモンのわざ「なみのり」「かいりき」が必要。 全エリアを探索するには、その他に「たきのぼり」「いわくだき」などが必要。 途中で とバトル。 バトル後、 げんきのかたまりをもらう。 チャンピオンロードを抜けてポケモンリーグへ向かう。 四天王、、、を倒す。 を倒す。 殿堂入り後、ミアレシティに移動。 プラターヌ博士から カロスエンブレムをもらう。 謎の男とバトル。 イベント後、エンディング。 アサメタウンの自宅2階からスタート。 1階に下りてママと会話。 自宅から出てサナと会話。 サナとポケモン交換ができる。 サナが出すのはハリマロン・フォッコ・ケロマツのどれか 最初にサナがもらったポケモンと同じもの。 ミアレシティへ向かう。 ノースサイドストリートにあるミアレステーションに行く。 ステーションに入った所でジーナ・デクシオと会話。 ポケモン図鑑に全国図鑑を追加してもらう。 ステーションにいるプラターヌ博士と会話。 プラターヌ博士から TMVパスをもらう。 列車に乗ってキナンシティに向かう。 キナンステーションを出た所にいる男から バトルレコーダーをもらう。 町の中央にあるに挑戦。 バトルハウスで1試合以上したバトルした後、町の北側に行くと池の近くにセレナ カルム がいる。 に話しかけてバトルする。 セレナ カルム はアブソルをメガアブソルにメガシンカさせてくる。 バトル後、セレナ カルム から アブソルナイトをもらう。 ヒャッコクシティに向かう。 町の北西にある日時計に行くとプラターヌ博士がいる。 プラターヌ博士から話を聞き、メガリングをパワーアップする。 これ以降、毎日20~21時の間、カロス地方の特定の場所にあるメガストーンがメガリングと反応して輝くようになり、調べるとメガストーンを入手できる。 ハンサムの助手になり、事件を解決する。 oror Lv. 70 とバトル。 最奥で Lv. 70 とバトル。 ななしの洞窟で Lv. 70 とバトル。 バトル後、 ミュウツナイトXorYを入手。

次の

【ポケモンORAS初心者向け】効率の良い旅ポケモンの育て方 ①最適なワザを覚えさせよう

ポケモン シナリオ

はじめに 今日、誕生からおよそ20年が過ぎた今もなお、日本のみならず世界中から愛されている。 このメディアミックスには、当初最初のシリーズ構成によって構想が練られていたものの、放送の長期化・世界観への影響など諸般の事情で没になり、現在では実現不可能な最終回のプロットが存在した。 とても衝撃的な内容であるが、その中には製作者が子供たちへ向けた特別なメッセージが込められている。 このプロットを読んだ後、改めてポケモンという作品の奥深さが感じられるかもしれない。 アニメ版ポケットモンスター 無印 最終回 仮 当時ポケットモンスターシリーズ構成担当であった氏が、WEBアニメスタイルのコラムで存在を公表し、ファンの間で話題を集めた。 テーマは『ポケモンと人間は本当に共存しえるか』。 元々、首藤氏は少年アニメにおける「勝利にこだわること」に対して懐疑的であった。 当然、ゲームにおいては根本であるポケモンバトルに対してもあまり好感を抱いておらず、 「とがどう違うか、なぜバトルをしなければならないのか。 自分は傷つかない代理戦争の勝敗に喜んでいいのか」という疑問も抱いていた。 また、ゲームのポケモンについて「手間はかかるが、プレーヤーに逆らったり、実際に死んでしまうこともない。 失敗してもリセットが可能である。 そして、事と次第によっては友達になってくれる。 ポケモンが生き物だとしたら、これほど思いどおりになる生き物はない。 そのため、勝利にこだわるような作品にはしたくなかったという思いもあり、それに代わって、『』のような『『ポケモン』の世界を、サトシ(ひいては視聴者)の少年時代へのノスタルジーにしたい』『子供達が体験する懐かしい冒険の一時期を描きたい』と考えていた。 無印初期でジム戦でサトシが完全に勝利していないにも関わらずお礼名目等でバッジを貰う(戦、戦等)場面が何度かあったのは、その影響と思われる。 氏の執筆した小説版ポケットモンスターにも氏の特徴・思想が色濃く出ており、逆説的にジム・ジョーイ・ポケモントレーナーなどがどのような収入でなぜ存在できるのか・モンスターボール開発までの世界観がシビアながらも細かく設定されていたり、サトシが等身大の少年として描かれていたりするなど児童向けアニメを下敷きにしたとしては異質な空気が漂った作品となっている。 そして、『虚構の世界で夢に酔いしれている、外見だけは大人で心はいつまでも子供』という人間を育てたくないという願いも込めて、後述のようなストーリーを構想した。 概要 首藤氏はの放送が1年半、人気になって長くても4年といった放送スケジュールを想定のもと、最終回を構想したとのこと。 実はアニメ本編や劇場版シリーズには最終回の伏線がいくらか用意されていた。 以下がその一例である。 アーボとドガースが答えた「悪いポケモンはいない」発言(無印第17話)• タマムシジムへの放火による脅迫ネタ作り(無印第26話)• 『がいっぱい! 』(無印第31話)• 『ニャースのあいうえお』(無印第71話)• 『ミュウツー我ハココニ在リ』(テレビスペシャル)• 『』(劇場版第1作)と『ミュウツーの逆襲の嘘予告』• 『幻のポケモン 』(劇場版第2作)• 後述の『劇場版3作目没プロット』 第26話を除きいずれも首藤氏が直接脚本に関わっており、特に上記の映画3作のテーマは最終回に深くつながるはずだった…が…。 ストーリー 物語の終盤、は強力なパワーを持つポケモンに育っている。 しかし、人間にゲットされたポケモンはゲームで戦いの道具にされること・人間の寵愛を受けたとしてもそれはペットにしか過ぎないことに対してポケモンは怒り、ポケモンと人間との共存は不可能という結論に達したポケモンと人間たちは争いを始める。 最強のポケモンとなったピカチュウはポケモンのリーダーに祭り上げられ、ピカチュウとサトシは争いを止めるのに苦悩する。 その戦いを止めるために奔走するのが意外にもロケット団の3人組であった。 彼らはポケモンと人間の共存関係の見本になっており、そして『自己存在の問い』にはが答えを見出し、彼らは一つの結論に達する。 『自己存在のある限り我々はどんなものたちとも共存できる』と…。 年月がたち老人となったサトシは昔を思い出した。 空想・想像の生き物ポケモンとの冒険や友情や共存。 それは、現実の人間の世界では、サトシが出会えなかったものだったのかもしれない。 しかし少年時代のどこかで、確かにピカチュウやポケモンがいて、ムサシがいてコジロウがいてミュウツー達との出会いがあった。 サトシの少年時代の冒険で出会ったすべてが、老人になったサトシの記憶にあり、眼前に見える。 「さあ、早く寝なさい。 あしたは旅立ちの日でしょう」 翌朝、母親に叩き起こされたサトシは少年の姿であり、元気に家を飛び出していく。 それはポケモンゲットでも、ポケモンマスターになるためでもない、本当の自分は何かを探し、他者との共存を目指す旅である…。 「他者との共存を目指して現実世界を歩んでほしい」という思いを込めて、あえて夢オチともとられる最終回を構想したものと思われる。 サトシの目標であるについても、「」と首藤氏は述べていることなどから、「最高位のポケモン使い」の称号は、最終回の前座であったことがうかがえる。 そして、が喋れる設定はこの「他者との共存」を描く最終回のために作られたといっても過言ではなく、人間になろうとして人間になれず、ポケモンとしても特異な、人間でもポケモンでもない孤独だったニャースが、戦いの仲裁に生きがいを感じ大活躍するといった構想であった。 この最終回こそ幻となったが、ニャースの話せることが、ポケモンの通訳役として重宝されるなど今日でも活かされ続けているのは言うまでもない。 ただ、本来アニポケで重要な役割を担うはずだったロケット団が、日常話の増加により単なる三枚目になったことには複雑な思いがあったため、映画『』でロケット団が大活躍し、「あんたが主役~! 」とサトシに言うセリフにつながったという。 ともすれば「子供はいずれ『ポケモン』を離れるべき」「『ポケモン』世界の否定」ともとられかねないこの最終回は、実現していれば、首藤氏が以前担当した『』最終回以上に物議・賛否両論となっただろう。 下手すれば 同じく首藤氏が以前担当した『』の様に任天堂やスポンサー、視聴者の怒りを買いポケモン全般が永遠の黒歴史になっていた可能性も高い。 しかし、人気は首藤氏の予想をはるかに超えており、結局この最終回は没になった。 総監督は10年は続けたいと考えており、せいぜい4年を想定していた首藤氏のモチベーションはとてもそれほど続けられるものではなかった。 首藤氏自身、テーマに悩んだり精神状態が安定しておらず早期にアニポケを離脱し、アニポケの長期化にあたり、多くの人々がポケモンを楽しむ姿を見て「ポケモンはのようなものでいいんじゃないか」「自分が追い求めた御大層なテーマやエンディングは必要ないんじゃないか」と 首藤氏が最終回に対してやる気が無くなっていたらしい。 余談 上記のポケモンの反乱の設定のオマージュともいえる設定がのちのシリーズにも登場している。 以下がその一例である。 『劇場版ポケットモンスター ミュウと波導の勇者ルカリオ』における古代の戦争シーン。 『ポケットモンスターブラック・ホワイト』における聖剣士の昔話• 『ポケットモンスター サン・ムーン』での他。 また、映画『』でもこの没プロットを連想させるシーンが出てくる。 ここでも映画のテーマである「原点回帰」を意識したのかもしれない。 ポケットモンスター映画第3作目 仮 『結晶塔の帝王』の前身にあたる企画。 これもやはり、没最終回と同じ方法で公表。 作品のテーマは『進化論』や『本物の動物』、そして『この世界とは何なのか? 』である。 これはポケモンシリーズ当初の設定である「ポケモン以前には地球の生き物が存在していた」という設定を応用したもの。 実際に当時のテレビ絵本には子犬が登場するし、赤緑の図鑑説明には『』が登場し、 『ミュウツーの逆襲』では、ボイジャーが『』の存在をほのめかすような発言をするほどだった。 後のシリーズでは、このような人間・ポケモン以外の生物の存在について、設定はなかったことにされたり、されなかったりと曖昧な扱いをされている。 ストーリー ポケモンと人間しか動物のいない『ポケモン世界』において、ある重大な発見があった。 なんとにこの地球上で生きていたのが発見され、ポケモン学会は大騒ぎになる。 ここでオーキド博士は重大なことに気づく。 ポケモンがこの世に発生した時期も定かではなく、進化論 ポケモンでいう進化のことではない はポケモンにも通用しない、新発見のポケモンはどんどん増えていくばかり。 しかも、地球上の動物 、など の記録は残っているのに、なぜか人々の記憶から消えていたのだ! しかも誰もがそのことに疑問を感じていないのだ。 何かこの世界には秘密があるのか。 人々も自分の生きる世界について考え始める。 その最中、突如ティラノサウルスが動き出し、ある場所を目指し進撃を開始する。 ポケモンや人間たちは踏みつぶされていく。 とにかく邪魔なものは踏みつぶす。 海も川も越え…。 町は破壊されてゆく、オーキド博士は研究所を踏みつぶされても「いつかこんな時が来ると思っていた。 何故こうなるのかわからんけど」としかしゃべらない。 実はオーキドにもわかっていないのだ。 『 いつかこんな時が来ると思っていた』以外は。 ポケモンたちや人間は本能的にティラノを止めようとする。 ティラノを止めなければ『ポケモン世界』が危ういと感じたからだ。 ロケット団たちも協力し始める。 そこにはいつもの敵味方もありはしない。 しかし、冷静なのは『自己存在』をテーマとするミュウツーだけだ。 そしてティラノはある場所で動きが止まる。 果たしてその場所とは…。 以上がストーリーの概要である。 実際のプロットはもっと簡潔らしく、進化論や学会云々の話は大幅に削ってあるらしい。 没になった経緯 首藤氏はこれを企画するにあたり、反対意見はあらかじめ想定していた。 それは『ポケモンの世界観の破壊』である。 半年構想にかけたこともあり、それに対する反論は当然用意していた。 しかしトップが言い放った反対意見は、首藤氏の予想を上回っていた意外なものだった。 それは 『無機質なものに、意識が宿り動き出すというストーリーはヒットしない』というもの。 これは以前にトップの久保氏が以前プロデュースしたの劇場版 ストーリーは意識を持ったミニ四駆が暴走するという内容 がヒットしなかったからである 他に『ティラノサウルスでならポケモン映画以外でも書ける脚本だ。 』という意見が出たからという話もある。 久保氏はそういった経験から首藤氏のプロットを却下した。 首藤氏の想定した反論はあくまでストーリーに関するものであり、ヒットするか否かという反論は予想だにしていなかった。 言い換えれば「興行収入数十億円を目指す、失敗が許されなくなったにおいて、この脚本でそれぐらいのヒットを出せる確固たる自信があるならばいい」と言われたということである 久保氏はエンターテイメント性を重視しており、『』のヒットに対しても自分の理論と違ったため驚いていた。 しかし、全体的に暗く重いストーリーの『ミュウツーの逆襲』がなぜヒットしたか、自分が書きたい話を書いただけの 首藤氏自身も理解しておらず、明確に説明もできるわけもなかった。 この3作目のプロットについて、ヒットする自信もなかった首藤氏は、久保氏の反対を否定できるだけの意見を持ち合わせておらず、それを泣く泣く受け入れざるを得なかったという。 止まった場所に対する考察 ティラノが動きを止めた場所はプロットを手掛けた首藤氏以外真実を知る者がいないため、ファンの間ではこの手の考察が後を絶たない。 首藤氏曰く、『動物とは何か? 』『人間とは何か? 』を考えればさほど難しくないとのこと 例として、• 『最初にティラノが発掘された場所』• 『世界の果て』• 『卵』• 『母親の元』• 『海』 の舞台である命の源 など。 最後に余談 結局没を食らっている上記2作品。 今も「せっかくなら見てみてみたい」というファンの声がある一方で、「やったところで面白いものになるとは思えない」「流石に作家性が強すぎる」と言った意見も多い。 しかし、首藤氏はポケモン史に残る大偉業を成し遂げている。 それは首藤氏の担当した作品に登場したオリジナルポケモンがゲームに逆輸入されたことである。 それこそが海の神『』である。 金・銀 当初はポケモン2 のゲームの開発時期が遅れていたおかげで組み込む余裕があった、とのこと。 首藤氏個人としては、「海は母性の象徴」と考えていたため男性ボイスのルギアは好ましくなかったらしいが、ルギアはそのかっこよさで以降の高い人気へとつながっていった。 関連項目 () ティラノサウルスモチーフ 外部リンク• 首藤氏の考えていたテーマ• 最終回の構想• 最終回の構想• 最終回の構想• 関連記事 親記事.

次の

【ポケモンORAS初心者向け】効率の良い旅ポケモンの育て方 ①最適なワザを覚えさせよう

ポケモン シナリオ

任天堂は、ニンテンドースイッチ対応ソフト『 ポケットモンスター ソード・シールド』の有料追加コンテンツ「エキスパンションパス」に関して、第2弾「冠の雪原」の概要を公開しました。 極寒の地にある小さな集落で人々が寄り添って暮らしており、これまでのガラル地方とは異なるポケモンを見つけることができます。 主人公たちは、「カンムリせつげん」でとある人物から探検隊の隊長に任命され、不思議な遺跡や謎の巨大な樹木、ワイルドエリアにあるポケモンの巣の地下深くなど、さまざまな場所の調査へ赴くことに。 物語の中で探し出すこととなる伝説ポケモン「バドレックス」も新登場します。 太古の昔、ガラル地方一帯を統べていたポケモンであり、優雅で威厳のある立ち振る舞いが特徴的。 極めて高い知能を持ち、過去・現在・未来の出来事を見通すともいわれています。 「バドレックス」に秘められた謎を巡るストーリーにもご期待くださいとのこと。 仲間と共に、「カンムリせつげん」にあるポケモンの巣の地下深くを探検する新たな協力プレイも登場します。 巣の奥では、これまでのシリーズに登場した伝説ポケモンがダイマックスして姿を現すこともあるそうです。 伝説ポケモンは、「冠の雪原」の冒険を経ることで全種類が登場。 出会えるだけでなく、仲間にすることも可能です。 さらに、まったく新しい伝説ポケモンたちも「カンムリせつげん」のどこかに待ち受けているとのこと。 Pokemon Directでは、上記の5体が公開されました。 このほかにも、第1弾「鎧の孤島」とあわせて100種類以上の着せ替えアイテムや、「鎧の孤島」と「冠の雪原」のクリアで挑戦できる新たなトーナメントが登場。 「鎧の孤島」と「冠の雪原」をあわせて、合計200以上のお馴染みのポケモンが『ポケットモンスター ソード・シールド』の世界を冒険できるようにもなります。 なお、新マップ「ヨロイじま」と「カンムリせつげん」は、ワイルドエリアのように1つの大きなマップとなっており、カメラを動かしながら冒険を楽しむことや、他のプレイヤーと一緒に遊ぶことができます。 Pokemon Directでは紹介しきれなかった機能も現在企画・開発中とのことですので、続報を楽しみに待ちましょう。 『ポケットモンスター ソード・シールド』は好評発売中。 『エキスパンションパス』は本日1月10日より発売開始。 C 2019 Pokemon. ポケットモンスター・ポケモン・Pokemonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。 Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。 《茶っプリン》.

次の