麻雀警察。 NEWS23が「黒川杯テンピン麻雀大会」を報じる!終始数十人の警察が対局への妨害を続けた中、主催者男性は「黒川さんはいいのに、なんで俺たちはダメなのか?」と素直な疑問を吐露!

賭け麻雀や賭けゴルフ、「賭博罪」で逮捕される境界線はどこにある?

麻雀警察

これらの行為で、逮捕される人とされない人がいるが、その差は何か。 弁護士の鈴木淳也氏が解説する。 「例えば、仲間うちでお菓子や翌日の昼飯代を賭けたりする程度はお楽しみレベルと判断され、警察もそこまではとやかく言わないのが現実です。 金額でいえば1000円程度まででしょうか」 一晩で数万円単位が動くこともある賭け麻雀は本来なら完全にアウトだが、「親睦を深める意味で麻雀をする場合は、警察も目をつぶっている」(鈴木氏)のが現実だ。 警察が違法賭博の行なわれている雀荘やカジノを摘発する第一の目的は、客が払う金で儲けを得ている店側を賭博開帳図利罪や常習賭博罪で検挙するため。 「警察が店に踏み込んだり潜入捜査をしたりするのは、賭博は現行犯でないと立証が難しいから。 かつて、漫画家の蛭子能収氏が麻雀賭博の現行犯で警視庁に摘発された際も、店側は賭博開帳図利容疑での逮捕だったが、蛭子氏ら客14人は単純賭博容疑だった。 この時、賭け金はテンリャンピン(1000点200円)だった。 ちなみに、かつて「賭けゴルフ疑惑」が報じられたさくらパパこと元参議院議員の横峯良郎氏はこう語る。 「賭けゴルフについては痛い目にあったからよく調べたよ。 メシ代や飲み代程度ならいいんだよ。 刑法の賭博罪でも、その程度は〈一時の娯楽に供するもの〉、つまり日常娯楽の範囲内だと見なされ、違法性がないと書いてある」 逮捕されるかどうかは取り締まる側次第だが、違法行為であることには代わりはない。

次の

麻雀(2016年李易峰、周冬雨主演电视剧)_百度百科

麻雀警察

テンピン麻雀解禁記念!? 検察庁前麻雀大会「黒川杯」ルポ ~省略~ 「新基準の礎を築いてくれた黒川元検事長に敬意を表し」た検察庁前の大会は、この大会に賛同する一部のメディアの事前の報道などにより人が集まり混乱することを恐れた主催者の判断で、ひっそりと開催される予定だったが、さすがにそうはいかなかった。 注目の大会であっただけに、黒川杯会場からほど近い警視庁や所轄の丸の内署をはじめとして近隣で勤務中であった警察官の方々がギャラリーとして多数集まったため、大会は混乱を極めた。 ~省略~ こうした混乱を事前に予想していた主催者により、黒川基準に基づき適法とされる「旧知の間柄」の少人数の面子を集めて行われていたが、続々と集まるギャラリーの警察官は、どんなことがあってもこれを継続させないという態度で卓を取り囲んだ。 そこには小池百合子東京都知事らが提唱したソーシャルディススタンスはなく、麻雀を楽しもうとしていた参加者から「密です!」との抗議の声もあがっていた。 賭博罪は黒川基準で無罪となったが、道路占有はまた別の問題である。 混乱のために、いつまでたっても東1局すらできない状態でもあり、このままだと勝敗がつかず、そのため賭博が成立しないと主催者は判断。 検察庁に面した道路をはさんだ日比谷公園内で一番検察庁に近い「健康広場」に場所を移した。 いつもより人は少ないにしても家族連れなどの姿もちらほらと見られる健康広場の片隅に場所を移動した黒川杯だが、どういうわけかギャラリーの警察官はさらに数を増やし、どうしても半荘を成立させたくないという強い意志を感じさせた。 白熱の闘牌が始まろうとしたが、卓を取り囲む警察官によるテンションの方が上がり続け、圧力は増していった。 「オレも面子にいれてくれ」ということなのかもしれない。 観戦マナーの順守が求められる。 東2局にリーチ1発ツモで和了した参加者は「配牌がよかったですね」とうれしいコメント。 しかし、そこで予期せぬ事態が起きた。 日比谷公園の管理事務所から、健康広場の閉園時間との通告だ。 ここで残念ながら大会は終了。 ~省略~ 主催者によると、この大会に黒川氏の参加も期待していたとのことだが、最後まで現れることはなかった。 ~省略~ 大会は終了し、参加者はおのおの帰宅の途についたが、それがハイヤーだったかどうかは定かではない。 「黒川基準」 皮肉に満ちたルポ。 テンピン麻雀解禁記念!? 検察庁前麻雀大会「黒川杯」ルポ(NEWS ポストセブン) — Yahoo! ニュース — まさのあつこ masanoatsuko 黒川杯いいね。 それはそうと黒川の件は終わってないからな。 奴に懲戒処分を下せ テンピン麻雀解禁記念!? 検察庁前麻雀大会「黒川杯」ルポ — しげ ang3303 こーゆーの大好き ってかこの警察官達 おそらくわざと近くに無言で突っ立って邪魔してるんだろうけど 気持ち悪いわ テンピン麻雀解禁記念!? 賭麻雀解禁記念!? 検察庁前で麻雀大会「テンピン黒川杯」 NEWSポストセブン — 千葉まりん chibamarin2006 賭け麻雀解禁されたはずなのに警察が来て邪魔するとかおかしくないか? 権力は怖いなー🥺 テンピン麻雀解禁記念!? 安倍首相が点ピンなら賭け麻雀しても良いと認めたようなもんだ。 安倍のせいで嘘をついたらダメ、隠し事はダメと子どもに言えなくなったし。 テリー伊藤氏、検察庁前で麻雀「黒川杯」に「どんどんやってほしい。 警察が止める事はおかしい」 — 俵 才記 nogutiya しかも、参加者だけが麻雀をやる分には大して周りの迷惑にならないのに、 (呼んでもいないのに)勝手に大量の警察官が集結して、参加者に向けて怒鳴ったり威圧しているせいで、余計に道路が占有されては通行人の迷惑になってるっぽいけどね。 つまり、今回の「黒川杯」の騒動を通じて分かったことは、 「『安倍総理やアベ友関係者が引き起こした犯罪については、積極的に見逃される』実態があることを強烈に炙り出した」ということだ。 警察としては、「黒川杯」でテンピンによる賭博が成立したことで逮捕すれば、まさに、 「こうした実情(アベ友はOKだけど、一般市民は逮捕の対象)」を確定させることになってしまうし、 だからこそ、なんとしても徹底的に妨害する必要があり、これを成立させないように全力を尽くしたということだ。 でも、こういうおかしな妨害行動や市民に対して不当に威圧している時点で、 おのずと「黒川氏はOKだけど、一般市民はNG」ということを自ら示してしまっているし、検察も警察も、もう、ここまで矛盾が露呈している以上、何としても 「『テンピンは合法か?』との市民からの疑問に頑なに口をつぐんでは、とにかく強引にモヤモヤにする」しか方法がない状態になっているんだよ。 さらにいえば、文春においては、との記者の証言も出ており、 黒川氏はテンピンどころではない、かなりの高レートで賭け麻雀をやっていた疑惑もくすぶっている。 でも、これらの事実が確定的になった場合、 いよいよ正式に刑事事件として捜査を行なう必要が出てくるので、(にも) 安倍政権や法務省が、何としてもこれらを葬り去るべく、強引に「テンピンなので大したことない(っぽい感じ)」との既成事実やふわっとした雰囲気を作った上で、「再調査はやらない」とゴリ押しし、一方的に幕引きにしてしまったってことだ。 そうしないと、 現在の「なんちゃって法治国家」によるインチキやフェイク(安倍一派による治外法権システム)がどんどん酷くなっていくばかりだし、そうした意味でも、今回の黒川杯の開催は、非常に大きな意味があったように思う。 黒川杯を企画した彼らを見習って、 どんどんと日本の法体系を破壊しては腐敗&増長し続けている安倍政権の暴走を止めるためにも、ボクたち自身が(自分たちが人間らしい生活を送っていけるよう)頭脳的に正面から対峙し、圧をかけ続けていくことが重要なんじゃないかな。

次の

【黒川杯】国会前で賭け麻雀実施か? 警察が登場!地検前でテンピン麻雀「黒川杯」を開催したら逮捕される? 賭博罪の告発の行方は

麻雀警察

Mリーガーへのダメ出しで話題に、炎上込みのだが~になった麻雀警察ひろーさん。 彼の動画の平均点は僕的にはすこぶる高く、その理由を少し考えてみたので書いておく まず前提として人は集中力がない。 集中力がある人でも15分単位でしか持たずに一度途切れると言われている。 更に言えば人間の意識は8秒程度ごとに途切れているとも言われている。 途切れた意識は後付けで繋げて整合性をとっているわけ。 視覚で言えば盲点とおなじです。 見えていないものを脳が想像で埋めているんですね。 そこで麻雀警察の動画ですが、平均5分、長くても10分 この短さが大事ですね。 まず表示が30分なら最初から敬遠されるでしょうが、5分なら まあつまらなくても5分ならいいか とクリックされる可能性が高まります。 そこで気に入られれば10分の動画も見てもらえるようになるでしょう。 そしてその5~10分の中でも麻雀警察はダラダラ喋らない 昔の小泉ジュンイチローの如く、短い言葉を強めにテンポよく繋げていく、難しい単語は使わない。 ここが大事ですね 更には麻雀警察はどの角度で見ても美形ではない 悪口にしか見えないかもしれないが、これが武器なのは「待ってたぜ沢崎」からも証明されています。 そりゃMリーガーもブロックするわ。 例えば ZEROさんですね、彼がやればどうしてもちょっとカッコよく見えたりするかもしれないシーン 笑いをとるべき場面でそれはマイナス、こち亀にも描いていた 麻雀警察にはその心配がありません これは才能、ギフトですね。 今後どのくらい視聴者を増やしていくのか、私、気になります! この記事の製作時間49分.

次の