フォート ナイト 編集 コツ。 プロチームから『フォートナイト』のコツやマナーを学ぼう! 小中学生が対象の“DETONATOR塾 FORTNITE編”リポート

【フォートナイト】メキメキ上達!フォートナイトのコツ五カ条【FORTNITE】

フォート ナイト 編集 コツ

編集キルとは 相手と自分の間に壁や床を置き、それを素早く編集して射線を通し、即座にショットガンを差し込んでキルするテクニックを 編集キルと言います。 相手が壁の向こうにいますね。 編集モードにして、 穴を開けて、 ショットガンズドン! もし自分が上にいる時は床を張って、 編集で穴を開けて、 ズドン! などなど。 何が強いの? この編集キルの強みは 相手の意表を突けること。 それに尽きます。 編集してからショットガンを構えて打つまでに若干時間がかかるので、本来は相手の方が先に攻撃できるはずなんですけど、それは 相手が編集してくるのを読んでいた場合のみ。 上手ければそういう駆け引きはザラですが、大体は相手に壁を建てられた時点で 「いっけね!こっちも建築しないと!」とか、 「回り込んで横から撃ったろw」というムーブをかましてきます。 実用的な編集キル 登ってくる相手の頭を塞いで編集キル 建築バトルで自分が少しでも上を取れた場合、登ってくる相手の頭を塞ぐように床を置きましょう。 そして編集でパッカリ開けてショット! 何故そのまま撃たずに一度床を置くかというと、逆の立場になってみれば分かります。 階段を登っている時に床で塞がれました。 どうしましょう!? ツルハシに持ち替えて壊すとか(無謀) 逆方向に二重階段で逃げるとか いくつか選択肢がありますが、いずれも編集からのショットガンに対して強い行動ではありませんよね。 この様に、ただ「床を置いて開ける」というお手軽な作業だけで圧倒的優位に立ち回れるのでおすすめです。 すれ違いざまに編集キル 相手と隣の列で登りあいになるシーン、よくありますよね。 こういう時は相手の進行方向を屋根で塞いで、 壁を張って、 上列を編集して、 ショットガンズドン! 階段で塞いだあと、壁を置かずにそのまま撃つのもアリです。 その時は相手が壁を建てた場合防がれるので、ちょいと不利になりますね。 こもる相手に張り替えて編集キル とりあえず周囲を囲ってこもられるシーンもありがち。 この場合はツルハシで相手の壁を壊した瞬間、自分の建築に張り替えます。 例によって編集してズドン! ただしこれはあまりにも有名なので、相手が編集読みに切り替えてカウンターを狙っている場合も多々あります。 一旦射線の通らないところを編集して相手のショットガンを無駄撃ちさせるとか、駆け引きを楽しめるようになるとGoodですね。 オシャレでテクい編集キル 駆け引き猛者になると相手の頭上を自分の床にできた時に、 あえて自分の目の前以外を編集して、 綺麗に射線が通らない床を作ります。 「(編集されたら撃つ・・・!!)」と思っている相手は、この編集に対してショットガンを撃つのを我慢できるワケがないのです! 即座に編集リセットから目の前を開けて処刑。 世界大会でも見られたテクすぎる編集キルですね。 プロプレイヤーは目にも止まらぬ速さで編集する人が多いですが、たまに何回も失敗してグダグダになることもあります。 プロでさえ失敗するくらいなので、私たちはまず正確に編集することを意識しましょう。

次の

【フォートナイト】ワンタップ編集ができるように!オススメのボタン配置を紹介!

フォート ナイト 編集 コツ

フォートナイトはバトロワ系ゲームでは珍しい「クラフト」という機能があり、これを活かせるかがゲーム上達のカギとなっている。 特に指に覚えさせたい行動の1つは、 敵に撃たれたらクラフトを展開する方法。 これによるメリットを紹介していくぞ。 動画例:撃たれたら即クラフト 建物上の敵を狙っていたら、丘上の敵から撃たれた状況だ。 すぐにクラフトをしてダメージを受けなくすんだ。 メリット1 : 被ダメージを減らせる 壁クラフトを作るメリットで一番大きいのが被ダメージを減らせる点。 不意の攻撃時に壁を作れないとそのまま一気にHPが削られ負けに繋がる。 メリット2 : 状況を確認出来る とりあえず壁を作る事により、どこに敵がいるか、どういう攻め方をしてくるかなどの状況確認が行える。 また相手もこちらが壁を張ると簡単に攻めることができないので、突撃してくるという可能性は低くなる。 メリット3 : 回復する時間を稼げる 敵との距離によっては、壁を作る事により一時的な回復をする時間が出来る。 ただし救急箱や、チャグジャグなど時間のかかる回復をする余裕はないので、使用アイテムは選ぼう。 また回復する時や味方を起こす時は、手榴弾やグレラン対策で、天井も付けたほうが良い。

次の

プロチームから『フォートナイト』のコツやマナーを学ぼう! 小中学生が対象の“DETONATOR塾 FORTNITE編”リポート

フォート ナイト 編集 コツ

フォートナイトは非常に多くのユーザがプレイしています。 昔からやって上手な人も多いので、初めてやるとどうしてもテクニック負けしてしまいます。 ここでは初心者むけに建築のTIPSをまとめていきます。 建築機能とは? フォートナイトの魅力の一つは建築です。 素早く建物をたてることで、防御したり、あるいは高い場所などへ移動することが可能です。 練習するには? ソロの場合、バトルロイヤル内でちまちま建築の試行錯誤をされる方も多いと思います。 新しくクリエイティブモードが登場しましたので、建築の練習が好きなだけできるようになりました。 クリエイティブモードの使い方についてはこちらを参照ください。 素材集め 身近な木や家を破壊して部品を集めておきましょう。 部品がないと建築機能が使えないことになります。 素早く建築するには? フォートナイト初心者の方は、ゲーム開始後は基本的な建築パターンだけまずは練習して慣れておくといいです。 ターボ建設をオンにする フォートナイトの建築機能は、配置を確認したうえで確定して建築し始めます。 しかし相手に狙われているときに素早く建築するときにはなかなか対応が難しいです。 そこで便利なのがターボ建設です。 ターボ建設では確定キー(ZR)を押しっぱなしにしていると自動でどんどん建築されるというものです。 四方を壁で素早く覆う場合にはこのターボ建設を使ったほうがあっという間に壁を作れることになります。 他のゲームユーザとの兼ね合いによるものと思われます。 今後しばらくはこのような調整がある可能性があり、ターボ建設をしたのに早くならない... といったことが続く可能性もありますので注意してください。 四方を覆うパターンをマスター 敵から攻撃を受けた時に素早く四方を壁で覆うパターンをマスターしましょう。 壁を自分の前にまず配置してZRで確定。 したら素早く自分自身が左側に向きを変え、壁をZRで確定。 このように自分の4方向に壁を素早く作ります。 「ターボ建設」をオンにしておくと、もっと素早く作れることになります。 敵の場所がわからないが、攻撃されている場合、まずは防御壁を4面に設定すると一安心です。 リカバリがある場合は、素早く回復時間にあてましょう。 高い場所へ移動するパターンをマスター 今度は建設パーツが階段になっていることを確認。 自分の進行方向においてZRで確定。 それを登りながら、進行方向にさらに階段ができたらZRで確定します。 これを繰り返していくと、高い場所へ移動するための道を作ることができます。 「ターボ建設」がオンならば、より早く階段を作って移動できるので便利です。

次の