沖縄 ボクサー。 【楽天市場】失禁パンツ 男性用 トランクス 快適ボクサーパンツDX 3枚セット [ 送料無料+ プレゼント付 ] メンズ 下着 前開き M L LL 前あき 軽失禁対応 ※北海道・沖縄は送料有料:日本通販本舗 楽天市場店

比嘉大吾に「昔の沖縄ボクサー」の面影 連続KO記録持つ浜田剛史氏【沖縄で世界戦・悲願の初勝利へ 4】

沖縄 ボクサー

:平良市 - 経済学者。 :那覇市• :那覇市• :竹富町(鳩間島)• - 元国際原子力機関(IAEA)事務次長。 若狭湾エネルギー研究センターや名古屋大学プラズマ研究所設立に尽力。 東大、東工大、名古屋大、上智大元教授。 :宜野湾市• - アップル社を大企業に押し上げ、スティーブ・ジョブスの右腕と称された技術者。 :那覇市• :伊是名村• :那覇市• :今帰仁村• :今帰仁村• :本部町 - ウイルス学者、生物学者。 元国立感染症研究所室長、世界保健機関(WHO)センター長。 - 東京大学教授、教育学部長• :那覇市• :西原町• :那覇市• :桃原村• :那覇市• :那覇市• :今帰仁村• :金城町• 教育者 [ ]• :今帰仁村 医療関係者 [ ]• アイロウ:那覇市• タカ:那覇市• ゲンゲン:名護市• ユウマン:本部町• アッキー:大宜味村• カズチャン:金武町• コスギン:名護市• 金城里菜:名護市• 比嘉麗香:南城市• 親川あやの:浦添市• HIROKI:沖縄市• YAMATO:沖縄市• RYO:沖縄市• NAOTO:沖縄市• YOH:沖縄市• 玉城千春:読谷村• 金城綾乃:読谷村• Kota• Usekay• :八重瀬町• :豊見城市• :那覇市• :宜野湾市• YU:宜野湾市• YASU:那覇市• XICO:うるま市• 346:うるま市• DJカットー:うるま市• :南風原町• :那覇市• :那覇市• :那覇市• :石垣市• :石垣市• ALISA• 永山未来• 山城笑佳• 津山香音• 廣山哲史• 廣山陽介 グループのメンバー• :うるま市• 新里英之• 仲宗根泉• 宮里悠平• 許田信介• 名嘉 俊• マーキー• ユウスケ• MEG• カズト• mACKAz• SASSY• NARUMI• SHIN• いっせー• ナオヒロ• 前川真悟:八重瀬町• 新屋行裕:糸満市• 中村洋貴:糸満市• 宮平直樹:糸満市• :石垣市• 崎枝亮作(リョーサ)• 崎枝大樹(だいちゃん)• 崎枝将人(マスト)• 末広尚希• 池間正樹• 佐渡山武士• king-joe:読谷村• TAKANO:糸満市• 大湾:糸満市• KO-G• CHINA:浦添市• MICHIRU• NANAE• MAIKO• KEITA• :石垣市• 上地正昭:那覇市• 神村英世:那覇市• 津波古慈乃:那覇市• ハルナ:本部町• チアキ:本部町• ナツミ:本部町• シンタロウ:本部町• ユウスケ:本部町• ユウヤ:本部町• 具志堅巨樹:石垣市• TADA-C:石垣市• カタヤマタカズミ:石垣市• 比嘉栄昇:石垣市• 島袋優:石垣市• 上地等:石垣市• 玉元一夫:具志川市• 玉元光男:具志川市• 玉元正男:具志川市• :具志川市• 玉元妙子:具志川市• サチコ• ユウコ• サヤカ• ユウミ• コーヘー• みなみ• アサガオ• スイレン• スズラン• サクラ• ラシ シンガーソングライター [ ] 男性• :那覇市• :那覇市• :那覇市• :南風原町• :那覇市• :那覇市• :平良市• :北谷町• :沖縄市• :糸満市• :沖縄市• :石垣市• :宜野湾市• :与那原町• :うるま市• :那覇市• :那覇市• :宜野湾市• :豊見城市• :那覇市• :豊見城市• :西原町• :うるま市• :石垣市• :石垣市• :浦添市• :島尻郡南風原町• :石垣市• :那覇市• :宮古島市• :伊江村• :宜野湾市• :今帰仁村• :うるま市• :読谷村• :宜野湾市• :浦添市• :糸満市• :宜野湾市• :宜野湾市• :読谷村• :嘉手納町• :中頭郡北中城村• :石垣市• :今帰仁村• :平良市• :石垣市• :豊見城市• :中城村• :那覇市• :那覇市• :糸満市• :平良市• :浦添市• :那覇市• :金武町• :那覇市• :南城市• :豊見城市• :沖縄市• :那覇市• :与那城町• :北谷町• :北谷町• :糸満市• :東風平町• :名護市• :那覇市• :沖縄市• :浦添市• :浦添市• :豊見城市• :南城市• :嘉手納町• :糸満市• :美里村• :うるま市• :那覇市• :那覇市• :浦添市• :北谷町 アマチュア野球• :那覇市• :うるま市• :那覇市• :沖縄市• :石川市• :那覇市• :宮古島市• :うるま市• :西原町• :沖縄市• :那覇市• :嘉手納町• :那覇市• :読谷村• :沖縄市• :浦添市• :那覇市• :北谷町• :那覇市• :浦添市• :宜野湾市• :浦添市• :那覇市• :西原町• :島尻郡南風原町• :那覇市• :那覇市• :糸満市• :宜野湾市• :宜野湾市• :読谷村• :うるま市• :浦添市• :名護市• :宜野湾市• :沖縄市• :読谷村• :那覇市 女子• (アメリカンフットボール選手)• (俳優)• (女優)• (野球選手)• (自転車競技選手)• (野球選手)• (元野球選手・MLB監督) 架空の人物 [ ]• 綱海条介(ゲーム・アニメ『』の登場人物)• 岩波平八郎(アニメ『』の登場人物):出身• 蜷川あむろ(漫画・アニメ『』の登場人物):(作中では「台東島」と表記)出身。 (ゲーム・アニメ『』の登場人物)• (ゲーム・アニメ『』の登場人物)• 島袋力也(ゲーム『』の登場人物)• 瀬名詩織(ゲーム『』の登場人物)• 冴島清美(ゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』の登場人物)• 知念大輔(アニメ『』の登場人物)• 名嘉原茂(ゲーム『龍が如く3』の登場人物)• 我那覇響 幹夫(ゲーム『龍が如く3』の登場人物)• 乙姫むつみ(漫画・アニメ『』の登場人物)• 十龍之介(ゲーム・アニメ・漫画『アイドリッシュセブン』の登場人物) 沖縄県にゆかりのある人物 [ ] 親が沖縄出身 [ ]• :両親と兄が沖縄県出身• ():母親が沖縄県出身• (テレビ西日本アナウンサー):親が沖縄県出身• :母親が石垣島出身• :母親が石垣島出身• :父親が沖縄県出身• :父親が沖縄県出身• :父親が沖縄県出身• :母親が出身• :母親が本部町出身• :父親が沖縄県出身• :父親が沖縄県出身• :父親が宮古島出身• :母親が沖縄県出身• :両親が沖縄県出身• :母親が沖縄県出身• :曽祖父母が沖縄県出身• :父親が沖縄県出身• :母親が出身• :父親が出身 - 核化学者。 国際原子力機関次長。 名古屋大学教授、同プラズマ研究所長。 東京工業大学教授、上智大学教授。 ウランの採取法の開発、効率化などで知られる。 :両親が沖縄県出身• :沖縄の血筋を持つ• :祖父が沖縄県出身• :祖父が出身• :母親が沖縄県出身• :両親が沖縄県出身• :母親が沖縄県出身• :父親は名護市、母親は石川(現うるま)市出身• :沖縄の血が少し入っている• :父親が沖縄県出身• :母親が沖縄県出身• :母親が出身• :母が南沙織• :両親が沖縄県出身• :父親が出身で、彼自身も2歳〜4歳の頃を沖縄本島で過ごす。 :俳優。 父親は伊良部(旧)、母親は宮古島市城辺(旧)出身• :ラグビー選手。 母親が浦添市出身• :父親()が沖縄県出身• :父親が沖縄県出身• :父方の祖母が沖縄県出身• :両親が沖縄県出身• :両親が嘉手納町出身• :両親が沖縄県出身• :母親が沖縄県出身• :父親が出身• :母親が沖縄県出身• :父方の祖父母が沖縄県出身• :竹富島に母方の家族が在住• :母方の祖父が沖縄県出身• :親が沖縄県出身• :元大相撲力士、現在は。 母親が沖縄県出身• :父親が沖縄県出身• ():父親が沖縄県出身• ():父親が名護市出身• :父親が那覇市出身• :母親が沖縄県出身• :沖縄県生まれ、鹿児島県育ち。 母親が沖縄県出身• :母親が沖縄県出身• :母親が那覇市出身• :父親が沖縄県出身 - アジア系米国人初のアメリカンフットボール選手。 また日本のプロ野球では殿堂入り。 首位打者3回、最多安打3回、MVP1回。 沖縄にルーツを持つ [ ]• :那覇市在住• :石垣島在住• :石垣島在住• :沖縄県浦添市在住• :恩納村在住• :豊見城市在住• :南城市在住• :石垣島在住 過去• :デビュー前にに所属、沖縄県に住んでいたことがある。 :琉球大学大学院にて2年余聴講生(戦後史)。 一方で沖縄県の染織を愛し『琉球布紀行』を出版。 :石垣島で飲食店を経営、別荘を所有していた。 現在は引き払っている。 :少女期、那覇市に在住していた。 :記者時代に本土復帰前の那覇支局勤務。 、:沖縄にマンションを所有していたが、沖縄に行くこと自体が体力的に厳しくなり、手放した。 :2003年から5年間、石垣島在住• :小学校2年生の時に千葉県から沖縄県へ転居、小学校6年生の時に沖縄県から埼玉県に転居。 沖縄に家を所有 [ ]• :石垣島にマンションを所有。 :沖縄好きで土地を購入。 現在は仕事がオフの時は宮古島に滞在している。 沖縄の高校出身 [ ].

次の

平仲明信

沖縄 ボクサー

本名:具志堅 用高 ぐしけん ようこう• 生年月日:1955年6月26日• 血液型:A型• 現役時の所属ジム:「協栄ボクシングジム」• プロデビュー:1974年5月28日 18歳• 引退日:1981年3月8日 25歳• 出身地:沖縄県石垣市• ボクシングスタイル:左ボクサーファイター• プロ戦績:24戦23勝1敗 15KO• アマ戦績:65戦62勝3敗 50RSC• 獲得タイトル等:「WBA世界ライトフライ級王座 13度防衛 」「世界王座防衛回数日本人男子1位」「国際ボクシング名誉の殿堂オールドタイマー部門 2015年 」• キャッチフレーズ:「カンムリワシ」「100年に一人の天才」• 入場曲:「Conquistador 征服者 [メイナード・ファーガソン]」• 具志堅用高 名試合動画 こちらは現役時代の 具志堅用高さんの名試合動画です。 1976年10月に行われた、具志堅用高さんが世界タイトルを初めて獲得した試合です。 上原康恒さん「」より画像引用 上原康恒さんは、沖縄県出身者で2番目に世界チャンピオンになった人物です。 1974年8月24日に具志堅用高さんより早くに世界タイトルに挑戦しましたが、2回KO負けを屈し、残念ながら沖縄県初の世界チャンピオンの栄誉は逃しました。 しかし、それから6年後の1980年8月2日にプエルトリコの『サムエル・セラノ』を6Rに見事KOし「 WBA世界スーパーフェザー級王座」を獲得しました。 その後、1度の王座防衛に成功しましたが『サムエル・セラノ』との再戦に破れ、王座陥落と同時に引退しています。 引退後は「貸し別荘やペンションなどの経営」や、東京で『チャンピオン』という店名の沖縄料理店のシェフをしているとのことです。 また息子さんもプロボクサーのライセンスを持っており、マウスピースなどを作る仕事をされているそうです。 上原康恒プロフィール等• 本名:上原 康恒 うえはら やすつね• 生年月日:1950年10月12日• 現役時の所属ジム:「協栄ボクシングジム」 当時日本プロボクシング史上最高となる、契約金1,000万円で契約• プロデビュー:1972年11月 22歳• 引退日:1981年4月9日 30歳• 出身地:沖縄県那覇市• ボクシングスタイル:右ボクサーファイター• プロ戦績:32戦27勝5敗 21KO• アマ戦績:125戦117勝8敗 87RSC• 獲得タイトル:「WBA世界スーパーフェザー級王座 1度防衛 」 上原康恒 名試合動画 こちらは現役時代の 上原康恒さんの名試合動画です。 1980年11月20日行われた、上原康恒さんの初防衛戦 レオネル・エルナンデス戦 の動画です。 渡嘉敷勝男さん「」より画像引用 渡嘉敷勝男さんは、タレントとしても有名な「元WBA世界ライトフライ級」チャンピオンです。 もともとは具志堅用高さんを倒す為にプロボクサーになったそうですが、同じボクシングジムに所属してしまったため対戦は叶いませんでした。 しかし、具志堅用高さんらと日々スパーリングするなどして力をつけ、1981年12月16日に具志堅用高さんが9ヶ月前に手放した「 WBA世界ライトフライ級王座」を獲得し、沖縄出身者で3人目の世界チャンピオンとなりました。 現役引退後は「太田プロダクション」に所属し、タレントとして活動していましたが『渡嘉敷ボクシングジム』を開設してからは、会長業に力を入れているようです。 渡嘉敷勝男プロフィール等• 本名:渡嘉敷 勝男 とかしき かつお• 生年月日:1960年7月27日• 出身校:「浪速工業高等学校 中退」• 現役時の所属ジム:「協栄ボクシングジム」• プロデビュー:1978年12月28日• 引退日:1984年8月18日• 出身地:沖縄県コザ市 現沖縄市• ボクシングスタイル:右ボクサーファイター• プロ戦績:25戦19勝4敗2分 4KO• 獲得タイトル:「WBA世界ライトフライ級王座 5度防衛 」• キャッチフレーズ:「トカちゃん」「ヤンバルクイナ」 渡嘉敷勝男 名試合動画 こちらは現役時代の 渡嘉敷勝男さんの名試合動画です。 1981年12月16日に行われた世界初挑戦 金煥珍戦 の動画です。 本名:友利 正 ともり ただし• 生年月日:1959年12月28日• 出身校:「沖縄高校 現 沖縄尚学高等学校 」• 現役時の所属ジム:「三迫ジム」• プロデビュー:1978年5月25日 18歳• 引退日:1982年7月20日 22歳• 出身地:沖縄県那覇市• ボクシングスタイル:右ボクサーファイター• プロ戦績:26戦19勝7敗 5KO• アマ戦績:20戦16勝4敗 3RSC• 獲得タイトル:「WBC世界ライトフライ級王座」• キャッチフレーズ:「具志堅二世」 友利正名試合動画 こちらは現役時代の 友利正さんの名試合動画です。 1982年4月13日に行われた、友利正さんの世界初挑戦 アマド・ウルスア戦 の動画です。 新垣諭さん「」さんのTwitter投稿写真より画像引用 新垣諭さんは、当時はまだ日本ボクシングコミッション JBC の非公認団体であった「IBF 国際ボクシング連盟 」の世界チャンピオンです。 1984年4月15日にフィリピンの「エルマー・マガラーノ」選手を8RTKOで破り「 IBF世界バンタム級」王座を獲得しています。 当時は非公認団体であった「IBF」でしたが、2013年4月1日より正式にJBCへの加盟が決定。 「要請があれば、新垣諭さんを正式に世界王者と認める方向である。 」という記事を見つけましたが、その後どうなったかの続報を見つけることができませんでした。 新垣さんサイドが要請しなかったのですかね?実際はどうなったのかをご存知の方は、コメント頂けますと幸いです。 新垣諭プロフィール等• 本名:新垣 諭 しんがき さとし• 生年月日:1964年2月21日• 出身校:「沖縄県立沖縄水産高校」• 現役時の所属ジム:「奈良池田ジム」• プロデビュー:1982年10月4日• 引退日:1990年1月30日• 出身地:沖縄県糸満市• ボクシングスタイル:サウスポー• プロ戦績:16戦12勝3敗1分 9KO• 1985年8月23日に行われた、IBF世界バンタム級タイトルマッチ ジェフ・フェネック戦 の動画です。 本名:浜田 剛史 はまだ つよし• 生年月日:1960年11月29日• 出身校:「沖縄県立沖縄水産高校」• 現役時の所属ジム:「帝拳ボクシングジム」• プロデビュー:1979年5月21日 18歳• 引退日:1987年7月22日• 出身地:沖縄県中頭郡中城村• ボクシングスタイル:左ファイタータイプ• プロ戦績:24戦21勝2敗1無効 19KO• アマ戦績:43戦37勝6敗 28RSC• 獲得タイトル等:「WBCスーパーライト級王座 1度防衛 」「15試合連続KOの日本記録保持者」• 入場曲:「ヒーロー HOLDING OUT FOR A HERO 葛城ユキ 」 浜田剛史名試合動画 こちらは現役時代の 浜田剛史さんの名試合動画です。 1986年7月24日に世界タイトルを獲得した「レネ・アルレドンド戦」の動画です。 生年月日:1963年11月14日• 現役時の所属ジム:沖縄ジム 現 琉球ボクシングジム• プロデビュー:1985年3月24日 21歳• 引退日:1992年9月9日 28歳• 出身地:沖縄県島尻郡具志頭村 現 八重瀬町• ボクシングスタイル:右ファイタータイプ• プロ戦績:22戦20勝2敗 18KO• アマ戦績:76戦67勝9敗 64RSC• 獲得タイトル:「WBA世界ジュニアウェルター級王座」 平仲明信名試合動画 こちらは現役時代の 平仲明信さんの名試合動画です。 1992年9月9日に行われた、WBA世界ジュニアウェルター級タイトルマッチ「モーリス・イースト」戦の動画です。 本名:江藤 光喜 えとう こうき• 生年月日:1988年2月8日• 出身校:「沖縄県立北部農林高等学校[林業科]」• 所属ジム:「白井・具志堅スポーツジム」• プロデビュー:2008年8月11日 20歳• 引退日:現役選手 2019年6月27日現在• 出身地:沖縄県国頭郡本部町• ボクシングスタイル:右ボクサー• プロ戦績:30戦24勝4敗1分1無効 19KO• アマ戦績:3戦3勝無敗• 獲得タイトル:「WBA世界フライ級暫定王者」• 趣味:三線 安里屋ユンタが得意 江藤光喜名試合動画 こちらは 江藤光喜選手の試合動画です。 2013年8月1日にタイで「WBA世界フライ級暫定王者」を獲得した試合の動画です。 ボクシングを始めたのは高校生の時で、プロデビューから15連続KOという日本タイ記録をもつ怪物です。 2017年5月20日にメキシコの「ファン・エルナンデス」選手を6R2分58秒TKOで下し「 WBC世界フライ級王座」を獲得しました。 現在は、世界タイトルマッチでの減量失敗が原因でプロライセンスを停止されており、別階級での復帰が待たれている状況です。 同階級4位にノニト・ドネア選手、5位に井上拓真選手がいます。 本名:比嘉 大吾 ひが だいご• 生年月日:1995年8月9日• 所属ジム:「白井・具志堅スポーツジム」• プロデビュー:2014年6月17日• 引退日:現役選手 2019年6月27日現在• 出身地:沖縄県浦添市• ボクシングスタイル:右ファイター• プロ戦績:16戦15勝1敗 15KO• アマ戦績:45戦36勝8敗 8RSC• 獲得タイトル:「WBC世界フライ級王座」• 比嘉大吾名試合動画 こちらは 比嘉大吾選手の名試合動画です。 2017年5月20日に世界タイトルを獲得した「ファン・エルナンデス」戦の動画です。

次の

沖縄県出身の人物一覧

沖縄 ボクサー

ページコンテンツ• 異名:やんばる将軍 生年月日:1987年8月21日 年齢:30歳 血液型:AB型 出身:東京都出身 身長:172cm 体重:65kg 階級:ライト級 スタイル: 所属:名護ムエタイスクール マサ佐藤の経歴 1987年8月21日、東京都に生まれたマサ 佐藤選手。 空手をバックボーンとしている佐藤選手は、 沖縄で開催されるRKAなどの大会で優勝するなど、 格闘技関係者の間では相当な実力者として知られていました。 ちなみに、 RKAとは、 本部を沖縄に持つ「琉球かきだみし協会」の略称で、 沖縄で、主に格闘技イベントの興行などを行っています。 そんな、マサ 佐藤選手を一躍有名にしたのは、 「 英雄伝説アジアチャンピオントーナメント」という大会。 マサ 佐藤選手はこの大会に初出場ながら、 圧倒的な強さを見せつけ、 見事優勝を果しています!! この「英雄伝説アジアチャンピオントーナメント 」 という大会については、後ほど詳しくお話させていただきますね! そして、2018年2月12日 KNOCK OUT参戦!! 激しい打ち合いに、流血試合、大逆転勝利など、 これまでに数々大激闘を演じ、 着実に自身の知名度とファンを増やしていっています。 生まれは、東京なのですが、幼少期から大好きな沖縄を度々訪問。 高校を卒業すると、沖縄の名護に移住をしています。 そんなマサ佐藤選手には、 「 やんばる将軍」という異名がついているのですが、 この「 やんばる」とは、 沖縄の方言で「沖縄の北部」という意味があるのだそうです。 「 名護ムエタイスクール」というジムも沖縄にあり、 沖縄で行われる格闘技イベントなどにも積極的に参加されています。 マサ佐藤選手は、 沖縄と大変結び付きの深いファイターのようです。 知念秀人さんと、福田八直幸さん。 気が向いたら、ぜひとも聞いてみてくださいね!! 引用:youtube. com 英雄伝説とは? マサ佐藤選手の「獲得タイトル」などの項目で、 ・英雄伝説 64kg級アジア王座 と紹介してきましたが、 そもそも「英雄伝説」がどういったものなのか、 知らない方も多いはず。 そこで、「英雄伝説」がどうゆうものなのか、 少し紹介していきますね。 マサ佐藤選手が優勝した「 英雄伝説」とは、 正式名称を 「英雄伝説アジアトップキックボクシングチャンピオンシップ」 といい、中国・日本・タイの3カ国からそれぞれ選手が参加し、 各階級のアジアチャンピオンを決めるトーナメント形式の大会です。 3カ国間で行われる大会というだけあって、 優勝するのは非常に難しいと言われています。 マサ佐藤選手は、 このハイレベルな大会「英雄伝説」に優勝し、 一気に名を挙げることとなったのです。 この大会での優勝が無ければ、 「KNOCK OUT」から声がかかることも無かったかもしれません。 スポンサードリンク マサ佐藤は沖縄のイケメン! 「英雄伝説」アジアチャンピオンである マサ佐藤選手! その実力もさることながら、 知名度が上がってきたこともあって、 沖縄出身のイケ面ファイターとしても注目されつつあります。 失礼しましたw とにかく、 マサ佐藤選手にしてもそうですが、 最近の格闘家は男女とはず、 整った容姿の方が本当に多いですよね。 マサ佐藤の強さ これまでに、 35試合 21勝 11敗 3分 11KO勝利 と目を見張るほどの強さというわけではありませんが なかなかの戦績を収めています。 そんな、マサ佐藤選手の試合は、 バックボーンである空手で培った確かな技術を基に、 ブレの少ない堅実な戦い方をされます。 その一方、時に積極的に前に出て仕掛けるといった 超攻撃的な戦い方を披露してくれることも。 また、 相手の膝を破壊するようなローキックや、 破壊力抜群の肘打ちといった、 一発逆転の武器も有しています。 現在、「KNOCK OUT」などを主戦場とし戦かっているマサ佐藤選手。 名護ムエタイスクールに所属し、 これまでに その確かな実力で、 ・ 蹴拳ムエタイライト級王者 ・ 西日本統一ライト級王者 ・ 英雄伝説64kg級アジア王者 などなど、 これら名立たるタイトルを獲得しています。 試合は、 序盤から幾度となく水落洋祐選手の強打が マサ佐藤選手の顔面をとらえる苦しい展開だったが、 打ち合いに出たマサ佐藤選手が、 相手の目じりを切り裂く鋭い一撃をヒットさせ 見事!3ラウンドTKOによる、逆転勝利をつかみ取りました!! その後、準決勝に進んだマサ佐藤選手は、 秀樹選手を相手に惜しくも負けてしまいましたが、 マサ佐藤 VS 水落洋祐 まさに大激闘のこの一戦は、 トーナメント1回戦にもかかわらず、 この日一と言っても過言ではないほどの盛り上がりを見せてくれました。 マサ佐藤 まとめ ここまで読んでいただいた読者の方々、 ありがとうございます! 2018年に「KNOCK OUT」デビューを果たした 沖縄出身のイケ面ファイター・ マサ佐藤選手!! これまでに、数々のタイトルを獲得してきた実力者なだけに、 今後の活躍が楽しみの選手です。 これからの、 マサ佐藤選手の活躍、動向に注目し、応援していきましょう!!.

次の