消費者還元ポイント エポス。 キャッシュレス・消費者還元制度のご案内|クレジットカードの三井住友VISAカード

キャッシュレス決済を使っても還元されないケースも。。キャッシュレス・ポイント還元事業は落とし穴だらけ?ルールをしっかり理解しておこう

消費者還元ポイント エポス

詳細はこちらをご確認ください• <加算されるポイント> TOKYU POINT• <有効期限> 有効期限はポイントの加算日から最長3年間です。 詳しくは をご確認ください。 詳しくは をご確認ください。 <加算方法> ご利用をいただいたTOKYU CARDに対してポイントを加算いたします。 <加算タイミング> 当月末日までに当社に到着したご利用データに基づき、原則、翌月末頃に還元いたします。 <明細確認方法> 以下の専用のページからご確認ください。 TOKYU CARD ゴールドカード VISA・Mastercard• 以下のご利用は対象外となります。 TOP加盟店様 今回制度の対象となる中小・小規模事業者は以下の補助が受けられます。 集計期間 加盟店お支払い分 送付時期 2019年 10月1日~10月15日 2020年1月下旬 10月16日~10月31日 2020年1月下旬 11月1日~11月15日 2020年1月下旬 11月16日~11月30日 2020年1月下旬 12月1日~12月15日 2020年1月下旬 12月16日~12月31日 2020年1月下旬 2020年 1月1日~1月15日 2020年4月下旬 1月16日~1月31日 2020年4月下旬 2月1日~2月15日 2020年4月下旬 2月16日~2月29日 2020年4月下旬 3月1日~3月15日 2020年4月下旬 3月16日~3月31日 2020年4月下旬 4月1日~4月15日 2020年7月下旬 4月16日~4月30日 2020年7月下旬 5月1日~5月15日 2020年7月下旬 5月16日~5月31日 2020年7月下旬 6月1日~6月15日 2020年7月下旬 6月16日~6月30日 2020年7月下旬• あらかじめご了承ください。 制度実施期間 2019年10月~2020年6月30日 火 まで 注意事項 注意事項 「不当な取引への当社の対応について」• キャッシュレス・消費者還元事業における 「不当な取引」への当社対応について• 2019年10月1日 火 より開始される「キャッシュレス・消費者還元事業 以下「本制度」 」への参加にあたり、当社は本制度における「キャッシュレス決済事業者」に登録されており、対象の店舗でのご利用金額に応じた還元を実施いたします。 2019年9月25日 東急カード株式会社• 他人のキャッシュレス決済手段を用いて決済した結果として、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 架空の売買や、直接又は間接を問わず、自らが販売した商品を同額で再度購入する取引等、客観的事情に照らして取引の実態がないにも関わらず、当該取引を根拠として、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 商品若しくは権利の売買又は役務の授受を目的とせず、本事業による消費者還元を受けることのみを目的として、キャッシュレス決済を行い、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 本事業の対象でない取引を対象であるかのように取り扱い、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 本事業の対象取引が取消、解除その他の事由により存在しなくなった、又は現金若しくは本事業の対象外取引である金券等による反対給付が行われたにも関わらず、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 本事業の対象でない加盟店が対象であると申告することで、他者に本事業における消費者還元に基づく利益を得させること• その他補助金事務局が、補助金制度の趣旨に照らして不当であると判断する取引.

次の

キャッシュレス・消費者還元制度で最大5%還元!|クレジットカードはエポスカード

消費者還元ポイント エポス

2019年10月1日から2020年6月末までの間、対象店舗において、登録されたキャッシュレス決済で お支払いをすると、最大で5%のポイント還元を受けられます。 「キャッシュレス・消費者還元事業」には、 ・消費者 ・中小・小規模事業者 ・キャッシュレス決済事業者 が関わります。 が、ほとんどの皆さんは、消費者として関わることにはなるので、消費者目線でどうなるのかチェックしたいと思います。 該当の決済手段=キャッシュレスは? まずは決済手段ですが、当然キャッシュレスを推進するものになります。 大まかにいうと、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、電子マネー、スマートフォン(QRコード等)が該当しています。 が、実際にポイント還元を受けるには、決済業者が申請して国に認められたキャッシュレス決済手段である必要があります。 どんなキャッシュレス決済手段が登録されているかは公式サイトで確認することができます。 基本的には普段利用しているようなクレジットカードや電子マネー、QRコード決済はほとんど該当しているので、消費者側としては普段通りに利用するしていく方向でそれほど問題はありません。 「セゾンカード」はキャッシュレス・消費者還元事業に該当 今回は「セゾンカード」について確認します。 「セゾンカード」は公式サイトでも既に告知されていますが、「キャッシュレス・消費者還元事業」に登録済です。 今回の「キャッシュレス・消費者還元事業」、決済手段を確認するときのポイント・注意点は ・何が対象か(クレジットカード、デビットカード等) ・上限はどうなっているのか ・還元方法はどうなるのか・いつ頃どうやって還元されるのか です。 (ただし、家族会員に付与されたポイントは本会員と合算しカード利用代金の支払い時に還元されます。 ) どこの店舗が対象か マークがある対象店舗でキャッシュレス決済手段で支払うと、5%か2%還元されます。 中小・小規模事業者で、申請して認められた店舗でないと還元は受けられません。 還元率は ・基本:5%還元 ・フランチャイズチェーン傘下の中小・小規模事業者:2%還元 (例えばフライチャイズオーナー店のセブンイレブンなど。 ) 大手の店舗は対象外です。 対象店舗かどうかの確認も公式サイトで行えます。 ちなみに実店舗だけではありません。 アマゾンや楽天市場、ヤフーショッピングに出店している中小・小規模事業者で対象店舗であれば5%還元になります。 軽減税率との違い・軽減税率と併用は? 軽減税率制度についても確認です。 軽減税率制度と言ってピンとこなくても「持ち帰りだと消費税8%で、店内で食べたら消費税10%という制度」と言えばわかるのではないでしょうか。 「軽減税率制度」は、消費税の軽減税率です。 <軽減税率の対象品目> 飲食料品: 飲食料品とは食品表示法に規定する食品(酒類を除きます。 )をいい、一定の一体資産を含みます。 外食やケータリング等は軽減税率の対象品目には含まれません。 新聞: 新聞とは一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載する週2回以上発行されるもので、定期購読契約に基づくものです。 引用:国税庁 軽減税率制度とはリーフレット より 図でみると以下のようになります。 ただ、同じ時期に始まるので違いがよくわからない・・・ 「キャッシュレス消費者還元事業」と「軽減税率制度」を比較すると以下のような違いがあります。 次に気になるところは「キャッシュレス消費者還元事業」と「軽減税率制度」の併用です。 結論をいってしまえば 併用OKです。 併用できればかなりお得になります。 これでクレジットカード等キャッシュレス決済のポイントも貯まるわけですから、利用する決済手段によっては相当お得になります。 まとめ 「キャッシュレス消費者還元事業」を「セゾンカード」で利用する場合の注意点は、カードごとですが1ヶ月の還元金額に上限(15000円相当分)があることです。 (ただし、他の大手クレジットカード会社もほぼ同様の上限です。 ) 上限金額に注意しながら上手に利用すればお得です。

次の

キャッシュレス・消費者還元事業

消費者還元ポイント エポス

増税ポイント還元施策(キャッシュレス・消費者還元事業)とは? キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、 需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や 消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、 中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。 カード会社については、 カード1枚あたりの月間還元上限を15,000円(30万円までの買い物が還元対象)に設定する見込みのようです。 例えば、三井住友カードが発行するVISAカードを2枚持っている場合は、 2枚それぞれで15,000円の還元が受けられるので、月に最大60万円の決済まで還元を受けることができます。 電子マネーは各社個別の チャージ限度額を1日の還元上限にする動きがあるみたいですね。 さて、では気になる還元方法について見ていきたいと思います! 各社毎に表形式にまとめています。 決済事業者 決裁方法 還元方法 ポイント クレジットカード 請求額から減算 — デビットカード 口座に返金 — プリペイドカード 残高に加算 — クレジットカード ポイント還元 制度専用ポイント(請求額から減算) デビットカード ポイント還元 制度専用ポイント(請求額から減算) プリペイドカード 残高に加算(バリュー) — クレジットカード 請求額から減算 — 楽天ペイ ポイント還元 楽天スーパーポイント (期間限定かどうかは不明) 楽天Edy 残高に加算 — 楽天カード ポイント還元 楽天スーパーポイント (期間限定かどうかは不明) 楽天デビットカード 口座に返金 — ポイント還元 制度専用ポイント(請求額から減算) ポイント還元 DCハッピープレゼント ポイント還元 わいわいプレゼント ゴールドポイントプログラム ポイント還元 制度専用ポイント(請求額から減算) ポイント還元 JAカードわいわいプレゼント JAカードゴールドポイントプログラム クレジットカード ポイント還元 制度専用ポイント(請求額から減算) Suica ポイント還元 JRE POINT? ICOCA ポイント還元 ICOCAポイント PitaPa ポイント還元 ショップdeポイント manaca ポイント還元 ミュースターポイント クレジットカード 請求額から減算 — クレジットカード ポイント還元 制度専用ポイント(請求額から減算) プリペイドカード 残高に加算 — クレジットカード 請求額から減算 — 暮らスマイル還元カード ポイント還元 オリコポイント オリコポイント還元カード ポイント還元 オリコポイント 独自ポイント還元カード ポイント還元 提携先独自ポイント プリペイドカード 残高に加算 — ファミマTカード Tカードプラス ポイント還元 Tポイント(特別ポイント) その他カード 請求額から減算 — クレジットカード ポイント還元 TOKYU POINT クレジットカード 請求額から減算 — デビットカード 口座に返金 — クレジットカード ポイント還元 エポスポイント プリペイドカード ポイント還元 エポスポイント クレジットカード 請求額から減算 — クレジットカード 請求額から減算(Jデポ) — エムアイカード ポイント還元 エムアイポイント VIOROカード ポイント還元 VIOROポイント 鹿島神宮カード 請求額から減算 — クレジットカード 請求額から減算 — デビットカード 口座に返金 — WAON 残高に加算 — クレジットカード ポイント還元 WALLET ポイント Tカードプラス ポイント還元 Tポイント Tカードプラス以外のカード 請求額から減算 — プリペイドカード 残高に加算 — Origami Pay 決済時割引 — LINE Pay ポイント還元 LINE Payボーナス 結構出そろいましたね! 最初は制度還元ポイントや請求額減算ばかりで悲しい感じでしたが、ちらほらポイントでの還元も発表されてうれしい限りです。 ANAマイルを集めている とーみね としては、ねらい目は、 「オリコカード」 「東急カード」 「エポスポイント」でしょうか。 81ANAマイルに移行可能です。 以上、増税ポイント還元施策(キャッシュレス・消費者還元事業)でもらえるポイントまとめでした。

次の