茨城一家殺傷。 サイレンに犯人「やばい」 夫婦トラブルなく…茨城殺傷:朝日新聞デジタル

茨城殺人事件 霊視で犯人像を特定!?長女の彼氏かストーカー?

茨城一家殺傷

茨城県境町の民家で23日、会社員、小林光則さん(48)と妻でパート従業員の美和さん(50)が殺害され、子供2人が重軽傷を負った事件は、催涙スプレーを使うなど計画性もうかがえる。 専門家は「怨恨(えんこん)の線が強い」とみる。 現場の小林さん方に近い林にはスリッパが落ちていた。 茨城県警境署捜査本部は犯人が室内でスリッパを履き、そのまま外に出た可能性があるとみて調べている。 小林さん夫婦は、2階寝室の布団の上で殺害されており、首や顔に鋭利な刃物による複数の傷があった。 2階の別室にいた中学1年の長男(13)は両足と腕に切り傷があり重傷。 小学6年の次女(11)も両手の痛みを訴え、「スプレーのようなものをかけられた」と話している。 1階にいた大学3年の長女(21)にけがはなかった。 小林さん宅には無施錠の場所が複数あった。 元千葉県警刑事課長で犯罪評論家の田野重徳氏は、「首や顔などを執拗(しつよう)に刺していることから怨恨の線が強いのではないか。 両親がターゲットで、子供が起きてきたので襲ったとも考えられる。 仮に子供が寝ている状態を襲ったのだとしたら、猟奇的という印象も受ける」と指摘した。

次の

サイレンに犯人「やばい」 夫婦トラブルなく…茨城殺傷:朝日新聞デジタル

茨城一家殺傷

「助けて! 痛い、痛い」 9月23日、切迫した様子の女性から110番通報があった。 通報したのは小林美和さん(50)。 通報から数時間後、失血により死亡した。 夫婦とも恨まれる人物でなかった 事件は2019年9月23日未明に発生した。 境町若林の住宅で会社員、小林光則さん(48)と妻のパート、美和さんが殺害された。 何者かが小林さん宅に侵入し、2階で就寝中の光則さん夫婦を鋭利な刃物で襲撃。 2階の別屋で寝ていた中学1年の長男(13)は手足などを切られ、小学6年の次女(11)も催涙スプレーのようなものを噴射され両手に軽傷を負った。 事件当時別室にいて唯一襲われなかった長女(21)は「言い争う声のようなものを聞いたが怖くて部屋から出られなかった」と話しているという。 「当時、小林さん宅は複数か所に鍵がかかっていませんでした。 犯人は無施錠の窓から入り、2階に直行して一家を襲撃したとみられることから、室内の間取りを把握していた可能性があります。 室内を物色した形跡や、金品を奪ったことを示すものはなく、犯人の遺留品も見つかっていない。 強盗の可能性も少なく、かといって小林さん一家の周囲でトラブルなどもなかったといいます」(全国紙社会部記者) 夫婦の遺体にはいずれも、刃物による傷が約10か所あり、心臓などの致命傷になりやすい上半身に集中していたという。 「遺体の様子からは何が何でも殺してやるという強い殺意がうかがえますが、夫婦ともに人から恨まれるような人物ではなく、人望があったといいます」(同) いったい誰が殺したのか。 小林さん宅は周囲を木々に囲まれ、付近の住宅から離れたところにある。 「事件後に初めて家を知った」(近隣住民) という人もいて、愛犬が吠えなかったことなどからも顔見知り説がとなえられた。 「事件前から小林さんの家を調べていたのではないか、殺人目的で周囲に人がいない民家を探していたのでは、ともいわれていました。 マスク男はすぐに捕まるといわれていたのですが……」(全国紙社会部記者) 負傷した家族も「帽子をかぶりマスクをした男に襲われた」と証言したという。 冬ならばマスクは珍しくはないが事件当時の9月にマスクをしている人物は少ない。 お子さんたちは夜眠れているのでしょうか。 就寝中にお父さんとお母さんが殺されて、自分も襲われて……。 無念でなりません」 【茨城・一家殺傷事件の情報提供をお待ちしています!】 お心当たりのある方は、フリーダイヤル(0120-007285)まで 外部サイト.

次の

【未解決事件】茨城県境町一家惨殺事件、犯人っぽい奴が怖過ぎでトラウマレベル…【閲覧注意】│アングラ密報

茨城一家殺傷

2階の子ども部屋で寝ていた中学1年の長男(13)は腕や両足を切り付けられ、重傷。 同じ部屋で寝ていた小学6年の次女(11)は「スプレーのようなものをかけられた」と話し、腕に痛みを訴えているという。 一家は5人暮らしだが、1階の自室で寝ていた大学生の長女(21)にはけがはない。 住宅は数カ所が無施錠だったといい、警察は何者かが侵入し、寝ていた4人を次々と襲ったと見ている。 現場となった小林さん方を上空から見ると、ほぼ360度うっそうとした雑木林に囲まれており、周囲の住宅からは100メートル以上離れている。 雑木林の周辺は釣り堀が近接し、田園や住宅地も広がる。 東側の入り口付近には犬がいて吠えるため、家族が気付く可能性が高い。 また、南側にある中古車販売店の防犯カメラには事件前に不審な車などは確認できなかった。 犯人は西側の雑木林を抜けて家に侵入したのか。 「子供を大事にしていた」「感じのいい人たち」と近所や職場の評判もよかった夫婦だが...。 専門家は「怨恨」「計画的」と指摘 元警視庁刑事の吉川祐二さんは「顔を刺され、喉元を切られている状況から、怨恨の可能性がある」と指摘する。 また、元埼玉県警刑事の佐々木成三さんは「ターゲットを絞った計画的な犯行では。 強盗であれば就寝中に人を刺すということはない」と話している。 司会の小倉智昭「確かに、この雑木林の中に家があると知っていないと来られない」 中江有里(女優・作家)「催涙スプレーのようなものも準備しないといけないし、人が必ずいるであろう夜中に入ったのも計画性を感じます」 グローバー(東大卒のミュージシャン)「周囲の家の明かりもなくて真っ暗なわけですから、林から玄関までたどり着くのも相当な下調べが必要ですよね」.

次の