生理前の微熱。 生理前になると毎回発熱してしまうので苦痛に感じています

生理前の微熱について知っておきたいこと

生理前の微熱

産婦人科専門医。 長門クリニック勤務。 女性特有の月経や更年期にまつわる悩みの助けとなること、また、妊娠出産期を安心安全に過ごすお手伝いすること、を念頭に置いて日々診療しています。 女性の基礎体温は、生理周期によって変化します。 生理中は、基礎体温が下がるのが一般的です。 そのはずなのに、「生理前から微熱が続く」「生理中に体温が上がる」ということがあると、不安になりますよね。 そこで今回は、生理中の体温はどう変化するのかや、生理中に微熱が続くときの原因などをご説明します。 生理中は体温が下がるの? 女性の基礎体温は生理周期にあわせて変化しており、排卵をはさんで、大きく2つの時期にわけられます。 生理開始から排卵日までは、基礎体温が低い「低温期」で、排卵後から次の生理開始までは、基礎体温が高い「高温期」です。 つまり通常、生理が始まると、基礎体温は下がります。 一般的に、低温期と高温期の体温の差は、約0. 3~0. 低温期と高温期の差が0. 関連記事 生理中に体温が上がって微熱が続くこともある? 先にもご説明したとおり、生理が始まると基礎体温は下がります。 生理中に基礎体温が上がることは、基本的にはありません。 そうはいっても、体温は寝不足や体調不良など、体の状態によって左右されやすいものです。 体調がすぐれないときは、生理中でも体温が上がることがあるかもしれません。 生理中に体温が上がるのが1~2日ほどでおさまり、そのあと低温期に入るようであれば、それほど心配する必要はないでしょう。 しかし、生理中ずっと体温が上がり続けるときや、毎月の生理のたびに熱が出るようなときは、「子宮内膜症」が疑われます。 子宮内膜症とは、通常子宮のなかだけにあるはずの子宮内膜が、子宮以外の場所にできてしまう病気のことです。 子宮内膜症になると、生理中の発熱の他に、強い生理痛や排便痛、排尿痛などがみられることがあります。 生理中に体温が上がるだけでなく、このような症状がみられるときは、子宮内膜症を疑って、病院を受診することをおすすめします。 病院で検査をし、子宮内膜症であることがわかったら、薬の服用や手術などで治療を行います。 早めに治療を行うことが大切です。 関連記事 生理中に微熱が続くときは妊娠の可能性も? 生理が始まっても生理前からの高温期が続き、微熱っぽいときは、妊娠している可能性もあります。 そもそも生理周期に合わせて基礎体温が変化するのは、排卵後から生理前にかけて分泌される「プロゲステロン」というう女性ホルモンの影響によるものです。 プロゲステロンが分泌されている間は、高温期が続きます。 通常、プロゲステロンなどのホルモンの分泌が減少することで生理が来るので、生理が始まると基礎体温が下がるのです。 しかし妊娠すると、プロゲステロンの分泌が続き、高温期の基礎体温が維持されます。 妊娠初期症状として、微熱っぽさを感じる人もいます。 妊娠すると通常、生理は起こりませんが、生理だと思っていた出血が、着床出血である可能性もあります。 着床出血とは、受精卵が子宮内膜に着床したときに起こる、微量の出血のことです。 出血量や期間は人それぞれなので、生理との見分けがつけにくく、自分ではなかなか判断できないこともあります。 生理中なのに高温期が続き、妊娠が思い当たる場合は、一度妊娠検査薬で検査をしてみることをおすすめします。 陽性の結果が出たら、産婦人科を受診しましょう。

次の

生理前の熱を下げたいです

生理前の微熱

生理前になると必ずと言っていいほど 微熱のような状態になって辛いですよね。 別に風邪を引いたりしたわけではないのに、毎月決まって生理の2週間くらい前からこうした微熱気味になってしまうと日常的に辛いと感じることが多くなるので何とかしたいと思っている人も多いでしょう。 生理前に微熱が続くのはホルモンバランスの影響もありますし、正常な生理が来ている証拠でもあります。 ただ、この何となく体調が少し悪いようなモヤッとした感じを毎月黙って受け入れるのも辛いですし、対策できるなら何かしらの対策方法を知って取り入れてみたいと考えている人も多いと思います。 もくじ• 生理前に微熱が出る理由とは? 生理前の微熱には原因がいろいろと考えられるので、その原因について一つずつ解説していきたいと思います。 女性ホルモンのバランスによる影響 生理前に微熱が出るのは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのバランスが乱れはじめることに原因があります。 生理前の黄体期という時期になるとエストロゲンが減少して黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が増える傾向があります。 黄体期というのは妊娠の準備をするための期間でもあるので、そのためにカラダに熱を持ちやすくなる高温期を迎えるようになります。 ちょっと頭が熱くなったような感覚でのぼせたような状態になったり、頭がふわふわするような状態になるのは高温期に突入しているのが最大の理由です。 人によってはそれほど熱を持たない人もいますし、少し生理前の微熱が出ていても体力でカバーできるから気がついていないだけの女性もいますが必ずしも全員がそうとは限りません。 体力や免疫力に自信がない女性は特に生理前の微熱に苦しみやすい傾向があるのも事実です。 月経前症候群(PMS)の症状の一つ 生理前の段階で微熱や吐き気、腹痛や頭痛、関節痛など様々な不快な症状が出てくることがあります。 これらは 月経前症候群(PMS)というもので、女性であれば大半の方は経験した事がある辛い症状です。 自分が体調不良なのを我慢するだけで乗り越えられるならまだしも、イライラが止まらんくなってしまって人に八つ当たりのような態度をとってしまう人なども中にはいるようで、PMS関連の悩みは本当に深いものがあります。 生理前の微熱に関してもPMSの影響で出ていることがあるので、その他のPMSに有りがちな症状が同時に出ていないかどうか確認してみると分かりやすいのではないかと思います。 当サイトでもなどを調査して対応策などをまとめているので、心当たりのある方は参考にして頂ければと思います。 ドラッグストアなどで市販されている鎮痛薬などで対応できる範囲の痛みであればそれらで対処してもいいですが、それでもカバーしきれないくらいに痛みが激しかったり年齢がそもそも高いのに月経困難症である場合は産婦人科などに受診したほうがいいでしょう。 ただ風邪を引いているだけのケースもある 色々と女性特有の症状が原因となって生理前に微熱が出ているという話しをしてきましたが、ただ単に軽く風邪を引いていて微熱が出ているということもあります。 普段から免疫力が弱くて風邪を引きやすい女性も多いです。 2ヶ月とか3ヶ月くらい生理前の微熱が続くと流石にこれって風邪じゃなくて違う原因があるのでは・・・?と疑ってしまいたくなると思いますが、たまたま風邪菌をどこかでもらってしまって風邪で微熱が出ているということも普通にあります。 寒気や吐き気があったり、眠気やカラダの怠さなども同時に出ているという方については風邪薬を飲んでカラダが楽になるかどうか一度試してみるのがいいですね。 生理前の微熱は妊娠の初期症状なの? 生理前に微熱が出るのは妊娠の初期症状であるという話しなどもありますよね。 これについては一理あるのは確かなのですが、生理前の微熱というだけで妊娠しているかどうかを判断することはできません。 とくに個人差はあるのですが妊娠した後の 高温期は妊娠していないときの高温期よりも熱が高くなりやすい傾向にあるのでもはや微熱とは言えないくらいの熱が出て辛い状態になります。 生理前の微熱を緩和する対処法について ここまで色々と生理前に微熱が出てしまう原因について解説してきましたが、全ての原因に共通した対策というのは残念ながらありません。 ただ、ホルモンバランスの乱れであったりPMSなど特定の原因がわかっている場合についてはそれに併せた対処をしていくのが良いでしょう。

次の

生理前の微熱が続くのは妊娠?見分け方や対処方法とは!

生理前の微熱

ピルを服用している場合、長期的な副作用として微熱が続く人もいます。 更年期障害|30代・40代から症状が出る場合も 更年期障害の一種で、微熱が続く人もいます。 50代以降多く見られますが、30・40代から症状が出る人もいます。 妊娠によって微熱が続いている 排卵から生理が来るまでは、通常も高温期で体温が上がります。 妊娠しているとそのまま微熱が続き、生理がこなくなります。 熱があるからと すぐに薬を飲まずに、様子をみましょう。 生理が来ても微熱が続く場合は、他の病気の可能性があります。 ストレスが原因の発熱 ストレスが多いと 自律神経が乱れて、発熱する場合もあります。 他にも 耳鳴りや疲労感、倦怠感、不眠、下痢、便秘、イライラする、不安感などが症状としてあるので、 微熱の他にも思い当たる点があれば一度病院で相談してみましょう。 基本的に頭痛がある場合で、 他に症状が無い場合は、鎮痛剤を使っても構いません。 微熱が出始めの頃であれば薬を服用し、少し様子を見ることも可能です。 しかし 微熱は、何らかの不調のサインであり、 その後症状が出てくる可能性もあります。 また、 女性の場合は妊娠している可能性もあります。 妊娠初期の薬の使用は控えてほしいので、可能性がある人はまずは婦人科を受診しましょう。 それ以外でも、微熱が続いている場合は、 鎮痛剤の多用や連用は避け、早めに医師の診察、診断を受けましょう。 アルコールは控えて休養を ゆっくり休養が取れていないと、 疲れから微熱が続く場合もあります。 中には、 長期的なアルコール摂取や疲労で肝機能が悪化して発熱する場合もあります。 ご自身の生活を見直し、体調を整えましょう。

次の