ケトプロフェン。 医療用医薬品 : ケトプロフェン

ケトプロフェン

ケトプロフェン

処方例 定期の内服薬に追加 モーラステープ20mg 35枚 上腕部 1日1回 1枚 患者A「ゴルフの練習していて腕を痛めてね。 ついでに出してもらったんだ。 」 内科の定期薬の処方ついでにモーラステープを出してもらった患者Aさん。 「ゴルフをする」、「モーラステープ」と聞いて、 まず頭に浮かべなければいけないのは「光線過敏症」でしょう。 薬局には他にロキソニンテープ、ボルタレンテープがあります。 さて薬剤師の皆さんはDrに光線過敏症の説明をして薬剤の切り替えを提案しなければなりません。 あなたなら何の薬剤を提案しますか?? またDrにその根拠も聞かれた場合どう説明しますか?? 光線過敏症の少ないロキソニンテープを提案する このような場合、おそらくだいたいの薬剤師さんは 「ロキソニンテープを提案します。 なぜなら光線過敏症が起こりにくいからです。 」 と回答するのではないでしょうか。 しかし、このレベルの回答なら薬学部を卒業していなくても説明ができます。 もし構造式を見ただけで光線過敏症が起こるかどうか予測できたらカッコいいと思いませんか?? 光線過敏症が起きる薬剤かどうか構造式で瞬時に判断ができるたった一つのポイントがあるのです。 光線過敏症の原因は共役構造の間に非共有電子対(ローンペア) それはズバリ、 共役構造の間に非共有電子対(ローンペア)があるかどうか? という事。 一瞬、 「???????」 となったかもしれませんが、とてもシンプルなので続けて説明していきます。 ・共役構造とは二重構造と単結合の繰り返しの構造の事。 (ベンゼン環など) ・非共有電子対(ローンペア)とは炭素(C)以外の酸素 O 、窒素 N 、硫黄 S の原子中にあり、結合に関わっていない電子の2つのペアの事。 モーラス(ケトプロフェン)の構造式の特徴 ケトプロフェンの構造式には光線過敏症を引き起こす原因となる、 ベンゼン環という共役構造の間に、カルボニル基という非共有電子対(ローンペア)が存在します。 光線過敏症の発生機序(メカニズム) では、なぜ共役構造に挟まれた非共有電子対の構造が光線過敏症を引き起こすのでしょうか? 紫外線には非共有電子対(ローンペア)の電子の一つを通常の位置と異なる場所へ飛ばすといった特徴があります。 飛ばされた電子はすぐに元に戻ろうとするのですが、共役構造の中に飛ばされた電子はなかなか元に戻ることができません。 共役構造の中に電子が飛ばされた状態では、反応性が高くなり周囲のタンパク質と結合し、抗原抗体反応が起こります。 結果的に 皮膚の炎症=光線過敏症が起こるのです。 では、他のボルタレン、ロキソニンの構造式をみてみたいと思います。 ボルタレン・ロキソニンの構造式 ボルタレンにはベンゼン環という共役構造の間に非共有電子対が存在します。 では、ロキソニンはどうでしょう? 共役構造に、非共有電子対(ローンペア)の組み合わせは・・・・ ない!! ですよね。 構造式からもロキソニンテープは光線過敏症を起こりにくい事が説明できたと思います。 今後その他の薬剤に関しても構造式を見ただけで「光線過敏症が起こるかどうか」の予測が可能となるのです。 この知見からも、ロキソプロフェンナトリウム含有外用剤で光線過敏症を起こす可能性は低いとも言われています。 会社HP:• ブログ: 2006年 京都薬科大学 薬学部卒。 調剤併設ドラッグストアのスギ薬局に新卒で入社。 調剤部門エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号 MBA を取得。 2013年4月、シナジーファルマ株式会社を設立。 2013年8月、薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」をリリース。 「インターネットをつうじて薬学業界の発展と地域医療の活性化に貢献する」 というミッションのもと「薬剤師」と「ITベンチャー経営者」の二刀流で日々奮闘中。 1983年11月 岡山県倉敷中央病院で生まれ、水の都である愛媛県西条市で育つ。 大学より京都・大阪で14年間、沖縄Iターン特集立ち上げのため沖縄県で4年間暮らし、現在は福岡県民。 1歳の息子と妻の3人家族。 当面の目標は、 「息子の成長スピードに負けないこと」 座右の銘は、 「まくとぅそうけい なんくるないさ」 =「誠実に心をこめて努力をしていたら、なんとかなる!!」 記事作成のサイトポリシーについては この投稿者の最近の記事.

次の

ケトプロフェン筋注50mg「日新」

ケトプロフェン

ケトプロフェン 内用 :メナミン,オルヂス スポンサード リンク 成分(一般名) : ケトプロフェン(内用) 製品例 : メナミンSRカプセル150、オルヂスSR150 ・・ 区分 : 解熱鎮痛消炎剤/プロピオン酸系/抗炎症鎮痛解熱剤 PR 概説 腫れや痛みをやわらげるお薬です。 作用 【働き】 炎症をしずめて、腫れや発赤、痛みなどの症状をおさえます。 熱を下げる作用もあります。 ただし、対症療法薬ですので、熱や痛みの原因そのものを治すことはできません。 【薬理】 炎症や発熱を引き起こすプロスタグランジン PG という物質の生合成を抑制します。 プロスタグランジン PG の合成酵素「シクロオキシゲナーゼ(COX)」を阻害することによります。 この薬の仲間は「非ステロイド抗炎症薬(NSAID)」と呼ばれ、いろいろな痛みに広く用いられています。• 化学構造的には、プロピオン酸系に分類されます。 解熱、鎮痛、消炎作用を均等にもち、比較的副作用の少ない系統です。• 作用時間が長い持続製剤(SR)です。 そのため、1日1回の服用で済みます。 注意 【診察で】• 胃腸の悪い人、腎臓や肝臓の悪い人など持病のある人は医師に伝えておきましょう。 病気によっては症状を悪化させるおそれがあります。• 喘息やアレルギーのある人も医師に報告しておいてください。• 飲み合わせの悪い薬があります。 別に薬を飲んでいる場合は、必ず医師に報告しておいてください。• 妊娠中の人は、医師にお伝えください。 【注意する人】 鎮痛薬や解熱薬で喘息を起こしたことのある人は飲んではいけません(アスピリン喘息の人)。 胃潰瘍など消化性潰瘍のある人も基本的には避けます(特別な胃薬と併用して用いることがあります)。 また、血小板減少などで出血が心配される場合も控えるようにします。 そのほか、肝臓病、腎臓病、心臓病、喘息などの人も病状により使用できない場合があります。 副作用のでやすい高齢の人も慎重に用います。 適さないケース..アスピリン喘息、消化性潰瘍のある人、血小板減少症など重い血液の病気、重い肝臓病、重い腎臓病、重い心臓病(心不全)、妊娠末期の人など。 【飲み合わせ・食べ合わせ】• キノロン系抗菌薬のシプロフロキサシン(シプロキサン)との併用は禁止されています。 併用により、けいれんを起こすおそれがあります。 そのほかのキノロン系抗菌薬も慎重に用いなければなりません。• 抗リウマチ薬のメトトレキサート(リウマトレックス)、気分安定薬のリチウム(リーマス)、ワルファリンなど抗血栓薬、一部の抗うつ薬(SSRI)、さらには利尿薬や降圧薬など多くの医薬品と相互作用を起こす可能性があります。 市販薬も含め、他の薬との飲み合わせには注意が必要です。 服用中の薬は忘れずに医師に報告しておきましょう。• 飲酒は控えめにしてください。 多量のアルコールは、胃や肝臓の副作用をでやすくします。 【使用にあたり】• 食後に多めの水(コップ1杯)でお飲みください。• 肩こりや腰痛、外傷などで使用している場合、漫然と続けず、痛みの程度により、減量や中止を考慮する必要があります。 症状がよくなったら、継続の可否についても医師とよく相談してみてください。 リウマチなど慢性的な炎症疾患は別として、鎮痛薬の安易な長期服用は好ましくありません。• 関節リウマチでは、よい効果がでるまでに2〜4週間くらいかかることがあります。 指示された期間続けるようにしてください。 【妊娠授乳】 妊娠中はできるだけ控えます。 どうしても必要な場合は、必要最小限の範囲で用います。 妊娠末期の長期連用は避けなければなりません。 【その他】• 胃の副作用を予防するのに、胃腸薬が処方されることがあります。• 他の人、とくに子供には代用しないでください。• カゼなど感染症による発熱やノドの腫れは、ばい菌を殺菌駆除するための自然な防御システムです。 これを薬で無理に抑えれば、かえって病気そのものの治りを遅らせてしまうことさえあります。 とくにインフルエンザなどウイルス性の病気では、むやみに熱を下げればよいというものではありません。 効能 下記疾患並びに症状の鎮痛・消炎• 関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、頸肩腕症候群、肩関節周囲炎 用法 通常、成人はケトプロフェンとして150mg(SR150として1カプセル)を1日1回食後経口服用する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 もっとも多い副作用は胃腸症状です。 重症化することはまれですが、胃潰瘍など消化性潰瘍にも念のため注意が必要です。 とくに高齢の人、あるいは服用が長期になるときは気をつけてください。 人によっては発疹ができたり、喘息発作を起こすおそれがあります。 アレルギー体質の人や、もともと喘息のある人は注意してください。 そのほか、腎臓や肝臓の働きが悪くなってくることがあります。 リウマチなどで長期に服用する場合は、定期的に肝機能や腎臓の検査、また胃の検診を受けるとよいでしょう。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• 消化管潰瘍・胃腸出血..胃痛、腹痛、吐き気、嘔吐、吐血(コーヒー色のものを吐く)、下血(血液便、黒いタール状の便)。• 腎臓の重い症状..尿が少ない・出ない、尿の濁り・泡立ち、血尿、むくみ、だるい、吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹。• 重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。• 喘息発作の誘発..咳き込む、ぜいぜい息をする、息をするときヒューヒュー音がする、息切れ、呼吸しにくい。• ショック、アナフィラキシー様症状..気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。 【その他】• 胃痛・腹痛、吐き気、吐く、食欲不振、口内炎。• 発疹、じんま疹。• むくみ、肝臓や腎臓の働きが落ちる。 いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

ケトプロフェン

ケトプロフェン

医薬品 ケトプロフェンは他の非ステロイド性抗炎症薬と同様に、を阻害することによって、生体での類の産生を抑制する。 主作用は、プロスタグランジン類の中でも、特にの産生を抑制することによる。 これによって、痛みの閾値が下がらないように(痛みを感じやすくならないように)し、また毛細血管が拡張して炎症を助長することの無いようにしている。 しかし、プロスタグランジン類には例えば胃の粘膜保護など他の作用もあり、その作用まで抑制してしまうための副作用も起こり得るなど、副作用についても他の非ステロイド性抗炎症薬と共通点も多い。 ただし、ケトプロフェンの場合は、それらの副作用に加えて、特にが起こりやすいことで知られており、注意が必要である。 ケトプロフェン使用中はもちろんのこと、使用後も暫くは紫外線を避けることが望ましい。 過去には日本でも一般用医薬品としても販売されていたものの、光線過敏症が起こるなどの理由で一般用には販売されなくなった。 なお、ケトプロフェンは他の非ステロイド性抗炎症薬と同様に炎症や痛みの原因を治療する薬剤ではなく、あくまでこれらを抑える作用が存在するだけである。 ちなみに、ケトプロフェンは腎排泄型の薬物として知られている。 構造 ケトプロフェンは、プロピオン酸系の非ステロイド性抗炎症薬と説明されることから明らかなように、プロピオン酸の誘導体である。 それと同時に、ケトプロフェンはの誘導体でもあり、このベンゾフェノンの3位の炭素に、プロピオン酸が2位で結合した構造をしている。 なお、プロピオン酸の2位の炭素はである。 ベンゾフェノン誘導体との関係 ベンゾフェノンは、その構造中にベンゼン環を持つことから紫外線を吸収する。 同じベンゾフェノン誘導体の、例えば ()やは(紫外線吸収剤)として用いられることがある。 このオキシベンゾンなどに過敏症である者は、構造が似ているケトプロフェンにも過敏症をきたす可能性があるため、つまりが発生する可能性があるので、ケトプロフェンの使用は禁忌とされている。 その他の類似化合物との関係 ケトプロフェンとはやや構造が異なるものの、比較的構造が似ていて、上記のベンゾフェノン誘導体と同じく紫外線吸収剤などとして用いられることがあるに至っては、ケトプロフェンと同時に感作されていた場合、光線過敏症発症の危険性がより高まるとして注意が呼びかけられている。

次の