山梨 キャンプ 場 行方 不明。 山梨県の女児行方不明事件の疑問

山梨県の女児行方不明事件の疑問

山梨 キャンプ 場 行方 不明

30 13:17 】 上の産経新聞の報道によると、「 広場から続く下り坂を下った先の丁字路を 小川のある左に曲がる姿 」とあるが、最後に目撃された場所はどこなのか? 道志村で女の子が行方不明になっている件、こういう状況だったようです。 キャンプ場の南側にある広場から、北西側にある椿沢の橋のほうへ遊びに行った子どもたちを一人で追いかけて、道路を左に曲がった 赤矢印 ところまでは母親が見ていると。 NHK報道による。 椿荘オートキャンプ場から南にあるテントを設営していた広場から、 北進した坂道を下った先の丁字路で、「 椿沢 」の橋が架かっている方角へ向かい 左に曲がって他の子供達を追いかけていったT字路が母親が最後に見た場所になる。 1つはボランティアの方が滑落した場所です。 崖が多い場所の様ですが、崖の斜面や底の部分など、警察や自衛隊がロープなどを使って充分探したのか知りたいです。 2つめは、事件だとしての捜査を警察がいつから、どの様に行っているかです。 付近はキャンプ場などが多い場所だと聞きます。 発生時刻からするとキャンプから帰省する時間帯でもあるかと思います。 付近のキャンプ場の宿泊名簿から宿泊者の調査、付近のビデオカメラの映像チェック、そのビデオに映っている車のドライブレコーダーのチェックなど行っているのか心配です。 3つめは、父親の行動です。 いくら仕事とは言え、行方不明になって6時間以上してから現場に到着なんて自分なら考えられません。 この3つに関して何か情報をお持ちですか? カテゴリー• 167• 101• 1 最新投稿5記事 アーカイブ• 2 Google等の第三者配信事業者が、 クッキー[ Cookie( ブラウザの閲覧ごとに各々の端末に保存される小さなファイル )]を使用してユーザーで有るあなたに、当「 茨城瓦版 」や他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信します。 Googleが広告のクッキーを使用することに拠りユーザーであるあなたが、そのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいGoogleや、そのパートナーが適切な広告をユーザーである、あなたに表示できます。 あなたは、にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者のCookieを無効に出来ます。 第三者配信事業者や、広告ネットワークの配信する広告が、当サイト「 茨城瓦版 」に掲載されます。 対象となる第三者配信事業者や、広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。 に、 アクセスすれば第三者配信事業者が、パーソナライズド広告の掲載で使用するCookieを無効に出来る事を、ここに明示します。

次の

行方不明の山梨小1女児・母親に関する暴露が相次ぐ…匿名掲示板に流出したタレコミまとめ

山梨 キャンプ 場 行方 不明

小倉美咲ちゃん/提供:山梨県警 9月21日午後3時40分頃、山梨県道志村の「椿荘オートキャンプ場」で「遊びに行く」と告げて出たきり戻らなくなった小倉美咲ちゃん。 行方不明になってから、本日で18日が経過しました。 自衛隊、警察、消防、そしてかなりの数のボランティアも参加して、広範囲にわたり捜索活動が行われましたが、まったく手がかりがつかめていません。 捜索隊もすでに撤退し、大規模な捜索活動は打ち切りとなりました。 連日のテレビや新聞での報道も、ここのところで落ち着いてきている状態です。 小倉美咲ちゃん、いったいどこにいるのでしょう…。 無事をいのるばかりです。 その小説に登場する事件が、今回の行方不明とそっくりだったからです。 それは、桐野夏生の『柔らかな頬』という小説。 1999年初版なので、今からちょうど20年前に出版された書籍です。 桐野夏生といえば日本を代表する女流の現代作家の1人。 さらにこの『柔らかな頬』は、その年の『直木賞』も受賞している作品です。 主演が天海祐希で映像化もされ、共演は三浦友和、松岡俊介、渡辺いっけいなど一流の俳優たちで固められたドラマとなりました。 つまり、決してマイナーな小説ではなく、多くの人に読まれたであろう作品です。 com 以下、できるだけネタバレ要素の無いように記述しますが、若干のストーリーの展開には触れていますので、あらかじめご了承ください。 『柔らかな頬』は、ある事件から物語がスタートします。 それは、人里離れた山奥の別荘に複数の家族が集い、子どもたちだけで外に遊びにでかけ、その中の1人の少女が行方不明になる、という事件です。 その後も手がかりなどはまったく見つからず、大規模な捜索活動は打ち切りとなります。 最終的に母親が1人で娘を探し、年月が経過していく…そんなストーリー。 今回の小倉美咲ちゃんの山梨小1女児行方不明とそっくりです。 もちろん、キャンプ場ではなく別荘だったり、場所も山梨県ではなかったりと、細かい部分に違いはありますが、大枠はまったく同じといえます。 実はこの小説には通常の事件モノ小説、推理モノ小説ではあまり見ない注目する点があります。 次のページで詳しく説明しましょう。

次の

山梨のキャンプ場で7歳の少女が行方不明になった事件があったんですけ...

山梨 キャンプ 場 行方 不明

山梨県の女児行方不明事件の疑問 先に行った友達の後を追いかけて行方不明になったと言われていますが、その先に行った友達は行方不明になってる女児の事を「知らない」と言ってる事に疑問を感じます。 「どこに行ったのか知らない」ではなく「誰なのか知らない」っていうのは、友達と表現出来るのかどうか… また、一緒にキャンプ場に居た人達も誰一人として見ていないっていう事に違和感を感じてしまうのですが… SNSや掲示板などでは「そもそも最初からキャンプ場には居なかったんじゃないか?」と、さすがに深読みし過ぎだろうって意見もありますが、さすがにそれは突拍子がないと思うものの、猫とかならともかく7歳とはいえ人間の子供が誰一人として目撃されずに姿を消すって、事件にしろ事故にしろ神隠しみたいで不思議です。 グループは初対面の人が多いうえ、少女はその中の子どもたちの中でも最年少だったため友達に馴染みにくくかっただろう。 チョコバナナを食べ終わるのが遅く、1人で遊び場に向かったのも年齢差の影響だろう。 そして、年上の子どもとは馴染みにくいだろうからみんなで遊ぶこともしなかったのだろう。 こんなことだからみんな「状況を知らない」と喋るのは当然。 そこで仮説 女児発見後の思い付きの犯行 女児の行方不明発覚後、グループの父母らによる捜索があった。 捜索中、その母親は偶然少女を発見した。 他の人に知らせようとは思ったものの、これはいいチャンスなのではないかと悪い考えを巡らせ、犯行の決断に至る。 「みんな待ってるよ。 こっちだよ。 」と言い車に乗せ、遠くへ遠くへ運んだ。 その日は4時頃から夜ずっと父母による捜索も続いたそうで、犯行時間はたっぷりある。 どの父母がどこにいるか、お互いの位置情報を把握されない唯一の時間が捜索後である。 7歳の美咲ちゃん、 どこに行ってしま多んでしょうね? 参考記事。 県警や消防など約70人態勢で半径約5キロの範囲を連日捜索。 4日目となった24日はヘリコプターのほか、初めてドローンも飛ばして捜したが、丸3日たったこの日も見つからなかった。 山梨県警大月署などによると、小倉さんは母親と姉、友人の家族ら約30人と21日から2泊3日でキャンプに来ていた。 同日午後3時40分ごろ、自分たちのテントのそばでおやつを食べた後、先に沢沿いの遊び場に向かったほかの子どもたちを約10分遅れて1人で追いかけた。 母親が遊び場の方向へ歩いている姿を見た後の目撃情報はないという。 ほかの子どもは午後4時ごろ、テントに戻った。 小倉さんとは合流しなかったといい、家族が同5時過ぎ、署に通報した。 小倉さんは身長約125センチ、黒色の長袖Tシャツにジーンズ姿だった。 小倉さんは家族で何度もキャンプをしているが、このキャンプ場は初めてだった。 捜索する親戚の女性は「活発で運動神経が良く、我慢強い子。 どこかで耐えていてほしい」と話した。 村の要請を受け、山梨県は24日、自衛隊派遣を要請。 25日早朝から隊員150人が捜索する。 県警などは25日も午前6時から約75人態勢で捜索を続ける。 キャンプ場の周辺では懸命な捜索が行われましたが、依然として手がかりなく発見に至っていません。 隊列を組んで斜面を登っていく自衛隊員。 石積みの間にもぐりこんで声をかけ、沢ではダイバーが大きな岩の間を入念に調べています。 道志村のキャンプ場で千葉県成田市の小学1年生の小倉美咲さん7歳が行方不明になってから6日目。 この日は警察と消防、自衛隊などおよそ260人の態勢で捜索が行われました。 捜索は比較的なだらかな地形のキャンプ場西側により重点を置いて実施されました。 また地元の道志村は防災無線や消防団車両の拡声器で、村の全域に情報の提供を呼びかけました。 キャンプ場の周辺では100軒を超える別荘や空き家での確認も行われましたが手がかりはなく、捜索は依然、難航しています。 この日の捜索は午後5時半で終了しました。 警察や消防などは5日も範囲を広げて捜索しましたが、未だ手がかりはありません。 5日の捜索は警察や消防など35人態勢で、小倉美咲さんの行方が分からなくなったキャンプ場から国道413号を挟んだ北側の林道に入り、これまで見ていない山の斜面などを確認しました。 また、住民への聞き込みの範囲を都留市内まで広げたほか、これまで調べていない空き家・倉庫も確認しましたが手掛かりはありませんでした。 一方、5日午前、美咲さんの捜索の取材をしていたテレビ局の男性カメラマンが滑落し救助のため一部の捜索が中断されました。 カメラマンは鎖骨骨折など重傷です。 目撃情報や手がかりがないまま2週間が経過し、警察は誘拐の可能性も否定できないとして事故と事件の両面で調べを進めています。 こういうことがおきるのなら 親はあらかじめ GPSを子供につけておけばよかった・・・ GPS携帯を持ってたおかげで 山で遭難した人が ピンポイントで 救助された記事がある。 救助されたのは東京都狛江市に住む加藤祐美さん(34)です。 加藤さんは、10月2日午前5時半ごろ栗駒山に登山に出かけましたが、日没のため下山できなくなっていました。 加藤さんと一緒に登っていた弟が、ひとりで下山し別の登山客に救助を要請したということです。 警察は夜明けを待って捜索したところ、頂上からおよそ2キロの場所で加藤さんを発見しました。 加藤さんはその後、県警のヘリコプターに救助されました。 加藤さんは足の痛みを訴えているものの、目立ったけがもはなく命に別状はないということです。 加藤さんは持っていた携帯電話のGPS機能であらかじめ場所が特定されていたため、警察が加藤さんにその場を動かないよう指示をだしていたということです。 仙台放送 インターネットで知り合ったキャンプのオフ会のキャンプで、その日が初対面となるはずだったらしいです。 事前に親が美咲ちゃんを他の子供に紹介するとか、先に皆で自己紹介をし合っていなくて、初めて遊ぶのなら、他の子供は美咲ちゃんを知らないでしょう。 私にも小学生の子供がいるから思うことですが、小1の子供がいたら、いくら上に姉がいて、一人っ子よりしっかりしていたとしても、初めて行ったキャンプ場で、初めて会う子供たちと遊ぶなら、その子供たちのところへ我が子と一緒に行って「よろしくね」と言って、更にGPS付きの携帯電話や鈴、飲み物を持たせます。 子供の様子が見える場所で待つか、しばらくは子供の様子を見て、他の子供の保護者と話したりすると思います。 美咲ちゃんのお母さんがなぜ、美咲ちゃんを一人で行かせたのか理解できません。

次の