田畑政治 名言。 田畑政治(たばた まさじ) 偉大なる「ガキ大将」

【いだてん】川島正次郎は田畑政治と対立し失脚させた?政界の寝業師とは?

田畑政治 名言

地元の浜名湾でコーチとして日本水泳の礎を築いた。 政治記者をしながら、「ロス・ベルリンの両大会」に参加。 以来「東京オリンピック」の実現に執念を燃やすも、戦争により幻となる。 だが、情熱は失わない。 敗戦の食糧難の中、マッカーサーと直談判、いち早くスポーツ界の国際復帰に成功し、復興を願う人々の支えとなった。 目的に向かい猪のように突進する熱情家で、ついには1964年の「東京オリンピック」を実現する。 田畑政治と言いますと、大河ドラマでもメインとして描かれることになるでしょうが、1964年東京オリンピックの招致活動におけるキーマンの一人として有名です。 田畑氏は大学を卒業後、 朝日新聞社(東京朝日新聞)に入社し、その後政治経済部長などを務め、常務にまでなりました。 その一方で水泳指導者としても活動しており、1932年のロサンゼルスオリンピックなどの大きな大会で、日本代表の監督を務めました。 1939年には、日本水泳連盟(当時の名称は大日本水上競技連盟)に新たに設けられた理事長に就任し、戦後の1948年には日本水泳連盟の会長に就任します。 すると、ここで大きな功績を残しました。 当時の日本は敗戦によって、1948年のロンドンオリンピックへの参加を断られていました。 そこで田畑氏は、日本選手権の決勝をロンドン五輪と同日開催するなど、参加を認められなかった日本代表(古橋廣之進・橋爪四郎ら)の実力を世界にアピールしたのです。 戦略は功を奏し、翌年の1949年に国際水泳連盟(FINA)への復帰が認められました。 その功績も影響したのか分かりませんが、1952年のヘルシンキオリンピック、1956年のメルボルンオリンピックと二大会連続で日本選手団の団長を務めています。 戦後間もない時期から東京へのオリンピック招致を訴えており、五輪招致活動においては中心人物の一人として活躍しました。 そして1964年の東京開催が決定すると、その組織委員会の事務総長に就任して、開催に向けて活動しました。 女子バレーボールを正式種目に加えるためのロビー活動の陣頭指揮にも立ったと言います。 その後、1973年-1977年まで、日本オリンピック委員会(JOC)会長も務めています。 大河ドラマでは、オリンピック招致活動の辺りを重点的に語られるのだと思います。 それから、もう一人の主人公・金栗四三とは直接的な関わりがないようですね。 この辺りをどう描かれていくのか、気になります。

次の

【いだてん】川島正次郎は田畑政治と対立し失脚させた?政界の寝業師とは?

田畑政治 名言

生まれは静岡県浜松市、造り酒屋の御曹司 田畑政治は1898年12月1日、父・田畑庄吉(たばたしょうきち)、母・田畑うら(たばたうら)の間に生まれました。 家業は浜松市成子でも有数の造り酒屋で相当な資産家だったようです。 35歳の時、酒井吉之助の娘・菊枝(きくえ)さんを妻として迎えて一男二女の子供に恵まれます。 長女・治子(はるこ)さん、次女・醇子(じゅんこ)さんに関しては資料が少なく、今現在どうしているのかはわかりません。 ただ、 次女の醇子さんはアメリカに留学されるなど、国際派の女性だと伝えられています。 長男となる田畑和宏さんはNHK(日本放送協会)に勤務しており、平成9年4月から2年間はNHKの業務執行に関する重要事項を審議、決定する理事に2年間従事していました。 田畑和宏さんのNHKでの活躍 田畑和宏さんはNHK理事を退任後はNHK関連企業に勤務していました。 特にNHK交響楽団理事長を勤めていた2005年(平成17年)ごろにはNHK職員による不祥事が相次ぎ、受信料不払いが響いて収入が減少したため、 NHKから交響楽団への補助金が1割カットになります。 これを乗り切るために田畑理事長は収入の多様化を図るため、多くの改革を断行しました。 NHK交響楽団は日本初のプロオーケストラであった1926年設立の新交響楽団が前身で、ラジオ番組などメディア向けに積極的に進出していたため戦後NHKの傘下に入り、名前も変更しました。 このNHK交響楽団は年間予算が30億円以上かかる日本最大の楽団で、14億円にのぼるNHKからの補助金は楽団にとっては大きな収入源です。 これが1割カットになったため、楽団にとっては大きな痛手となります。 これを乗り切るために定期演奏会を訪れる会員の高齢化、減少を食い止めて会員の裾の拡大のために定期演奏会を平日から週末へと日にちを変更、夏休みに音楽教室を開いて若い世代の音楽家の育成も進めました。 他にも企業からの協賛金の増額、デジタル時代への対応のために携帯電話の着信メロディ配信や演奏会のインターネット配信の事業化にも着手しました。 父・政治さんと同じように和宏さんも逆境には向かっていく性格だったようです。 血縁にはメディア関連の大物も 田畑政治の1つ年下の従兄弟に 水野成夫(みずのしげお)という人物がいます。 水野は静岡中学校(現在の静岡県立静岡高等学校)から、 第一高等学校(現在の東京大学教養学部、千葉大学医学部、薬学部の前身)を経て、東京帝国大学法学部を卒業した超エリートです。 (一高から東京帝大は田畑政治と同じです) 水野の友人、南喜一(みなみきいち)が考えた新聞紙からインキを抜いて再生紙を作るというアイデアを陸軍軍事課長・岩畔豪雄(いわくろひでお)に持ち込み、このアイデアに出資してもらい大日本再生製紙(現在の日本製紙)を設立、これを足掛かりに経済同友会幹事、文化放送社長、日本経済団体連合会(略称・経団連)理事へと階段を登り、ニッポン放送の鹿内信隆(しかないのぶたか)とともに フジテレビジョンを設立、初代社長となります。 この後、 産業経済新聞社(現在の産経新聞)を買収し、フジサンケイグループの基盤を作りました。 田畑政治の血縁は報道、放送メディアに強い 田畑政治は朝日新聞社という報道機関、息子である和宏さんはNHKという放送メディア、従兄弟の水野成夫はフジサンケイグループという報道と放送の複合メディアという共通点を持ちます。 それぞれが報道、放送メディアに進んだ理由は異なっているようですが、時の権力者と繋がることのできるメディアという業界はオリンピックという一大イベントを招致したり、運営したりする側に立ちやすいというメリットはあったようです。 田畑政治がオリンピック招致に成功したのはメディアに強い一族の血のなせる技だったのかもしれません。

次の

田畑政治が「競泳王国ニッポン」を作るまで “諦めなかった男”の生涯 連載:「企業立志伝」番外編 日本水泳連盟会長 田畑政治氏|ビジネス+IT

田畑政治 名言

田畑政治。 左は1929年(昭和4)の、右は34年(昭和9)の朝日新聞社員写真帳から 1937年(昭和12)7月の盧溝橋(ろこうきょう)事件は、朝日新聞にとって、来るものが来たというものだった。 7月12日発行の夕刊「北支の情勢俄然(がぜん)重大化す」の記事。 縦見出しで「我軍満を持し対峙中」と報じたが、朝日新聞もまた、取材態勢を整えていた。 13日の朝刊で「北支事変本社報道陣 四十三名を動員す」と社告したのをはじめとして、以降11月8日まで事変特派員の社告は11回、延べ総数138人にのぼった。 報道だけではない。 1週間後の7月20日朝刊では「軍用機献納運動」の社告を掲載し、以降、読者からの資金募集キャンペーンを継続していく。 こうして日中戦争が拡大していくなかで、1938年(昭和13)7月、日本政府は閣議で40年(昭和15)の東京オリンピック開催権を正式に返上した。 五輪返上の決定から数カ月後、田畑政治も日中戦争の取材に特派された。 1938年(昭和13)10月13日の社告「本社報道陣更に充実 南支戦線へ新鋭増派」の69人のなかに、田畑の名がある。 特派記者やその活動をサポートした庶務部員たちが、戦後の1973年、社内記録用に回想している。 漢口占領時の朝日新聞の号外 東京部隊と呼ばれた101師団に従軍することになり、9月2日、羽田から飛行機で発ち、福岡・板付を経由して上海に渡った(社の文書課の名簿では9月7日出発と記載)。 同師団は武漢作戦の第十一軍=揚子江南岸地区進攻部隊に含まれ、田畑はその中の「海軍遡航部隊」に従軍していた。 当時の従軍では、記者、写真、映画、無電技師がセットとなって「報道班」が構成されていた。 田畑は漢口占領の翌日10月27日早暁、九江から駆逐艦皐月(さつき)に便乗して揚子江をさかのぼり、同夕、雨の降る漢口に到着し、すぐに上陸した、という。 この武漢作戦に朝日新聞が取材に投入した人員は約400。 戦闘員として戦場に赴く社員たちは、このころから増え続けていった。 戦死の報も次々と届いた。 田畑と共に駆逐艦で漢口に上陸した大阪朝日新聞の記者が、別の回想記に書いている。 「(特派されたみんなは)漢口占領で日支事変は終わると楽観していたようだ。 それが第二次世界大戦まで拡大しようとは夢にも思っていなかった」 ただ、田畑が特派員として発信したことが確認できる記事を探して当時の紙面を見ていったが、この稿を書いている段階では特定できなかった。

次の