親父にもぶたれたことないのに。 「親父にもぶたれたことないのに!」で何言っちゃってんの?!で・・・

「親父にもぶたれたことない」はウソ!? “毒親”に育てられた芸能人

親父にもぶたれたことないのに

ロボットアニメ大好き少女の私が リアルタイムでTVアニメ 『機動戦士ガンダム』を見ていた時代。 主人公のアムロ・レイがホワイトベースの艦長ブライトに2度殴られるシーンがあって 殴られた後に言ったセリフが 「2度もぶった。 親父にもぶたれたことないのに!」 だった。 思わず笑って、なんて軟弱な主人公なんだと思った。 アムロの年令(15~6歳)になるその歳まで親にぶたれたことがないなんて ちゃ~んちゃらおかしかったのだ。 私の父親は女の子であろうとお構いなしに手をあげ、 気に入らないことがあれば、 『巨人の星』の星一徹みたいに、 出来たてアツアツのおっきりこみ(群馬の郷土料理。 煮込みうどんみたいなもの)が鍋ごと 卓袱台(ちゃぶだい)の上にのせてあろうとも 平気でひっくり返すような親父様だった。 今でも記憶に残るのは小学校低学年の頃、 近所の年下の子供達男女3~4人連れて 1キロ程離れた所にある田んぼに、レンゲ摘みに行った。 夕方暗くなる前に戻ってみると、道端に大人達が何人も集まり、 その中に我が親父も加わって何やら気難しそうな顔をしている。 コチラに気がついた大人がひとりの子供に駆け寄って来た。 子供心に「あ~、夕方だから迎えに来たのかぁ」 と、思って我が父親の顔を見た私。 何やら嫌な予感を感じて、 咄嗟に親達がいるのとは逆方向に走り出していた。 何故って、父親の顔は般若か地獄の閻魔様かってな怖ろしい形相で、 どうしてそんな顔をしているのか聞くまでもなく、 ビビッた私の足は勝手に動き出していたのだ。 あまりにも焦ったせいで、その時掃いていた下駄が片方脱げたにも係らず あくまで父の手から逃れようとした私を、 父親は追いかけてきて襟元を掴み 拾って手にした私の下駄で娘の頭をハリとばしたのだ。 あとで父親に聞けば、 子供達の姿が夕方になっても見えないので探していたトコロ 我が娘の姿もなく、 子供達の中では一番の年長者であったので おそらく(私が)幼い子供を引き連れてどこかに出かけたのだろうという話になり 心配していたところに意気揚々と帰って来た我が娘を見て ご近所の手前と戒めもあってか多くの親御さんの見守る中の 鉄拳制裁ならぬ下駄での制裁となった様だ。 そんな話をしたのが父が亡くなる数週間前 「下駄で殴る事なかったんじゃない?!けっこう痛かったの覚えてるよ。 いつか仕返ししてやろうかと思ったんだから」 なんて冗談言って笑った数日後、仕返しもさせてくれないで 突然逝ってしまって来月で19年。 私 「親に武器、イヤイヤ・・・物、道具を使って殴られた、叩かれたってことある?」 Sサン「私は 電話帳、ヤンチャしてた時夜遊びに行こうとして父親に。 妹は ビール瓶で叩かれたの見たことある~」 Kサン「水汲みの ヒシャク。 アルミ製のだから叩けば凹んじゃうでしょ。 親は凹んだヒシャクの方を心配してたわよ」 けっこう武器を使う親は多かった様だ・・・ それも、大事な頭を狙うのは何故なんだろう?だから頭悪くなったのかもなぁ。 女の子だったからか?さすがにアムロみたいに顔をぶたれる事はなかった。 親だったら躾けの一環として、良くないことをした子供を叱るのは当たり前。 話をして分からせることができない親、聞き分けの悪い子供。 そこに手が出るのは致し方ないのであろう。 昔の親は否応なく手を出す雷親父は多かったけどね。 できることなら言葉で解決させて、必要以上の暴力は避けて欲しいものだ。 今時は親子でありながら死に至らしめてしまう結果になる話もよく聞く。 親といっても義母・・・姑にである。 嫁ぐまでに一悶着、嫁いでから二悶着あったものだから 嫁としてお気に召さないのは十分承知していたけど。 その悶着を簡単に言えば、 当時、一人息子である主人には中小企業の経営者の両親がいて、 主導権は常務であった姑が握っていた。 私はその会社の事務員で19歳で入社して、 20歳でその一人息子と駆け落ちし、妊娠、結婚となって 端から見れば押しかけ玉の輿なんて言われたし、姑からもそう思われていた。 とんでもない!! 私はお金持ちになりたいなんて思ったこともない。 主人とは交際がバレたトタンに双方の親に反対されて 「別れようか」と言った私に「絶対嫌だ」と言ったのは主人の方。 駆け落ちしたのもその場の勢いで、家出中に妊娠 1度目は流産で、2度目もその危険があったから 心配した主人が自分の親に相談して帰宅する決断をした流れで、 無事出産した後に体裁の為の結婚式をして。 結婚の前後は 私の父親が死ぬまで(13年間)実家にも帰して貰えないし、 孫の顔だって、我が両親が見に来ることは許しても 実家に遊びに連れて行くことさえ許されなかった。 その間、主人との離婚を決意して3度実家に戻ったから 実家で親に会うことができただけで、それ以外会うのは姑が決めた別の場所。 3度目の家出で、実家に帰った時点で離婚は絶対覆さないという覚悟は、 姑の【墓まで持って逝く理由】を聞いてしまったせいで 離婚までに到達できず、現在に至るのだ。 結局、長話になっちゃったけど、 そんなことがあっての嫁だったりするし、 嫁としての技量も可愛さもハナから全く無かったから その扱いも頭にくれば手荒になるのも分からないではないけど 基本ナンでもワンマンな姑は自分の思い通りでないと気に入らない。 台所の片付けが言った通りにやれていないからと言って 手元にあったフライパンで頭を叩かれた。 スリコギもあったナ。 自分の一人息子にだって武器を使ったお仕置きなんてしたことなかったくせに。 そんな姑も12年前の7月の今日、 友人の運転する車で交通事故に遭遇し亡くなった。 姑や父は親に叩かれた事あったのかな、 なんて思ったりもするのである.

次の

「親父にもぶたれたことないのに!」ガンダム芸人・若井おさむさんは家族に虐待されていた

親父にもぶたれたことないのに

若井おさむ プロフィール 氏名:若井おさむ 生年月日:1973年1月9日 出身地:京都府京都市 所属事務所:吉本興業 デビュー:2003年 同期:しずる、ジャルジャル、オリエンタルラジオ、ハリセンボン など 持ちネタ:親父にもぶたれたことないのに など 若井おさむ どんな芸人? 20代前半の頃、東南アジアを放浪の旅をしたのち、日本に帰国し、お笑いの道を志しNSCへ入学します。 NSC卒業後そのまま吉本興業所属となり芸人デビュー。 『機動戦士ガンダム』の主人公アムロ・レイのモノマネのネタを中心に人気がでてきて、多くのバラエティ番組に出演するようになります。 今でも、アムロレイを中心に、アムロの声を担当している声優古谷徹さんが演じる他のキャラクター、星飛雄馬や聖闘士星矢などのモノマネを得意として活躍中です。 ブレイクのきっかけ ブレイクのきっかけになったのは、テレビ朝日の「笑いの金メダル」内のコーナー「勝ち抜きワンミニッツショー! 同コーナーで初の5週勝ち抜き芸人となり注目を浴び始めます。 その際に、5週勝ち抜きのご褒美としてアムロの声を担当している古谷徹さんとの対面を果たすサプライズ演出もありました。 親父にもぶたれたことないのに ギャグ評価は? 良い評価 若井おさむ、そんな過去があったとは思えないくらいアムロしてるときはキラキラしてるよ。 DB芸人みたいにガンダム芸人増えればたくさん見れるのになぁ。 ガンダムネタ好きだからまだまだアムロ・レイやってほしいな。 最近みないな若井おさむ…結構好きなんだけど 悪い評価 こいつ再現ドラマの吹き替えとかでも自分のネタ連発するから嫌い若井おさむ露出激減したワケ、吉本興業がアニメキャラNGと指導していた。 アニメの、バカのように大袈裟な抑揚をつける声優の演技があるよね。 俺はあれが嫌い。 なぜ突然そう書いたかと言えば、カフェの店員がキッチリその方法で話しているからだ。 若井おさむさんかと思った。 若井おさむさん本人は全く共感できなかった「親父にもぶたれたことないのに」 今や代名詞的ギャグになっている「親父にもぶたれたことないのに」ですが、若井おさむさん自身は幼少期から親父と兄に虐待を受けていて自殺を考えていたこともあるのだとか。 それで東南アジアを放浪していたのですが、ダウンタウン松本人志さんがドラマをやっていると風の噂で聞いて、松本さんがドラマをやるわけがないと日本に戻って、ドラマ(伝説の教師)を見たところ、自殺を止める回で自身も考え直して、お笑いの道を目指すようになったということ、 松本さんはもう人生の師匠どころか神様みたいな存在なのでしょうね。 ガンダムは世代を超えて愛されているので、営業などでは今でも大うけでしょうから、この「親父にもぶたれたことないのに」ギャグで一生食っていけそうですね。

次の

親父にもぶたれたことないですか?

親父にもぶたれたことないのに

概要を書いて何故悪いか!? 『』第9話「翔べ! ガンダム」内でのの台詞。 セリフが使われた経緯 元々は民間人であるにも関わらず、なし崩しにガンダムのパイロットになったアムロは、サイド7から大気圏までの死闘を果敢に戦い抜いてきた。 しかし一向にジオンからの追撃は止まず、に保護している他の民間人からの苦情を受ける身となっていた。 士官候補生の身で艦長代理に任命されたもまた、経験の浅さ故に民間人協力者に過ぎないアムロを気づかう余裕がなく、軍人として高圧的に振舞ったことでアムロの精神は疲弊し続け、敵襲の最中にアムロはボイコットを起こしてしまう。 「なぜ自分の任務を果たそうとしない」と詰め寄るよるブライトだが、軍人ではないアムロに軍規を押し付けても効果はなく、逆に 「ブライトさんはなんで戦っているんです?」「そんなにガンダムを動かしたいんならあなた自身がやればいい」とある種の正論を返され 「出来ればやっている」と逆上。 口答えが止まらないアムロに対して、とうとうをかました。 頬を張られたアムロは 「殴ったね…! 」と恨めしそうな目つきで返し、ブライトは何故か仰々しく両腕を広げて背後の空いているドアの方を振り向きながら 「殴って何故悪いか」と言いふらすように叱咤した。 戦わないと死ぬかもしれないという状況の中で、やむなく回ってきたパイロットという激務を受け入れられないアムロは更に口答えしてしまう。 怒ったブライトはもう一発殴るが、ここでアムロが言ったのが 「ぶったね…」 「二度もぶった…!! 」 「ぶたれたことないのに!!! 」 の「ぶった」三段活用であった。 これに対してのブライトからの返答は 「それが甘ったれなんだ。 殴られもせずに一人前になった奴がどこにいるものか! 」という買い言葉であるが、アムロのは「甘ったれ」で言い表せるものではない。 当然ながら激怒したアムロは 「もうやらないからな!誰が二度とガンダムなんかに乗ってやるもんかよ!! 」と戦闘を拒否するが、ブライトは 「今のままだったら貴様は虫けらだ。 俺はそれだけの才能があればシャアを超えられる奴だと思っていたが、残念だよ」と、アムロに対する期待を露呈しながら部屋を出て行く。 ブライトの思わぬ発言を受けて素に返るアムロだったが、更に幼馴染のが(アムロが乗らないなら)自分がガンダムに乗るとまで言い出した。 「自分のやった事にうぬぼれられない人なんて嫌いよ。 今日までホワイトベースを守ってきたのは誰でもない俺だって言えないアムロなんて男じゃない」と叱責を受け 「悔しいけど、僕は男なんだな…」と意を決してとの戦いに向かうこととなる。 余談を語って何が悪いか このシーンは「」全編を通しても 「」や 「」に並んで有名なシーンである。 ちょうど家庭や学校内で子供への体罰教育を廃止しようという試みがなされていた時代背景もあり、作品内の名言というよりは社会的な方向で話題となった。 CMなどにも起用され、後発の作品などでパロディされることも多い台詞。 事実、『』のCMではこのパロディーがなされている。 ただし余りにもパロられ過ぎたせいか「この台詞は知ってるけど出所がガンダムとは知らない、もしくは後から知った」という人も珍しくない。 そして、「親父にも 殴られたことないのに! 」とか「親父にもぶたれたこと なかったのに! 」などと間違って覚えている人も結構多い。 『』でにが2回殴られた際にも 「二度もぶった! 」と言っているが、残念ながらマネキン大佐はだったためコーラサワーが次にいった台詞は「はっ…いい女じゃないか」であった。 『』では、を掛けられたがこのシーンのセリフを言っている。 関連項目を示して何が悪いか …シリーズ初期の頃は何故かアムロ撃墜時のセリフに宛がわれていた。 …結局、生涯アムロを殴ることはなかった親父。 、…アムロと同じ声の、に恵まれない人達。 …の登場人物で、この台詞のパロディを口にした。 彼がに殴られなかった理由はアムロとは根本的に異なるが、子供と真っ直ぐ向き合わなかったいう意味では似通っているとみなすことも出来る。 …ブライトの息子。 「一人前になった」息子と自身のなど、当時のブライトは知る由もなかった… 関連記事 親記事.

次の