ゲーム 履歴書。 【ゲーム業界の志望動機の書き方】採用担当者も納得の例文と解説

【例文あり】履歴書の趣味にカラオケ、ゲーム、アニメはOK?ない時は?

ゲーム 履歴書

ゲーム業界の志望動機は簡単なようで難しい 最近の就活生の間で、人気が高い業界のひとつがゲーム業界です。 スマホなどを使って多くの人がゲームに触れて親しんでいることや、大企業も多くなってきたこともあって、一昔前と比べるとゲーム業界は就職先としても良い印象を持つ人が増えています。 最近の若い人は好きなことを仕事にしたいという傾向が強いこともあり、ゲーム業界への就職を希望する人は後を絶ちません。 しかし、実際には非常に狭き門であり、就職できても成功できるかは未知数です。 履歴書などに書くゲーム業界への志望動機は簡単そうですが、実は内定を取れるレベルになると相当難しいと言わざるを得ません。 どのような志望動機を作れば良いのか考えてみましょう。 ゲーム業界の志望動機は何故ふわっとした内容が多いと言われるのか ゲーム業界の志望動機では、「ふわっとした内容が多い」とよく言われます。 これは、「ゲームが好きだから仕事にしたい」という志望動機や、「ゲーム業界ならどこでもいい」という考えで就職活動に臨んでいる人が多いからだと考えられます。 もちろん、こういった志望動機の全てが悪いのではありませんが、企業側としてはしっかりと企業のことを調べた上で入社を希望しているのか疑わしいものが多いと感じています。 どんな企業に対しても言えるような一般的な内容や、ゲームが好きだという自分の事情ばかりを話して企業に関する話が一言もないような内容の志望動機が多いので、地に足のついていない「ふわっとした」印象を与えてしまうのです。 そのような志望動機だと、競争倍率の高いゲーム業界では内定を勝ち取ることは難しいでしょう。 地に足のついたゲーム業界の志望動機を作成するためには、企業研究をしっかり行うことが求められます。 ゲーム業界の志望動機で考えなければならない4つのポイント ゲーム業界の志望動機ではどんなことを考えて書けば良いのでしょうか。 ここで、ゲーム業界の志望動機で、考えなければならないポイントを確認しましょう。 1.なぜゲーム業界で働こうと思ったのかを明確にする ゲーム業界の志望動機を考える場合、ゲームを趣味や娯楽としてではなく、どうして仕事にしたいのかについて必ず言葉にしましょう。 「ゲームが好きだから」「どんな仕事でもゲームに関わりたい」だけでは説得力がありません。 2.ゲーム業界の志望動機は「ゲーム好き」をメインにすべきではない ゲーム業界は、特に若い人にとっては親しみのある業界であり、「ゲームが好き」ということで就職を希望する人が多いのが特徴です。 しかし、現場の人に言わせると「ゲームが好き」なのは当たり前で、仕事でゲームを扱うことは全くの別物であると言います。 そのため、志望動機を考える上では、ゲームが好きは志望動機のメインにするべきではありません。 また、ゲームが好きだとしても、それはどのようなゲームなのか、また企業に関係のある内容なのか、そういった点も考える必要があります。 ゲームが好きなことは良いのですが、それは企業が応募者を採用する理由にはならないのです。 企業が採用するためには、どういう情報を提供したらいいのかを考えてみる必要があります。 3.ゲーム業界内でなぜその企業を選んだのかを明確にする ゲーム業界には数多くの企業があり、互いにしのぎを削っています。 それは別のいい方をすると、どのゲーム会社も同じではないということです。 自社の特徴に磨きをかけ、他の企業との差別化をはかっていますから、その中で一つの企業を選ぶなら、当然その特徴について知っておかなければなりません。 志望動機では企業の特徴と自分との関わりを考えて、入社を希望する理由を語る必要があります。 ゲーム業界の志望動機の例文1 私は子供の頃から、ゲームではあまり遊んだことがありません。 親がゲームに反対する人で、自分もゲームについてはあまり良い印象はありませんでした。 しかし、高校生くらいになって、最近のゲームはただのエンターテーメントではなく、様々な教育や体験を目的としたものが増えていることを知りました。 私もパソコンのタイピングやプログラミングなどを、ゲームを通して学ぶようになり、ゲームに対する偏見が修正できました。 私は室内にこもってゲームをするのはあまり良いとは思いませんが、ゲーミフィケーションによる教育や、様々な体験や娯楽を提供できる可能性に魅力を感じています。 貴社の製品は特に知識が学べる専門的な作品が多く、学びながらも職業体験や学習ができる特徴をもっていて、「ゲーム業界ならここしかない」と思いました。 私はゲームを通して、現実の生活が豊かになるお手伝いをしたいです。 ゲームの営業や企画を通し、貴社と共に新しい価値を提供していけたらと思います。 この志望動機例文は、内容は良いのですが、志望動機を問われていますので、最初に答えるべきことはゲームへの印象ではなく志望動機です。 最後にある「ゲームを通して、現実の生活が豊かになるお手伝いをしたい」を冒頭にもってきた方が良いでしょう。 また、全体的に「ゲームが本当に好きなのかわからない」という点が見られるので、できるだけネガティブな情報は伏せておいた方が良いでしょう。 志望動機としては良くとも、実際の仕事の段階では製作に携わっている人たちとの衝突が無いかを企業側に心配される可能性があります。 ゲーム業界を選んだ理由や、企業の特徴と自分との関連付けはよくできていますので、志望動機を書く目的や志望動機らしい書き方などに注意しながら修正すると、より魅力的な志望動機になります。 ゲーム業界の志望動機の例文2 ゲーム業界の志望動機の例文2 私が貴社を志望する理由は、ゲーム開発の全てを自社でできるからです。 私は昔から大のゲーム好きで、中学の頃から自作のゲーム作りに励んでいました。 そして、良いゲームを作るためには、シナリオライターやプログラマー、グラフィックデザイナー、作曲家など、様々な要素が必要で、そしてそれを総合的に考えることができる演出力が必要だと感じました。 演出を学ぶために、大学在学中は演劇サークルに入り、様々な演劇を見たり行ったりし、脚本や演出も担当しました。 貴社の作品は非常に演出にこだわりがあり、感情移入がスムーズにできると感じています。 私は貴社がそのような演出力を持つのは、ゲーム開発の要素を全て内製しているからだと思います。 私はゲームデザイナーを志望していますが、演出面に磨きをかけ、他社では真似のできないゲームを作っていきたいと考えています。 この志望動機の例文では、自分の経験から企業の長所をとりあげて、自分と関連づけています。 ゲーム開発を実際にしてきたというアピールは、比較的即戦力も期待されるゲーム業界ではとても有効ですので、もしも入れられるようなら積極的に使っていきましょう。 この例文での修正点としては、ゲーム業界を選んだ理由らしきものが「ゲームが好き」くらいしか見つけられないことです。 「演出をしたいならゲームじゃなくても良いのではないか」と思われることもあり得ます。 また、注意しなくてはならないのは、「貴社がそのような演出力を持つのは、ゲーム開発の要素を全て内製しているからだと思います」という内容です。 Webサイトなどのインタビューで企業の代表者がそのように話しているなら良いのですが、自分のイメージである場合、違っていたらそれだけで評価を落としてしまいます。 「地に足がついた内容」と、「ふわっとした内容」を分けるのは、事実に基づいた内容なのかということです。 イメージばかりで事実と違う内容を主張すると、どんなに聞こえは良くとも企業には良い評価をもらえないので注意してください。 ゲーム業界の志望動機の例文3 ゲーム業界の志望動機の例文3 私が貴社を志望したのは、最新技術を積極的に導入している国内有数の企業だからです。 近年のゲームは、VGやVRなどの映像技術や音声処理技術、またプログラムの高速化やクラウド対応、ネットワーク対応、セキュリティなど様々な技術を必要とする先端技術の集積体だと言っても過言ではありません。 私は大学でVRについて学びましたが、その技術を磨きあげ、さらに社会に役立てる上で、ゲーム業界に大きな可能性があると感じましたし、中でも貴社は最新技術の活用に貪欲で、さらにゲームを出発点に、様々なサービスを提供している企業であることに魅力を感じました。 私は貴社のゲームや様々なサービス提供の際の、VRを始めとする映像技術に携わって、より臨場感のある映像をプレイヤーや顧客に提供していきたいと考えています。 貴社が世界一の映像技術をもった企業になれるように、私も世界一の技術者を目指して頑張りたいと思います。 よろしくお願いします。 この例文では、ゲーム技術に焦点があたっており、特に企業に最新技術を求めるという姿勢がハッキリしていることが特徴です。 最近の商用ゲームは、最新技術のオンパレードと言っても良いほどに様々な技術が使われています。 ゲーム業界が一般的なIT企業や機械メーカーに先んじている部分もあり、それだけ高い技術力を持っていることを評価されるなら、企業にとっても誇らしく嬉しいことでしょう。 さらに、応募者自身の技術面での強みにも触れ、入社後のビジョンとしても技術者として自分を高めて企業に貢献することを明言しており、首尾一貫したわかりやすい志望動機となっています。 ゲーム業界ではゲームそのものや自身のゲーム体験に焦点が当たることが多いですが、だからこそ技術面などに注目してみると、他の応募者とは一線を画す、特徴的な志望動機になって企業の印象に残りやすくなります。 ゲーム業界の志望動機の説得力を高めるためにやっておくと良いこと ゲーム業界の志望動機の説得力を高めるために、事前に行っておくと良いことを紹介します。 ここに挙げたことを実践し、魅力的な志望動機作りに役立てましょう。 業界研究や企業研究を詳細に行う 業界研究や企業研究を詳細に行っておくと、それだけ実際の仕事や会社の状況についてイメージがしやすくなりますので、リアリティのある志望動機を作成しやすくなります。 企業のWebサイトはもちろん、採用のためのページや上場している大手ならIR情報などにも有用な情報がたくさんあります。 また、リリースしている実際の作品を実際に調べてみて、どのようなゲームが多いのか、どのようにマネタイズしているのかなど考えてみるのも良いでしょう。 インターンシップに参加する ゲーム業界では、インターンシップ制度を導入している会社も少なくありません。 インターンシップを通して実際のゲーム業界の仕事を体験し、ゲーム製作や販売の裏側を知ることができます。 「ふわっとした」志望動機ではなく、地に足のついた志望動機を作りたいなら、時間のある時にインターンを探し、応募してみると良いでしょう。 ゲーム業界は楽しいだけでなく、納期を守るために非常にハードなスケジュールで仕事を行うことも少なくない業界です。 実際の職場を体験できる経験は、自分のイメージだけで志望することによるミスマッチを減らす点でも重要です。 実際にゲームの製作に関わってみる 最近はゲーム製作用のソフトや無料ツール、教本が充実していますので、実際に自分でゲームを作ってみることも以前と比べると簡単になっています。 実際にゲームを製作してみると、どのような仕事が必要で、どういった点に注意が必要なのか、また一人だけで作れるものは少ないなど、具体的な状況や必要とされる能力なども見えてきます。 ゲーム業界は未経験の人でも働ける? ゲーム業界を志望する人は、実際にゲームの製作に携わった人や、数々のゲームをプレイしてきたという人が多いものです。 そのため、新卒でも転職者でも、ゲームの製作について未経験者や志望企業のゲームをしたことがないという人は尻込みしてしまうかもしれません。 ですが、基本的にゲーム業界で働くのが未経験だとしても、職種に必要な能力があれば採用される可能性はあります。 営業や企画の仕事なら、プログラミングのスキルが必要ということはありません。 また、志望した企業のゲームをしたことがないとしても、企業の特徴や風土、ゲーム業界について正しい理解のもとで企業を選択しており、志望動機がしっかりしていれば問題はありません。 ゲーム好き、メーカー好きなど熱意のある人が多い業界で、未経験者はつい尻込みしたくなりますが、ゲーム業界も一般的な企業と採用についての考え方は変わりませんので、自己分析や企業分析をしっかり行って志望動機を作成しましょう。 ゲーム業界の志望動機は企業の事業内容と結びつけて具体的に書こう 「ふわっとした」志望動機が多いと言われるゲーム業界ですが、自分のイメージばかりで企業そのものに関心が低いため、内容の薄い志望動機になっているケースが多く見られます。 「地に足のついた」志望動機を作成するためには、ゲーム業界やゲーム作品に対する自分のイメージだけでなく「事実を元にした具体性」が大切です。 しっかり業界研究や企業研究を行い、確かな事実に基づいて、その企業の事業内容と自分の考えや経験をうまく結びつけながら、志望動機を組み立てていきましょう。

次の

履歴書の趣味欄に「アニメ・ゲーム」と記載する場合の注意点~採用担当者が抱く印象とは~

ゲーム 履歴書

「学生時代遊んでばかりで趣味欄にアニメ・ゲームとしか書けない」 「履歴書の趣味欄にアニメ・ゲームって書くとオタクって思わますか?」 「面接で趣味をアニメ・ゲームと言ったらどうなるのか?」 就活生の中には学生時代に遊んでばかり、趣味欄に書ける内容が「アニメ・ゲーム」くらいしか思いつかない人もいると思います。 もし本当に趣味欄に「アニメ・ゲーム」と書いたらどうなるのか?大抵は面接官から「オタクなのでは?」「なぜにアニメ・ゲームをアピールする?」など悪い評価へと繋がったり、または何も指摘させずスルーされて事なきに終える場合もあります。 このような事に対し、就活生の中には「アニメ・ゲームと書いても問題が無かった。 」とか「どんな趣味かよりも、趣味でどんな事をしたか?その内容が重要」など、アニメやゲームと書いて合否が決まるわけではないという発言も見られます。 これに対し就活生の中には、 「アニメ・ゲーム」を趣味欄に書いても、大手から内定を取る方法なんて無いのか?と、そういう風に考える人がいます。 ここでは実際に趣味欄に「アニメ・ゲーム」と書いて内定を取る事に成功した就活生の視点で、 就活で「アニメ・ゲーム」をアピールする場合、どのように立ち回れば良いのか?その辺について説明したいと思います。 趣味欄に「アニメ・ゲーム」ではなく、「読書・テレビ鑑賞」と書くとどうなるのか? 「アニメやゲームをカッコよく言える方法はないか?」 俺が就活をしている時、ついそう考えてしまう。 というのも俺は学生時代、ずっと遊んでばかりで、趣味欄に書ける内容と言えばアニメかゲームのどちらかしかない状態だ。 無論、アニメやゲームと書けば面接では良い印象を持たれず、それで不採用になってしまう可能性はある。 しかしだからと言ってアニメやゲームの他に何か書く当てがあるのかと言われれば何もない状態である。 こういうジレンマを抱えている為、俺の頭の中では常にもう1人の自分が現れ、下記のような事を呟いていく。 「趣味なんて誰かにアピールするもんじゃないんだから、アニメ・ゲームと堂々と書けば良いじゃないか」 「実際、お前以外の就活生もアニメ・ゲームと書いて、提出するわけだから、そんなに心配したって意味ないって」 「そうお前は悩んでいるけど、じゃあ、他に何か書く当てでもあるの?」 そう。 実際に趣味なんて他人にアピールするモノでもないから、就活で趣味をアピールする事自体が間違っているんだ。 とそういう気持ちになる。 しかし世の中には通過儀礼の如く、おかしいと思っていても何も指摘せずにそのままやり過ごす事も必要な事だってある。 その為、この趣味のアピールについても同様で誰も指摘されず放置されている問題とも言える為、俺一人が異議を唱えたところで意味がないだろう。 と色々とそういう風に考えてしまう為、自分一人だけで考えず、大学の就活指導部の人にお願いしてアドバイスを貰う事にした。 すると就活指導部の担当者から「趣味にアニメとゲームと書くのは印象に悪い」とそう言われた。 指導部の話では「そんな事を書くくらいなら、読書やテレビ鑑賞と書いた方が良い」と言われ、確かにアニメやゲームなど子供じみた趣味を書くよりも大人びた書き方で書いた方がある意味良いのだろう。 とその時はそう思い、それを参考に履歴書とESを書いて提出してしまったのだ。 しかしいざ就活をしてみると、そんなのはつけ刃だったと思わせる。 何故ならどの面接においても趣味についての質問は「どんなテレビを見ているの?」「最近読んだ本は何?」と聞かれ、もうこの時点で趣味がアニメかゲームかとばれてしまう。 それ故、「なに見栄えの良い書き方をして誤魔化しているんだ」とそういう雰囲気を作ってしまい、正直、就活指導部の言い分など当てにならないと思った。 それ故、もし趣味欄に「読書・テレビ鑑賞」と書く場合、社会的に響きのよい本やテレビを見て、その場しのぎするか、アニメやゲームの有用性をアピールして面接官の印象を変えさせる。 この2つのウチのどれかを選択するしかないと思った。 それ故、本来なら前者の事前に話題性の高い本やドキュメント番組などを見て、面接で話せるだけのネタを揃えるだろうが、俺はあえてアニメやゲームの有用性をアピールして内定を取る方法を選んだ。 趣味欄に「アニメ・ゲーム」と書いた場合の面接官の反応 自慢になるかどうかは分からないが、恐らく俺はこの就活において、趣味欄に「アニメ・ゲーム」と書いて一番面接に臨んだ就活生だと思っている。 というのも俺が何度も面接を経験していく内に、この手の趣味を書くと面接官がどう反応するのかを分かるようになってきて、大まかだが、大きく分けて3タイプの反応がある。 1つは「最近どんなアニメやゲームが人気なのか?」と個人的な関心で聞くタイプ。 2つ目は「仕事に支障をきたさないか?」と心配するタイプ。 そして最後は「アニメ?ゲーム?」とアニメやゲームに対し良い印象を抱かないタイプ。 の3種類である。 個人的に1番目の個人的な関心を持つタイプや2つ目の仕事に支障をきたさないかを心配するタイプであれば、十分に内定を取る余地がある。 しかし3番目のアニメやゲームに対しては正直難易度が高すぎて、どちらかといえば、早々に諦め、次の面接に期待するしかない。 というのも彼らのようなタイプは真剣に採用する意欲がない、または面接をただ単に楽しんでいるそういうタイプの人としか思えない。 例えば俺が出会った面接官の例だが、先ず部屋に入ると腕組みして明らかに偉そうな態度で接してくる。 表立ってアニメやゲームについては言わないが当たり障りのない質問を繰り返し、そして最後あたりで「何でアニメやゲームなんて書いたの?」とそういう風に質問してくる。 「アニメやゲームという書き方ではなく、テレビ鑑賞や読書などそういう書き方にすべきという事でしょうか?」と聞くと、「まぁ、そうだよね。 普通、今後の40年の人生が決まるこの場面でアニメやゲームなど幼稚な言葉で臨むなんて普通ありえないよね。 何でこんな書き方をしたの?」と言ってくる。 その理由については先ほど述べたが、そんなつけ刃の書き方をしても面接で詳しく聞かれれば、それがアニメやゲームという話となり話がこじれてしまうリスクがあるからだ。 と言いたいが、そんな事を正直に話しても良い印象を得られるとは思えない。 それ以前に敵意丸出しで臨んでいる以上、何かしら相手の不備を突いてその反応を見てくるに違いないから、良い印象として受け取らない前提で対応するべきだ。 こういうのを恐らくだが圧迫面接だと言うが、圧迫面接とは本来、実際に顧客と取引された際、悪態をつくクライアントに対し、ちゃんと切れずに対処出来るか、そんなクレーム処理への対処能力を見ていると言われている。 もしそれが正しい場合、クレーム処理の対処法、言わば「申し訳ございません。 こちらの不備でございました。 」ちゃんと謝罪の意思を示すか?「申し訳ございません。 ではこういう方法はどうでしょうか?」と、相手を不快にさせた分、その場で第三の提案をして相手を上機嫌にさせる。 そんなやり方が求められる。 ただ無論、俺は後者のような第三の道を見つけられる程の発想力など持っていない為、必然的に前者の謝罪の意志を見せる方法を取る事になる。 しかし圧迫面接の場合、そんな謝罪するだけで評価されるのであれば、誰でも出来るし、他の就活生と違いがなさすぎる。 まぁ、中には謝意だけで相手の心に訴えられる人もいるのだろうが残念ながら俺にはそんな技は持っていない。 故にこういう面接官にあたった場合、どちらの手を選んでも不採用になる確率が高い為、この場合、また繰り返しになるが、縁がなかったとして次の面接ではこういう人に当たらないよう祈るしかない。 ただ転んでもただで起きないのが俺である為、こういう場合、ある1つの事を試す事にしている。 アニメやゲームの価値観を変えさせる1つの話 仮に自分の趣味に偏見を持つ面接官が相手だった場合、その偏見が面接で話しているうちにアニメやゲームに対する印象を変える事が出来るのか?その辺を見るようにしている。 そして俺が実際にやった方法についてだが、先ず相手が差別する理由。 それを先ず認めて話を進める方法を取っていた。 どういう意味かと言うと、その面接官がアニメやゲームに関して何かしらの偏見のある質問をしてきた場合、俺は次の話題を吹っ掛けている。 「何故、石原元都知事は青少年保護条例を改正し、未だ実現に至っていないのかをご存知でしょうか?」 アニメやゲームに対し、偏見な思考を持っている人であれば、「では何故アニメやゲームは取り締まったり、かつ悪い文化が根付いているのか?」とそんな疑問を少なからず心の隅で感じている。 その為、俺は2010年に石原元都知事がアニメやゲームの性的表現を規制する青少年健全育成条例の改正案の話を持ち出し、何故、アニメやゲームを取り締まる事が出来ないのか?その辺の話をして話題を盛り上げようとしている。 何故不健全なアニメやゲームを取り締まる事が出来ないのか?それはマスコミが良く言う「報道の自由」と同じで、人の発言や表現には一定の権利があり、取り締まる事が出来ない法律があるからだ。 また他にも昔からやっていたドラえもんの「しずかちゃんのお風呂はOK」と日本を代表するアニメの場合は取り締まらないなど、線引きがあやふやで取り締まる為のルール作りが難しいのも背景にある。 更にはアニメやゲームというのは単なる遊びだけでなく、商品に付加価値をつけたり、または宣伝に一役を買う存在でもある。 分かりやすい例で言えば、「ザクとうふ」が良い例で、ザクとうふは人気アニメのガンダムのMS「ザク」をモチーフにした豆腐で、それで爆発的な人気商品になり、一時期メディアに取り上げられた事がある。 これで驚くべき事はこの豆腐は今までの豆腐と同じで、ただ色と形を変えただけで人気商品になったという点だ。 今ではズゴックとドムの豆腐も出てシリーズ化にもなっているが、普通の商品を人気商品にさせるアニメによる付加価値の効力を改めて思い知った例でもある。 また別の例ではコンビニなどの広告でアイドル系、または今話題の人気アニメのキャラクターがコンビニの新商品を使ったり、食べたりしてそれで話題性を呼び、販売促進の一役を買っている。 他にも日本の魅力を海外に発信させる方法としてアニメやゲームの発信も一部に盛り込んでおり、日本の政策自体にアニメとゲームが関わっているから、社会的影響力の観点から見てもアニメやゲームを完全に取り締まる事なんて出来ないのが背景にあると説明した。 こういう話題を面接で話すと「それで?」という人もいるが、アニメやゲームに関して批判していても、それを完全に取り除く事が出来ないという事を知ると批判するのもバカらしくなって、次の質問に移る人もいる。 まぁ、何が言いたいかというと、つまり俺の作戦は「最初は相手の話を否定せず、その後、大量の情報を与えて相手を混乱させ、黙らせる作戦」を実施していたという事だ。 アニメやゲームに偏見を持つ相手であれば、自分の頭の中で全てを判断している可能性が高い為、なら始めのうちは相手の意見は否定せず、話していく内に相手のアニメやゲームの価値観を変えていって、そして大量の情報を与えて話を強制終了させるという俺なりの解決策を取っている。 アニメやゲームなど社会的にマイナスイメージが強い趣味に関しては面接で話している間に相手の価値観を変えさせる手法を取らないとプラス評価にならない。 なら如何に面接中に面接官のアニメやゲームの価値観を変えさせるかが内定を取る上での焦点になる為、その辺の知識と言い回しを如何に心得るかが勝敗を分ける鍵となる。 面接官が興味を持ちそうなアニメやゲームの話 と俺なりに効果のありそうな方法を取ってみたが、この手のやり方をしても話は弾んでも内定を取るまでには至らなかったので、結局、この手の面接官にあたった場合、諦めて次の面接で頑張るしかない。 その為、アニメやゲームを趣味にして面接を乗り越える上で、別のタイプ。 「個人的な関心を持つ面接官」と「仕事に支障をきたさないか心配している面接官」のこの2タイプの攻略方法について俺が考えた方法を紹介したい。 先ずアニメやゲームに関し個人的な関心を持っている面接官の場合、俺は「中国のコピー商品は何故蔓延しているのか?」この話をしている。 何故この話かというと、中国のコピー商品については逐一メディアで取り上げており、知名度の高い話題である為、今話題の人気アニメの話をするよりも、そちらの著作権違反の話をアニメを題材にして話した方が受けが良いのではと思い、話している。 実際、「何故、こんな著作権違反が横行しているのか?」と気になっている人が多く、この手の話はどの面接官も興味津々に聞いてくれる。 ちなみに何故中国ではコピーアニメやゲームが横行しているかというと、それは中国のアニメ制作における評価制度が大きく関係している。 中国ではかつて視聴率や収益とかでなく、どのくらいの量のアニメを作ったが評価の基準となっていた。 言わば質より量で評価される制度である為、話の内容よりも話を作る事の方を優先させてしまう状態になっていた。 その為、質の良いアニメを作ると生産に時間がかかり、そしてライバルに負けてしまう為、よその人気アニメを色や形を変えて放送し、それで数と質を稼ごうとする会社が現れたのだ。 その結果、収益はあがり、かつ他のアニメ会社も同じ手法で人気を取ろうとしたわけだから、今のようなコピー商品が蔓延するような状態へと変わっていってしまったのだ。 そして本家のアニメが中国で出回らないのもコピー商品が大きく出回っている原因にもなっている。 中国では「国家転覆にあてはまる内容の外来産アニメの放送を制限する」と日本のアニメの放送に制限をかける政策を取っている。 そして日本のアニメの中には社会問題を提起するような部分が多い為、それが国家転覆にあたり、放送が制限され、本家が偽物より売上が上がらない状態になってしまうという状態になってしまったのだ。 そして本土はコピー商品を取り締まらない為、偽物の不備のクレームが本家に行き届き、本家がそれに対応するという事にもなり、仕事量が増える。 更には偽物は本物より安値で取引される為、高値で販売されている本物の商品の売れ行きを圧迫し、採算が取れず、本家が撤退するという言わば報われない経営を強いる状態になっているのである。 さてここで注意してほしいのは、俺が今話した内容は本当にコピー商品を蔓延させた原因かと言われると証明するモノはない。 しかし面接で盛り上がる内容としては十分である為、俺は真実よりも面接で盛り上がる事の方を優先し、この手の話題を話している。 その為、この手の問題で問題が起きればそれは自己責任になる為、注意してほしい。 そしてもう1つ盛り上がる話として「コンテンツビジネス」に関する内容も話した。 アニメやゲームという響きが悪そうな場合、俺はそれらをコンテンツビジネスと言いかえ、アニメやゲームの悪い印象を極力感じさせないようにした。 言わばニートを自宅警備員と言ったり、シロアリ掃除をハウスクリーニングと言いかえたりするなどネームロンダリングの手法を用いていたのだ。 一番話題性で良かったのは東京オリンピックのエンブレムのパクリ騒動だ。 この事件はアートディレクターがベルギーの劇場ロゴと酷似したオリンピックエンブレムを公表し、パクリ疑惑が浮上した話で、その後、次々とかつてデザインした内容がパクリなのではと疑われ、東京オリンピックのエンブレムが白紙になったという話だ。 これで俺自身が驚いたのはデザインは本来、先ほどの青少年保護条例と同様、取り締まる事が難しいのに、この件に関しては無効扱いにされた事である。 その為、この手の事件はコンテンツビジネスにおいて、改めて著作権の扱いをより深刻に考えないといけないと思わせた事件である。 他にも日本では有名なお菓子「白い恋人」という商品があり、これを吉本興業がパロディとして「面白い恋人」として売り出したところ、こちらも人気商品になった。 しかしその「面白い恋人」が地元の大阪だけでなく、東京にも進出する事にもなり、本家の石屋製菓は「単なるご当地商品であれば許したが、全国規模の商品となると看過出来ない」と、著作権違反として訴訟を起こす事態へとなった。 最終的には吉本興業側が色やフォントなどを変える事で和解で終わったが、日本の場合、本家が訴えればその商品は著作権違反にあたるという申告制による方法を取っている為、少しでも似ている点があれば訴訟に発展するケースに陥る為、商品ロゴや商品名に関しては一定の注意を払わないといけない状態になっている。 そしてこの手の話題は聞いている面接官からすれば他人事ではない。 企業も商品ロゴや商品名などの著作権を有している為、それが原因で販売停止なれば元も子もない。 その為、かつては簡単に出していた商品も他の商品と部分的に絡めば著作権法違反で訴えられる事態になりかねない為、面接官の中にはこの話を聞いて「勉強になった」と言い、高い評価を頂く場合がある。 その為、アニメとゲームを社会時事を交じり合わせて語れるようにする事は面接で一定の評価を貰える可能性があり、1つの打開点になると思われる。 仕事に悪影響を及ぼさない「アニメ・ゲーム」のアピールの仕方 趣味がアニメやゲームになると「この子は仕事に集中して働いてくれるのか?」と遊びに夢中になり仕事に力を入れてくれないと懸念する面接官がいる。 実際テレビでは「犯罪者はアニメ好き」「ゲームに夢中になっていてブレーキが間に合わなかった」など性格的に問題があるような言い回しが良く見られるため、性格面を気にする面接官は一定の割合でいる。 まぁ、上記のような犯罪や事故ではなくても、仕事中に遊んだりしないか、寝不足になって仕事に問題が出ないかなどその辺の常識的な考え方について確認する質問がくるだろう。 その為、こういう面接官にあたった場合、大抵2つの質問がやってくる。 それは 「アニメやゲームの何が面白いの?」 「アニメやゲームの時間は1日どのくらい?」 と俺がどのくらい遊びに夢中になり、そして1日どのくらい遊んでいるか、その熱中度を調べてくるような質問をしてくる。 その為、俺はこの手の質問が来た場合、こう答えている。 先ず「アニメやゲームの何が楽しいのか?」と聞かれた場合、「今の時代、アニメやゲームはタダで出来ます。 ご存知かどうか分かりませんが、今の時代、大学に通うのさえ、約半分の学生が奨学金を借りている時代です。 昔は娯楽と言えば、タバコや酒、そして車などありましたが、どれもお金がかかり、俗に言う若者の酒離れ、車離れという状態になっています。 その為、金のかからない趣味が必然的に人気となり、今のアニメはネットで無料で見られ、かつゲームもアプリをダウンロードすれば誰でも遊べるようになり、大半の学生達が利用するようになります。 個人的な楽しみもありますが、私が学生時代で気づいた事の中に、皆の共通する話題で人気なのが、1位が好みの異性の話、そして2位が他人への愚痴、そして3位がアニメやゲームになっていて、大学で友達と話す為にはアニメやゲームの知識も必要だったので、アニメやゲームも定期的にしてしました。 」と今の学生の生活状況を踏まえながらアニメやゲームの重要性について語ったね。 ここで重要なのは、アニメやゲームを決して、ただの遊びだと思わず、生きていく上で必要な知識だったなどと 趣味に対する価値観を変えさせるのがポイントだ。 恐らく面接官は遊びのつもりでやっていたと思っていたんだろうけど、そういう友達の輪に入る為に必要な処置だったのかと思わせるとアニメやゲームに対する見方も大きく変わる。 実際、今はLINEで少しでも話さないとイジメに合うという問題が露見した為、友達同士の付き合いに問題が生じるとイジメにあったり、または孤立化するという問題がある認識している人が最近増えている。 それ故、その辺のリスクについて説明すれば、アニメやゲームも学生生活を送る上で重要なツールだったと、そういう風に思わせて、面接で有利に進む場合がある。 そしてもう1つ効果的なアピールとして、「オンオフの切り替え方」についても説明出来るようにした方が良い。 この面接官は趣味が原因で仕事に問題が生じないかを心配しているわけだから、その不安を払しょくさせる為に「私自身も学生時代に馬鹿をやってしまったので、それ以来、アニメやゲームに関しては一定の区切りを設けています。 例えば1日に2時間程度で遊びを終わらせたり、また少なからず夜12時以降に遊ぶのはやめるようにしています。 」と言って仕事に差し支えがないような努力をしているアピールしたりしている。 無論、この手のアピールだとマニュアル的過ぎて逆に怪しまれるから、俺がオススメするアピールとしては、「うつ防止に一役買っている」というアピールだ。 最近は仕事が原因でうつ病に追い込まれて自殺という話が多いから、就活生のメンタル面を心配する人達も増えてきている。 その為、俺は「学生時代にこんな辛い事があったのですが」と前置きに言い、「でもアニメやゲームを見ていると、その時の辛さを忘れて、まぁ、頑張ろうと思うようになるのです。 」と、辛い気持ちを乗り越えるツールとしてアニメやゲームは欠かせないと言えば、俺自身に対するアニメやゲームの評価も大きく変わってくる。 言わば、オンオフの切り替えやうつ病防止など、仕事に悪影響を及ぼすどころか、逆に仕事に貢献しているような言い回しが出来れば、面接官の心配も払拭する事に繋がるのではないかと思っている。 それ故、自分の自己PRなどを見て、今のアピール方法に結び付けるような内容が無いかを探して、戦略を練った方が面接を通過する確率は高くなると思う。 趣味欄に「アニメ・ゲーム」と書いた場合の対策のまとめ 俺が趣味欄に「アニメ・ゲーム」と書いて思った事は、この趣味で面接を通過する為にはアニメ・ゲームに対する印象を変えさせる。 そして俺自身のアニメ・ゲームに対する考え方が単なる遊びではない。 とそう思わせる事が焦点になる。 アニメやゲームは本来なら単なる遊びだが、趣味で日頃仕事で感じるストレスを緩和させたり、またアニメやゲームビジネスを志望先の業務に結び付けたりして話を盛り上げさせたりと他の就活生とは違う何かを見せれば、例え趣味がアニメやゲームであっても打開出来る。 後、補足としてだが、趣味欄にアニメ・ゲームと書いた場合のもう1つの問題があり、それは 「アニメとゲームが趣味なら何でアニメ業界やゲーム業界に行こうとしないの?」という趣味で志望先を決めない理由についての質問対策だ。 個人的に趣味と志望先を結び付けるような質問は、「本当に私は御社の業務で働いてみたいと思っています。 」とそんな意欲をアピールする事が一番の解決策だと思っている。 就活生の中にはこの手の質問に対し、「仮にあなたの趣味が酒やタバコだったとして、その手の関連業界に行きたいと思いますか?」とそう言いかえす人がいるけど、それだとケンカ腰になるから別の言い方をしないといけない。 また別の言い訳として「アニメ業界の年収は低く・・・」と志望先の業務内容の問題について指摘する人もいるけど、業務内容の問題で志望先を避ける理由では、「ではこの子はウチで働いた場合、多少の苦労で根をあげて、転職、または鬱で休んでしまったりするのかな?」とそんな警戒心を与えかねない。 その為、この手の質問に対しては「アニメやゲーム業界よりも御社の業界で働きたいです。 」とそんな意欲を示す事が一番安全で効果的な方法だと思っている。 ではどうやって俺はその意欲を示したのかについてだが、それは志望先の業務について正しく説明し、そしてその業務を経てどんな事を成し遂げたいのか?そこまで言えて、始めて面接官が納得いく説明が出来ると思っている。 例えば俺の場合、銀行を志望していた時の話だが、「確かにアニメやゲームは私にとって楽しみの1つでありますが、アニメやゲームを作りたいというより遊びたいという側なので、それらは趣味の範囲内で収めています。 そして御社の銀行というのは融資先に融資をするだけでなく、融資先にアドバイスをして、そして経営に貢献する。 そんな働き方に魅力を感じて、この度、御行を志望しました。 」と趣味は趣味で、そして御行でどんな風に働いて、やりがいを感じたいのか?その辺の内容を練れば、納得いく説明になると思われる。 それ故、趣味による娯楽を面接でアピールする為にはそれなりの知識と、そしてそれなりの言い回しが必要になる為、俺の場合、この手の知識をフル回転させて何とか取り超えたが、この手の知識は確実に面接で評価される方法ではなく、もしかしたら乗り越えられるのでは?という可能性に留まっている為、参考程度に活用して頂きたい。

次の

ポケモン履歴書再配布開始!詳細やテンプレ、使い方を徹底解説!

ゲーム 履歴書

新宿東口・アルタ方面 0• 新宿南口・高島屋方面 0• 新宿三丁目方面 0• 四谷・高田馬場方面 0• 渋谷センター街・公園通り方面 0• 渋谷マークシティ・道玄坂方面 0• 渋谷東口・宮益坂方面 0• 原宿・表参道方面 0• 恵比寿・広尾・代官山方面 0• 笹塚・初台方面 0• 港区 0• 赤坂・六本木方面 0• 西麻布・麻布十番方面 0• 表参道・青山方面 0• 新橋・汐留・浜松町方面 0• お台場方面 0• 田町・白金方面 0• 神田・秋葉原方面 0• 飯田橋・水道橋・九段方面 0• 日比谷・有楽町方面 0• 大手町・丸の内・永田町方面 0• 豊島区 0• 池袋西口・芸術劇場方面 0• 池袋東口・サンシャイン方面 0• 目白・巣鴨方面 0• 銀座方面 0• 日本橋方面 0• 月島・築地方面 0• 文京区 0• 墨田区 0• 江東区 0• 目黒区 0• 大田区 0• 世田谷区 0• 中野区 0• 杉並区 0• 北区 0• 荒川区 0• 板橋区 0• 練馬区 0• 足立区 0• 葛飾区 0• 江戸川区 0• 東京都下(23区以外)すべて 0• 八王子市 0• 立川市 0• 武蔵野市 0• 三鷹市 0• 青梅市 0• 府中市 0• 昭島市 0• 調布市 0• 町田市 0• 小金井市 0• 小平市 0• 日野市 0• 東村山市 0• 国分寺市 0• 国立市 0• 福生市 0• 狛江市 0• 東大和市 0• 清瀬市 0• 東久留米市 0• 武蔵村山市 0• 多摩市 0• 稲城市 0• 羽村市 0• あきる野市 0• 西東京市 0• 西多摩郡 0• 大島町 0• 利島村 0• 新島村 0• 神津島村 0• 三宅島三宅村 0• 御蔵島村 0• 八丈島八丈町 0• 青ヶ島村 0• 小笠原村 0• 横浜駅東口・そごう方面 0• 横浜駅西口・高島屋方面 0• みなとみらい方面 0• 桜木町方面 0• 横浜市鶴見区 0• 横浜市中区 0• 横浜市南区 0• 横浜市保土ケ谷区 0• 横浜市磯子区 0• 横浜市金沢区 0• 横浜市港北区 0• 横浜市戸塚区 0• 横浜市港南区 0• 横浜市旭区 0• 横浜市緑区 0• 横浜市瀬谷区 0• 横浜市栄区 0• 横浜市泉区 0• 横浜市青葉区 0• 横浜市都筑区 0• 川崎市すべて 0• 川崎市川崎区 0• 川崎市幸区 0• 川崎市中原区 0• 川崎市高津区 0• 川崎市多摩区 0• 川崎市宮前区 0• 川崎市麻生区 0• 相模原市すべて 0• 相模原市緑区 0• 相模原市中央区 0• 相模原市南区 0• 横浜市・川崎市・相模原市以外すべて 0• 横須賀市 0• 平塚市 0• 鎌倉市 0• 藤沢市 0• 小田原市 0• 茅ヶ崎市 0• 逗子市 0• 三浦市 0• 秦野市 0• 厚木市 0• 大和市 0• 伊勢原市 0• 海老名市 0• 座間市 0• 南足柄市 0• 綾瀬市 0• 三浦郡 0• 高座郡 0• 中郡 0• 足柄上郡 0• 足柄下郡 0• 愛甲郡 0• 千葉県すべて 0• 千葉市すべて 0• 千葉市中央区 0• 千葉市花見川区 0• 千葉市稲毛区 0• 千葉市若葉区 0• 千葉市緑区 0• 千葉市美浜区 0• 千葉市以外すべて 0• 銚子市 0• 市川市 0• 船橋市 0• 館山市 0• 木更津市 0• 松戸市 0• 野田市 0• 茂原市 0• 成田市 0• 佐倉市 0• 東金市 0• 旭市 0• 習志野市 0• 柏市 0• 勝浦市 0• 市原市 0• 流山市 0• 八千代市 0• 我孫子市 0• 鴨川市 0• 鎌ケ谷市 0• 君津市 0• 富津市 0• 浦安市 0• 四街道市 0• 袖ケ浦市 0• 八街市 0• 印西市 0• 白井市 0• 富里市 0• 南房総市 0• 匝瑳市 0• 香取市 0• 山武市 0• いすみ市 0• 大網白里市 0• 印旛郡 0• 香取郡 0• 山武郡 0• 長生郡 0• 夷隅郡 0• 安房郡 0• さいたま市西区 0• さいたま市北区 0• さいたま市大宮区 0• さいたま市見沼区 0• さいたま市中央区 0• さいたま市桜区 0• さいたま市南区 0• さいたま市緑区 0• さいたま市岩槻区 0• さいたま市以外すべて 0• 川越市 0• 熊谷市 0• 川口市 0• 行田市 0• 秩父市 0• 所沢市 0• 飯能市 0• 加須市 0• 本庄市 0• 東松山市 0• 春日部市 0• 狭山市 0• 羽生市 0• 鴻巣市 0• 深谷市 0• 上尾市 0• 草加市 0• 越谷市 0• 蕨市 0• 戸田市 0• 入間市 0• 朝霞市 0• 志木市 0• 和光市 0• 新座市 0• 桶川市 0• 久喜市 0• 北本市 0• 八潮市 0• 富士見市 0• 三郷市 0• 蓮田市 0• 坂戸市 0• 幸手市 0• 鶴ヶ島市 0• 日高市 0• 吉川市 0• ふじみ野市 0• 白岡市 0• 北足立郡 0• 入間郡 0• 比企郡 0• 秩父郡 0• 児玉郡 0• 大里郡 0• 南埼玉郡 0• 北葛飾郡 0.

次の