声優 移籍。 尾崎由香が響から研音に移籍した理由は何?性格悪い原因や今後の活動を調査!

尾崎由香が響から研音に移籍した理由は何?性格悪い原因や今後の活動を調査!

声優 移籍

吉本興業の「専属エージェント契約」第1号となった、極楽とんぼの加藤浩次(50)。 なかでも現在注目を集めているのが、8月8日に導入が発表され、この10月1日に極楽とんぼの加藤浩次が最初の契約者となったことでも注目を集めた「専属エージェント契約」だ。 今後は、従来の「専属マネジメント契約」と、この「専属エージェント契約」のどちらかを選択することができるようになるという。 これまでの「専属マネジメント契約」とは異なり、「専属エージェント契約」では芸人が自らマネジメントを行い、吉本興業は、芸人に仕事を依頼してくるクライアントとの交渉を担当。 実際に仕事が成立した場合、クライアントは芸人サイドに直接ギャランティを支払い、そこから一定のパーセンテージの額が報酬として吉本興業側にに入るというシステムだ。 この契約形態によって、芸人は吉本興業を通さない仕事をすることも可能となり、また芸人が吉本興業に対して「エージェントとして使えない」などと判断した場合は、別のエージェントに依頼することも可能となる。 つまり芸人は、自分にとってより条件のいいエージェントと契約を結ぶことができるようになるのだ。 一方で7月17日には、公正取引委員会がジャニーズ事務所に対して「注意」をしたことをNHKが報道し、話題となった。 この報道によれば、ジャニーズ事務所は、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の元SMAPの3人を番組に出演させないようにテレビ局に対して圧力をかけた疑いがあるとのことで、公取委が調査に入ったという。 ただしジャニーズ事務所は、その事実を否定している。 また、前所属プロが、自社をトラブル含みで退社したタレントに関し、タレントとしての仕事ができないようテレビ局や出版社に対してなんらかの圧力をかけたりや妨害工作を行ったりすることもあることは、しばしば聞かれる話だ。 一部の報道が事実だとすれば、上記の元SMAPの3人や、2016年6月にレプロエンタテインメントを退社したのん(能年玲奈)の事例などは、その典型例であろう。 そうした慣行がタレントの自由な独立や移籍を難しくしているのだとすれば、商取引としては明らかに問題であり、なればこそそこに公正取引委員会が踏み込んだ、というわけだ。 それは、声優業界だ。 そこで本稿では、そんな声優業界の実情を追いながら、芸能界の行く末を考える糧としていこうと思う。 大物声優が平気で移籍する声優業界 現在の声優業界は、俳協(東京俳優生活協同組合)、青二プロダクション、81プロデュース、大沢事務所、アーツビジョン、アイムエンタープライズといった多数の声優を抱える大手プロダクションを中心に、たくさんの声優事務所がしのぎを削っている。 さらに、三石琴乃や島本須美など、フリーランスで活動する人気声優も少なくない。 ある声優プロの関係者はこう話す。 「声優の移籍は基本、自由ですね。 昨日までAという事務所にいた声優が、次の日からBという事務所の所属になって、そのまま仕事をしているというケースは普通にありますよ。 前所属プロがその声優に対して休業を強制したり、あるいは移籍金のようなものが発生したりすることもない。 ほぼ完全に、声優本人の意向で自由に移籍することができます」 たとえば2019年に入ってからの主な声優の動きを見てみるだけでも…… ・南條愛乃 1月1日付けでoffice EN-JINからN3エンタテインメントに移籍 『ラブライブ! 』絢瀬絵里役など多数 2019年に発表された南條愛乃のシングル「君のとなり わたしの場所」(NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン) ・田中理恵 3月1日付けでリトリートからオフィスアネモネに移籍 『機動戦士ガンダムSEED』ラクス・クライン役や『ローゼンメイデン』水銀燈役など多数 2010年に発表された田中理恵のオリジナルアルバム『ココロ』(ジェネオン・ユニバーサル) ・尾崎由香 6月1日付けで響から研音に移籍 『けものフレンズ』サーバル役など多数 2019年8月に発表された尾崎由香 のフルアルバム『MIXED』(ワーナーミュージック・ジャパン) ・石川由依 5月1日付けで砂岡事務所からmitt managementに移籍 『進撃の巨人』ミカサ・アッカーマン役、『アイカツ!』新条ひなき役など多数 2016年6月に発表された石川由依「ルシフェルの罪と罰」(DK Records) ・高野麻里佳 10月1日付けでマウスプロモーションから青二プロダクションに移籍 『それが声優! 』小花鈴や、同作から派生した声優ユニット「イヤホンズ」などで活躍 2018年7月に発表された写真集『高野麻里佳1st写真集 まりん夏』(秋田書店) ……などなど、実際に多くの人気声優が事務所を移籍しているのだ。 「まったく無関係な事務所に移ったり、系列会社に所属が変わったり、あるいは事務所を退所してフリーになったり、本当にいろいろなケースがあります。 でも、前所属事務所からなんらかの制約がかけられるなんて、まずあり得ないですね」(前出・声優事務所関係者).

次の

不祥事で人気声優が移籍!? アニメ誌が絶対書かない、隠されたオタク業界の”闇”|日刊サイゾー

声優 移籍

一方で、今でもやりたい放題できるのが、男性ワンマン社長が経営する小規模な声優事務所だという。 社長自ら気に入ったタレントに声をかけることもあれば、最近では『社長のお気に入り』になりたいがために、自ら『売り込み』をかけるタレントもいるようですよ。 既成事実さえできれば、ほかの声優とは頭ひとつ抜けて、社長に目をかけてもらいやすくなりますから。 「声優からの誘いに乗る男性は、単純に女遊びが好きな人もいるとは思いますが、自らの権力で『売れっ子にしてやる』という自負心や虚栄心の強いタイプではないでしょうか。 また、まったくの新人より、これから『売れそう』な芽を出し始めている声優のほうが、そういった関係になりやすいというところはありますね」(同) 声優業界の中にもはびこる枕営業。 業界内で最も有名な「伝説」となっているのが、声優事務所Xの社長と、所属声優のZの関係だという。 「ZはXの社長の寵愛を受け、飛ぶ鳥を落とす勢いの人気を博しました。 『Xの社長の女』として知られていたZはとにかく態度が悪く、業界内では悪名高かった。 事務所の経営が傾いたことでZは別の声優事務所に所属し、現在も声優活動を続けていますよ」(同) 現在ではキラキラとした印象の強い声優業界であるが、その裏側では人間の欲が渦巻いているのかもしれない。 17 ID:xTitsaCt. net.

次の

ぷろだくしょんバオバブ (ぷろだくしょんばおばぶ)とは【ピクシブ百科事典】

声優 移籍

(「amazon. jp」より) 少女漫画が原作で2013年に公開された映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(東宝)において、小柄な体でギターを抱えたマッシュルームカットの元気な女子高生を演じた、歌手で女優の大原櫻子が、所属事務所CHERRY. coを9月30日限りで契約満了となる。 それに伴い、公式HPやフェイスブック、ファンクラブなどを閉鎖することが事務所側から伝えられた。 大原は個人のインスタグラムで、引退するわけではないと説明し、今後の報告は所属レコード会社であるJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントの公式HPで行うとファンへ報告した。 一見、5月下旬に明るみになった 広瀬香美の独立問題とも似ているが、大原の場合、事務所も大原自身もファンの動揺を心配しながらも、双方に批判などはなく、穏便な退社であるように見える。 とはいえ、業界関係者の間では「事務所と揉めたのではないか」という見方が広がっている。 大原は中学2年生で芸能界入りしてから藤賀事務所、フジパシフィックミュージックを経て、現在のCHERRY. coへと移籍した。 芸歴10年足らずで3つの事務所を渡り歩き、今回で3度目の移籍、もしくは独立をすることになる。 このような展開から、大原自身に問題があるのではないかという声も聞かれ、さまざまなメディアが事務所とのトラブルをにおわす報道をする原因となっているようだ。 ある大手芸能事務所関係者は、次のように語る。 「あまり頻繁に事務所を移籍している人に対して、業界関係者は良い印象を持ちません。 まず、これまでの移籍理由を確認して、本人の問題性と、今後の活躍の可能性を天秤にかけます。 実際のところ、大原に問題があるのかはわかりませんが、たとえば、非常に傲慢で事務所のマネジメントに批判的であったり、マネージャーへの態度が横柄であったりすれば、大原ほどの人気や知名度があっても、特に大手事務所は願い下げだと思います」 また、大原をデビュー当時から知る別の芸能事務所関係者は、次のように話す。 「 佐藤健主演の映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』で、バンドでボーカル兼ギターのヒロイン役に大抜擢されてブレークしたこともあり、現在はギターの弾き語りをする姿が印象的でミュージシャンのイメージが浸透していますが、彼女は女優デビューのほうが先です。 もともと彼女自身は女優志望だったんです。 しかし、最近は音楽のほうをメインにしたいという希望を持っているようです。 「過去の2度の移籍ですが、揉めたのは彼女自身ではなく父親だといわれています。 彼女の父親は声優で、ナレーターとしても各局で活躍されているAさんです。 そのため、芸能界のこともよく知っています。 そのAさんが、マネジメントの方針からギャラの配分まで細かく口を出してくるので、事務所側は面倒くさくなって手放してきたようです。 つまり、一部で『パフォーマンスのクオリティーへのこだわりが強すぎて、事務所の方針と揉めた』といわれていますが、それはAさん側の言い分ではないでしょうか。 彼女自身、女優としても歌手としてもいいところまでいきますが、それ以上ブレークしない。 もし、伸び悩んでいる原因のひとつがAさんの存在だとすれば、もったいない話です」(芸能記者) 今後の大原の動向から目が離せない。 (文=編集部).

次の