北九州 新型 コロナ ウイルス。 新型コロナウイルス感染症対策ページ

新型コロナ 北九州なぜ感染拡大 無症状の患者存在か 外部からウイルス?(2020年6月24日)|BIGLOBEニュース

北九州 新型 コロナ ウイルス

大分県では4月21日を最後に 66日間感染者ゼロを継続しています。 宮崎県では4月11日を最後に 76日間感染者ゼロを継続しています。 佐賀県では5月16日を最後に 41日間感染者ゼロを継続しています。 長崎県では4月25日の大型クルーズ船「コスタ・アトランチカ」での感染確認を最後に 62日間感染者ゼロを継続しています。 鹿児島県では6月12日を最後に 15日間感染者ゼロを継続しています。 福岡県では6月27日を最後に 1日間感染者ゼロを継続しています。 本日、九州での 感染者はゼロでした。 これで九州7県で新型コロナウイルスの感染者は、 福岡県の846 名【うち福岡市内378名・北九州市内224名・詳細不明が14名】 (うち退院795名 ・ 死者33名)・ 大分県の60名 【うち大分市内36名・竹田市内10名・中津市7名】 (うち退院59名・ 死者1名 )・ 熊本県の49 名 (うち退院45名 ・ 死者3名 )・ 長崎県の17名【うち壱岐市が6名・佐世保市が6名】 (うち退院16名・ 死者1名)と クルーズ船乗組員が合わせて151名・ 宮崎県の17名 (うち退院17名)・ 佐賀県の47名 (うち退院45名)・ 鹿児島県の11名 (うち退院10名)の合計1,045名 (うち死者が37名) その他クルーズ船乗組員151名となりました。 今後も、九州県内での感染者数が分り次第、記事の更新をしていこうと思っています。 9) 九州水道修理サービスでは、3月10日よりすべてのスタッフの毎日の体温測定を開始致します! そして、感染の可能性が少しでも疑わしい場合は2週間の隔離措置も導入することに決定しました。 その為、場合によっては対応スタッフの人数が減ってしまい、対応に遅れをとってしまうケースも出てくるかと思いますが、お客様の安全を最優先に考えた対応をしていきたいとおもっておりますので、何卒ご理解とご協力の程宜しくお願い致します。 ちなみに現時点におきましては、疑わしいスタッフは1名も出ておりませんのでご安心ください。 WHO(世界保健機関)が3月11日に、「新型コロナウイルスはパンデミックと言える」と発表しました! 世界各地で感染が拡大する新型コロナウイルスについて、WHO=世界保健機関のテドロス事務局長は、「新型コロナウイルスはパンデミックと言える」と述べて世界的な大流行になっているとの認識をついに示しました。 今回の新型コロナウイルスについては、 「インフルエンザのように夏場になれば消えるというのは誤った期待だ!」として、各国は自然に終息するのを待つのではなく、今取り得る対策に全力を尽くす必要があると強調しているように、今後も長期戦で流行が続く懸念がされております。 当然作業ともなると、1時間以上その場所に滞在することは多々あります。 これはメディアでも取り上げられている 『濃厚接触』とされる行為にあたる状況です。 出来る限り濃厚接触を避けるように日本政府は呼びかけを行っていますが、もし私たちが業務を停止してしまうと水トラブルの起きているご家庭では、日常生活が困難になってしまう状況が出てきてしまいます。 これから先、まだまだ新型コロナウイルスの終息の目途が立たない中で、九州水道修理サービスではお客様やサービススタッフの命の安全を第一に考えた対応を徹底していきますので、ご理解の程を宜しくお願い致します。 【各支社での防御措置について】 九州水道修理サービスでは、それぞれの支社への入室の際にも 3段階でのアルコール除菌を徹底しています。 まずはアルコールタオルでの消毒を行い、続いて手指のアルコール消毒を行います。 最後に全身にアルコールスプレーを吹きかけて入室するように心掛けています。 そして外で使用したマスクと室内で使用するマスクを分断することによって、 各支社へのウイルスの侵入を防止してスタッフ同士の感染も予防しております! もちろん、 どこまでやれば安全なのか?何が正解なのか?明確なことは何一つ分かっていないのが今の世の中の状況だと思います。 だからこそ、可能な限り出来ることは実践して、 お客様やサービススタッフ達が安全に生活できるように尽力するつもりです。 【最後に】 これは昨日(2020年2月20日)に当社サービススタッフに向けて緊急で配信した動画になるのですが、すべてのサービススタッフが統一して感染防止対策がとれるように指示出しを行ったものになります。 本来であれば非公開にしているものなのですが、今回はお客様にも当社の取り組みを知っていただいて、少しでも安心して頂ければとの思いで公開することを決めました! 私たちと同じような水道業者はたくさんあります。 そして、作業内容的にも当社と同じく濃厚接触となる対応になります。 もちろん私たち九州水道修理サービスを頼ってもらえれば嬉しいのですが、そうでない場合もきっとあると思います。 その時のために、皆様に 今1番重要視して頂きたいことは、この 新型コロナウイルスに対してどれだけしっかりと感染防止対策がとられているか?ということです。 もしこの記事をご覧になられているのであれば、水トラブルの修理のご依頼は当社でなくても構いませんので、ご自身とご家族を守るためにも 修理依頼をする業者様に感染防止対策について、しっかりと確認されてください! 一日でも早い新型コロナウイルスの終息を、私たち九州水道修理サービス一同、心より願っております。

次の

新型コロナウイルス感染症が心配なときは

北九州 新型 コロナ ウイルス

すべての方々へ 国の支援 制度 概要 お問い合わせ先 給付金対象者1人につき10万円を給付 対象: 基準日(4月27日)に住民基本台帳に記載されているもの 受給権者: 給付対象者の属する世帯の世帯主 北九州市特別定額給付金コールセンター 電話:0570-093-234 多言語対応コールセンター 電話: 092-687-7895 9時00分~17時00分 平日のみ 6月は、19時00分まで(月曜日~土曜日) 子育て世帯で家計が大変 国の支援 制度 概要 お問い合わせ先 児童1人当たり1万円を給付 対象: 4月分の児童手当(特例給付を除く)の受給者 「子育て世帯への臨時給付金」窓口 電話:093-582-3121 9時00分~17時00分 平日のみ 1 基本給付 児童扶養手当を受給しているひとり親世帯等の方への給付(1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円) 2 追加給付 新型コロナの影響を受けて家計が急変し、収入が大きく減少している方への給付(1世帯5万円) 「ひとり親世帯臨時給付金」窓口 電話:093-582-3121 9時00分~17時00分(平日のみ) 離職、休業等で住居を失った、失うおそれがある 国の支援 制度 概要 お問い合わせ先 家主に対し、家賃実費支給(上限額あり) 上限額:• 身世帯 29,000円• 2人世帯 35,000円• 3人から5人世帯 38,000円 対象: 離職・廃業から2年以内または休業等により収入が減少し、離職等と同程度の状況にある方 支給期間: 原則3カ月(最長9カ月) 各区役所保健福祉課 8時30分~17時00分(平日のみ)• 門司区 093-331-1887• 小倉北区 093-582-3478• 小倉南区 093-951-1025• 若松区 093-761-3078• 八幡東区 093-671-3022• 八幡西区 093-642-1334• 戸畑区 093-871-0855 失業・収入減で大学等の授業料が支払えない 国の支援 制度 概要 お問い合わせ先 授業料・入学金の免除、減額+給付型奨学金の支給 対象: 住民税非課税世帯・準ずる世帯の学生 日本学生支援機構 奨学金相談センター 電話:0570-666-301 9時00分~20時00分 (土曜日・日曜日・祝祭日、年末年始を除く) 療養のため仕事を休み、給与等がもらえない 国の支援 制度 概要 お問い合わせ先 対象:以下を満たす方• 給与等の支払いを受けている国民健康保険の加入者• 新型コロナウイルスに感染又は感染が疑われることにより仕事を休み、給与等の支払いが受けられない場合 各区役所国保年金課 8時30分~17時00分(平日のみ) 注)木曜日のみ19時00分まで• 門司区 093-331-1832• 小倉北区 093-582-3400• 小倉南区 093-951-4119• 若松区 093-761-5951• 八幡東区 093-671-2859• 八幡西区 093-642-1332• 戸畑区 093-881-2391 (1)猶予(支払延長) 収入が減って家賃が支払えない 市の支援制度 制度 概要 お問い合わせ先 徴収猶予期間: 入居者の状況に応じて決定 減免額: 家賃の「4分の1」から「4分の3」までの範囲で収入に応じて決定。 (Aランク家賃の方のみが対象) 各区役所 市営住宅・市公社住宅相談コーナー 8時30分~17時00分(平日のみ) 注)木曜日のみ19時00分まで• 門司区 093-331-1881(内線671)• 小倉北区 093-582-3488• 小倉南区 093-951-4111(内線671)• 若松区 093-761-5321(内線671)• 八幡東区 093-671-0801(内線671)• 八幡西区 093-642-1441(内線671)• 戸畑区 093-871-1501(内線671) 要件: 解雇などにより住居を失った方。 期間:原則1年 家賃: 市営住宅 当該住宅の最低家賃(10,000円から25,000円程度) 等 市税が払えない 国の支援制度 制度 概要 お問い合わせ先 申請により、1年以内の期間に限り徴収の猶予・換価の猶予 8時30分~17時00分(平日のみ) 注)木曜日のみ19時00分まで (門司区、小倉北区、小倉南区) 財政局東部市税事務所納税課 電話093-582-3375 (若松区、八幡東区、八幡西区、戸畑区) 財政局西部市税事務所納税課 電話:093-642-1469 国民健康保険料が支払えない 国の支援制度 制度 概要 お問い合わせ先• 申請により、1年以内の期間に限り徴収の猶予• 申請により減免 各区役所国保年金課 8時30分~17時00分(平日のみ) 注)木曜日のみ19時00分まで• 門司区 093-331-1832• 小倉北区 093-582-3402• 小倉南区 093-951-4118• 若松区 093-761-5951• 八幡東区 093-671-2859• 八幡西区 093-642-1331• 戸畑区 093-881-2391 収入が減って国民年金保険料が支払えない 国の支援制度 制度 概要 お問い合わせ先 申請により、令和2年2月分から令和2年6月分までの免除・納付猶予 学生納付特例については、令和2年2月分から令和3年3月分まで 各区役所国保年金課 8時30分~17時00分(平日のみ) 注)木曜日のみ19時00分まで• 門司区 093-331-0522• 小倉北区 093-582-3404• 小倉南区 093-951-4117• 若松区 093-761-2961• 八幡東区 093-671-0802• 八幡西区 093-642-1330• 戸畑区 093-881-0622 介護保険料が支払えない 国の支援制度 制度 概要 お問い合わせ先• 申請により、1年以内の期間に限り徴収の猶予• 申請により、保険料の減免 各区役所保健福祉課 8時30分~17時00分(平日のみ) 注)木曜日のみ19時00分まで• 門司区 093-331-1894• 小倉北区 093-582-3433• 小倉南区 093-951-4127• 若松区 093-761-4046• 八幡東区 093-671-6885• 八幡西区 093-642-1446• 小倉相談窓口 093-551-3619• 戸畑相談窓口 093-873-1433• 黒崎相談窓口 093-642-2861 【申請窓口】 福岡助成金センター 電話:092-411-4701 北九州雇用調整助成金臨時窓口 電話:093-616-0860 ハローワーク小倉 電話:093-941-8609 従業員に(フリーランスで)子どもがいる 国の支援制度 制度 概要 お問い合わせ先 小学校等が臨時休業した場合等に、有給の休暇を取得させた企業に対し助成 対象期間: 2月27日から9月30日 上限: 1日15,000円(フリーランスは1日7,500円(定額)) 学校等休業助成金・支援金等相談コールセンター 電話:0120-60-3999 9時00分~21時00分 土曜日・日曜日・祝祭日含む デリバリー・テイクアウト、テレワークに取り組みたい 県の支援制度 制度 概要 お問い合わせ先 中小企業の経営革新等支援 デリバリー・テイクアウトの取組支援(補助率4分の3、上限50万円) 福岡県商工部新事業支援課 電話:092-643-3449 テレワーク導入支援(国の「IT導入補助金」に上乗せ) 福岡県商工部中小企業振興課 電話:092-643-3425 休業要請を受け、施設等を休業した 市の支援制度 制度 概要 お問い合わせ先 補助率5分の4、補助上限額40万円 北九州市休業要請等賃借料緊急支援金事務局コールセンター 電話:0120-330-562 9時00分~17時00分 (土曜日・日曜日・祝祭日含む) 市による宿泊事業者への支援 市の支援制度 制度 概要 お問い合わせ先 1人1泊あたり1,000円から3,000円の割引販売を条件に市が部屋を買い上げ 産業経済局観光課 電話:093-551-8150 8時30分~17時15分(平日のみ) 宿泊施設を活用したテレワーク支援 補助率2分の1、1人1日利用あたり3,000円 産業経済局観光課 電話:093-551-8150 8時30分~17時15分(平日のみ) 市による民間文化施設等事業者への支援 市の支援制度 制度 概要 お問い合わせ先 民間文化施設等事業者への支援 無観客での映像配信設備や感染防止対策費用として50万円を上限に補助 民間文化施設事業者助成金特設窓口 電話:080-3906-2023 または 090-8409-2024 9時00分~17時00分(平日のみ) 感染防止対策に対応した中小企業・個人事業主への支援 市の支援制度 制度 概要 お問い合わせ先 来客型の店舗を有する市内の中小企業者・個人事業主等のうち、感染防止の取り組みを行った方に経費の一部を助成 助成額20万円(自己負担5万円) 新しい生活様式の店舗助成事業コールセンター 電話:0120-253-375 9時00分~17時00分 土曜日・日曜日・祝祭日含む 市によるアーティスト等への支援 市の支援制度 制度 概要 お問い合わせ先 受付を終了しました 市内のアーティスト、クリエイター、スタッフ等が自ら製作する作品に対して支援1人につき5万円(1作品あたり上限50万円) アートでつなぐ未来プロジェクト事務局 電話:093-631-5700 10時00分~17時00分(平日のみ) 資金繰りのため融資を受けたい 県・市の支援制度 制度 概要 お問い合わせ先 県の制度融資における保証料全額補てんに加え、無利子・無担保の特別融資を実施 新型コロナウイルス事業者向け相談窓口• 小倉相談窓口 093-551-3619• 戸畑相談窓口 093-873-1433• 小倉税務署 093-583-1331• 門司税務署 093-321-5831• 八幡税務署 093-671-6531• 若松税務署 093-761-2536 社会保険料が支払えない 国の支援制度 制度 概要 お問い合わせ先 健康保険料や厚生年金保険料の猶予 事業の休止や著しい損失があった場合に納付が猶予 健康保険協会または組合・日本年金機構 8時30分~17時15分(平日のみ)• 小倉南年金事務所 093-471-8873• 小倉北年金事務所 093-583-8340• 八幡年金事務所 093-631-7962 港湾施設使用料等が支払えない 国の支援制度 制度 概要 お問い合わせ先 事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少しているなど、要件を満たす方は申請により、1年以内の期間に限り徴収の猶予 港湾空港局港営課港務係 電話:093-321-5932 水道料金等が支払えない 市の支援制度 制度 概要 お問い合わせ先 売上減少により事業活動が厳しい事業者などを対象に料金の納入期限を猶予 北九州市上下水道お客さまセンター 電話:093-582-3610 8時30分~17時15分(平日のみ) 注)木曜日のみ19時00分まで 北九州応援サイトによる支援 市の支援制度 制度 概要 お問い合わせ先 影響を受けている飲食店等の店舗情報と特典情報をマッチングサイトで紹介 産業経済局商業・サービス産業政策課 電話:093-582-2050 8時30分~17時15分(平日のみ) 市による飲食店への支援 市の支援制度 制度 概要 お問い合わせ先 受付を終了しました 【キタキュウYELLプロジェクト】 クラウドファンディングによる飲食店等の支援 市民が先払いで飲食店・サービス業等を支援する(支援した店舗で将来使える応援チケット「夏に行く券」を発行) 産業経済局商業・サービス産業政策課 電話:093-582-2050 8時30分~17時15分(平日のみ) 【キタキュウYELLプロジェクト】 大手小売店等とタイアップしたデリバリーサービスの支援 新たなデリバリーサービスを構築し、地元飲食店が登録できる仕組みを新設 産業経済局商業・サービス産業政策課 電話:093-582-2050 8時30分~17時15分(平日のみ).

次の

北九州市コロナウイルス感染者タクシー運転手は誰?自宅会社の場所はどこ?行動歴感染経路入院病院は?

北九州 新型 コロナ ウイルス

北九州市で新型コロナウイルスの感染再拡大が始まってから、23日で1カ月がたった。 北九州市でなぜ、「第2波」と呼ばれる感染の再拡大が起きたのか。 沈静化しつつある今、どのような点にこれから注意していけばいいのか。 専門家に聞いた。 ウイルス学が専門の柳雄介・九州大大学院教授は、5月下旬以降の感染再拡大について「4月末から感染者が確認されなかった3週間余の間もウイルスが北九州にとどまっていたか、その間に市外から持ち込まれたか、両方の要素が絡み合ったのか、手持ちの情報では三つの可能性があるとしか言えない」と指摘する。 その上で「クラスター(感染者集団)ではない高齢者や小中高生の感染が一定数判明したのが北九州の特徴だと思う。 特に小中高生は判明分以外に無症状の感染者がいる可能性を否定できず、現状では完全には安心できない」と警戒を続けるよう呼びかけた。 北九州市の新規感染者・PCR検査数の推移 北九州市危機管理参与で救急振興財団救急救命九州研修所(北九州市)の郡山一明教授は、NTTドコモのモバイル空間統計で示された外出状況やPCR検査の件数を挙げ「他都市の状況と遜色なく、市民の行動自粛や医療機関に不備はなかった。 無症状の患者が存在し続けていたか、外部からウイルスが持ち込まれたか。 いずれかではないか」との見方を提示。 更に「人の往来が戻りつつある中、今後も同様の感染拡大は起こりうる。 それに備えてPCR検査を迅速に実施できる態勢と、重症者に適切な医療を提供できる態勢を作っておくべきだ。 重症者対応は国が定めるべき分野でもある」と語った。 NPO法人・北九州地域感染制御チーム(KRICT)副理事長の伊藤重彦・北九州市立八幡病院長は、今後の動向について「しばらく1日当たり1、2人の感染者が判明する可能性はある」との見方を示し、「新たな感染確認がなくても、どこかに感染者が潜んでいると考えて警戒を緩めないことが大切だ」と訴える。 その上で「PCR検査は1日当たり100件程度は続けたい。 一定の検査件数を確保することが、感染状況を継続的に追跡するために欠かせない。 市民が少々の体調不良でも医療機関を受診し、医師も積極的に検査に回すことが必要だ」と提言する。 【奥田伸一】.

次の