ディープ インパクト。 ディープインパクトとは (ディープインパクトとは) [単語記事]

ディープ・インパクト (探査機)

ディープ インパクト

ディープインパクトは、ライバルのいない馬だった。 競走馬としての現役時代、国内では13戦12勝と「無敵」を誇ったし、勝ったGI7戦は2着馬がすべて違う馬だった、という点もライバル不在を示している。 種牡馬となってからも、2012年にリーディングサイヤーに輝くと、以後、昨年まで7年連続でその座を守り続けている。 今年もリーディングを独走中で、その記録が8年連続まで伸びることはほぼ間違いない。 ディープインパクトがリーディングサイヤーの座に就く前は、キングカメハメハが2010年、2011年と2年連続でその座にあった。 そして、ディープインパクトにトップの座を奪われて以降も、リーディング2位の座は、キングカメハメハがずっと守り続けてきた。 しかも、その産駒からは、ディープインパクトほどコンスタントではないものの、ロードカナロアやドゥラメンテ、レイデオロといった大物が出ている。 この夏、キングカメハメハが種牡馬を引退したのに続いて、ディープインパクトまでこの世を去ってしまったからだ。 これにより、日本の種牡馬界は2本の柱を同時に失ったことになる。 この点に関して言えば、一歩リードしているのは、キングカメハメハだ。 同馬産駒のロードカナロアが初年度から大物を送り出しているからだ。 国内外のGI6勝と言っても、短距離、マイル戦での結果ゆえ、種牡馬として大成するのか、当初は一抹の不安が囁かれていた。 しかし、「現役最強」の声もあるアーモンドアイ(牝4歳)を初年度産駒から出して、2年目の産駒からも大物感あふれる今年の皐月賞馬サートゥルナーリア(牡3歳)を出している。

次の

ディープインパクトが丸わかり!競走馬データベース

ディープ インパクト

衝突の映像 ディープ・インパクト(Deep Impact)は、 NASA のの一環として行われていた探査計画、または探査機の名前である。 ディープ・インパクトは、の打ち上げ以降、173日をかけて約4億3100万キロメートルを旅したのち、に向けて、重さ約370キログラムの衝突体(インパクター)を発射した。 衝突体は、の7月4日午前1時52分に彗星に衝突した。 衝突時のスピードは時速約3万7,000キロメートルだった。 2007年以降は、名称を エポキシに変えて運用が続けられ、2010年11月4日にはに接近して観測を行った。 その後も延長ミッションが続けられていたが、通信が途絶えて復旧できなくなったため、2013年9月20日に運用が終了したことが発表された。 概要 [ ] この計画は、に重さ370のとからなる合金製のインパクターを撃ち込み、その衝突によってできるや飛び散る塵からの内部構造を調査するというものである。 彗星の内部構造の解明、またその観測データからのや誕生のメカニズムの解明が期待されている。 観測は、探査機に搭載された、で行われた。 また、、、その他数々の地上の望遠鏡からもやなどによる観測が行われた。 NASAは、「彗星に名前を届けよう」というキャンペーンを企画した。 これは、世界中から有志の名前を募集し、集まった名前をに書き込んで彗星に届けるものである。 名前を書き込まれたCDは、インパクターに搭載されて彗星に衝突した。 エポキシ [ ] 当初の目標を達成したディープ・インパクトは、2007年より名称を エポキシ( )に変更して活動を続けた。 この計画は探査機に搭載された望遠鏡を用いての観測を行う Epoch( Extrasolar Planet Observation and Characterization)と、新しい彗星の接近観測を行う DIXI( Deep Impact eXtended Investigation)の2つのミッションから構成されている。 ディープ・インパクトを再利用したことで、計画は4,000万ドルの低予算で実現された。 2013年8月8日に衛星との最後の通信を行った後、交信ができなくなった。 当時はの観測を行うなど、週に1回の断続的な運用が行われていたが、衛星の姿勢が回転し、制御不能で通信ができない状態となった。 NASAは復旧の努力を続けたが、2013年9月20日に公式に運用終了を発表した。 日程 [ ]• 午後1時47分():から打ち上げられた。 打ち上げにはが使用された。 2005年:テンペル第1彗星に88万キロメートルの地点まで接近し、衝突体(インパクター)を発射した。 2005年:衝突体は彗星に着弾し、本機は爆発によって生じた塵を観測した(衝突体が銅とアルミニウムの合金製なのは、分析の際に彗星由来の物質と区別するため)。 衝突体は衝突直前までを撮影した。 なお、この日はアメリカだった。 2005年:軌道修正に成功、2008年に(85P Boethin)とのフライバイなど新たなミッションが決定していたものの、その後を見失い、ミッションを再検討していた。 :名称をエポキシに変え、1月末、太陽系に近い恒星の軌道を周回する惑星系を観測することになった。 :1回目の地球フライバイを実施。 :2回目の地球フライバイを実施。 :最後の地球フライバイを実施。 :(Hartley 2)に約700キロメートルまで最接近してその中心核を観測。 2012年:のを探査するために飛行速度を秒速2メートル加速したと発表。 :地球に接近中のを撮影。 :この日の交信を最後に衛星とのコンタクトを喪失。 :NASAが復旧を断念して、運用終了したことを発表。 :可能なら小惑星163249(2002 GT)に最接近する予定だった。 関連した話題 [ ] 2011年2月、テンペル第1彗星にNASAの別の探査機が訪れ、ディープ・インパクトによる衝突実験の痕跡や彗星の変化を調べた。 スターダストはディープ・インパクトより古参(1999年打ち上げ)の彗星探査機で、2006年に任務を達成した後に、延長ミッションとしてテンペル第1彗星に訪れたものである。 のマリーナ・バイは、ディープ・インパクトによる彗星の破壊で、宇宙の自然のバランスが破壊されたとして、2005年7月にNASAに対して精神的損害への賠償として約90億(約350億円)を求める訴訟をで起こした。 脚注と参照 [ ].

次の

ディープ・インパクト (映画)

ディープ インパクト

スマホアプリのダービースタリオンマスターズ、通称ダビマスにディープインパクトが登場しています。 現役時代は14戦12勝ととんでもない成績と残しましたが、種牡馬としても近代競馬にとても大きな影響を与えている馬です。 競走馬、種牡馬として日本競馬に名を刻んだディープインパクトは「ダビマス」でも種牡馬としての評価はかなり高く、最強馬を目指すブリーダーにとってはなくてはならない存在となっています。 この記事ではダビマスでディープインパクトを相性が良いと言われている繁殖牝馬を7頭ご紹介します。 自分が馬主兼牧場経営者、つまりオーナーブリーダーとなって最強馬の生産を目指す内容となっています。 競走馬の生産、育成、調教を行いレースに出場させて他の馬と争います。 また自分で馬の配合を考えるのが醍醐味の一つとなっており、自分で誕生させた馬をまた別の馬と配合。 さらに生まれた馬と自分の馬を配合。 とこのループを繰り返し、ドンドン強い馬を作り最強馬を目指すものです。 さらにダビマスには「シナリオ」と呼ばれるものがあります。 ストーリーと共に特定の目標が設定されており、それをクリアしていくと次のシナリオが解放されるというシステムです。 目標を達成することで自分の成長に繋がっていくので最初はこのシナリオの全制覇を目指しましょう!全部で10話で構成されており、徐々に難易度があがっていきます。 ダビマスをちゃんと把握できる作りになっているのでダウンロードをしたらまずはシナリオから始めることをオススメします。 さらに伝説のレースに挑戦をしたりするイベントも定期的に開催されます。 他のライバルたちと競争できるので自分の力を試すチャンスになります。 またソーシャルゲームの良い所は新たにデートを追加できるということです。 引退した馬が種牡馬になったらダビマス内でも種牡馬として新しく登場したり、強い競走馬が出たらダビマス内でも登場させることができるのです。 JRAが存在する限り、ずっと続けることができるのでいつ初めて遅いということはありません。 また課金要素としてはガチャがあり、ガチャでは種牡馬をゲットすることができます。 ダビマスでのディープインパクトについて リアルな競馬でも「最強」とも言われたディープインパクトはダビマスでも優秀な種牡馬として登場しています。 簡単に性能をご紹介します。 レア度:超激レア 星5• 非凡な才能:なし• 距離適性:1600m~3000m• 成長:普通• 脚質:追込• 気性:B• 底力:A• 体質:A• 実績:A• 安定:A となっています。 ほとんどがA評価となっていますね。 リアル同様ダートは得意ではないのでディープインパクト産駒は芝で積極的に使うようにしましょう。 また現役時代2000m以上でしか走っていなかったディープインパクトですが、産駒は1600mでも活躍していますね。 そこもちゃんと反映されています。 まだレースは最後の直線勝負をすることが多いので追込となっています。 またリセマラランキングでも3頭しかいないSランクの内の1頭です。 最初にリセマラをディープインパクトで始めるのは大正解となっています。 しかし排出の確率は高くないので、何度かデートを削除しつつやる必要はありそうですね。 ダビマスでは配合が重要 ダビマスの醍醐味は配合です。 配合が変だと良い馬を生産することはできません。 しかし、ちゃんとやれば最強馬に近づけることができます。 もしディープインパクトをゲットしても相手の繁殖牝馬との相性がよくなかったり、評価が良くなかったりすると優秀な馬は生まれないのです。 そのためディープインパクトをゲットできてもそれで終わりではないのです。 血統を考えて配合することが重要になるので、ディープインパクトの良いお嫁さんを探すことが最強馬を生産するカギになります。 ディープインパクトと相性が良い配合 先にディープインパクトと相性が良いとされている配合の血統をご紹介します。 ディープインパクトは父サンデーサイレンスの系統で「ヘイルトゥリーズン系」です。 このヘイルトゥリーズン系と相性が良い血統が2つあります。 それが「レイズアネイティヴ系」と「ノーザンダンサー系」の2種類です。 レイズアネイティヴ系は速力の因子を多く持っており相性が良いとされています。 またノーザンダンサー系も速力と底力の因子を多く持つのでバランスが良い配合が可能になります。 さらに細かい配合を考えるともっと狭めていく必要がありますが、まずはこの2つの系統を忘れないようにしましょう! ディープインパクトと相性が良い牝馬7頭を紹介! 配合は考えれば考えるほど迷宮に入ってしまいます。 なのですでに相性が良いと言われている馬をご紹介します。 もしディープインパクトをゲットした時にはこの7頭の繁殖牝馬を狙うようにしましょう。 繁殖牝馬はセリで購入することができるので細かくチェックして逃さないように注意しましょう。 相性が良い繁殖牝馬その1:トランピアス 最初の繁殖牝馬は「トランピアス」です。 実はディープインパクトと一番相性が良いと言われているのはこの馬になります。 もちろんトランピアス以外でも相性が良い馬はいますが、もし繁殖牝馬セールで登場した時は必ずチェックするようにしましょう。 「完璧な配合」となり生まれる馬には高パラメータが期待できます。 デメリットとしてはトランピアスは不定期でさらに期間限定でしか登場しないので、いつでも入手できるわけではありません。 チャンスを逃すと次のゲットまで時間がかかるので忘れないようにしましょう。 相性が良い繁殖牝馬その2:ヴァルハラクイーン 2頭目のオススメの繁殖牝馬は「ヴァルハラクイーン」です。 スピード63、スタミナ56という数値となっています。 ヴァルハラクイーン自体はヘイルトゥリーズン系ですが、「良く出来た配合」となります。 完璧な配合をしたいなら最初にヴァルハラクイーンと「ロングエース1972」と配合し牝馬を誕生させ、その牝馬とディープインパクトを配合するともっと良い結果になります。 少し時間がかかりますが、こっちをオススメしています。 相性が良い繁殖牝馬その3:ベルナルドレディ 3頭目のオススメの繁殖牝馬は「ベルナルドレディ」です。 スピード56、スタミナ42とヴァルハラクイーンよりも少し劣りますが、ディープインパクトと配合すると「良く出来た配合」になります。 ディープインパクト以外の種牡馬とも相性が良く、優秀な馬を生産することができるので入手のチャンスを逃さないようにしましょう! 相性が良い繁殖牝馬その4:アマルテアソング 4頭目のオススメの繁殖牝馬は「アマルテアソング」です。 最初にディープインパクトと配合をすると「面白い配合」ですが、その後にシンボリクリスエス、その後にストリートセンスと配合をすることで完璧な配合となります。 アマルテアソングとディープインパクトを持っているなら3代目で完璧な配合になるのでそこを目指すようにしましょう。 相性が良い繁殖牝馬その5:ヴァージンマリー 5頭目のオススメの繁殖牝馬は「ヴァージンマリー」です。 面白い配合となります。 さらにステイゴールドと配合をすることで天皇賞春を連破したフェノーメノを再現することもできます。 また面白い配合だけではなく底力も追加されるのでオススメの配合となっています。 相性が良い繁殖牝馬その6:コールマイナンバー 6頭目のオススメの繁殖牝馬は「コールマイナンバー」です。 こちらも評価は面白い配合です。 ディープインパクトとの配合も悪くないですが、エルコンドルパサーやモンジューとの相性もいいので、もしディープインパクトを持っていなくても注目の繁殖牝馬です。 優秀な血統でバランスも良いので産駒の活躍に期待することができます。 相性が良い繁殖牝馬その7:ステアクライマー 最後のオススメの繁殖牝馬は「ステアクライマー」になります。 こちらも評価は面白い配合になります。 もちろんディープインパクトとも相性はいいですが、ダイワメジャーとの配合もオススメです。 生産した種牡馬と牝馬を配合して肌馬を作ります。 ダイワメジャーを使うので基本はマイラーになります。 出来ればスピスタC以上は欲しいですね。 まとめ 今回はダビマスでの種牡馬としてのディープインパクトについて記事でご紹介しました。 ディープインパクトはリアルでもまだ種牡馬として活躍を続けています。 2019年シーズンは首の痛みから大事をとって残りをキャンセルし20頭前後になりますが、2012年から2018年までは6年連続でリーディングサイアーを獲得しています。 日本の競馬に大きな影響を与えたサンデーサイレンスの息子のディープインパクトが今度は種牡馬として大きな影響を与えています。 ダビマスではさらにその後の世代の馬を生産することができるので日本の競馬の未来を先に知るような気分にもなれます。 ガチャなどに課金要素があるものの無料でも遊ぶことができるアプリになります。 もし気になった方はダウンロードして遊んでみてはいかがでしょうか?せっかくなので最初はディープインパクトが出るまでリセマラを続けてみても良いと思います。 もちろんリセマラをしなくてもその内引くことができるかもしれませんが、スタートダッシュを決める意味でもディープインパクトをオススメします。

次の