クリックポスト ログイン。 最新版!クリックポストで差出人をAmazonの屋号に変更する方法

「クリックポスト」宛名のA6サイズの伝票部分だけ印刷する

クリックポスト ログイン

Yahoo! JAPAN のIDを忘れた• ログイン時のパスワードを忘れた• シークレットIDを設定している• ワンタイムパスワードを設定している• ログインロックを設定している• ブラウザーで不具合が生じている ログインできない主な原因は、Yahoo! JAPANのIDとパスワードを忘れた場合です。 それではひとつずつ見ていきましょう! Yahoo! JAPANのIDを忘れた クリックポストにログインするには、Yahoo! JAPANのIDが必要でしたね。 過去にクリックポストにログインしたことがある人は、Yahoo! JAPANのIDを登録済のはずですが、 IDを忘れてしまうとログインできません。 Yahoo! JAPANのIDを忘れたら、Yahoo! JAPANのIDを登録した時に受信した 『登録確認メール』を確認しましょう。 登録確認メールにIDが記載されています。 もし、登録確認メールを受信していなかった場合は、以下の手順で解決します。 まず、クリックポストののサイトにアクセスします。 ログインをクリックしてください。 続いて、赤枠の「ログインできない」をクリックします。 今度は、「自分のYahoo! JAPAN IDを探す」をクリックします。 こちらの画面が出ますので、「連絡用メールアドレス」と「生年月日」を入力して「結果をメールで送信」をクリックします。 すると、以前Yahoo! JAPANのIDを登録したメールアドレスにIDが送られますので、そちらを確認してください。 しかし、連絡用メールアドレスが登録時のアドレスと異なると「一致するYahoo! JAPAN IDが見つかりません。 」と表示ができます。 何度やっても見つからない場合は、 新しく別のIDを登録し直す必要があります。 スポンサーリンク ログイン時のパスワードを忘れた Yahoo! JAPANのIDが正しい場合、次にパスワードを入力します。 このパスワードを忘れてしまった場合は、以下の手順で解決しますので一緒に見ていきましょう。 まずはクリックポストのサイトのログインをクリックします。 続いて、「ログインできない」をクリックします。 それから、「ログイン方法を再設定する」をクリックします。 次の画面になりますので、「Yahoo! JAPAN ID」、「ニックネーム」、「シークレットID」、「メールアドレス」、「携帯番号」のいずれかを入力して「次へ」をクリックします。 今回は「 Yahoo! JAPAN ID」を入力しました。 「本人確認の方法を選択してください」と出ますので、「連絡用メールアドレス」、「クレジットカード番号」、「Tカード番号」のいずれかを選択します。 今回は「 連絡用メールアドレス」を選択しました。 連絡用メールアドレスを選択すると、ヒントのところに、自分が登録したメールアドレスの一部が表示されます。 ヒントを見ながら、メールアドレスを入力して「次へ」をクリックします。 入力したメールアドレスに確認コードが送られてきますので、それを確認コード欄に入力して「次へ」をクリックします。 新パスワードを入力します。 「ログインの設定が完了しました」と表示されればO. シークレットIDを設定している シークレットIDではクリックポストにログインできません。 シークレットIDとは、Yahoo! JAPAN IDやニックネームとは異なり、 ログイン時にのみ使用するIDになります。 すでにシークレットIDを登録して設定していると、Yahoo! JAPAN IDまたはニックネームではログインできなくなるので、 シークレットIDを使用しなければなりません。 ですから、シークレットIDを登録したのを忘れていて、Yahoo! JAPAN IDでログインしようとしてできないことが稀にあります。 この場合は、シークレットIDの停止の手続きが必要になりますので、以下の手順で手続きを行ってください。 まず、「ログインできない」をクリックします。 次に、「上記の方法で解決しない場合」をクリックっします。 それから、「シークレットIDを設定していませんか」をクリックします。 すると、シークレットIDを停止する手続きに進みますので、上記のログインパスワードを忘れた場合と同じ手順で停止の手続きをしてください。 シークレットIDを停止したら、Yahoo! JAPAN IDでログインします。 ワンタイムパスワードを設定している ワンタイムパスワードを設定しているとログインできません。 ですから、ワンタイムパスワードの利用を 停止する必要があります。 ワンタイムパスワードの停止の手続きは、ログインパスワードを忘れた場合と同じになります。 スポンサーリンク ログインロックを設定している ログインロックを設定している場合もログインできません。 ログインロックは、一時的に ログインできない状態にする時に使用します。 クリックポストにログインするためには、 ログインロックの設定を解除する必要があります。 解除する方法は以下の通りです。 「ログインロックを設定していませんか?」をクリックして、上の赤枠に「Yahoo! JAPAN ID」、「ニックネーム」、「シークレットID」、「メールアドレス」、「携帯電話番号」のいずれかを入力します。 そして、下の赤枠に認証を行うため、表示された数字を入力して、「次へ」をクリックします。 その後は、ログインパスワードを忘れた時と同じ手順で、ログインロックを解除します。 ブラウザに不具合が生じた クリックポストにログインしようとしたら、 画面がフリーズすることが稀にあります。 この原因はブラウザに不具合が生じたためです。 ですから、この場合は他のブラウザ、特にGoogle Chromeにブラウザを変更して再度チャレンジしてみてください。 まとめ クリックポストでログインできない場合の原因と解決方法を、画像付きで解説してきました。 ログインできない 原因は意外とたくさんありましたね! 自分でログインしようとしてできない場合は、今回紹介した原因の内のどれなのかを確認してみてください。 ログインできない主な原因は、Yahoo! JAPAN IDもしくはパスワードを忘れた場合です。 一度ログインした後で定期的にログインしていればYahoo! JAPAN IDやパスワードは記憶されているので大丈夫。 その他の原因でログインできないことも稀にあります。

次の

【クリックポストの利用方法】登録⇒支払い⇒ラベル印刷⇒ポスト投函までのやり方を画像付きで解説します。

クリックポスト ログイン

クリックポストの送り方 登録手順• Yahoo!のID、もしくはAmazonのアカウントが必要 クリックポストを利用するためには、サイト登録をする必要があります。 Yahoo!のIDアカウント• Amazonのアカウント のどちらも持っていない人は、必要事項を登録しておきましょう。 アカウント登録は、送料を支払うために必要です。 Yahoo!ID、もしくはAmazonアカウントでログイン まずクリックポストのサイトから、ログインを行います。 事前に登録したYahoo!ID もしくは• Amazonアカウント へ進みます。 「同意してはじめる」へ クリックポストと、アカウント情報の同期が行われます。 情報提供の注意事項をチェックしたら、「同意してはじめる」へ。 「マイページ」から、「1件申込」へ マイページのトップ画面が表示されます。 そこから、「1件申し込み」部分をタップ。 宛先など、必要事項の記入へ進みます。 「送り先の住所・氏名・品物」を入力 送り先について、詳しい記入を行います。 郵便番号や、お届け先の住所など、「必須」とある部分をすべて記入しましょう。 必要事項をすべて記載したら、「支払い」へ進む 必要事項をすべて記載したら、「確認」をタップします。 記入した情報の確認が出来たら、画面の一番下までスクロール。 「お支払手続きへ」をタップ、支払画面へ進みます。 「個人情報の取り扱い」などを確認し、次へ進む Yahoo!IDの場合は、Yahoo!ウォレットの画面になります。 登録した情報と、個人情報の取り扱いなどを確認しましょう。 規約に同意する場合は、「次へ」をタップし進みます。 「支払手続き確定」で、送料が支払われる 「支払い手続き確定」をタップすると、送料が引き落としされます。 確定ボタンをタップ後は、情報の変更は出来なくなるので要注意。 住所や、氏名など訂正したい場合は、キャンセルして前へ戻りましょう。 送り状を印字する 支払い手続きが完了すると、送り状を印字する画面が現れます。 記載された注意事項を読んでから、• 注意事項を確認しました 部分の前の欄をタップし、チェックを入れましょう。 「印字」という部分が、画像にように色が変われば、印字ができます。 送り状を印刷する 印字をアップすると、送り状のファイルをダウンロード出来ます。 ダウンロードした送り状を印刷すれば完了です。 ラベル印刷のやり方• 送り状はA4サイズの用紙を使う 送り状を印刷する時は、A4サイズの用紙を縦に使います。 A4よりも、小さいサイズの用紙を使うと、送り状の宛名が上手く印字されないことも。 A4サイズの用紙を縦にセットして、印刷を行いましょう。 ラベルの貼り方• 印字したラベルを切り取る 印字したラベルは、ハサミやカッターで、切り取ります。 点線に沿って切ると、きれいに仕上がります。 はみ出さないように、表面の真ん中へ貼る 発送に必要な情報がわかるように、表面の真ん中へ貼ります。 ラベル用紙が、商品からはみ出したりすると、うまく発送されないことも。 バーコードで読み取る作業もあるので、凸凹にさせず、スキマなく貼り付けたいですね。 のりではなく、テープで貼ると安全 切り取った後は、透明なテープで全体を固定しましょう。 のりは剥がれやすいので、• セロテープ• ビニールテープ だと、配送中に剥がれにくいです。 クリックポストを発送する時の注意点 規定サイズを超えないようにする 規定のサイズを超えてしまうと、自分に荷物が戻ってきてしまいます。 バーコードと、QRコードの上にテープを貼ると、端末で情報を読み取れないことも…。 テープを送り状に貼る時は、バーコードとQRコードを避けて貼りましょう。 住所と氏名が滲まないように、テープで保護する 印刷した送り状は、濡れると滲みやすいですよね。 送り先の住所、氏名• 自分の住所、氏名 など、発送時に必要な情報は、透明なテープで保護したいですね。 バーコードQRコードを避けて、上からテープで固定してみましょう。 印刷をスマホでするやり方 印刷手順• IDやアカウント以外に、プリンターが必要 クリックポストを送り状を印刷するには、プリンターが必要です。 ネットから情報を受信出来るプリンターを用意しましょう。 まず、スマホの端末の設定を確認• Android端末の場合 ネットサイト画面の右上をタップし、設定画面を表示します。 スマホの端末の設定を、こちらから確認します。 「サイトの設定」へ 次に、真ん中部分に見える「サイトの設定」をタップします。 「ポップアップとリダイレクト」へ 今度は、「ポップアップとリダイレクト」部分をタップ。 機種によっては、「ポップアップ」のみのケースもあります。 最後に「ON」になっているかチェック 「ポップアップとリダイレクト」が、ONになっているか確認します。 「許可」という表示が出ていれば、OKです。 余計な表示を出したくない場合は、印刷後に、OFFに切り替えておくと良いでしょう。 次は、プリンターでの印刷に映ります。 決済を完了し、印字画面を出す 先ほど、「クリックポストの送り方」の項目でご紹介しました。 決済を行い、画像の印字画面を表示します。 送り状を表示させる 先ほどの画面から、「印字」をタップすると、自動でPDFのファイルが開きます。 「ポップアップ」の設定がOFFになっていると、ファイルが開かないので、要注意。 ちなみに30分間は、再印字が可能です。 ファイルが自動で開かない場合は、スマホの「設定」を確認してみましょう。 スマホと、プリンターを連動させる 今度はスマホと、プリンターを連動させましょう。 Android端末の場合、本体画面の「設定」を開きます。 「機器接続」へ 真ん中にある、「機器接続」部分をタップします。 「接続の設定」から、「印刷」へ 「接続の設定」のページをタップすると、画像の画面に映ります。 最後までスクロールすると、• プリンター 印刷 って項目が出てくるので、これをタップします。 プリンターと連動させる 「標準の印刷サービス」をタップすると、画像の画面になります。 スマホのBluetooth• プリンターの電源と、ワイヤレス の両方が「ON」にして、連動させましょう。 印刷する 先ほど印字した、PDFファイルを開きます。 「PDF形式で保存」の横をタップ。 次に「プリンター」の部分をタップすれば、印刷が始まります。 印刷する時の注意点• ワイヤレスのプリンターか、どうか事前に確認 プリンターがワイヤレス対応か、事前に調べておきましょう。 対応ではないプリンターは、PDFファイルを読みこむことが出来ないので、要注意。 対応かどうかは、メーカーのHPから検索できます。 アプリをダウンロードしないといけない場合も プリンターのアプリをインストールしないと、連動出来ないケースがあります。 その場合は、• プリンター 印刷 アプリ とスマホの「Playストア」から、アプリを検索。 使っているプリンターのメーカーのアプリを、ダウンロードしましょう。 ダウンロードすると、「接続の設定」部分に• 印刷 って項目が現れます。 クリックポストをまとめて印字するやり方 まとめて印字する方法• マイページから「まとめ印字」へ• 複数のPDFを1つにまとめてから、印刷する 1件ずつ印字した複数のPDFファイルを、1つにまとめる方法です。 3件分の余白があるので、A4の用紙1枚で、4件分の宛名の印字が出来ます。 まず、PDFファイルを開いて、印刷のアイコンをクリック。 「ページサイズ処理」部分のクリックし、「複数」を選択しましょう。 次はすぐ下部分の、「1枚当たりのページ数」を確認します。 「1枚当たりのページ数」が「4」• 後はプレビューを確認して、ラベルを印刷しましょう。 大量に発送する時のコツ 1枚の紙で、4件分の宛名を印刷する 大量に印刷する時は、1件1件印字してから、印刷していると不便ですよね。 「まとめ印字」機能を使って印刷するのがポイントです。 「まとめ印字」は、20件まで選択出来る 「まとめ印字」は、20件の宛名を選択して、1度に印刷することが可能です。 1枚ずつ細かい設定を行わなくても、一気に20件分の宛名を印刷できます。 1度印刷してしまうと、途中から「まとめ印字」は使用できない 「まとめ印字」は、大量にクリックポストの宛名を印刷したい時に、大変便利です。 でも、「まとめ印字」は、1度印刷した宛名は使用出来ないので要注意。 大量に印刷したい時は、すべて宛名を登録してから印刷するようにしましょう。 まとめ• クリックポストは、Yahoo!IDか、Amazonのアカウントで利用出来る• 印字は30分以内であれば、何度もPDFファイルが開ける• 印刷はA4サイズの縦型で行う• バーコードや、QRコードの上にはテープを貼らない• 雨に濡れないように、透明のテープで宛名を保護する• パソコンがなくても、無線LAN対応のプリンターがあれば、印刷が可能。 複数の宛名をまとめて印刷したい時は、「まとめ印字」機能を使う• 「まとめ印字」は、1回の印刷で20件まで可能.

次の

【クリックポストの利用方法】登録⇒支払い⇒ラベル印刷⇒ポスト投函までのやり方を画像付きで解説します。

クリックポスト ログイン

Yahoo! JAPAN のIDを忘れた• ログイン時のパスワードを忘れた• シークレットIDを設定している• ワンタイムパスワードを設定している• ログインロックを設定している• ブラウザーで不具合が生じている ログインできない主な原因は、Yahoo! JAPANのIDとパスワードを忘れた場合です。 それではひとつずつ見ていきましょう! Yahoo! JAPANのIDを忘れた クリックポストにログインするには、Yahoo! JAPANのIDが必要でしたね。 過去にクリックポストにログインしたことがある人は、Yahoo! JAPANのIDを登録済のはずですが、 IDを忘れてしまうとログインできません。 Yahoo! JAPANのIDを忘れたら、Yahoo! JAPANのIDを登録した時に受信した 『登録確認メール』を確認しましょう。 登録確認メールにIDが記載されています。 もし、登録確認メールを受信していなかった場合は、以下の手順で解決します。 まず、クリックポストののサイトにアクセスします。 ログインをクリックしてください。 続いて、赤枠の「ログインできない」をクリックします。 今度は、「自分のYahoo! JAPAN IDを探す」をクリックします。 こちらの画面が出ますので、「連絡用メールアドレス」と「生年月日」を入力して「結果をメールで送信」をクリックします。 すると、以前Yahoo! JAPANのIDを登録したメールアドレスにIDが送られますので、そちらを確認してください。 しかし、連絡用メールアドレスが登録時のアドレスと異なると「一致するYahoo! JAPAN IDが見つかりません。 」と表示ができます。 何度やっても見つからない場合は、 新しく別のIDを登録し直す必要があります。 スポンサーリンク ログイン時のパスワードを忘れた Yahoo! JAPANのIDが正しい場合、次にパスワードを入力します。 このパスワードを忘れてしまった場合は、以下の手順で解決しますので一緒に見ていきましょう。 まずはクリックポストのサイトのログインをクリックします。 続いて、「ログインできない」をクリックします。 それから、「ログイン方法を再設定する」をクリックします。 次の画面になりますので、「Yahoo! JAPAN ID」、「ニックネーム」、「シークレットID」、「メールアドレス」、「携帯番号」のいずれかを入力して「次へ」をクリックします。 今回は「 Yahoo! JAPAN ID」を入力しました。 「本人確認の方法を選択してください」と出ますので、「連絡用メールアドレス」、「クレジットカード番号」、「Tカード番号」のいずれかを選択します。 今回は「 連絡用メールアドレス」を選択しました。 連絡用メールアドレスを選択すると、ヒントのところに、自分が登録したメールアドレスの一部が表示されます。 ヒントを見ながら、メールアドレスを入力して「次へ」をクリックします。 入力したメールアドレスに確認コードが送られてきますので、それを確認コード欄に入力して「次へ」をクリックします。 新パスワードを入力します。 「ログインの設定が完了しました」と表示されればO. シークレットIDを設定している シークレットIDではクリックポストにログインできません。 シークレットIDとは、Yahoo! JAPAN IDやニックネームとは異なり、 ログイン時にのみ使用するIDになります。 すでにシークレットIDを登録して設定していると、Yahoo! JAPAN IDまたはニックネームではログインできなくなるので、 シークレットIDを使用しなければなりません。 ですから、シークレットIDを登録したのを忘れていて、Yahoo! JAPAN IDでログインしようとしてできないことが稀にあります。 この場合は、シークレットIDの停止の手続きが必要になりますので、以下の手順で手続きを行ってください。 まず、「ログインできない」をクリックします。 次に、「上記の方法で解決しない場合」をクリックっします。 それから、「シークレットIDを設定していませんか」をクリックします。 すると、シークレットIDを停止する手続きに進みますので、上記のログインパスワードを忘れた場合と同じ手順で停止の手続きをしてください。 シークレットIDを停止したら、Yahoo! JAPAN IDでログインします。 ワンタイムパスワードを設定している ワンタイムパスワードを設定しているとログインできません。 ですから、ワンタイムパスワードの利用を 停止する必要があります。 ワンタイムパスワードの停止の手続きは、ログインパスワードを忘れた場合と同じになります。 スポンサーリンク ログインロックを設定している ログインロックを設定している場合もログインできません。 ログインロックは、一時的に ログインできない状態にする時に使用します。 クリックポストにログインするためには、 ログインロックの設定を解除する必要があります。 解除する方法は以下の通りです。 「ログインロックを設定していませんか?」をクリックして、上の赤枠に「Yahoo! JAPAN ID」、「ニックネーム」、「シークレットID」、「メールアドレス」、「携帯電話番号」のいずれかを入力します。 そして、下の赤枠に認証を行うため、表示された数字を入力して、「次へ」をクリックします。 その後は、ログインパスワードを忘れた時と同じ手順で、ログインロックを解除します。 ブラウザに不具合が生じた クリックポストにログインしようとしたら、 画面がフリーズすることが稀にあります。 この原因はブラウザに不具合が生じたためです。 ですから、この場合は他のブラウザ、特にGoogle Chromeにブラウザを変更して再度チャレンジしてみてください。 まとめ クリックポストでログインできない場合の原因と解決方法を、画像付きで解説してきました。 ログインできない 原因は意外とたくさんありましたね! 自分でログインしようとしてできない場合は、今回紹介した原因の内のどれなのかを確認してみてください。 ログインできない主な原因は、Yahoo! JAPAN IDもしくはパスワードを忘れた場合です。 一度ログインした後で定期的にログインしていればYahoo! JAPAN IDやパスワードは記憶されているので大丈夫。 その他の原因でログインできないことも稀にあります。

次の