村上 佳菜子。 メレンゲの気持ち:村上佳菜子さんの3分腹筋エクササイズのやり方!

【出勤日はいつ】村上佳菜子のレトロなカフェは谷中のどこ?

村上 佳菜子

名前:村上佳菜子(むらかみ かなこ) 生年月日:1994年11月7日 出身地:日本・愛知県名古屋市中区 身長:162cm 体重:43㎏ 2017現在の顔が別人? そんな 村上佳菜子さんですがなにやら 2017現在の顔が別人?との話題が浮上しているようなのでこちらの話題について調べていきたいと思います!! 村上佳菜子さんと言えば引退を表明し話題となった 浅田真央さんともソチオリンピックで同じ日本代表に選出され活躍した事でも知られています。 そんな 浅田真央さんの2017年4月10日の引退表明についてコメントを求められたことで 村上佳菜子さんが話題になっているようです!! と言うのは、その際に登場した村上佳菜子さんの姿をみた視聴者の方々が顔が別人だと話題になっていたようなんです!! そんな 村上佳菜子さん自体も 浅田真央さんに続いて2017年4月23日に引退を表明しているのですが、まずは 話題になった村上佳菜子さんの画像を見てみたいと思います! どうでしょうか、確かに 別人のようにも見えますよね!!(笑) 特に落ち着いた雰囲気になってパッツンの前髪でだいぶ違った印象になりましたよね! 一部の間では「 整形か?」とも言われていたようですが、どうやらただ太っただけのようですね! いつも大会に出る時のように固めた髪型でキリッとしたメイクの印象が強いだけにオフシーズンの姿はとても新鮮でだいぶイメージが違いますからね。 また、この時は 村上佳菜子さんは引退を表明していませんが、この太った感じを見るとフギュアスケートはほんの少し体重が変わるだけで、その演技にとても影響てしまうと言われるシビアなスポーツですので、この時はもうすでに引退を決めていたのかもしれませんね。 引退理由は男性遍歴? そんな 村上佳菜子さんですが、気になる 引退理由は男性遍歴?との話題も浮上しているようなので、こちらの話題についても調べていきたいと思います!! 村上佳菜子さんは 2017年4月23日に引退発表をし 最後の演技となったのが23日の世界国別対抗戦のエキシビジョンでした。 そんな 村上佳菜子さんの引退理由が 男性遍歴とは一体どういう事なのでしょうか? と言う事で早速、 村上佳菜子さんの 男性遍歴について調べてみると、どうやら後にも先にもそんな噂はたったの1度しかないようで、 その噂のお相手が 羽生結弦さんです!! スポンサーリンク なにやら、お二人が ハグをしている写真まで撮られているとの事ですが、その真相はよく分かりませんでした。 選手同士ですので挨拶だったり何かに喜んだ際にハグ位ありそうですが、 なぜ引退理由が男性遍歴になったのかは結局わかりませんでした。 村上佳菜子さんの男性遍歴についても噂はこれだけですし引退理由と何のつながりもないようです。 気になる 引退理由ですが、本人の口からは語られていないようですが、2015年あたりから「 引退するのでは?」とささやかれていたようです。 また個人的に大きな理由となったのが、やはり 浅田真央さんの引退ではないでしょうか! やっぱり 憧れの存在と語っていた選手の引退なので自身も同じ年に引退を決意したのかもしれませんね!! 引退理由が気になる!! 現在の彼氏や指輪とは! そんな現役を引退した 村上佳菜子さんの 現在の彼氏や指輪とは!との話題も浮上しているようなので、こちらの話題についても調べていきたいと思います!! と言う事で、早速 村上佳菜子さんの 現在の彼氏について調べてて見たのですが、どうやら 現在は熱愛彼氏の噂は無いようです。 しかし、調べてみると 羽生結弦さんともう一人以前話題になっていた男性がいたようなので、そちらをご紹介したいと思います!! その男性が同じくフィギュアスケートの選手で 日野龍樹選手です!! 日野龍樹選手と 村上佳菜子さんは 同じ大学で同級生だったそうです。 しかも、 日野龍樹選手は 父がロシア人で 母が日本人の ハーフでとても イケメンなんですよね!! そんな、お二人りは大学の入学式に一緒に出席したり、 一緒にカラオケに行く仲のようだったため熱愛の噂が流れたようなんですね!! ただ、仲が良いと言うだけで熱愛の信憑性のある情報は特にないようです。 また、 指輪についてですが、調べてみたものの 村上佳菜子さんと指輪が結びつくような情報はありませんでした。 どこから浮上した話題なのかも謎で分かりませんでしたが、もしかしたら 村上佳菜子さんオシャレでよくファッションをアップしているので、その際に指輪を付けていた画像があったのかもしれませんね。 と言う事で、今回は村上佳菜子さんの話題についてご紹介していきましたが、今後の活躍にも注目して新たな話題に噂が浮上した際にはまたご紹介していきたいと思います!! 現在の熱愛彼氏は誰!!.

次の

村上佳菜子の2017現在の顔が別人?引退理由が男性遍歴や彼氏と指輪も!

村上 佳菜子

Contents• 村上佳菜子は太ったと噂の画像は? 村上佳菜子さんが太ったと噂になった 画像は、それまで女子フィギュアでの 彼女の姿とは別人といわれるくらいの 激太りした彼女の姿でした。 特に、顔の周りが以前よりもふっくら してますよね。 昔から彼女を応援していた方はご存知 かと思いますが、メディアで注目され はじめたときにテレビに登場した彼女 って本当に あやや似の美少女ですね! 中学時代には小顔のイメージもあった 彼女でしたが日を追うごとにだんだん 顔がパンパンになっているとの指摘も ファンの間ではあったようですね。 現役フィギュアスケーターを引退した あともスポーツ番組などテレビの仕事 に大忙しだった村上佳菜子さんに何が あったのか気になります。 村上佳菜子が激太りした原因は食べすぎ? 彼女の 激太りの原因はおそらくですが 食べ過ぎによる体重増加でしょうね。 現役時代の思春期の頃から食べるのが 好きだった村上佳菜子さんなのですが 昔とは環境がガラッと変わって節制や 我慢をしなくてもよくなったのが原因 かと。 もともと、何事にも全力で向かう姿が お茶の間にも好評だったこともあって バラエティ番組で食レポの仕事をした 過去もありました。 いくら仕事とはいえ食べすぎると健康 にも悪いので気をつけてほしいですが あの 気持ちの良いスマイルで食べてる 表情を見るとこっちまでお腹が減って しまうパワーがあります(笑) そんな村上佳菜子さんですが最近では 自身の体型の変化を気にし始めたのか 「少し痩せた?」「綺麗になった?」 なんて評判もあるといわれてます。 そんな彼女の太った噂とは別にですが 顔が変わったなんて 整形疑惑も出てる そうなんです! どうも、キニタメです! キム・ヨナさんといえば、 韓国の元フィギュアスケーター選手 で、バンクーバー五輪で圧巻の演技 をみ... まあ、あれだけ世界の注目を浴びてる スポーツなので見た目の変化も人一倍 敏感になってるのは仕方ないと思うの ですが、村上佳菜子さんも整形をして いるのでしょうか? 昔と現在の画像を比較してみて感じた のは、食べ過ぎでぽっちゃりの時期も 痩せてた時期も 昔からずっと二重です。 そしてよく見ると分かると思いますが 彼女って 左目がハッキリとした二重で 右目は奥二重という特徴がありますね。 さらに、 黒目が大きいので笑ったとき 一重に見えていたのが原因だったかと。 というわけで、村上佳菜子さんが整形 で目を二重にしたという疑惑が ガセだ という結論でいいと思います。 いずれにせよ、弾ける笑顔で最近では 「メレンゲの気持ち」のMCを務める など人気タレントとして活躍されてる 彼女に今後も期待ですね!.

次の

村上佳菜子の姉(村上友季子)の職業がやばい!結婚は?

村上 佳菜子

獲得メダル 大会 1 位 2 位 3 位 1 0 1 0 0 1 1 0 1 1 0 0 1 0 0 合計 4 0 3 銅 女子シングル 金 女子シングル 金 団体 銅 団体 銅 女子シングル 金 女子シングル 金 女子シングル ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 村上 佳菜子(むらかみ かなこ、: Kanako Murakami, - )は、2000年代後半から2010年代にかけて活動したの元選手(女子)、プロフィギュアスケーター 、。 スポーツ科学部競技スポーツ科学科卒業。 日本代表(12位)。 優勝、3位、4位、優勝、優勝など。 マネジメントは(USM) 2015年。 血液型A型。 趣味は、音楽・ダンス・読書など。 高校に進学した際、同校の先輩であるが着ていたブレザーを譲り受け、着用している。 タレントのに似ているという理由で、「氷上のあやや」と一部のメディアに報じられた。 2010年の地元開幕戦では始球式を務めた。 あがり症で、競技の始まる前は胸に手をあて、祖父から教えられたおまじないをつぶやいている。 自身もフィギュアスケート選手として活動した6歳年上の姉・友季子は、妹は天才肌の・真央姉妹とは異なって「繊細」で「すごい緊張するタイプ」であり、「ポスト浅田真央」として五輪での活躍が期待された際にはプレッシャーに負けてしまうのではと心配していたという。 幼少期からの疾患をもっており、シーズンは特に酷く、火傷くらいになり、山田コーチとも相談して本番衣装を直前で変更するほど。 ファッションにも興味があり、今後の目標の一つとしての練習着をデザインすることを挙げている。 大の好きで、ゴーラーを自称している。 2016年食べたかき氷はなんと500杯。 ひと月あたり42000円も費やすことも明かされた。 愛犬家で、小学校3年生から2018年8月までの「チロル」と暮らしていた。 名付け親は元フィギュアスケート選手の。 2019年8月に元保護犬での「ViVi」を迎える。 スケート技術 によると小学6年のころには3回転を跳んでいた。 現在はアクセルを除く5種類の3回転ジャンプをプログラムに用いているが、はインサイドエッジで踏み切る癖があり、減点されることが多い。 コンビネーションジャンプでは、3回転トウループ-3回転トウループを得意としていたが、2011-2012シーズンはより難易度の高い3回転フリップ-3回転トウループを取り入れている。 経歴 生い立ち 出身。 、スポーツ科学部競技スポーツ科学科卒業。 のリンクでスケートを始めた6歳年上の姉・友季子 についていき、3歳からスケートを始める ジュニア時代 2008-2009シーズンから主催のジュニアクラス競技会に参加。 JGP 初出場となるで優勝し、に進出した。 国内では3位となりに出場。 選手中最年少ながら7位となり新人賞を受賞した。 2009-2010シーズン、トルン杯とクロアチア杯、全日本ジュニア選手権、でそれぞれ優勝。 初めて出場したシニアの国際大会・でも優勝を果たす。 では5位入賞。 初出場のでは日本女子シングル選手6人目の優勝者になった。 シニアデビューとソチオリンピックまでの道のり 2010年NHK杯 2010-2011シーズンよりシニアのに参戦。 ではショートプログラムで2位につけるも、フリースケーティングはジャンプで3度転倒するなどして5位、総合3位となった。 2戦目のではSP、フリーともに2位とで総合優勝。 では、2位と0. 01ポイント差の3位(日本人最高位)に入った。 では、に次ぐ3位となり、自身初めてとなるの代表に選出された。 当初日本の東京で予定された2011年世界選手権は開催前ので中止・約1か月延期され、ロシアのモスクワで代替開催となった。 その自身初出場の世界選手権ではSPで出遅れ10位、フリーで7位となるも総合8位に留まった。 2011-2012シーズンは新たに3回転-3回転のコンビネーションを取り入れた構成に挑むも、では6位、4位と成績が振るわず出場を逃した。 では、ショートプログラムで1位になるものの、フリースケーティングではステップの途中で転倒してしまうなどミスが目立ち、総合3位に終わった。 は、標高2,000m近くので開催された影響もあってか、体調不良のアクシデントもあり総合4位に留まる。 2年連続2回目の出場となる(・)は、SPでほぼノーミスの演技で2位の好発進だったが、フリーでは3回転フリップが両足着氷やが2度共1回転半になるなど失敗が重なり5位、総合順位も5位に下がりメダル獲得はならなかった。 初出場のではSPでパーソナルベストをマークし3位につけたが、フリーではミスが続いて8位で自身の成績は総合6位に終わるも、日本代表としては総合優勝を果たした。 2012-2013シーズンでは、ショートプログラムでも、今までフリースケーティングで行われていた後半基礎点が1. 1倍になる制度が導入され、ステップから入り後半にジャンプを固める珍しい構成のプログラムに挑戦。 シーズン前半はミスが目立ったが後半は安定した演技を見せ、は2位、3位に入る。 (・)では、結果同大会自身最高順位となる総合4位に入り、翌2014年の女子シングル日本代表は、浅田真央の3位との成績で最大の「3枠」を確保した。 ソチオリンピック 2013-2014シーズンの第3戦のでは、総合4位と表彰台を逃した。 さらに第6戦では、SPの冒頭で他の選手の曲である「」が流れるというアクシデントに見舞われ、直後の演技で3回転-3回転の連続ジャンプが2回転-2回転になるなどジャンプにミスが出てしまい最下位の9位、翌日のフリーでは2つのジャンプで回転不足を取られた以外はほぼ完璧な演技も4位、総合7位で進出は果たせなかった。 その後、ショートプログラムを2シーズン前のヴァイオリンミューズに戻し、プログラム変更後最初の試合となったでは、変更したショートプログラム、そしてフリースケーティングともにほぼ完璧な演技をして総合2位に。 初出場となる念願の出場権を獲得した。 ではフリースケーティング・トータルスコア共に自己ベストを更新し、同大会初優勝を飾った。 しかし期待されたソチ五輪の女子シングル本番(団体戦は欠場、個人戦のみ出場)は、ショートプログラムでの3回転フリップが1回転に抜けるミスが響き、15位発進と大きく出遅れる。 フリースケーティングでも3回転ルッツでバランスを崩し、3回転ループが2回転になるなどのジャンプ失敗で得点を伸ばせず12位、結局総合12位に終わり8位入賞には届かなかった。 4年連続出場の(日本・)でも、SP10位・フリー共に10位の総合10位に留まった。 今シーズン限りで引退も考えていた中「このままでは満足出来ない。 次に向けてもう一度やり直す」と来シーズンへの現役続行を宣言した。 ソチオリンピック以降 2014-2015シーズンのGPシリーズでは、で3位に入るも、はフリーでを犯してしまい4位に終わる。 ではSP9位と大きく出遅れるが、フリーで挽回して4位に。 同大会では総合5位に留まったが、過去の実績等が考慮され5年連続5回目の(・)代表入りを獲得した。 その世界選手権のSPではシーズンベストを更新する4位の好位置につけたが、フリーのみでは8位と順位を下げて総合成績は7位に留まり、念願の世界選手権メダル獲得はならなかった。 2015-2016シーズンのGPシリーズでは、で4位、続くでは、の影響でフリーが中止になり、SPの結果だけで最終成績は4位に終わり、2戦とも表彰台を逃した。 は、総合7位に終わり、(・)、代表から落選した。 しかし、浅田真央が四大陸選手権の出場を辞退したため、急遽繰り上げ出場となった。 SPは3季ぶりにパーソナルベストを更新し、2位につけたが、フリーで失速し、総合7位となった。 現役引退 ソチオリンピック以降の3年間は思うような結果を出せずに苦しい日々を送り、左足のを抱える中で「最後になってもいい、自分の納得できる演技をしたい」と臨んだ2016年12月末のにおいて8位となって、「スケート人生の全てを出せました」として引退を示唆。 の補欠に選出されたことからシーズン中は練習を継続し、2017年3月に中京大学を卒業。 シーズン終了後となる2017年4月23日に自身の公式サイトにおいて直筆メッセージにて現役引退を表明し 、同日開催ののエキシビションに出演して、「現役スケーターとして最後の演技になります」とアナウンスされた。 今後はプロスケーターとして活動していくことを表明した。 現役引退後は、2017年4月29日に開催された『』()に出演して、プロフィギュアスケーターとして活動を開始。 また山田満知子のもとで修行しつつ指導者を目指し、将来は「五輪に選手を連れて行けるコーチになりたい」としている。 さらに2018年のではフィギュアスケート解説者として複数の局にまたがって出演し、安定感のある技術的な解説に親交の深い浅田真央とのエピソードなど斬新な視点も織り交ぜて高評価を得ている。 タレント活動 現役引退後に活動を行っていたの影響を受け、「自分もこういうテレビに出てみたい、楽しいからこっちで頑張りたい」としてタレント活動を開始。 2017年6月放送の『』()でに初出演。 喜怒哀楽を思いきり表現する豊かな表情と視聴者を元気づける笑顔が評価され、2017年10月から『』()にレギュラー出演して、スポーツ選手として初めて同番組のを務める。 多数のバラエティ番組で引っ張りだことなり、2018年に入ると社「2018上半期」の「」部門にて昨年同期比119本増で第1位を獲得 、年間でも第4位にランクインした。 」を担当しデビュー。 また同月放送の『』()でに初出演し宝飾店の店員役を演じてデビュー 、同年11月放送の発『』()では主役に次ぐ2番手となる女性役で出演する。 また同年2月からは『BRASS presents ブラス・ミュージック』()で初のを務める。 J - ジュニアクラス 詳細 2016-2017 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2016年12月22日-25日 () 12 58. 52 7 124. 03 8 182. 55 2016年11月4日-6日 () 10 55. 25 11 95. 78 11 151. 03 2016年10月21日-23日 () 10 47. 87 9 97. 16 10 145. 03 2016年9月8日-11日 () 8 54. 61 6 96. 66 6 151. 27 2015-2016 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2016年2月16日-21日 () 2 68. 51 13 106. 61 7 175. 12 2015年12月24日-27日 () 4 66. 02 8 115. 56 6 181. 58 2015年11月13日-15日 () 4 58. 30 中止 4 2015年10月30日-11月1日 () 3 59. 79 6 111. 80 4 171. 59 2015年9月16日-20日 () 5 55. 58 8 92. 02 7 147. 60 2014-2015 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2015年4月16日-19日 () 5 62. 39 6 113. 32 3 団体 2015年3月23日-29日 () 4 65. 48 8 114. 18 7 179. 66 2015年2月19日-22日 () 1 61. 64 1 111. 27 1 172. 91 2014年12月25日-28日 () 9 57. 55 4 110. 74 5 168. 29 2014年11月28日-30日 () 3 64. 38 7 108. 71 4 173. 09 2014年11月7日-9日 () 3 60. 44 3 108. 95 3 169. 39 2014年10月4日-日 () - 4 114. 38 3 団体 2013-2014 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2014年3月24日-30日 () 10 60. 86 10 111. 58 10 172. 44 2014年2月6日-22日 () 15 55. 60 12 115. 38 12 170. 98 2014年1月20日-25日 () 1 64. 73 1 132. 18 1 196. 91 2013年12月20日-23日 () 3 67. 42 2 135. 10 2 202. 52 2013年11月22日-24日 () 9 49. 24 6 113. 22 7 162. 46 2013年11月1日-3日 () 4 57. 33 4 108. 62 4 165. 95 2013年10月5日-日 () - 5 102. 15 1 団体 2012-2013 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2013年3月10日-17日 () 3 66. 64 7 123. 09 4 189. 73 2013年2月8日-11日 () 3 64. 04 3 116. 99 3 181. 03 2012年12月20日-24日 () 5 57. 26 2 126. 41 2 183. 67 2012年11月9日-11日 () 6 56. 78 3 109. 56 4 166. 34 2012年10月26日-28日 () 4 56. 21 4 111. 83 3 168. 04 2011-2012 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2012年4月19日-22日 () 3 63. 78 8 95. 84 6 159. 62 2012年3月26日-4月1日 () 2 62. 67 5 112. 74 5 175. 41 2012年2月9日-12日 () 3 63. 45 5 105. 87 4 169. 32 2011年12月22日-26日 () 1 65. 56 6 107. 13 3 172. 69 2011年11月18日-20日 () 4 55. 77 4 105. 54 4 161. 31 2011年11月4日-6日 () 4 53. 09 7 97. 11 6 150. 20 2010-2011 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2011年4月25日-5月1日 () 10 54. 86 7 112. 24 8 167. 10 2011年1月30日-2月6日 第7回() 1 54. 48 1 122. 56 1 177. 04 2010年12月24日-27日 () 3 61. 50 3 126. 02 3 187. 52 2010年12月9日-12日 () 3 61. 47 2 117. 12 3 178. 59 2010年11月11日-14日 () 2 54. 75 2 110. 18 1 164. 93 2010年10月21日-24日 () 2 56. 10 5 94. 06 3 150. 16 2009-2010 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2010年3月8日-14日 () 2 59. 00 1 106. 47 1 165. 47 2009年12月25日-27日 () 5 60. 28 5 116. 33 5 176. 61 2009年12月3日-6日 () 2 59. 52 1 101. 01 1 160. 53 2009年11月21日-23日 第78回() 1 58. 96 1 106. 89 1 165. 85 2009年10月28日-11月1日 () 1 59. 40 1 111. 01 1 170. 41 2009年10月7日-10日 () 1 59. 74 1 95. 18 1 154. 92 2009年9月9日-12日 () 1 56. 16 1 104. 69 1 160. 85 2008-2009 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2009年3月6日-7日 ジュニアクラス() 1 48. 16 1 87. 98 1 136. 14 2008年12月25日-27日 () 7 55. 74 8 92. 09 7 147. 83 2008年12月10日-14日 () 2 51. 04 3 90. 59 4 141. 63 2008年11月23日-24日 第77回() 7 48. 94 1 94. 55 3 143. 49 2008年10月15日-18日 () 1 55. 52 2 98. 32 1 153. 84 2008年9月24日-28日 () 2 46. 58 3 80. 29 3 126. 87 2007-2008 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2007年10月27日-28日 第11回 Aクラス() 5 71. 60 5 71. 60 2006-2007 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2006年10月28日-29日 第10回 Aクラス() 7 71. 62 7 71. 62 2005-2006 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2005年10月29日-30日 第9回 Bクラス() 2 65. 30 2 65. 30 2004-2005 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2004年10月23日-24日 第8回 Bクラス() 4 4. 0 4 4. 0 2003-2004 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2003年10月25日-26日 第7回 Bクラス() 10 10. 0 10 10. 0 プログラム使用曲 シーズン SP FS EX 2016-2017 歌劇『』より ジプシーダンス 作曲: 振付: 歌劇『』より 作曲: 振付:樋口美穂子 2015-2016 ロクサーヌのタンゴ 映画『』より ボーカル: 振付:樋口美穂子 映画『』より 作曲: 振付:樋口美穂子 ボーカル:、 2014-2015 シンク・オブ・ミー 映画『』より 作曲: ボーカル: 振付:樋口美穂子 映画『オペラ座の怪人』より 作曲:アンドルー・ロイド・ウェバー ボーカル: The Mirror 振付:樋口美穂子 ネクター・フラメンコ by エドアルド・ニエブラ フレンテ・ア・フレンテ by ルシア・メンデス 振付:、樋口美穂子 2013-2014 バイオリン・ミューズ 曲: 振付:樋口美穂子 スウィングメドレー Catgroove、Libella Swing、Swing Bop 振付: パパ・キャン・ユー・ヒア・ミー 映画『』より 作曲: 振付: I Want to Spend My Lifetime Loving You 映画『』より 作曲: ボーカル:、 振付:樋口美穂子 King of Anything 曲: 振付: 2012-2013 プレイヤー・フォー・テイラー 作曲: 振付: 作曲: オブリビオン 作曲: 振付:パスカーレ・カメレンゴ Where you are ミュージカル『』より 作詞・作曲:ジョン・カンダー、フレッド・エッブ Rolling in the Deep Someone Like You 曲: 2011-2012 バイオリン・ミューズ 演奏: 振付:山田満知子、樋口美穂子 作曲: 振付:マリナ・ズエワ 愛は深く ボーカル: ネクター・フラメンコ by エドアルド・ニエブラ フレンテ・ア・フレンテ by ルシア・メンデス 2010-2011 ジャンピン・ジャック 演奏:ビッグ・バッド・ブードゥー・ダディー 振付:山田満知子、樋口美穂子 映画『マスク・オブ・ゾロ』より 作曲:ジェームズ・ホーナー 振付:山田満知子、樋口美穂子 ビー・イタリアン 映画『』より ボーカル: 作曲:モーリー・イェストン 振付:樋口美穂子 2009-2010 ネクター・フラメンコ by エドアルド・ニエブラ フレンテ・ア・フレンテ by ルシア・メンデス 振付:山田満知子、樋口美穂子 作曲: 振付:山田満知子、樋口美穂子 ミス・ボルチモア・クラブ 映画『』より ボーカル: 作曲: 2008-2009 映画『』より 映画『』より 振付:山田満知子、樋口美穂子 ディアブロ・ロホ by セレクション・オブ・ホセ・ルイス・エンシナス バーモス・ア・バイラール by 振付:山田満知子、樋口美穂子 ベイビー・フェイス [ ] 振付:樋口美穂子 2006-2007 - コットンクラブ - メディア出演 バラエティ番組• (2017年10月21日 - 、) -• 2018年、 - レポーター 不定期出演• 」〈毎週月曜〉担当• (2018年08月30日 - 、) - MC テレビドラマ• 第2話(2019年1月20日、TBS) - 宝飾店店員 役• 発 「」(2019年11月27日、) - 佳野久美 役 ラジオ番組• presents ブラス・ミュージック(2019年2月 - 、) - 脚注 []• フィギュアスケート強化選手. 2013年. 2013年7月1日閲覧。 2018年8月2日. 2019年7月29日閲覧。 2017年3月19日. 2017年7月20日閲覧。 コトバンク• 「 2010年12月13日, at the. 」、2010年12月10日• 「 2010年12月23日, at the. 」、2010年12月10日• : p. 2018年7月9日. 2019年7月29日閲覧。 「」『東スポWeb - 東京スポーツ新聞社』。 2018年5月14日閲覧。 「」『ペトこと』。 2019年10月26日• 「」『ペトこと』。 2019年10月21日• 著『素直な心が才能を伸ばす! 』青春出版社、2007年4月、p. 191• ORICON NEWS. 2018年7月8日. 2019年7月29日閲覧。 2018年7月9日. 2019年7月29日閲覧。 「NewS Every年末SP」中京テレビ 2010年12月28日放送において村上自身談。 「 2014年4月11日, at the. 」デイリースポーツ、2014年3月30日• 2016年12月26日. 2017年7月20日閲覧。 Sponichi Annex. 2017年4月23日. 2017年7月20日閲覧。 スポーツ報知、2017年4月23日• 産経新聞、2017年4月23日• スポーツニッポン新聞社. 2017年4月29日. 2019年7月29日閲覧。 2017年4月24日. 2017年7月20日閲覧。 高木恵 2017年4月24日. 2017年7月20日閲覧。 zakzak by. 2018年2月19日. 2019年8月2日閲覧。 Smart. 2018年3月21日. 2019年8月2日閲覧。 オンライン : p. 2019年1月9日. 2019年8月2日閲覧。 ORICON NEWS. 2017年6月14日. 2018年1月15日閲覧。 2017年10月19日. 2017年10月30日閲覧。 ネットネイティブ. 2017年10月18日. 2017年10月30日閲覧。 ORICON NEWS. 2018年7月6日. 2019年7月29日閲覧。 ORICON NEWS. 2018年12月3日. 2019年7月29日閲覧。 2019年1月7日. 2019年7月29日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年1月13日. 2019年7月29日閲覧。 クランクイン! ハリウッドチャンネル. 2019年1月18日. 2019年7月29日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年7月29日. 2019年7月29日閲覧。 によるフリー種目の中止でSPの順位が最終結果となった。 『フィギュアスケートDays Plus 2009-2010女子シングル読本』ダイエックス出版、2009年9月、p. 「[特集]氷上を彩る華麗なステージ アイスショー2009: ザ・アイス」『フィギュアスケートDays vol. 10』ダイエックス出版、2009年10月、pp. 38-41• SPとFSの振付出典:『日本女子フィギュアスケートキャラクターブック 2008-2009』マガジンハウス、2008年10月、p. 8』ダイエックス出版、2009年2月、pp. 76-77• 『フィギュアスケートDays vol. 1』DAI-X出版、2006年11月、p. 日本語. モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース. 2018年10月6日閲覧。 、2019年1月17日閲覧 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• - バイオグラフィーとオリンピックでの成績 (英語)• Canyanpy1107 - 1976:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013-2014:• 2015:• 2016:• 2017:• 2018-2019: 1979:• 1980: 非開催• 1981:• 1982:• 1983:• 1984: 非開催• 1985:• 1986:• 1987: 非開催• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995-1997:• 1998:• 1999-2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008-2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013:• 2014:• 2015:• 2016:• 1933:• 34:• 35:• 36:• 37-38:• 39:• 40-46: 中止• 47:• 48: 中止• 49:• 50-51:• 52:• 1953:• 1954:• 55:• 56:• 57:• 58:• 59:• 60:• 61-62:• 63:• 64:• 65:• 66:• 67:• 68:• 69:• 70:• 71:• 72:• 73:• 74:• 75:• 76:• 77:• 78:• 79:• 80:• 81:• 82:• 83:• 84:• 85:• 86:• 87:• 88-89:• 90:• 91:• 92:• 93:• 94-96:• 97:• 98-99:• 2000:• 01-03:• 04:• 05:• 06:• 07:• 08:• 09:• 10:• 11-12:• 13:• 14-15:• 16:• 17:• 18:• 19:• 開催年は年度• 女子S.

次の