平嶋 夏海 井深 克彦。 山本タクとは

商品詳細

平嶋 夏海 井深 克彦

記念すべき1作目、21歳。 OP:ダイジェスト C1:ビーチ、水色ビキニ。 C2:白ビキニ。 後半寝そべり全身接写。 C3:バイク。 レースクイーンの様に黒ビキニに上着。 バイクにまたがるのみで動きは少ない。 C4:ベージュのビキニに熊のミミと手袋。 C5:赤ビキニ、白ブラウスを羽織りゴロゴロ。 C6:水色ワンピ、散歩に食事。 C7:パジャマ上を着てベッドゴロゴロ。 C8:虹色の水着、プール。 水中撮影も少々あり。 C9:タンクトップにホットパンツ、自転車。 カーキビキニに穴あきレースを挟んだ構成。 C10:カーキビキニのみ、じっくり接写。 C11:花風呂。 ほとんど中に浸かっており最後に熊が覗いて追いかける。 C12:花風呂から出てきて、白ビキニでたたずむ。 花柄ビキニ、寝そべったり、一瞬鼓間も。 どのチャプターも演じている感が少なく、素の可愛さを感じやすい内容なのが良いですね。 露出は3作目以降にゆずりますが、紐パンこそないもののビキニ中心で胸の形も分かり、少しだけハミ支離もあります。 熊と対話形式というのも可愛さの演出に一役買っているかもしれません。 過激な露出をお求めの方は、3作目以降がお勧めですが、魅力がよく出た本作も是非お勧めです。 私は以前からAKBの初期メンバーである平嶋夏海さんの大ファンでした。 平嶋さんがスキャンダルで活動を辞退したときも、こんなにきれいな女の子なのだから、浮いた話がないはずがない、それよりもファンのためにもう少し悪あがきをしてくれても良かったのではないかと思いました。 地方に住んでいるため、平嶋さんがAKBを辞めてからは応援をするすべがなくなりましたが、今回DVDやカレンダーを発売するということで、やっとまた応援が出来ると思い、さっそく購入してみました。 AKB時代に比べ、少しやせていて、とても美しい女性になったなと思います。 アイドルDVDとしても、かなりレベルは高いと思います。 AKB時代を知らない方にもかなりおすすめです.

次の

それは役割であって業種ではない

平嶋 夏海 井深 克彦

記念すべき1作目、21歳。 OP:ダイジェスト C1:ビーチ、水色ビキニ。 C2:白ビキニ。 後半寝そべり全身接写。 C3:バイク。 レースクイーンの様に黒ビキニに上着。 バイクにまたがるのみで動きは少ない。 C4:ベージュのビキニに熊のミミと手袋。 C5:赤ビキニ、白ブラウスを羽織りゴロゴロ。 C6:水色ワンピ、散歩に食事。 C7:パジャマ上を着てベッドゴロゴロ。 C8:虹色の水着、プール。 水中撮影も少々あり。 C9:タンクトップにホットパンツ、自転車。 カーキビキニに穴あきレースを挟んだ構成。 C10:カーキビキニのみ、じっくり接写。 C11:花風呂。 ほとんど中に浸かっており最後に熊が覗いて追いかける。 C12:花風呂から出てきて、白ビキニでたたずむ。 花柄ビキニ、寝そべったり、一瞬鼓間も。 どのチャプターも演じている感が少なく、素の可愛さを感じやすい内容なのが良いですね。 露出は3作目以降にゆずりますが、紐パンこそないもののビキニ中心で胸の形も分かり、少しだけハミ支離もあります。 熊と対話形式というのも可愛さの演出に一役買っているかもしれません。 過激な露出をお求めの方は、3作目以降がお勧めですが、魅力がよく出た本作も是非お勧めです。 私は以前からAKBの初期メンバーである平嶋夏海さんの大ファンでした。 平嶋さんがスキャンダルで活動を辞退したときも、こんなにきれいな女の子なのだから、浮いた話がないはずがない、それよりもファンのためにもう少し悪あがきをしてくれても良かったのではないかと思いました。 地方に住んでいるため、平嶋さんがAKBを辞めてからは応援をするすべがなくなりましたが、今回DVDやカレンダーを発売するということで、やっとまた応援が出来ると思い、さっそく購入してみました。 AKB時代に比べ、少しやせていて、とても美しい女性になったなと思います。 アイドルDVDとしても、かなりレベルは高いと思います。 AKB時代を知らない方にもかなりおすすめです.

次の

それは役割であって業種ではない

平嶋 夏海 井深 克彦

あらすじ ウィリアム シェイクスピアの三代悲劇の一つ、ハムレットにおけるあまりにも有名な台詞の一つに、「To be not to be」という言葉がある。 「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」「あるべきかあらなくべきか、それが問題だ」様々な形で訳されているこの言葉は、おそらく演劇界で最大かつ永遠の謎である。 これは、そんな言葉に触発された「人生」という人類最大の謎に直面している芸術を愛してやまない主人公達と、それを取り巻く人間達の物語。 舞台が大好きな主人公、演太(エンタ)は、高校演劇で名高い聖シェイクスピア高校の夜間部に転校し、さっそく『演劇部』に入ろうとするが、夜に授業を受ける夜間部の生徒は入部出来ないことを知る。 授業を抜け出して演劇部に行ってみると、演太の幼馴染である舞ノ助(マイノスケ)を筆頭に高校演劇の精鋭ばかりだった。 歌舞伎の名家「十八代菊川家」次男の舞ノ助と、ただただ純粋な気持ちで舞台に憧れる演太は常に衝突する。 演太は、担任の肩身セマ子先生の力を借り、様々な事情を抱え自分の事で精一杯な夜間部に、もうひとつの演劇部を作る決意をする。 はじめこそやる気が起きなかったセマ子が、演太の真っ直ぐな言葉を受けて心を動かされ、全国大会に出場できたら単位をあげるという条件で、渋々な夜間部の生徒達を演劇部に参加させる。 しかし、全国大会に出られるのは各学校一グループのみ…。 出場権をかけて、夜間部「モグラクラス」と普通科「タレントクラス」の戦いが始まる。 自身の出自にコンプレックスを抱き、舞台を踏み台に映画界進出を狙う舞ノ助と、純粋に舞台を愛し邁進する演太。 お芝居をするのが楽しくなり徐々に一致団結し始めるモグラクラス。 演劇をきっかけに徐々に個人のコンプレックスや思いが表面化しはじめ、大人たちの汚い思惑に振り回されていく生徒たち…。 人生の縮図とも言える演劇を舞台に、生きるべきか、死ぬべきか、若者たちの熱い思いを情熱的かつポップに描き出す青春ファンタジー。

次の