苦しまず死ぬ方法。 【安楽 恐怖】一番苦しまずにあの世に逝ける方法

苦しまずに死ねる自殺方法ってあるの?

苦しまず死ぬ方法

自分の一生を振り返ると、日本に生まれたことから始まり、いろいろな偶然の重なりで、きわめて幸運な男であった。 私はもう、この人生で十分に結構である。 このように御自分の人生には充分満足されていたようです。 亡くなる半年前に出たこの著作にそれを可能にしたヒントが書かれています。 変わらないものを知るには、古典を学ぶことである。 読み継がれてきて、今も残っている古典には、昔から変わらないものが書かれている。 ある程度の歳になったら、詩歌や人間論など不変の「本物」を学んだほうがいいというのは、そういうことからもいえる 老い先短いから今さら何を勉強しても無駄、ということではなく 人間を勉強の対象にするようになるということですね。 人生における腹の底からの幸せ感は、子供を持ち、孫を持つようになって初めて体験することができた。 しかも、若いときから幸福ではあったけれども、ジジババになってからの幸福感は、まことに格別なものである。 次に 家族を持つこと、だそうです。 私には子供が居ません。 別にいらないわけではないのです。 両親が存命ならなんとしても孫を抱かさなければと思ったはずですが、両親は早くに亡くなりましたので、どうしてもと言う気持ちが弱いのです。 (今でも孫を連れた老夫婦を見るとため息をつきたくなるときがあります) でも考えを改めて子供を作った方がよいのでしょうか。 そして最後は「苦しまずに死ぬ方法」ついて、です。 「七十にして心の欲するところに従って矩をこえず」という言葉がある。 今、この歳になると、なるほど、その意味がよくわかる。 矩をこえようと思っても、もうこえられないのである。

次の

首吊り自殺の仕組みと方法

苦しまず死ぬ方法

塩素系洗浄剤には「まぜるな危険」の表示が義務づけられている 最近、経験した家庭用洗剤を用いたガス中毒症による自殺の症例を報告したい。 患者は70歳代男性。 うつ病の診断により精神科で薬物治療中であり、これまで盛んに「死にたい」と妻や息子に訴えていたという。 ある晩、自宅でひとりになった時、患者はまず精神科で処方されていた睡眠薬を約20錠飲んだ。 そして、浴室にガムテープを張り巡らせて密閉状態にしてから、浴槽内でトイレ洗剤のサンポール(塩酸が主成分)と台所洗剤のキッチンハイター(次亜塩素酸が含有されている)を水に混ぜ、発生したガスを吸引し自殺を図った。 約50分後、外出していた妻と息子が帰宅すると、浴室内から刺激臭がするのに気がついた。 患者はもうろうとした状態で、呼吸は浅く、息苦しさを訴えていた。 ただちに換気を試みて、救急車を要請。 妻と息子も息苦しくなり浴室を出た。 約15分後に救急隊が駆け付け、浴槽内にサンポールとキッチンハイターを発見し、患者が吸引したのは塩素ガスであると判断。 「決して苦痛を伴うことが無く、楽に目的を完遂できる方法はあり得ない」 スーパーや薬局で売られている家庭用洗剤を用いた中毒自殺が社会問題となり、現在、家庭用品品質表示法によって、塩素系洗浄剤には「まぜるな危険:酸性タイプの製品とまぜると有害な塩素ガスが出て危険」の表示が義務づけられ、注意を喚起している。 塩酸を含むトイレやタイルの洗浄剤と、次亜塩素酸を含む漂白剤やカビ取り剤を混ぜると、塩素ガスが発生する。 塩素ガスを吸引すると、気道粘膜の水分と接触することにより反応して、塩酸や次亜塩素酸が産生されて、呼吸困難、頻呼吸、喘鳴(ぜんめい)、咳を訴え、胸が熱くなる。 さらに、目が痛くなり、声がかれるなどの症状も呈する。 そのほかに、頭痛、嘔吐、脱力感なども認められる。 この患者は、確実に自殺可能な状態を作り上げて実行した。 うつ病のために常日頃からの希死念慮(死にたいとの強い意志)を抱き、塩素ガスを吸引する前に大量の睡眠薬を飲んだことも、更に状態を悪化させたと思われる。 塩素ガスなどの気体を吸引した中毒症では、吸引した時間の長さ、十分な換気ができないなどの環境状態が、患者の生死に影響する。 また、高齢者や気管支喘息などの慢性肺疾患を有する患者が塩素ガスを吸引すると、重篤になりやすい。 近年、『完全自殺マニュアル』といった書籍やインターネットなどで、自殺方法に関する情報を簡単に収集することができるようになった。 そのような記事の中には「この方法は苦しむことなく、確実に死に至る」などと、あたかも自殺を奨励するがごとくの内容を認めることがある。 しかし、そんなことはない。 筆者は数多くの自殺企図した急性薬物、化学薬品中毒の患者に対しての治療を行ってきたが、「決して苦痛を伴うことが無く、楽に目的を完遂できる方法はあり得ない」と申し上げたい。 また、塩素は、化学兵器として、テロなどの目的で使用される可能性もあり、今後十分留意すべきであることも言い添えておきたい。 (文=横山隆 札幌中央病院腎臓内科・透析センター長).

次の

苦しまずに死ねる自殺方法ってあるの?

苦しまず死ぬ方法

まだ随分と先のことだが、どうやって自殺するか? 俺は少し以前に世の中にはどんな自殺方法があるのか、かなり集中して調べたことがあった。 世の中には本当に色々な、それこそ無数の自殺方法がある。 その中で俺はとにかく苦しまずに逝けて、かつ現実的に俺自身が無理なく実行できるものを探した。 苦しいのも、痛いのも嫌だ。 電車に飛び込んで自殺する奴の気が知れない。 あんなん絶対痛いじゃん。 すぐバラバラになるから痛みなんざ一瞬しか感じないとは思うけど、それでもちょー怖い、一瞬でも嫌だわ。 ビルなんかから飛び降りる投身自殺もそう。 地面に叩きつけられる瞬間を思うとゾッとする。 願わくば眠るように死にたい。 それを可能としてくれる薬も世の中にはあるみたいだが、残念ながらその多くは簡単には手に入らない。 しかし、それでも、限りなく理想に近い自殺を可能としてくれる方法があった。 ヘリウムガスによる酸欠死だ。 よくよくと調べたところ、どうやら濃度の濃いヘリウムガスを吸うという、たったこれだけのことで安楽死と同じくらい楽に、それこそ眠るように逝けるらしいのだ。 しかし、ヘリウムガスは現在では簡単に手に入る物だが、将来的にはわからない。 俺が自殺する頃には売ってないかもしれない。 やり方はかなり綿密に調べた。 それを書いたホームページなどが世間に問題視され、消されても大丈夫なようにワードにコピペして保管もしてある。 ヘリウムガス自殺についてかなり詳しく説明してくれているお婆さんの動画もダウンロード済みだ。 が、ヘリウムガスが売っていなければ実行しようがない。 そんな時の為の苦肉の策。 できるだけ苦しまずに逝く、ヘリウムガス以外の方法は、一応ある。 それは、首吊りである。 意外にも、首吊り自殺は全然苦しくないらしい。 吊り方に少しコツがあるようで、呼吸の気道を絞めてしまうと苦しいらしいのだが、首にロープを斜めに掛けて頸部の動脈を圧迫するようにすれば呼吸が出来る状態で首を吊ることができ、すぐに意識を失って苦しさなく逝けるというのだ。 ドアノブと縄さえあればできるという手軽さも素晴らしい。 ただヘリウムガスに比べるとちょっと怖いし少ないとはいえ苦痛も勝りそう。 それでもこの首吊りが俺の自殺方法第二候補であり、他に選択肢はいらないであろう。 あとは何処で死ぬか? ぶっちゃけ死んだ先のことなどどうでもいいので何処で死のうが構わないわけだが、それでも出来るだけ人様に迷惑をかけずに死のうかなと思うので、ヘリウムガスでの自殺が可能であれば、車の中で死ぬのが最善かなと思う。 自殺が阻害されないよう、外から車内が見えないようにできるワゴン車など、窓にカーテンが掛けられる少し大きめの車が良いだろう。 この日本に生まれて、平和に生き、そこまで人生をやり通せたなら俺は満足だ。 話しは逸れたが、以上が俺の自殺方法の全容だ。 大したものではないが、これで十分だと思う。 御遠慮ください。 こちらの記事もどうぞ syoji666.

次の