更年期 障害 症状。 更年期障害の症状はホルモンバランスが原因だった!

更年期障害の症状 一人ひとり症状や重症度は異なる

更年期 障害 症状

もちろん、更年期が始まる時期には個人差がありますが、閉経年齢で最も多いのが、50歳だといわれるので、45歳ぐらいがその目安といえます。 この女性更年期障害の時期には、神経質・のぼせ・・うつ・動悸・体のほてり(ホットフラッシュ)・脈が早まる・多汗(スウェッティング)・月経異常・めまいなど更年期特有の症状があらわれます。 また、更年期の時期は、子供の独立・夫の定年・親の介護など急激に生活のリズムが変わる時期でもあります。 生活のリズムが変わるような出来事により、精神的なイライラが起こり、そして体の不調が現れることが多くなります。 更年期症状を自覚した場合は、まずは病院での受診をオススメします。 自分ひとりで更年期について悩み、長く悩んでしまったために更年期の症状がひどくなるよりも、まずは病院の医師に相談してみましょう。 また、人によっては生活習慣の見直しをすることで更年期の改善が見られる方もいます。 一人で悩まず、家族や友人と協力して、更年期を乗り切りましょう。 特に女性の場合、閉経によって女性ホルモンが減少するため、の進行が早まる場合があります。 ビタミン・ミネラルなどバランスの取れた食事で栄養を十分に摂る。 【亜鉛】 は、ホルモンバランスを整える働きがあります。 女性の場合は、亜鉛が不足すると女性ホルモンの働きが悪くなったり、月経異常を引き起こしてしまう可能性があります。 特に更年期ともなれば、亜鉛不足がホルモンバランスをさらに乱れさせて症状を悪化させてしまうことにもありえます。 特に女性は、エストロゲンの減少によって、骨粗鬆症になる可能性が高まるため、更年期には摂って頂きたいです。 大豆製品などから摂れます。 ただ、最近の研究によれば、大豆イソフラボンの健康効果の恩恵を受けやすい人とそうでない人がいることが明らかになったそうです。 その違いは、エクオールを作り出すためのエクオール産生菌という腸内細菌を持っているかどうかです。 腸内細菌によって大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分をエクオールに変えることで、ダイゼインのままと比べ、よりエストロゲンに似た働きをすると言われています。 基礎体温をつける習慣を持つことで、ホルモンバランスの変化も早期に気づくこともでき、更年期障害にも早めに気づくことができます。 基礎体温を測り、グラフをつけると、例えば、「低温期が短くなった」「高温期が短くなった」などあなたの体の変化に早めに気づくことにつながると思います。 家族との会話をする機会を増やす 相性の合う医師・病院を見つけておく できれば更年期(更年期障害)になる前に、相性の合う医師・病院(婦人科など)を見つけておき、体調に違和感があれば、相談をしてみましょう。 更年期障害になったときでも安心して治療に専念できるはずです。 一人で悩まず、家族や友人と協力して、更年期を乗り切りましょう。

次の

更年期障害の症状まとめ!40代以降の女性を襲う辛い症状まとめ

更年期 障害 症状

閉経 1年間月経がない状態 の平均年齢は、50. 5歳ですが、これを挟んだ前後10年間を更年期と呼びます。 卵巣から分泌される女性ホルモン エストロゲンとプロゲステロン は、20~30代でピークを迎えますが、40代に入ったころから急激に低下が始まります。 これにともなって、さまざまな身体的、精神的症状が現れるのが更年期障害です。 個人差はありますが、早い人は40代に入ってすぐ症状を自覚することもあります。 女性ホルモンの低下はすべての女性に起こりますが、全員が更年期障害を起こすわけではありません。 更年期障害を起こす背景には、心的ストレスや性格的なものが強く影響し、たいした症状を感じないまま過ぎる場合もあれは、日常生活に支障をきたすほどひどくなる場合もあります。 症状も千差万別で、重い人も軽い人も、あまり不調を感じない人もいます。 40代、50代は家庭の主婦であれば、子どもの成長と独立、夫の定年、親の加齢による病気や死、などの変化が訪れるときであり、また働く女性には仕事の責任が増してくる時期です。 もちろん、その両方をこなしている女性も現代では多いことでしよう。 特にこの世代は、高学歴で社会経験があり、結婚や妊娠で仕事を辞めるケースが多かったので、子育ての終了とともに生きがいを喪失してしまうことがあります。 ポテンシャルは高いのに、そのエネルギーの使い道が見つからない、ということです。 これが更年期障害の原因になることも多いのです。 このような外的なストレスに加えて、体の中ではホルモン低下という変化が起こるので、上手にストレスマネージメントができないと、更年期障害は重症化してしまいます。 女性ホルモンの低下による不調に対しては、ホルモン補充療法 HRT やによる治療が行なわれます。 HRTに使うホルモン剤はいろいろありますので、症状により使い分けができます。 ホルモン剤は内服薬のほかに、皮膚に貼るパッチ剤や皮膚に塗るジェル剤もあります。 腟の乾きやには、ホルモン剤の腟錠や潤滑ゼリーなどが有効です。 ホルモン剤と漢方薬を併用して使うこともできますし、漢方薬だけで対処する場合もあります。 また、自律神経調整薬、睡眠剤や向精神薬を使うこともあります。 ここで大事なのは、更年期障害の背景に心的ストレスや性格的なものがあるので、薬物療法だけでは十分でないことがある、ということです。 カウンセリングが有効なこともあります。 平均寿命が80歳を超えるようになった今、更年期から後の人生が昔に比べ長くなっています。 ある意味、更年期は人生のターニングポイントです。 ここでもう一度自分の人生を見直し、今までの生活パターンをシフトさせることこそ、この時期に必要なことです。 更年期をネガティブに捉えず、生きがいを持って生き生きとした毎日を過ごすことが更年期障害の予防といえます。

次の

更年期障害とは?

更年期 障害 症状

年齢が 50代~60代を過ぎ、 身体が火照ったり、変に汗をかいたり イライラ、疲労感などの 症状が身体に出たことは無いですか? それってもしかすると 更年期障害の症状かもしれません。 更年期障害は女性だけと 思われがちですが 実は 男性も更年期障害になります。 特に 性ホルモンのバランスが乱れてしまうと 更年期症状が出現しやすい状態となってしまうのです。 ではなぜ、性ホルモンが減少すると 更年期障害が起こってしまうのかを 解説していきます!🙌 更年期障害とは? 「閉経」とは、卵巣の活動性が次第に消失し、ついに月経が永久に停止した状態をいいます。 月経が来ない状態が12か月以上続いた時に、1年前を振り返って閉経としています。 日本人の平均閉経年齢は約50歳ですが、個人差が大きく、早い人では40歳台前半、遅い人では50歳台後半に閉経を迎えます。 閉経前の5年間と閉経後の5年間とを併せた10年間を「更年期」といいます。 更年期に現れるさまざまな症状の中で他の病気に伴わないものを「更年期症状」といい、その中でも症状が重く日常生活に支障を来す状態を「更年期障害」と言います。 引用:公益社団法人 日本産婦人科学会 つまり、閉経前や終了時に性ホルモンが減少したことで 日常生活にまで支障をきたす症状が 出現した時を 更年期障害といいます。 この性ホルモンは 主に 脂質 コレステロール で出来ているため 脂質を制限しすぎると、 ホルモンバランスが乱れる特徴があります。 次にこの性ホルモンは どのように生活を行えば より作ることができ更年期の問題を解決できるのかを お伝えいたします!🙌 性ホルモンを増やす方法とは? 更年期障害に対しては 基本的にホルモン剤を打つことや、 更年期障害の症状に対し 治療は行われます。 その為性腺の質を上げるために アミノ酸が必要となってきます! アミノ酸とは、 身体を構成しているたんぱく質を分解したもの。 つまりたんぱく質を細かく分解し バラバラにするとアミノ酸になります! 人の身体はたんぱく質で大半作られ、 そのたんぱく質を分解したものをアミノ酸といい、 身体を構成し、 細胞の質を向上させる栄養素です。 その為、 まずはたんぱく質を分解できる状態に なっておかなければなりません。

次の