モバイル オーダー マクド。 マクドナルドでモバイルオーダー 支払いはクレジットカードでスムーズに

マクドナルドでモバイルオーダー 支払いはクレジットカードでスムーズに

モバイル オーダー マクド

【行列解消革命!マックのモバイルオーダーとは?】 マックが連日の行列を解消すべく、 「モバイルオーダー」を開始すると発表しました。 それでは気になる「モバイルオーダー」について、簡単に説明させて頂きましょう。 マックの 「モバイルオーダー」とは、 事前にアプリを経由して注文しておくと、来店時に行列に並ばなくても注文したメニューを受け取ることができるサービスのことです。 マックの行列は諦めるほどすごかったため、このサービスは画期的と言えますね! 【モバイルオーダーの方法を順番に解説!】 それでは実際にどのようにモバイルオーダーを行う方法を解説していきたいと思います。 大きく分けると、 全部で7ステップから構成されます。 モバイルオーダー専用のアプリをダウンロードする。 受け取る店舗、時間帯を選ぶ。 食べたいメニューを選ぶ。 受け取る店舗に行く。 受け取り方法を選ぶ。 支払い方法を選ぶ。 注文したメニューを受け取る。 それでは順番に解説していきましょう! 『1. モバイルオーダー専用のアプリをダウンロードする』 まずは モバイルオーダー専用のアプリをダウンロードする必要があります。 但し、 現状「iPhone」「iPad」「iPod touch」にしか対応していません。 従って、残念ながら「Android」に対応していないため、今後の追加対応を待ち望むしかありません。 ちなみにバージョンは「iOS9. 0」以降でないと、正常にアプリが起動しないことがあるのでご注意を! 『2. 受け取る店舗、時間帯を選ぶ』 このサービスはデリバリーではないので、 自分が受け取る店舗を選択する必要があります。 そしてメニューが時間帯によって異なる(朝マックやレギュラーメニュー)ため、時間帯の入力もお忘れなく! 『3. 食べたいメニューを選ぶ』 注文するメニューを選択します。 クーポンも利用できるので、これは便利です! ちなみに、「ピクルス抜き」「ケチャップ多め」などといったオプション対応は現状選択することができません。 今後のサービス向上に期待ですね。 受け取る店舗に行く』 自分が指定した店舗へ向かいます。 ちょっと距離がある場合は、少し余裕を持って時間指定したいところです。 受け取り方法を選ぶ。 』 お店に着いたら、受け取り方法を選択します。 受け取り方法は、大きくわけて3通りあります。 自分でカウンターで受け取る。 店内の席までスタッフに持ってきてもらう。 テイクアウト 時間帯によって選択できる受け取り方法は変化し、例えばお客さんが混み合う食事タイムはカウンターまで運んでくれる選択はちょっと厳しくなります。 ちなみに、 テイクアウトとはカウンターでの受け取りのみとなっていて、ドライブスルーは未対応となっています。 支払い方法を選ぶ』 受取り方法を選んだら、最後に支払方法を選択します。 現状はクレジットカードとLine PAYでのみ利用できます。 今後はdポイントや交通系マネーでの利用も対応していってほしいところです。 なお、使用可能なクレジットカードは以下となっています。 Visa• Mastercard• JCB• Diners Club INTERNATIONAL 『7. 注文したメニューを受け取る』 支払方法が完了すると、ここで初めてオーダーが通ります。 カウンターで受け取りであれば、インフォメーション画面を見て、自分の順番が来るのを待つだけとなります。 なお、自分の番号には 「M」(モバイルオーダーの頭文字かと思われます)が頭に付きますので、わかりやすくなっています。 以上がモバイルオーダー完了までのステップとなります! 【まだまだ謎が多いモバイルオーダー!疑問を全部マックに直接聞いてみました!】 まだ導入が限定的なモバイルオーダーですが、今後全国展開されていく方針ということなので、身近な存在になっていくことは間違いなさそうです。 モバイルオーダーはまだまだ謎が多いので、直接マックに聞いてみて、気になるところや疑問を解消していきたいと思います! 今後の本格的導入を控え、以下の項目について聞いていきますよ!• 事前に注文しているのに、お店に着いてからじゃないと作り始めてくれないのか?• どうして受け取り方法にドライブスルーがないのか?• 決済方法はクレジットカード以外の方法は今後増えるのか?(dポイントや株主優待券など)• アプリは今後「Android」も対応されていくのか?• そもそも電話注文はできないのか? それではどんどん聞いていきましょう! なお、電話の内容は僕の記憶で構成しているため、表現や内容に一部誤りがあることがありますが、ご容赦ください。 では例えば自宅からマックへ出発する際に、自分で自宅からチェックインを行うことは可能なのでしょうか? マック「はい、 ご自分でチェックインを完了させることは可能となっております。 短い距離であれば、それでも問題ないと思います。 そのためドライブスルーは受け取り方法から除外させて頂いております。 とても納得できました。 マック「ご理解頂き、ありがとうございます。 ただ ドライブスルーでの受け取りを望まれるお客様もいらっしゃいますので、現在検討を進めております」 ーーーモバイルオーダー用のドライブスルー窓口を設けないと難しいような気がしないでもないですが、検討を進めてもらえるのはありがたいですね。 ただ「Android」ユーザーはしばらくマックを予約することはできなさそうですね。 もちろん直接問い合わせることも可能となっていますので、マック公式HPのフォームを確認してみてください! もし直接問い合わせることに躊躇するような場合には、僕が代わりにマックに直接聞いていこうと思います! せっかく待望のサービスを始めてくれるのですから、疑問はどんどん解消していきたいですね! カテゴリー•

次の

マック席から注文できる「モバイルオーダー」に注目

モバイル オーダー マクド

マクドナルドが、スマートフォンから事前注文できる「モバイルオーダー」の全国展開を1月28日に開始した。 モバイルオーダー自体は2019年4月に静岡県を静岡を皮切りにスタートしており、28日から関東・近畿地方で導入された全国展開が実現された。 モバイルオーダーの導入は昨今のファーストフード業界におけるトレンドでもあり、バーガーキングやケンタッキーフライドチキンでも導入されているが、マクドナルドの特徴は「店内席でのデリバリー」まで完結していること。 店舗のカウンターまで足を運ぶ必要はなく、席に座ってスマートフォンから注文するだけでテーブルに商品が届けられる。 なお、「全国展開」だが「全店舗で提供」ではないことに注意してほしい。 全国のマクドナルド約2,900店舗のうち、モバイルオーダーが利用できるのは約2,700店舗で、席まで商品を届けてくれる「テーブルデリバリー」は約1,700店舗。 席で注文して商品を受け取るためには、店舗がモバイルオーダーとテーブルデリバリーの両方に対応している必要がある。 対応店舗はマクドナルドのWebサイトから検索可能だ。 店舗検索 お店をさがす McDonald's 席で注文できる手軽さが便利 ファーストフードなどでは、注文したはいいものの座る場所がなかったり、注文する前に座席を確保するよう店員に促されたりすることもある。 座席確保用のカードなどを用意している店舗もあるが、ほとんどの場合座席確保は自分の私物を置いておく、というルールで運用されているのが実情だ。 私物をおいて座席を離れるのはセキュリティの観点で問題がある。 そうした慣習に慣れている日本人ならまだしも海外の旅行客には受け入れられない面もあるだろう。 その点マクドナルドのモバイルオーダーは、テーブルデリバリー対応店舗かどうかを確認する必要があるが、座席を離れることなく注文が可能。 子供連れなど、人数が多くカウンターでの注文が大変なときでも、座席を確保すれば席まで届けてくれるのも嬉しい。 後ろに人が並んでいて落ち着いてメニューを選べない、という人もモバイルオーダーなら安心だ。 店員にとっても、店内の番号順を把握しておけばより効率的に届けることができる。 モバイルオーダーを使わないテーブルデリバリーの時、客に渡したカードを探して店内を歩き回るスタッフの姿を何度も目にしたが、こうした苦労を取り払えるという点で運用面でのメリットも大きいだろう。 「ピクルスを抜きたい」といった個別オーダーや「ポイントを貯めたい」など、いまのマクドナルドの全てのサービスをカバーできているわけではない。 このあたりはさらなる強化を期待したいが、待ち時間を有効にかつ安心に過ごせる。 とても満足度の高いサービスだ。

次の

【マクドナルド】注文&決済アプリ「モバイルオーダー」リリース!沖縄から先行導入

モバイル オーダー マクド

モバイルオーダーがこれからの食体験変えていくぞ。 日本マクドナルドが昨年1月からテストして 4月から展開している 未来型店舗づくり 【ゲストエクスペリエンスリーダー】 【テーブルデリバリー】 【モバイルオーダー】 僕のホームマクドは京都:四条烏丸店 この半年でじわじわ マクドの変化が生活に浸透した。 そして マクドナルドへの興味と愛が増してきた。 その変化に 都度「なんで?」「非効率じゃない?」と思いながらも 大手が挑戦している事にワクワクしながら マクドウォッチャーとして見守ってきた😎 そして この数ヶ月モバイルオーダーの体験をもとに マクドナルドの創りたい世界観が見えて 勝手に「オォーーーッ」と盛り上がったので 飲食最大手の挑戦と 飲食大好きマンが考えた事留めておきます。 期待と愛を込めて。 ・ホテルのコンシェルジュの様な素敵なスタッフさん ・シルバー採用の愛あるおばさま このチームが 席に座っている僕たちを探してオーダーしたものを運んできてくれる。 すごくありがたく、スタッフさんの気遣いも素晴らしい。。 だが、 この夏、「マクドそんな事していいの?」 と不安に思った。 2020年:モバイルオーダーを体験 年が明けて マクドに行き、席を取るとテーブルに番号。。 (モバイルオーダー??🤨 (なんかまた仕掛けてる。。 ? すでにマクドウォッチャーとしてプライドがくすぐられググった。 【マクドナルドモバイルオーダー】 まだの人 今すぐ体験して欲しい。 この時点で、旨いからだけではなく 「便利だからマクド行こう」が成り立った。 さらに、その上にある強烈な価値。。 そして、ストレスかけずに追加オーダーが取れる。 今までの テレビCMで興味を惹きるけるプロモーションより効果的な 食べ終わった瞬間にこのプッシュ通知 食うてまうやろー! これまさに革命。 「食後にデザートいかがですか」なんて居酒屋客単価UPの常套手段 それをまさか、マクドナルドでファストフードで体験するとは。。 しかも100円。。。 こんなオススメがアプリを通じて出来てお客様を動かせるなら ファストフードも【ホールサービス】をして 人の価値を高める店づくり そして 【お客様への価値還元】 と考えたら この一連のマクドの変化が大きなうねりに見えて 一人で「オォーーーーー!」となりまして マクドの挑戦の奥深さに感動した次第です。 この感動 誰かに伝われー笑 マクドウォッチャーとして みんなに気になってるごはんバーガー。 ハンバーガーは絶対パンの方が良い!🤣 オペレーションを複雑化させてみる実験としては凄く好きですw 引き続き マクドウォッチャーとして現場よりレポートを続けます!笑 *次、新店は絶対モバイルオーダーやる!システムから作ろ!.

次の