シュークリーム 意味。 シュークリームの語源・由来・意味

シュークリームの意味と語源・由来は?英語では違う呼び方ってほんと?

シュークリーム 意味

「小麦粉・卵・バターなどをまぜて焼いた軽い皮を作り、中にクリームを詰めた洋菓子」とのことです。 ワタクシめがお答えしちゃいます  ̄ー ̄ bグッ! シュークリームの語源はフランス語! シュークリームは「シュー・ア・ラ・クレーム」というフランス語が基になってます! 「シュー」はフランス語ではキャベツを意味します。 「クレーム」は英語読みしたクリームと同じ意味です。 「ア・ラ」が省略されたことから「シュークリーム」と呼ばれるようになりました。 モンブラン フランス語でモンブラン(mont blanc)のモン(mont)は「山」、ブラン(blanc)は「白」と言う意味です。 直訳すると(白い山)と言う意味になります。 モンブランはもともとアルプスの山の名称です。 ショコラ(chocolat)はフランス語でチョコレートと言う意味です。 直訳すると、チョコレートケーキになります。 ガトー・フロマージュ フロマージュ( fromage)がフランス語でチーズと言う意味です。 直訳すると、チーズケーキになります。 ケーキ屋で(ガトー ~) という名前の付いたケーキを見ると、 (~のケーキ)と言うことになります。

次の

シュークリームとは

シュークリーム 意味

毎月19日はシュークリームの日 今回は 「シュークリームの日」について解説していきます! なぜ毎月19日が「シュークリームの日」なのかというと、19日という日付が 「シューク 19 リーム」という語呂合わせであることが由来となっています。 「シュークリームの日」については株式会社門テールによって制定された記念日となります。 シュークリームも洋菓子の定番ですが、 他のケーキ類などに比べて値段が安く、お皿をフォークを使わなくていいことから人気の高い洋菓子ですよね。 一口サイズで食べられる プチシューというものありますが、実は 正式名称が心付けという意味である「プロフィトロール」であり、これもお茶受けなどの定番となっています。 シュークリーム自体は結構古くから存在していて、諸説ありますが1553年にメディチ家のカトリーヌ姫が輿入れした際に、お抱え菓子職人のポプリーヌによってフランスに伝わったものがシュークリームの原型だとされています。 日本でシュークリームが食べられるようになったのは幕末のころであり、横浜で洋菓子店を開いたサミュエル・ピエールによるものが日本初のシュークリームだとされています。 1896念には米津風月堂によって販売が開始されていましたが、当時は冷蔵庫などがなく保存が難しかったことから、 シュークリームが一般的になったのは冷蔵庫が普及した昭和30年代以降でした。 現代ではクッキーシューなど様々な生地のものや変わり種の入ったシュークリームがありますので、ぜひ毎月19日の「シュークリームの日」にはシュークリームを食べてみてください。 洋菓子の雑学 今回は「シュークリームの日」にちなんで「 シュークリームは実は和製英語」「 ティラミスという言葉にも実は意味がある」など洋菓子にまつわる面白い雑学を紹介します。 シュークリームは実は和製英語 あまり知られていませんが、実は シュークリームというお菓子の名前は和製英語であることから、外国では通じません。 元々はシュークリームはフランス語の 「シュー・ア・ラ・クレーム」が由来となって誕生した言葉なのです。 「ア・ラ」の部分が省略されたことと、「クレーム」が英語で「クリーム」だったことからシュークリームとなったのです。 もちろんシュークリームの 「シュー」にも意味があって、 フランス語で「キャベツ」という意味の単語になります。 ふわふわとした生地がキャベツのように見える事から、フランスでは「シュー・ア・ラ・クレーム」と呼ばれているということですね。 ちなみに、 英語でシュークリームは「cream puff クリームパフ 」であり、シュークリームでは通じないので注意してください。 ティラミスという言葉にも実は意味がある コンビニなどでも見かけるようになり、スイーツの定番にもなっている「ティラミス」ですが実はこの言葉の意味があるんです。 元々は「ティラミス」という言葉自体は イタリア語になっていて「tiramisu」と書きます。 一つの単語ではなく文章になっていて、単語ごとに区切ると以下のようになります。 ・「tira」…引っ張って ・「mi」…私を ・「su」…上へ 意訳するとティラミスは「 私を元気にして欲しい」という意味の文章になるんですね。 また、「私を元気にしてほしい」という意味からわかるとおり、 女性が男性に好意を伝えるためのケーキだったという由来があるのです。 以上が洋菓子の雑学でした、いかがでしたか?.

次の

シュークリームの名前の由来とは?どんな意味が込められている?

シュークリーム 意味

コージーコーナー(銀座)• HIROTA(ヒロタ)• モンテール(monteur)• ビアードパパ• クロッカンシュー ザクザク• トシヨロイズカ(六本木)• 和栗や(日暮里)• パティシエ ジュンホンマ(吉祥寺)• ウェスティンデリ(恵比寿)• 西洋菓子 しろたえ赤坂(赤坂見附)• ラ・ファミーユ(池袋)• リュードパッシー(学芸大学)• レザネフォール(恵比寿)• デリーモ(赤坂見附)• イル・ブルー・シュル・ラ・セーヌ(代官山)• メープルハウス(吉祥寺)• パティスリー アステウェイ(吉祥寺)• クレーム・デ・ラ・クレーム(六本木)• 『シュー(chou)』は、フランス語で『キャベツ』や『白菜』といった『葉野菜』意味する言葉ですが、『シュークリーム』は、この 『キャベツ』のような見た目から付けられました。 シュークリーム の特徴 他にはない独創的な形状 『シュークリーム』の特徴としてまず第一に挙げあれるのは、名前の由来にもなった『シュー(キャベツ)』のような形ではないでしょうか。 こんもりとした半球形の形の生地、このシルエットこそが『シュークリーム』の最大の特徴です。 特に際立った主張があるわけでもない『形』ですが、一口食べると、幸せが口いっぱいに広がります。 生地とクリームの絶妙な組み合わせ 一口に『シュークリーム』と言っても、その味や食感は幾通りも存在します。 柔らかい生地と甘いカスタードクリームの王道の組み合わせ。 サクサク食感のしっかりとした生地とバニラの効いたクリームの組み合わせ。 『生地』と『クリーム』といった単純な2つの要素しかないはずなのに、洋菓子店によってその味は、確かに違った作品として成り立っています。 そして、大体どこの洋菓子店の『シュークリーム』を食べても『美味しい』という感動を覚えるでしょう。

次の