引越し サカイ 料金。 サカイ引越センターの料金の目安は?コース別に詳しく解説します

サカイ引越センターの料金の目安は?コース別に詳しく解説します

引越し サカイ 料金

「 サカイ引越センターに頼むと、いくらかかる?」 「 サカイ引越センターの料金を抑える方法が知りたい!」 サカイ引越センターで引っ越しの費用を節約したいなら「小口便引越サービス」です。 今回、見積もりを依頼したところ、 専用のBOX1台であれば最安値の44,000円で済ませることができました。 ただし、同じ専用BOXに荷物を積むプランであれば、他社のサービスの方が安くなります。 また、「小口便引越サービス」は長距離プランのため、同一県内や市内への引っ越し向けではありません。 ただし、運ぶ荷物の量や距離で、引っ越しの費用は変わってきます。 また、土日祝日に作業を依頼すると追加料金もかかります。 自分に合った最安値プランを探すためにも、複数社の見積もりを比べるといいでしょう。 一括見積もりサービスなら、一社ずつ依頼する手間も省け、フォーム送信から1分ほどで結果がわかるので便利です。 一括見積もりサービスを利用して、引っ越し費用を抑える工夫をしてみましょう。 サカイ引越センターの料金目安• サカイ引越センター「小口便引越サービス」は44,000円~• 他社の単身パックの方が安くなる可能性が高い• サカイ引越センターで値下げ交渉するなら、他社の見積もりがあるとよい• 他社の単身パック料金を比較検討するなら、「」を利用すると便利 目次• サカイ引越センターの単身者向けプラン「小口便引越サービス」 「小口便引越サービス」は、少量の荷物を費用をかけずに運びたい単身者向けのサービスです。 今回、当メディアのスタッフが「小口便引越サービス」を利用すべく見積もりを依頼しました。 結果、専用BOX1台に積める荷物量なら最安値で44,000円になることがわかりました。 スタッフが依頼した見積もり内容は以下の通りです。 上記の荷物は「BOX1台にぎりぎり積める量」とのことでした。 サカイ引越センターの対象エリア 「小口便引越サービス」の対象エリアは以下の通りです(2020年6月)。 東北エリア:宮城県・山形県・福島県• 関東エリア:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県• 北陸エリア:石川県・富山県・福井県• 関西エリア:滋賀県・京都府・大阪府・奈良県・兵庫県• 九州エリア:福岡県・佐賀県・大分県・熊本県 上記エリア外の引っ越しには対応していません。 また、長距離専用のサービスなので、同一エリア内における引っ越しも対象外となります。 さらに、「小口便引越サービス」は梱包資材を無料で提供してくれません。 有料オプションを利用するか、自身で用意する必要があります。 以上の特徴をふまえ、 サカイ引越センターを利用するのであれば、値下げ交渉を試みるのもよいでしょう。 他社と比較したサカイ引越センターの料金相場 サカイ引越センターの単身パックと他社の単身パックで料金比較をしてみました。 いずれにせよ、 サカイ引越センターに決める前に、複数社から見積もりを取り寄せるとよいでしょう。 サカイ引越センターの料金を安くする方法 サカイ引越センターでは、必ず訪問見積もりを実施しています。 Webで依頼できる見積もりはあくまで目安です。 実際の料金は荷物量をチェック後に確定します。 サカイ引越センターに見積もりを依頼する際は、まず公式サイトの「」を確認しましょう。 カレンダー内で「赤字覚悟」や「勉強しまっせ!」の日を選ぶと、通常より安くなる可能性が高まります。 さらに、 訪問見積もりでは値下げ交渉が欠かせません。 交渉材料の一つとして他社の見積もりを提示してみましょう。 「同じ条件なら他社の方が安かった」と説得できれば、値下げに応じてくれるかもしれません。 そのためにも、一括見積もりサービスで複数社の見積もりを用意しておくようにしたいですね. サカイ引越センターで引越し準備を楽にしたい人向け「らくらくコース」 サカイ引越センターには、忙しくて荷造りに時間が割けない人向けの「らくらくコース」もあります。 らくらくコースプレミアム:引っ越しの作業すべてを任せることができ、引っ越し後には「ダスキンのお掃除サービス」を3回利用できる• らくらくAコース:引っ越しの作業すべてを任せることができる• らくらくBコース:小物の荷ほどき以外を任せることができる• らくらくCコース:食器など梱包の難しいものの作業を任せることができる 上記の通り、引っ越しのプロに作業を任せることができるプランです。 ただし、 当然ながら「小口便引越サービス」よりも料金は高くなります。 サカイ引越センターの有料オプション一覧 サカイ引越センターはオプションの種類も豊富です。 少し費用はかかっても故障・損傷のリスクを抑えたいものについては、以下の有料オプションを検討しましょう。 ハウスクリーニング:ダスキンのスタッフによる清掃• 資材回収:ダンボールなどを1回1,000円(税別)で回収 サカイ引越センターはダンボールの回収は有料です。 予約をキャンセルする場合も、ダンボールの引き取りは有料になる可能性があるので注意しましょう。 引っ越し費用を抑えたいなら「一括見積もりサービス」 ここまで、サカイ引越センターの料金について紹介してきました。 サカイ引越センターで費用を抑えたいなら、少量の荷物を運んでくれる「小口便引越サービス」を検討しましょう。 専用BOX1台に荷物が収まれば最安値で44,000円となります。 ただし、同じ専用BOXに荷物を積むプランであれば、他社のサービスの方が安くなります。 また、「小口便引越サービス」は長距離プランのため、同一県内や市内への引っ越し向けではありません。 一括見積もりサービスなら、 フォームを送信すれば1分ほどで結果を受け取ることができますよ。 サカイ引越センターの料金目安• サカイ引越センター「小口便引越サービス」は44,000円~• 他社の単身パックの方が安くなる可能性が高い• サカイ引越センターで値下げ交渉するなら、他社の見積もりがあるとよい• 他社の単身パック料金を比較検討するなら、「」を利用すると便利.

次の

引越し料金相場&費用ガイド【引越しの料金相場・費用のことならズバット 引越し】

引越し サカイ 料金

サカイ引越センターの見積もり料金は2つの方法で調べることができます。 ・サカイ引越センターに直接見積もりの依頼して料金を確認する ・引越し侍の予約サービスで見積もり料金を確認する サカイ引越センターに直接見積もりの依頼をして料金を確認する場合、訪問見積もりと呼ばれる実際に自宅に来てもらい荷物の量などの下見が必要になることがあります。 引越し侍の予約サービスで見積もり料金を確認する場合には、住所や荷物の量など引越しの内容をネット上で入力するとその場でサカイ引越センターをはじめとした複数の引越し業者の見積もり料金がわかります。 短い時間で複数の引越し業者の見積もり料金を確認したい場合には予約サービスがおすすめです。 依頼したい引越し業者が見つけられたら、そのまま予約も可能です。 引越し侍で見積もり依頼をして、サカイ引越センターで単身引越しをされた方の口コミです。 これからサカイ引越センターで単身引越しを検討されている方はぜひご覧下さい。 引越し侍は引越しの一括見積もりと予約サービスを提供しています。 一括見積りは全国301社から最大10社の引越し業者へ、メールや電話での見積もりや訪問見積もりの依頼ができるサービスです。 また、予約サービスはWeb上で複数社の引越し見積もり金額や口コミ・評価を比較して、条件にピッタリの引越し業者を探すことができるWeb完結のサービスです。 ご利用はどちらも無料。 引越し会社をお探しの方はぜひご利用下さい。 今すぐサカイ引越センターなどの、業者へ単身引越しの見積もり依頼!.

次の

サカイ引越センターの★3未満の口コミ引越し口コミ評判と料金相場

引越し サカイ 料金

引越し業者比較ポイントその1:料金 引越し時期には何かとお金がかかるので、引越し費用は出来るだけ安く済ませたいところ。 だからこそ一番気になるのが料金面です。 結論から言うと、2社だけを料金比較すると 「引越しのサカイ」の方が安い事例が多いようです。 引越しする区間や物の量などによって依頼内容によって違いはあるものの、おおよそどちらの方が安い印象があるか?という質問を2社の引越しを経験した方に聞くと 「サカイの方が安い印象がある」という人が多数。 引越しの規模や距離によって様々なので、2社どちらにも見積もりを依頼して安い方を選ぶのが良いですが、アートは業界の中でも「料金が高い」と言われていることを頻繁に聞きます。 ただ、サカイさんは見積時に「営業の人が少ししつこい」という感想を持ったという噂も耳にします。 しかしその反面、 割りと融通が利くこともあり、条件を折り合いながら値引き交渉ができたり、サービスに付加価値をつけてもらえる可能性もあります。 従って料金面ではややサカイに軍配が上がります。 ですが、補足したい項目として、「アート引越しセンター」は、引越し希望の日程に余裕がある場合は、 通常料金の半額程度で引越しできるプランもあります。 「引越待ち割キャンペーン」という名称のプランで、 引越し希望日の前後2日間(合計5日間)も引越し予定日に入れて依頼することで、通常相場価格の約半額程度で引越しできる場合もあります。 単身引越しで同じ県内であれば 「3万円以下で引越しできた」という事例もあります。 日程に余裕がある場合はアートも候補に入れて相見積もりするのが良いでしょう。 サービスの内容・質はどっちがいい? 比較ポイントその2:サービス 次に サービス内容と質を比較してみましょう。 料金が高いといわれる分、アートの方がサービス内容やアフターケアが良いという評判が多くあります。 一方、サカイの場合は「引越し後のクレーム対応が丁寧ではなかった…」という感想を持っている人も少なくないようです。 アート引越しセンターの嬉しいサービス アート引越しセンターのサービスには様々な無料サービスがあり、筆者的にこれは良かった!と思ったサービスをいくつかご紹介します。 ワンストップサービス これは引っ越すときに発生する面倒な手続きを無料で代行してくれるサービスです。 電力会社、郵便局、新聞、NHK、こくみん共済などの住所手続きってとても面倒ですよね。 それを無料で代行してくれるとうのだから利用しない手はありません。 営業担当者に利用希望を伝える必要があるそうです。 知らないと損ですね。 クリーンソックスサービス 新居に入る前に作業員が新しい靴下に履き替えるサービス。 新居を汚さないという配慮がとてもありがたいです。 ダンボール無料引き取りサービス 荷物を詰めていたダンボール、荷解きをした後は置き場所に困ります。 引越し先のゴミ出しの曜日もわからず、すぐに処分できないことがあるのでこのサービスは便利です。 アートの場合は、使い終わった段ボールを 無料で引き取りに来てくれます。 一方、引越しのサカイは同様のサービスをやっていますが、 1回あたり1,000円の料金がかかります。 梱包のガムテープを無料で貰える 1回の引越しあたり50箱程度までの段ボールが貰えるのはどちらの会社も同様ですが、ガムテープの有無も気になるポイントです。 アートの場合は貰った段ボールの全て梱包が賄える分のガムテープ(紙仕様)が貰えますが、サカイの場合は店舗によってはもらえないこともあります。 ガムテープを自分で購入すると意外にコストがかさみがち。 結果的に引越し料金以外に別のコストがかさんでしまうこともしばしばあります。 アートなら余分なコストがかかりにくいのも嬉しいポイントです。 以上が特筆すべきアート引越しセンターの特徴的なサービス内容です。 これだけ見てもアートの無料サービスがとても充実していることが分かると思います。 業界王手という印象があるアートは、きめ細やかなサービスと確かな品質に自信を持っているようです。 引越しのサカイの嬉しいサービス内容 先述した通り、サカイにも無料サービスがあり、契約するとダンボールが無料でもらえます。 ハンガーケースも5台まで無料レンタル可能。 ダンボールは使い捨てなのでタダというのはうれしいですね。 また新居に到着後に 「10分間サービス」というものがあり、10分間だけ作業員が何でもお手伝いをしてくれます。 掃除や荷物の整理など、自由に依頼できます。 依頼できる内容の事例は• 照明器具の設置• カーテンの設置• 家具のレイアウト変更• 配置した棚の耐震アイテムの取り付け• ケーブル・配線などの整理• 運んだ家電・家具の掃除 など、一人では難しい作業を手伝って貰えるので単身引越しや、高齢の方の引越しにとても重宝します。 アートの全てのサービスに比べると、サービスの多様性は充分とは言い切れないという印象です。 サービス面では「アート引越しセンターの勝ち」という印象です。 ただ、いずれの会社も実際に引越し作業を行ってくれる現場スタッフさんのスキルによって満足度も大きく変わるのが正直なところです。 2社の営業さんと交渉するのが面倒だと感じるかもしれませんが、 安さを重視するならアートとサカイのどちらの見積もりも取るべきです。 大手の会社さんなので無理な勧誘などの心配も不要。 不快に感じることがあれば丁重に見送ることを伝えれば良いと思います。 いずれにしても一定のサービスの質を担保するためにも大手の業者を選ぶのがおすすめですが、地元密着型の個人経営の引越し業者さんにも良質なサービスを提供してくれる会社さんもあります。 特に単身引越しの場合は、赤帽の引越しを利用して1万円代で引越しできたという例もあります。 安さを重視するなら一括見積もりで大手以外の会社さんにも見積もりするのがおすすめです。

次の