花子くん死んだ理由。 花子くん(アニメ)寧々の寿命はもって1年?未来は変えられるのか考察

地縛少年花子くん 6巻 ネタバレ・感想★寿命があと一年!?

花子くん死んだ理由

【地縛少年花子くん】花子くんの過去のネタバレ 今まで語られなかった花子くんの過去が徐々に明らかになってきました。 原作の内容を含め、花子くんの本名や正体などを書いていきたいと思います。 人間と怪異たちの関係を正しく保つために動いています。 では、花子くんの本名と正体はいったい何なのか。 花子くんの本名は「 柚木普」と言います。 花子くんは、元々人間の男の子で昭和生まれとなっています。 花子くんの将来の夢は、「宇宙飛行士」だったそうです。 生前の花子くんは、優しく我慢強い性格で弟の面倒をよく見ていたようです。 名前は、「柚木司」。 性格は、兄とは違いやんちゃな性格で生き物を平気で殺害するなどサイコパスな一面も持っています。 しかし、そんな性格でも兄のことは好きなようで、抱きついたりするなどの行動を良く取っています。 度々、花子くんと寧々の前に現れますが、敵なのか味方なのかまだ分かっていません。 【地縛少年花子くん】花子くんは人を殺していた! 原作では第3巻、アニメでは第2話で明らかになりましたが、花子くんは人を殺した過去が存在します。 その包丁は、過去にそれで人を殺したことを象徴しています。 また、花子くんが殺した相手は弟の司であるということが明らかになっています。 【地縛少年花子くん】花子くんが弟のつかさを殺した理由 では、なぜ花子くんは弟を殺してしまったのか。 ここからは、私の考察になりますが、司の性格と普の性格は正反対です。 優しい性格だった普は、弟の面倒をよく見ていて、司はやんちゃな性格でしたが、そんな司のことを嫌いだとは思ってはいなかったようです。 一緒にお祭りに行ったりするなど、仲は良かったようです。 しかし、司にはサイコパスな一面もあり、生き物を平気で殺したりしていました。 しかし、兄はそんな司を見て複雑だったのではないでしょうか。 優しく、我慢強い性格の普にとって弟がやっている行為は許せないはずです。 命の大切さや尊さを兄は一番分かっていたのではないでしょうか。 それでも、弟の行為に目を瞑り、我慢し続けていました。 しかし、ある時から普は「我慢することをやめた」と言うようになります。 考えられることとしては、司が普の逆鱗に触れるようなことをしてしまった。 または、普の大切にしていたもの(生き物)を殺してしまったということが考えられます。 【地縛少年花子くん】花子くんが死んだ理由を考察 弟を殺害後、花子くん自身も若くして亡くなっています。 その理由は明らかになっていませんが、ここでは花子くんはなぜ亡くなてしまったのかということを考察していきたいと思います。 考察1:弟を殺してしまったことへの後悔 まず考えられるのが、弟を殺してしまったという後悔が大きく出るのではないかと思います。 いくら怒りに任せて弟を殺してしまったとしても決して許されないことをしてしまったという自覚はあるはずです。 決して嫌っているわけではなかったのに、殺してしまった。 その後悔は、花子くんの心に深く突き刺さっていると思います。 花子くんは、再会する度に司に対してどこか怯えたような態度を取っています。 その態度を見るに、自分が殺してしまったんだという後悔があるのだと思います。 考察2:事故死の可能性 二つ目に考えられるのは、事故死の可能性です。 これは、不幸としか言いようがありませんが、何らかの事故に巻き込まれて亡くなったという可能性はなくはありません。 原作の中で、土籠先生が「あんなガキのうちに死ぬはずじゃなかった」と話しているのを見ると、事故で亡くなったということもあり得るのです。 考察3:誰かに殺された? 三つ目に考えられるのは、誰かに殺されたということです。 司を殺したことで、誰か(第三者)の恨みや憎しみを買ってしまった可能性があります。 それが、学校内の人間、友達や教師などの可能性もあります。 作中で司は、怪異となっています。 彼は、自身の力で怪異を生み出すことができるようになっています。 このことから、自分を殺した兄への恨みを怪異として生み出し、襲わせたという可能性もあります。 もし、怪異に襲われ花子くん自身も怪異として存在せざるを得なかったとするならば、現在の状況もあり得ることなのではないかと思います。 人間と怪異たちが正しく繋がれるように動いているのも、彼の身に起きたことが原因の一つでその働きをしている。 そして、自分のような悲劇を再び生まないようにしていると考えることができるのです。 まとめ ここまでいろいろと考察してきましたが、真実はまだ明らかになっていません。 この先、原作でいろいろと明らかになっていくと思います。

次の

最近地縛少年花子くんという漫画にどハマりして色々と妄想が爆発しています。 ...

花子くん死んだ理由

物語を読み進めたり、これから知っていくにあたって一番の欲しい情報はなんといっても、キャラクターの人物像や他のキャラクターとの関係性ですよね! ここでは、主要キャラクターだけでなくその他のキャラクターとの関係性などを紹介します。 その正体は、七不思議の七番目「トイレの花子さん」。 噂は「この世の人間の大切なものを代償にその人物の願いを叶える」というもの。 学園七不思議のリーダーであり、人間と怪異の関係を正しく保つという使命を背負っている。 武器として包丁を使う。 黒い学ランに学生帽を被っており、左頬に「封」という札が貼られている。 性格は、無神経で予想外の理由で態度が変わるなどどこか掴めない性格をしている。 最近では、怪異の噂が乱れていることについて原因を追究している。 「柚木 普」という名前は、花子くんが人間だったときの名前である。 1970年ごろ、かもめ学園中等部に在籍していた。 星が好きで、幼い頃の夢は宇宙飛行士になることだった。 友達はおらず、授業もサボりがちだった。 怪我が絶えず、当時担任だった土籠にいつも手当てしてもらっていた。 4歳のとき空から落ちてきた石を月の石と呼んで大事にしていたが、その後なぜか土籠に譲っている。 また、双子の弟であるつかさを殺害している。 将来は、かもめ学園の理科の教師になる予定だった。 夢見がちだが優しい性格。 ロマンチックな恋愛に憧れており、先輩である源輝に恋心を寄せている。 得意なことは土いじりで自身の大根足がコンプレックスで黒いタイツをいつも着用している。 花子くんと八尋寧々の関係 寧々が源先輩と両想いになりたいという願いを叶えるために花子くんを呼び出した。 両想いになるべく、寧々は人魚の鱗を使って願いを叶えようとするが、呪いを一身に受け、魚に姿を変えてしまう。 花子くんに「人間に戻りたい」と願い、その願いを叶える代償として花子くんと縁を結ぶことになる。 花子くんのおかげで呪いを分散させることに成功したが、完全には呪いを消すことができず、水に濡れるとその部分に鱗が現れてしまう。 全身に水をかぶると魚になる。 その後、呪いを抑えてやる代わりに花子くんの助手として雇われ、毎日女子トイレを掃除させるなどこき使っている。 掃除をさせられている本人は、嫌がっている様子ではあるが花子くんと一緒にいることで、自分の間違いに気づいたりするなど良い効果を生んでいるようである。 その昔、日本三大妖怪の一角である酒呑童子を祓った「源頼光」の子孫であり、怪異を視ることができる。 持ち主の霊力を雷として放出する「雷霆杖」を武器として使っているが、花子くんとの交戦時に封印されてしまう。 性格は、情に厚く、熱血的である。 源家の料理をすべて作っているなど、料理が得意である。 また、片耳に「交通」と書かれたピアスを付けている。 花子くんと行動を共にしている寧々を気にかけており、危険な目に遭いそうになったときなどに助けに入るなどしている。 花子くんを祓うことを目的としていているが、いつの間にか行動を共にしている。 花子くんと源光の関係 かもめ学園の七不思議の七番目として知られている花子くん。 そんな花子くんを祓うためにやってきたのが中等部の源光。 光の祖母が命を懸けて封印した怪異が花子くんなのだと言う。 その花子くんの封印が解かれ、学園内で悪さをしていると聞きつけた光はいち早く祓うため現れた。 しかし、花子くんと対戦するもあっけなく敗れ、おまけに源家に代々受け継がれる武器を封印されてしまう。 悔しがる光をあざ笑うかのように接する花子くん。 その後、何とかして花子くんを祓おうと奮闘する光だったが祓うまでには、まだ時間がかかりそうである。 また、花子くんは光のことを「少年」と呼び、いろいろとこき使っている。 光の兄で、優秀な祓い手。 爽やかな容姿で、男女問わず人気がある。 穏やかで公正な性格だが、七不思議には強い嫌悪感を抱いており、見つけると容赦なく祓おうとする。 持ち主の霊力を雷として放出する刀「雷刀」を武器として使っている。 左手首には、怪異捕獲用の数珠を身に着けている。 源光と源輝の関係 光と輝は兄弟で、二人とも源家の血を引く祓い手である。 光は、優秀な祓い手である輝に憧れており、いつか自分も兄のように優秀な祓い手になることを目標としている。 兄の輝は、怪異や七不思議に対して強い嫌悪感を抱いているが、弟の光は怪異や七不思議を良しとはしていないもののそこまで嫌っている様子はないようである。 つかさには逆らえないらしく、生きているかは不明である。 カラオケと釣りが趣味で、彼女はいつでも募集中。 出会った女の子と連絡先をすぐに交換するなど軽薄な男である。 ナルシストでつかさと桜と行動を共にしている。 桜からは空気と呼ばれ、邪魔者扱いされている。 七峰桜と日向夏彦の関係 桜も夏彦も共につかさと行動を共にしているが、二人の関係性はあまり良いとは言えないようで。 夏彦は、桜のことをなぜか「お嬢」と呼んでおり、その真意は不明である。 一方、桜は夏彦のことを厄介者だと思っており、空気と同じ扱いをしている。 しかし、寧々たちの行動を探るために利用するなどして、側に置いていると思われる。 日向夏彦とつかさの関係 夏彦はつかさのことを「チビ」と呼んでいる。 詳しいことは不明だが、つかさの命令で動いているのか学園の七不思議の噂を桜と共に乱している。 つかさには、何かとうるさく言われている様子。 つかさ自身の真意は不明だが、夏彦のことを噂を乱すのに最適な人間だと思っているのではないだろうか。 兄である花子くんが大好き。 無邪気で好奇心旺盛な性格。 願いを叶えるためなら手段を選ばない。 花子くんとは対照的であの世の人間の願いを叶えることができるが、何か一つ代償を貰う。 花子くんのことは、普と呼んでいる。 花子くんとつかさの関係 双子の兄弟で、性格は正反対で普は優しく我慢強い性格。 つかさは、好奇心旺盛で無邪気な性格。 しかし、つかさには一つ欠点があった。 それは、生き物を躊躇なく殺すことができるということだった。 その行動が普の目にどう見えていたかは不明だが、生前は我慢強い性格からかつかさの行動に目を瞑っていたのではと考える。 生前は、兄弟ともに仲が良かったようである。 七峰桜とつかさの関係 桜は、つかさの助手であり主人でもある。 つかさに逆らえないところを見るに桜は、つかさに寄って生み出された存在ではないかと思われる。 また、主人には逆らえないが怪異や七不思議を乱すことはしたくないと思っている様子。 つかさは、桜の事を助手としてしっかりと利用しており、花子くんに対しての恨みなのかは分からないが、桜を通して噂を乱している。 噂が好きで、様々な七不思議の噂を広めている。 おしとやかな性格で男子に人気があり、学園の中で一番のモテクイーンである。 教室の植物のお世話をすることが好き。 毎日のように男子から告白されている。 八尋寧々と赤根葵の関係 二人は親友であり、葵はいつも寧々に様々な噂を教えている。 葵から教わった七不思議が全て現実になっていることから、寧々は少し怖いと思っている。 葵自身、寧々の思いを知らない。 キャラ紹介: 蒼井 茜(あおい あかね) かもめ学園高等部一年A組に在籍している男子生徒。 赤根葵とは幼馴染である。 真面目でおとなしい性格、誰にでも分け隔てなく接することができるためクラスでは頼りにされている。 副生徒会長を務めている。 赤根葵と蒼井茜の関係 二人は幼馴染の関係だが、茜は葵に小さい頃から恋心を寄せており、葵に認められるように日々努力している。 葵には、これまでに3624回告白しているが全て断られている。 茜の告白に対して葵は、結婚したら「蒼井葵」になってしまうという理由からすべて断っているのだという。 茜は、葵のことになるとネジが緩み、葵が好きになった人や告白してくる人がいれば、釘バッドで殺そうとするなど、情緒が不安定になるところがある。 キャラ紹介: 山吹 檸檬(やまぶき れもん) かもめ学園高等部一年。 蒼井茜の親友で頭に黒いバンダナのようなものを付けている。 最近はスマホ依存症になりかけている。 蒼井茜と山吹檸檬の関係 学園内では、いつも行動を共にしているようである。 詳しいことはまだ分かっていない。 キャラ紹介: 佐藤(さとう) かもめ学園中等部三年。 お菓子が好き。 髪色は黒色で前髪が特徴的である。 源光と佐藤の関係 光とはクラスの友達という関係であり、光の正体を知っているのかは謎である。 キャラ紹介: 横尾(よこお) かもめ学園中等部三年。 お菓子作りが得意。 髪色は薄茶色に近い色をしている。 源光と横尾の関係 佐藤と同じで、光とはクラスの友達という関係である。 光の行動を見て、変な奴というイメージがあるようではあるが、正体に気付いているのかは謎である。 まとめ ここまで、主要キャラクターからその他のキャラクターまでのことを紹介してきました。

次の

花子くん(アニメ)寧々の寿命はもって1年?未来は変えられるのか考察

花子くん死んだ理由

「学園七不思議が七番目『トイレの花子さん』。 はじめまして。 物語の主人公。 かもめ学園の七不思議の七番目の噂『トイレの花子さん』で、「会えば何かを代償に願いを叶えてくれる。 」という噂がある ヒロインであるが、自身の願いを叶えてもらう為にトイレで呼び出した人物。 容姿 容姿は黒髪に黄色い眼をした少年。 昔の制服の様な黒い学ランに、左頬に白地に『封』と書かれたお札の様なものが貼ってある。 皆が想像する『』の様におかっぱ頭で赤いスカートの女の子ではない。 本人曰く「そーゆーの最近流行らないんだよね」「花子くんって呼んでもいーよ」との事。 怪異と言っても妖怪ではなく、幽霊。 やや体が透けて見える。 (アニメでは、時々背景が見えるほど透けている時もある) 武器は包丁。 周囲には常に「白杖代」と呼ぶ、二つのヒトダマ型の何かが浮遊している。 赤色の方は監視・追跡等、緑色の方は軍服のような外套を出現させることが出来る。 人物像 性格は、怪異とは思えないほど社交的で明るい少年。 非常に表情豊か。 一方で、どこかつかみどころのない一面もある。 一人称は「俺」。 当初は八尋寧々の「好きな人と両想いになりたい」を叶えるべく奮闘するものの、寧々が呪いの「人魚の鱗」を飲んでしまった事により、もう片方を飲むことで「人間に戻りたい」という願いを叶えることになる。 その代償は「労働力」。 以降は寧々を「助手」と呼び、トイレ掃除や怪異事件の解決など、毎日のようにこき使うようになる。 普段は基本的にお茶らけており、寧々や光に対してふざけたりちょっかいを出していることが多い。 寧々曰く、「ヘンに思わせぶりなこと言うし、すぐセクハラするし、無神経。 予想外の理由で急に態度が変わったりする」。 それでも大切には思っているらしく、振り回しつつも友達の様に接している。 寧々が怪異に襲われそうになった時は毎回助けてくれる。 その様は、中々のイケメン。 怪異の中でも上位の七不思議であり、学園の怪異を取り締まって人間と怪異の関係を正しく保つことが使命。 なぜか怪異として先輩のはずの他の七不思議を差し置き、リーダーを名乗っている しかも事実らしい。 好きなおやつは。 最近の悩みはにで勝てない。 余談 ・タイトルの通り「地縛霊」である為、学校の外に出ることできない。 ・幽霊なので浮遊しているものの、塔の上などあまり高い場所までは浮けないらしい。 おまけに幽霊なのに重い(光談)。 ・一巻で語られた自分の理想像が、何故か ゴジラ。 書置きする時もゴジラの絵を描いていた。 過去の小学生の時も、ゴジラのお面を頭に着けていたりする。 関連イラスト 関連タグ ネタバレ 以下ネタバレがあります。 ご注意下さい。 花子くんが武器として使っている包丁は、にそれを使って誰かの命を奪った証拠らしい。 それに関しては、本人は隠すわけでも無く平然と「バラされちゃった」と言っており、ほぼ認めている様。 本人曰く、「カミサマが言ったんだ。 この役目を全うことができれば俺の罪は消えるんだって。 」との事。 カミサマという存在が居るようだ。 まだ此岸でやるべき事があるらしく、強制的に祓われそうになった際には、 「ヒトゴロシの存在で償えるものはない」 「消滅なんてタダの救いだ」 と言っている。 なお、殺した( リンク先ネタバレ注意)とは・・・。 内面 このように最も重要な人物なのだが、作中での モノローグが一切ない。 背景に脳内イメージ図が描写されることはあっても、言葉として書かれることはまずない。 上記のように、非常に重い過去や感情を抱えている事は明らかなのだが… その心中は、寧々や他のキャラクターだけでなく、読者からも容易に測れないようになっている。 関連記事 親記事.

次の