徳山スタート展示リプレイ。 ボートレースまるがめ Official Site

ボートレース徳山 Official Site

徳山スタート展示リプレイ

展示航走 展示航走の見方をマスターすれば、そのあとに行われるレースの流れを見極めることができます。 展示航走とは、簡単にいうと、実際にその後レースを走る選手がレースの流れ通りに練習する姿をお客様に見せることです。 コース取りとスタートを見せる「スタート展示」、旋回や直線の走りを見せる「周回展示」、3週回る際のタイムが分かる「展示タイム」の3種類があります。 レース直前の情報になるので、この情報がレースに直結します! 基本的な勝率やモーター整備の情報はレースが始まる前から分かりますが、それだけでは当日の選手の調子までは分かりません。 展示航走の分析方法をマスターして、予想力を高めましょう! スタート展示で確認するべきことは? スタート展示 その後のレースを走る選手がスタート練習をする「スタート展示」。 ここではスタート展示でしっかり確認したいことを解説します。 実戦形式のスタート練習で情報収集 スタート展示で確認したいのは「進入隊形」「スタートタイミング」「モーターの足」の3つです。 まず、進入隊形を確認しましょう。 スタート展示では、実際のスタート練習と同じようにピットアウトから進入行動を取ります。 次にスタートタイミングを確認しましょう。 スタートタイミングに関してはしっかりとデータとして表示されます。 データで情報が残るので確認しやすいです。 最後にモーターの足も見ておきたいですね。 スタート後にどれだけ艇のスピードが伸びているか見ることで分析が可能です。 モーターの足に関しては目視で確認するしかなく、初心者には非常に難しいです。 進入隊形・スタートタイミングで、選手の状態をしっかり把握できるようになってから挑戦しても良いと思います。 第2ターンマークよりもスタートラインに近い位置からスタートをするのをスロースタート、第2ターンマークよりも後方からスタートするのをダッシュスタートといいます。 アウトから差すのが得意な選手がダッシュスタートの絶好に位置にいる場合など選手毎に得意な位置があるので、スタート位置は非常に重要です。 インコースから1・2・3・4・5・6という順番通りのスタートなら「枠なり」、この順番と異なりアウトコースの艇がインコースの艇よりも内側になると「前づけ」。 特に「前づけ」が起こると人気の低い艇が上位になりやすく、大穴のレースになりやすいです。 スタート展示から前づけが起きた場合、枠なり通りの進入になることはほとんどありません。 本番では前付けを阻止するためにインの艇も動くため、進入がグチャグチャになる場合が多いからです。 ベテラン選手が外から前付けを主張してくることが多いのも競艇の特徴です。 多くの艇が前付けに出てくると、本番でインコースの艇が80メートルくらいからスタートする深インという状態になり、助走距離が足りなくなりなってしまいます。 前づけはリスクも大きいですが、競艇はインコースが圧倒的に有利。 この選手は前づけしてくるかもなと予想できるようになると、競艇が面白くなること間違い無しです。 スタート展示ではフライングにならないので選手も全速力でスタートをしているので、調子を見極めやすいです。 フライングする選手も多くその場合は、本番では少しタイミングを遅らせるので、スタートがうまくいかない場合も。 スタート展示でフライングした選手の舟券を買いたい場合は、少し控え目なスタートになるかもしれないと頭の片隅に置いておきましょう。 スタートタイミングで0. 5秒以内のスタートをしている選手は調子が良い可能性が高いです。 逆に、0. 5秒以上遅れている場合は調子が悪いか、モーター等に問題があるかもしれなません。 舟券を買う際に情報として組み込みましょう。 選手の平均スタートタイミングとスタート展示のタイムを比較するとその日の調子が分かりやすいですね。 スタート直後の動きもしっかり確認しましょう。 特に、インコースの艇がアウトコースよりスタート後の伸びが遅れていると本番もあまり期待できないです。 艇のスタートの瞬間をスリット写真で確認することもできますが、タイムの方が比較もできて分かりやすいので、数字を中心に分析することをおすすめします! 周回展示で確認するべきことは? 展示タイム 展示タイムではモーターの伸び足を確認しましょう。 展示タイムとは周回展示の2週目のバックストレッチで測定された選手の直線タイムのこと。 このタイムでモーターの伸び足が分かります。 周回展示終了時のアナウンスや直前情報でタイムを確認しましょう。 1号艇のタイムが遅い時には予想から外すことも考える必要があるくらい、展示タイムは非常に重要です。 このタイムが0. 15秒違うと1艇身の差が出ます。 アウトコースの艇の伸び足が良いと第1ターンマークでまくりが決まりやすくなっています。 1号艇が1番時計と言われる6艇の中で1番早いタイムなら非常に信頼度が高いので1号艇を予想に組み込むのが堅いですね! 周回展示のモニター画面を参考にしよう.

次の

ボートレースまるがめ Official Site

徳山スタート展示リプレイ

展示航走 展示航走の見方をマスターすれば、そのあとに行われるレースの流れを見極めることができます。 展示航走とは、簡単にいうと、実際にその後レースを走る選手がレースの流れ通りに練習する姿をお客様に見せることです。 コース取りとスタートを見せる「スタート展示」、旋回や直線の走りを見せる「周回展示」、3週回る際のタイムが分かる「展示タイム」の3種類があります。 レース直前の情報になるので、この情報がレースに直結します! 基本的な勝率やモーター整備の情報はレースが始まる前から分かりますが、それだけでは当日の選手の調子までは分かりません。 展示航走の分析方法をマスターして、予想力を高めましょう! スタート展示で確認するべきことは? スタート展示 その後のレースを走る選手がスタート練習をする「スタート展示」。 ここではスタート展示でしっかり確認したいことを解説します。 実戦形式のスタート練習で情報収集 スタート展示で確認したいのは「進入隊形」「スタートタイミング」「モーターの足」の3つです。 まず、進入隊形を確認しましょう。 スタート展示では、実際のスタート練習と同じようにピットアウトから進入行動を取ります。 次にスタートタイミングを確認しましょう。 スタートタイミングに関してはしっかりとデータとして表示されます。 データで情報が残るので確認しやすいです。 最後にモーターの足も見ておきたいですね。 スタート後にどれだけ艇のスピードが伸びているか見ることで分析が可能です。 モーターの足に関しては目視で確認するしかなく、初心者には非常に難しいです。 進入隊形・スタートタイミングで、選手の状態をしっかり把握できるようになってから挑戦しても良いと思います。 第2ターンマークよりもスタートラインに近い位置からスタートをするのをスロースタート、第2ターンマークよりも後方からスタートするのをダッシュスタートといいます。 アウトから差すのが得意な選手がダッシュスタートの絶好に位置にいる場合など選手毎に得意な位置があるので、スタート位置は非常に重要です。 インコースから1・2・3・4・5・6という順番通りのスタートなら「枠なり」、この順番と異なりアウトコースの艇がインコースの艇よりも内側になると「前づけ」。 特に「前づけ」が起こると人気の低い艇が上位になりやすく、大穴のレースになりやすいです。 スタート展示から前づけが起きた場合、枠なり通りの進入になることはほとんどありません。 本番では前付けを阻止するためにインの艇も動くため、進入がグチャグチャになる場合が多いからです。 ベテラン選手が外から前付けを主張してくることが多いのも競艇の特徴です。 多くの艇が前付けに出てくると、本番でインコースの艇が80メートルくらいからスタートする深インという状態になり、助走距離が足りなくなりなってしまいます。 前づけはリスクも大きいですが、競艇はインコースが圧倒的に有利。 この選手は前づけしてくるかもなと予想できるようになると、競艇が面白くなること間違い無しです。 スタート展示ではフライングにならないので選手も全速力でスタートをしているので、調子を見極めやすいです。 フライングする選手も多くその場合は、本番では少しタイミングを遅らせるので、スタートがうまくいかない場合も。 スタート展示でフライングした選手の舟券を買いたい場合は、少し控え目なスタートになるかもしれないと頭の片隅に置いておきましょう。 スタートタイミングで0. 5秒以内のスタートをしている選手は調子が良い可能性が高いです。 逆に、0. 5秒以上遅れている場合は調子が悪いか、モーター等に問題があるかもしれなません。 舟券を買う際に情報として組み込みましょう。 選手の平均スタートタイミングとスタート展示のタイムを比較するとその日の調子が分かりやすいですね。 スタート直後の動きもしっかり確認しましょう。 特に、インコースの艇がアウトコースよりスタート後の伸びが遅れていると本番もあまり期待できないです。 艇のスタートの瞬間をスリット写真で確認することもできますが、タイムの方が比較もできて分かりやすいので、数字を中心に分析することをおすすめします! 周回展示で確認するべきことは? 展示タイム 展示タイムではモーターの伸び足を確認しましょう。 展示タイムとは周回展示の2週目のバックストレッチで測定された選手の直線タイムのこと。 このタイムでモーターの伸び足が分かります。 周回展示終了時のアナウンスや直前情報でタイムを確認しましょう。 1号艇のタイムが遅い時には予想から外すことも考える必要があるくらい、展示タイムは非常に重要です。 このタイムが0. 15秒違うと1艇身の差が出ます。 アウトコースの艇の伸び足が良いと第1ターンマークでまくりが決まりやすくなっています。 1号艇が1番時計と言われる6艇の中で1番早いタイムなら非常に信頼度が高いので1号艇を予想に組み込むのが堅いですね! 周回展示のモニター画面を参考にしよう.

次の

ボートレース戸田オフィシャルサイト

徳山スタート展示リプレイ

今まで展示の見方のお話をしてきましたが、カメラで撮ることをお勧 めしてきました。 しかし、ボートレース場によってはインターネットで展示をリプレイ にていつでも確認できるようになっています。 こちらで何回も確認してみてもよいと思います。 展示リプレイをいつでも見れるようにしているのは以下のボートレース 場になります。 桐生、蒲郡、津、琵琶湖、徳山、丸亀、芦屋、唐津 今や家でも外でもネットの時代ですので、どこでボートレース観戦を行 っていようとも御確認頂けると思います。 あと、ボートレース場によってはバックストレートの展示タイム以外にも 1週ラップタイム、半周ラップタイム、まわり足ラップタイムなどオリジ ナルなタイムを公開しているところもあるのでぜひご参考にして下さい。 しかし、3年くらい前にスカパーを契約して以来JLCしかみてなかったの で久しぶりに各ボートレース場のホームページを見ました。 とても新しく、見やすくなっていていいかんじですね。 3年前はやる気あるのかなー?というボートレース場すらあったのですが すべて変わってましたね。 全場インターネットでただで見れるのはボートレースだけなので、(今は 違ったりします?)もっとたくさんの人に見て頂きたいですね。 次回もご訪問頂けるととても嬉しく思います。 当サイトはランキングに参加しています。 記事内容がすこしでもお役に立てたならば下記リンクをクリックして頂 けると大変やる気がでます。 モチベーション維持にご協力いただけると大変嬉しいです。

次の