尿酸 値 下げる 飲み物。 尿酸値を下げる食べ物 納豆は下がる?

尿酸値 下げる 水は下がる?

尿酸 値 下げる 飲み物

こんにちは。 こうです。 以前読んだ日経トレンディでヒットすると予想されていた「抗・尿酸値ドリンク」、実際にヒットしてきていますね。 尿酸値と言えば、健康診断の検査項目にもあって、数値が高いと痛風の危険性が高まるあれです。 ぼくは、ビールとか魚卵に多く含まれるプリン体をたくさん摂取すると尿酸値が上がる、と思っていました。 でも、実はプリン体は食事由来よりも体内で産生されるほうが圧倒的に多いそうです。 だから、尿酸値が高めの人は、食事を気を付けるだけでは不十分なんです。 ヒット予想で取り上げられた抗・尿酸値ドリンク(アンセリン)は、尿酸値の上昇抑制作用が確認されたそうです。 アンセリン以外でも、機能性表示食品としてファンケルの「尿酸サポート」が発売されました。 今、抗・尿酸値の商品が熱いです。 機能性表示食品とは、2015年に開始した制度で、科学的根拠を消費者庁に届け出て受理されれば、商品に機能性を表示できる、というものです。 ぼくは今のところ尿酸値は正常ですが、知人にも痛風を患っている人はいるし、飲み会でもやたらプリン体気にしている人いるし、CMでもプリン体0とかよく聞くし、少し食生活が気になってきました。 スポンサーリンク プリン体を多く含む食べ物、飲み物 プリン体を多く含む食べ物や飲み物がどんなものか気になって調べると、次のようなものでした。 多い少ないの比較は、同じ量あたりに含まれるプリン体の量です。 牛豚鶏肉のレバー、カツオ、マイワシ、大正エビ、オキアミ、さかなの干物、イサキ白子、アンコウの肝、干し椎茸 干物や干し椎茸は、乾燥して水分量が減った分、同じ量で比較すると、プリン体が多く含まれています。 肉では牛や豚より鶏肉のほうが多く、さかなは全般的に鶏肉くらいですが、カツオやマイワシが多いみたいです。 イクラは多いと思っていたのですが、少ないみたいです。 アルコール類では、、ビール、発泡酒、地ビール。 アルコールは、絶対量としてはプリン体は多くないのですが、アルコールの作用で尿酸値が上昇するそうです。 そうすると、プリン体0の商品を選んでいても、たくさん飲んでいるとアルコールの作用で尿酸値が上がってしまうってことでしょうか。 尿酸値の高めの人は、注意が必要ですね。 ぼくは毎日晩酌するわけでもないし、食べ物も偏っていないと思うので、今はまだ大丈夫そうです。 高めの尿酸値を下げる効果が期待できる商品 アンセリンの効果とアンセリンを含む商品 アンセリンの効果をネットで調べていると、焼津水産化学工業株式会社(東証一部)さんのホームページにたどり着きました。 日経トレンディの記事についても、「日経トレンディ12月号に当社機能性素材「アンセリン」の記事が掲載」と、お知らせがでていました。 焼津水産化学工業さんがアンセリンの効果を確認した会社のようですね。 アンセリンの効果については、で紹介されています。 アンセリンの摂取によって、尿酸値が降下する傾向がヒト試験によって確認されているそうです。 アンセリンは、尿酸が作られすぎることを抑え、作られすぎてしまった尿酸の体外への排せつを促進し、尿酸値を下げる働きをするそうです。 焼津水産化学工業の100%子会社のUMIウェルネス株式会社が、アンセリンを含む商品をで販売しています。 楽天市場やアマゾンなどでも、アンセリンを含むサプリメントを購入することができます。 口コミが多くて、レビュー評価の高い商品はこのあたりですね。 ファンケルの「尿酸サポート」は、キトサンとアンプロペプシンを配合しています。 キトサンは、プリン体の吸収を抑制すると考えられています。 アンプロペプシンは、尿酸の合成を抑え、排せつを促進すると考えられています。 そして、臨床試験により、尿酸サポートを12週間摂取した結果、高めの尿酸値を下げる機能を確認し、消費者庁に届け出を受理された機能性表示食品です。 プリン体は食事由来よりも体内で産生されるほうが圧倒的に多いので、食事に気を付けるだけでは不十分です。 尿酸値が高めの人にとって、「尿酸サポート」のような商品で体内での尿酸の合成を抑えることは、とても有効な手段になります。 「尿酸サポート」はヒットしそうですね。 最後に 尿酸値が高めの人は食生活の改善だけでなく、アンセリンや尿酸サポートを使用するほうがいいですね。 焼津水産化学工業さんのホームページにも記載がありますが、プリン体は食事由来よりも体内で産生されるほうが圧倒的に多いので、食事に気を付けるだけでは不十分です。 痛風になってしまうと本当に辛いみたいだし。 尿酸サポートもアンセリンも、尿酸値が高めの人は使用した方がいいです。

次の

手軽に痛風対策がしたい!尿酸値を下げる飲み物まとめ

尿酸 値 下げる 飲み物

アルカリ性飲料の尿酸値を下げる効果 痛風に良い飲み物 ある日突然、耐え難い激痛に襲われる 痛風。 血液検査で尿酸値が高く、高尿酸血症と診断された方は、痛風や合併症の予防のため尿酸値を下げる努力が必要です。 今回は、 アルカリ性飲料の尿酸値を下げる効果と、痛風に良い飲み物についてまとめます。 飲み物で尿酸値を下げるには 尿酸値を下げるためには、とともに、水分摂取の工夫をすることが大切です。 水分補給量を増やす 水分摂取で尿酸値を下げる方法のひとつは、 多めに水分補給をすることです。 尿量を増やすことで尿酸をより多く排出し、尿酸値を下げることができます。 コツは、1度にたくさんの水分を飲むのではなく、頻繁に少しずつ飲むことです。 アルカリ性飲料を飲む もうひとつは、 尿をアルカリ化することで尿酸値を下げる方法です。 尿酸は、酸性に熔けにくくアルカリ性に熔けやすいという性質があります。 尿をアルカリ性に近づけると、尿酸が尿に熔ける量が増え、より多くの尿酸を排出することができるため、尿酸値を下げる効果があります。 尿のpHは食べ物や飲み物の影響が強いので、何を食べるか・何を飲むかを工夫することで、尿をアルカリ化できます。 ただし、アルカリ性に傾き過ぎると、カルシウム結石等の別のリスクが出てくるため、pH6. 0〜7. 0の間を目安にするとよいでしょう。 痛風に良い飲み物 痛風に良い飲み物として、下記のようなものがあげられます。 反対に、飲料や、砂糖・果糖が沢山使われている清涼飲料は尿酸値を上げてしまうので、多量の摂取は控えるようにしましょう。 牛乳 牛乳は、アルカリ性飲料でプリン体も含んでいないため、痛風に良い飲み物としてよく紹介されています。 実際、牛乳をよく飲む人は痛風に罹りにくいというアメリカの疫学研究報告もあります。 尿酸値の改善においても逆効果となりますので、多く飲み過ぎないよう注意しましょう。 アルカリイオン水 痛風に良い飲み物として、もう一つ代表的なアルカリ性飲料が アルカリイオン水です。 巷にアルカリイオン水がなかった頃は、重曹を水に溶かしたアルカリ性飲料を飲むことで痛風の予防に取り組む例も多かったそうです。 医学的には解明されていない部分が多いものの、アルカリイオン水を飲むことで尿をアルカリ化し、利尿作用によって尿酸の排出量を増やすことができるといわれています。 アルカリイオン水の良い点は、余分な糖分や脂質が含まれていないため、水分摂取量を増やす際にも適しているところです。 そのまま飲む以外に、お茶やに使って飲むこともできます。 ただし、薬を服用する時は、アルカリイオン水ではなく普通の水を使いましょう。 これは、アルカリイオン水に含まれる成分が、薬の作用に影響を与える可能性があるためです。 まとめ 今回は、アルカリ性飲料は尿酸値を下げる効果と、痛風に良い飲み物についてご紹介しました。 尿酸値を下げるためには、日々の水分摂取量を増やすことが大切になりますので、アルカリイオン水をボトルに入れて持ち歩くなどして、こまめに水分補給を行うようにするとよいでしょう。

次の

尿酸値を下げる飲み物

尿酸 値 下げる 飲み物

尿酸値 ヨーグルト?明治プロビオヨーグルトPA-3のこと? 当サイトに「 尿酸値 ヨーグルト」という検索フレーズで来ている人がいました。 今日はこのことについて書いてみます。 尿酸値を下げるヨーグルトというフレーズであれば、思い浮かぶのは、一時期テレビCMが盛んに流されていた「 プリン体と戦う乳酸菌を配合した明治プロビオヨーグルトPA-3」が想い浮かびます。 といっても、明治プロビオヨーグルトPA-3は尿酸値を下げるという触れ込みは一切なく、プリン体と戦う乳酸菌ということをコンセプトにしているヨーグルトになります。 日本では薬事法という厳しい法律があるので、一概に「尿酸値が下がるヨーグルト」とはきっぱりとは言い切れない実情もあるみたいです。 それで肝心な部分である明治プロビオヨーグルトPA-3に尿酸値を下げる効果が期待できるのか?についてなんですが、明治の公式サイトにはこう書かれていました。 1つ目は、プリンヌクレオシドを体内に吸収されにくいプリン塩基に分解します。 2つ目は、プリンヌクレオチド、プリンヌクレオシド、プリン塩基を菌体内に取り込みます。 3つ目は、取り込んだプリン体を増殖など自らの栄養源として利用します。 これらの作用を持つPA-3株を含むヨーグルトを高尿酸血症モデルラット(薬剤投与によって尿酸値が上昇)に8日間毎日摂取させたところ、5日目以降においてPA-3株を含まないヨーグルト(コントロールヨーグルト)と比較して、プリン体の最終代謝産物である尿酸の量(血清尿酸値)が減少しました(右図)。 本研究により、PA-3株はプリン体に直接作用し、腸管から吸収されるプリン体の量を低減させる効果を持つ可能性が示されました。 引用元: 長いですが簡単に説明すると「 薬剤で強制的に尿酸値を上げたラットにPA-3株を与えたところ尿酸値が下がった」ということらしいです。 実験において尿酸値が下がることが確認されたみたいですが、これは動物実験でのラットの結果であり、人間での臨床試験での結果ではないようです。 グラフを見てもすごいのかどうかも正直わかりません。 ねずみの尿酸値ですから・・・。 人間での臨床試験の結果が何処かにないか、明治の公式サイトをくまなく調べてみましたが、ありませんでした。 人間で臨床試験で尿酸値が下がる効果が見られた結果を載せてくれたら、信頼度も上がると思うのですが・・・。 テレビCMなどの広告には莫大なお金がかかっていますし、そこらへんの予算がなかったのか、人間には効果がなかったのか。 など勘ぐってしまうのは残念なところ。 ちなみに、 乳製品そのものには尿酸値を下げる効果が期待できるのが確認されているので通常のヨーグルトより尿酸値を下げる効果がいくらかは期待できるかもしれません。 しかも、ヨーグルトは腸内環境を良くしたりする健康面に関する効果も期待できますからね。 僕も何度か食べましたが、味の方はかなり美味しかったです。 1回食べだすと止まらないのですぐなくなってしまいます。 しかし、毎日摂ることを前提にするならカロリーも気にしないといけないですから、明治プロビオヨーグルトPA-3もそれなりにカロリーがあるので摂り過ぎには注意が必要ですね。 それと、乳製品は良い面もあるのですが、悪い面もあるということを知っておいたほうがいいと思います。 僕の場合は、乳製品の悪い面を知ってからは極力摂るのはやめました。 乳製品の悪い面についてはコチラに書いています。 また、明治プロビオヨーグルトPA-3はヨーグルトとしては価格が高めの設定になっています。 普通の400gのヨーグルトが130円程度なのに対して、明治プロビオヨーグルトPA-3の価格は大体112gで130円程度します。 ですので、もしも尿酸値を下げる効果が期待できる食品を探しているのであれば、「 ユーグレナ」という食品の方がオススメで、 人間での臨床試験においても尿酸値が下がることが確認されています。 簡単にユーグレナの特徴を挙げると、• プリン体吸収抑制剤及び血中尿酸値低減剤の特許を取得• 59種類の栄養素が含まれている• 肝機能の保護作用があることが研究結果で確認• 2ヶ月の服用で中性脂肪が平均17%減ったことが確認された。 僕はテレビでユーグレナを知ったのですが、ちょうどお昼の番組のバイキングで紹介されて、坂上忍さんが絶賛しているのを見て衝動買いしました。 ビール好きで尿酸値が高い人にはもちろん、健康診断で引っかかるような乱れた生活をしているような人にとって、ユーグレナはまさに救世主の食品だと言っても過言はないと思います。 中でも中性脂肪が減ったということにも注目で、中性脂肪が減れば肥満を解消することにつながり、尿酸値を下げることにもつながります。 その他にも色々ありますが、詳しくは下記の記事で詳しく紹介しているので参考にしてみて下さい。 また、僕がユーグレナなどを利用しながら2ヶ月半で尿酸値9. 7kgから60. 3kgまで下げた方法も参考にしてみて下さい。

次の