大阪 駅 待ち合わせ 場所。 【保存版】これでもう迷わない!大阪梅田の分かりやすい待ち合わせ場所14選

天王寺の待ち合わせ場所19選!わかりやすい目印の集合スポットを総まとめ!

大阪 駅 待ち合わせ 場所

大阪・梅田。 梅田は初めての人には特にわかりにくい! そんなところで誰かと待ち合わせをするにはひと苦労…。 いざ待ち合わせ場所を決めたは良いけど、場所がわかりにくくて向かうのが大変だったり、 着いたのはいいけど相手がどこにいるのかわかりづらい…そんなこともチラホラ! それでは、待ち合わせ場所の役割を全く果たしていませんね。 そこで今回は、この2点を兼ね備えた待ち合わせスポットをご紹介します! 目次• 阪急・茶屋町方面での待ち合わせならココ! ビッグマン広場 or ビッグマン前 ビッグマン広場 阪急の梅田駅2階改札から階段を下りてすぐの広場。 2階地上改札から地下1階まで抜ける階段のコンコースで、 いわゆる「ビッグマン」のモニターのすぐそば! 企業の展示やイベントも行われる吹き抜けた広いスペースです。 地下へと続く階段の頭上には大型モニターが2台並んでいるのが、阪急から降りて歩いていると目に入ります。 企業のポスターや広告の前などで待ち合わせにしたらわかりやすいかもしれません! ビッグマン前 「ビッグマン前集合!」となったらココのこと! 「渋谷ハチ公前」と同じくらいのニュアンスで使用されるメッセージです。 関西に詳しくない人は「ビッグマン」を店の名前などと勘違いしているひとも多いですが、 「ビッグマン」というのは、紀伊國屋書店前にある大型液晶モニターのこと。 集合する際には、駅構内にある地図には大抵「紀伊國屋書店」が大きく書かれているのでそこを目指せば大丈夫。 階段横に「 BIGMAN」と書かれた巨大モニターが設置されているので着いてから落ち合うのも簡単。 阪急を使う方間違いなく使う待ち合わせスポットです! 観覧車が目印!【HEP FIVE前】 ここも待ち合わせスポットの定番の HEP FIVE。 もはや梅田のランドマークとも言っていい「 赤い観覧車」が目印の阪急の複合商業施設。 エントランス前には常に多くの若者が待ち合わせをしているので、少し混雑しているのが大変ですが「赤い観覧車」と言えば迷う心配もないので安心。 雨天時は、地下の入り口かビッグマン前などに変更すると良いでしょう。 早めに着いても、建物内のお店で時間をつぶしたりできますし、中のお店で会ってもよいかもしれません。 ヨドバシカメラ梅田店! 東京・秋葉原のヨドバシカメラを遥かに凌ぐ超巨大店舗です。 (となりにヨドバシタワーが建つ計画もあるとかないとか…) 梅田の北側に位置していますが、ほんとに広いので、入り口など指定して待ち合わせたほうがいいかもしれませんね。 ただし!最大の要注意ポイント…!実は地上からのアクセスがなかなかムズカシイ…道路が渡れなかったり、見えているのになかなかたどり着けないというトラップに陥ることもあるという要塞でもあります… そんな方には 次に紹介する地下からの行き方がオススメです! ヨドバシカメラ前(地下鉄直結口) 地下鉄御堂筋線「梅田駅」北改札からすぐにあり、地下のコンコースも伸びているので他の公共交通手段からでも気軽にアクセスできます。 ビッグマン同様大きなディスプレイが設置されているので、すぐに相手を見つけることができるのではないでしょうか。 「 御堂筋改札を出た地下口」か「 エスカレータを上がった店舗入り口前」などがわかりやすいでしょう。 大屋根と金銀時計がシンボル!【時空(とき)の広場】 大阪駅の上空、サウスゲートビルとノースゲートビルの間にかかる連絡橋。 ここもわかりやすく待ち合わせにおすすめです!まずLUCUAを目指しましょう。 LUCUAとLUCUA1100の5階、大丸6階から行くことができます。 広場に着いた時の目印は何といっても、天井の隙間から入る太陽光で輝く金銀の時計。 広すぎないので相手をすぐに見つけやすいでしょう。 建物内での時間つぶしが可能なうえに、椅子が設置されているので待ち合わせにはもってこいの場所です。 上にも下にも空間が広がり、心地よい待ち合わせ場所です。 スケールの大きい吹き抜けと掛け時計が【アトリウム広場】 先ほどの時空の広場から下ったすぐ先、グランフロント大阪へと続くデッキに繋がる広場です。 大型ディスプレイが二台あるので目印にも困りません。 ディスプレイの反対にあるグランフロントの模型前もオススメです。 JRの改札から直結なので、主にJRをつかう方に多く利用されますが、地下鉄や阪急へのアクセスも非常に簡単。 (ただ、カリヨン広場というものもあるので間違えないようにしましょう。 ) ここはちょっと遠いけど… whity梅田 泉の広場 ホワイティ梅田のイーストモールを歩くと、噴水のある広場が見えます。 そこまで広くないので待ち合わせ相手を見つけるのも簡単です。 ただ、地下鉄をや阪神電車をご利用の方にオススメですが、JR大阪駅からは遠すぎるかもしれません… 梅田の地下街の端っこにあるので難アリではありますが、待ち合わせ場所としては非常に有名な場所です。 それになにより見間違えることもないでしょう。 近くにカフェなども多いので、店内で待ち合わせても良いかもしれません。 天気に左右もされないのも嬉しい点です.

次の

大阪駅│構内図:JRおでかけネット

大阪 駅 待ち合わせ 場所

第1回にも選定され、JR西日本で最多の乗降客が利用する駅である。 が配置されたであり、としてを管轄している。 JRの制度における「大阪市内」に属する駅であり、計算の中心駅となる。 また、の運行の要衝となる駅で、運行系統の軸をなしている。 大阪市最大の・である の中心に位置し、西日本最大のである。 また、関西一の鉄道交通の拠点であるの1つである。 との乗り換え駅であり()、大阪府内に「大阪」と付く駅が多いことから、「 大阪(梅田)駅」とも表示されている(などの一部周辺のJR西日本の駅でもこの表示がある)。 、・方面へのについては、に開業したを発着するに地位を譲ったものの、当駅は現在でも方面とのの始発・終着駅であり、を始めとするの都市間連絡列車や、・方面との特急、発着の(客扱いは・の上り東京行きのみ)などの特急も発着している。 かつては・・九州・山陰方面に向かうも発着していたが、山陰方面は2004年に「」が廃止されて夜行列車がなくなり(「サンライズ出雲」は後述のように上り東京行きのみ客扱い)、2008年3月に当駅 - 間を結んだ寝台急行「」、末期は発着で九州方面を結んだ寝台特急「」・「」が廃止、2009年3月に東京駅 - 九州方面を結んだ寝台特急「」・「」(ただし客扱いは下り列車のみ)が廃止され、九州への夜行列車がなくなり、ので寝台特急「」が廃止されたことで東北・北海道方面を行き来する夜行列車も消滅した。 これによって大阪駅(京都駅)を、とする定期夜行列車は全て消滅した。 乗り入れ路線 [ ] 現在の五代目大阪駅「」(旧アクティ大阪)(2011年) 場所決定の背景 [ ] (7年)に大阪駅 - 間の鉄道開業と同時に開業した。 当時の駅舎は風の造り2階建てで現在地より西の付近に当たる場所にあり、当時のは周辺はがわずかにあるだけでが広がっていた。 駅のある場所は(明治22年)の施行時における域にも含まれず、(明治30年)までに属していた。 当初の計画では市街地に近い付近にで建設される予定であったが、上述の通り設置場所は曽根崎村の梅田に変更された。 堂島からへ設置箇所が変更されたのは、将来東へ線路が延伸された際に - 神戸駅間の直通運転に都合が良いよう、従前の日本ののような頭端式を採らず、通過式の駅構造にするためだといわれている。 鉄道黎明期に頭端式ホームを採用したがその後の時勢変化で二度移転を強いられたことからしても、折り返しを要さない東西直通運転を可能にしつつ市街地に駅をできるだけ近づけさせる構造にした大阪駅には、先見の明があったといわれることもある。 それは、明治末期にやといった大私鉄がされた後、西日本各地から東京への直通運転の実現が容易となり、利便性を高めたという点でも大いに役立つこととなった。 開業後の推移 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年11月) 開業当初、大阪駅は「 梅田駅」「 梅田ステーション」「 梅田すてんしょ」などと呼ばれていたが、阪神・阪急や貨物駅のが開業すると、次第に大阪駅のことを「 梅田駅」などと呼ぶことはなくなった。 当初はの比重が大きく、の便を図るためから駅の南西まで梅田入堀川(堂島堀割川)が開削された。 しかし、が次第に増大すると入堀のある狭小な駅前では手狭となり、の乗り入れ計画に合わせて十分なを確保すべく(明治34年)に現在地へ移転された。 なお、貨物の取り扱いに関しては後にが設置された際に全面移管され、梅田入堀川も北東へ延伸された。 (明治39年)に公布されたに基づき主要が国有化される前は、当駅に官営鉄道(国鉄)の列車のほか、(今の)・(同じく)・(・)・(・大阪環状線など)・()といった5つもの私鉄の列車が乗り入れていたことがあった。 南海鉄道の列車は、との2段階で廃止された経由で関西鉄道線に乗り入れる形で、山陽鉄道と阪鶴鉄道の列車は官営鉄道へ乗り入れて当駅に達していた。 (昭和9年)には大阪市街のの撤去を目的とし、城東線(のちの)と共に大阪駅の高架工事が実施されるが、それに先駆けて(昭和元年)に(現在の)が大阪市街の高架化工事を実施し、同社線起点の梅田駅も・をまたぐ形で仮設のとなっていたため、高架化に際しては阪急梅田駅をにする工事も同時に行う必要があり、結果として路線の上下を同時に入れ替えるという大工事を、からにかけての一夜で実施することになった(工事についての詳細はを参照)。 この時地上駅となったは、に北へ移設して再び高架駅に戻っている。 それまで田圃だった大阪駅周辺の地盤は非常に脆く、地下20 m付近までが層である。 高架化の際には、に対処するため製の杭を打ったものの、粘土層でが留まっていたために建設直後からが生じた。 当時はの汲み上げ規制がなかったことで脱水圧密も生じ、沈下量は最大で1. 8 mにもなった。 一方で、御堂筋線との交差部では基礎杭が砂礫層に達していたために沈下量が極小であったが、その前後の沈下量に著しい差があったために不等沈下が生じた。 その結果、当時の大阪駅構内は駅東端で最大23. 6 の急勾配が生じ、ホームの屋根がを超えてに抵触するなど、列車運行に支障をきたすようになった。 深刻な地盤沈下に対処するために、当駅では日本初のアンダーピニング工法が採用された。 (昭和37年)までの5年間に計245本の杭が砂礫層に打たれたことにより、沈下は沈静化した。 また、同年には地下水の汲み上げを規制する法律が制定されたことにより、沈下原因も解消に向かった。 地盤沈下の名残として、現在でも駅構内は数段の階段や勾配が数多くある。 (昭和39年)にが開業した際には、既に地区には新たに新幹線用の施設を設けるだけの土地の余裕がほとんどなかったことや(北は阪急梅田駅や梅田貨物駅、南はなど)、将来の建設を考慮した際にの上の用地を使えるようにした方がいいと考えられたため、大阪の市街地から3 kmほど離れたをターミナルとした。 その後、を使用して・新大阪駅から・への直通列車を走らせることになった際には、当駅はそのルート上に駅を設けるには大きく離れていたため通過扱いとなった。 なお、梅田貨物駅()跡地の再開発に合わせて梅田貨物線のルートを変更した上で地下化し、当駅に隣接するうめきた地区に新ホーム 仮称名は:だったがその後当駅に編入する事になった を設置する計画があり、2023年春の開業に向けて整備が進められている。 年表 [ ]• (7年)• - 国有鉄道()の駅として当駅 - 間の鉄道開通と同時に開業。 旅客扱いのみ。 - 貨物の取り扱いを開始。 (明治9年) - - 当駅間が開業し、途中駅となる。 (明治22年) - - 神戸駅間の全通により、東京駅までの直通運転が行われるようになる。 (明治28年) - の - 梅田駅間が延伸開業。 その終着駅として同線の梅田駅が開業。 (明治31年) - が当駅 - 間を開業させ当駅に乗り入れ。 (明治33年) - による大阪鉄道線承継に合わせ、旧大阪鉄道の梅田駅が当駅に統合。 当駅は国有鉄道・関西鉄道・西成鉄道の駅になる。 (明治34年) - ゴシック風石造りの二代目駅舎が完成。 最初の駅舎の位置から東の、現在地に移転。 (明治39年)12月1日 - 西成鉄道が国有化され、当駅は国有鉄道と関西鉄道の駅になる。 (明治40年)• - 18時ごろ、西第一踏切(昭和初期に廃止)で踏切番をしていた駅員の清水太右衛門が踏切内に入った幼女を救ったが、太右衛門は列車に接触し殉職する事故が起こった。 太右衛門の功績をたたえるため、同年10月に碑が立てられた(1945年の大阪大空襲により碑は破壊され、に再建。 2011年1月にノースゲートビルディングと立体駐車場をつなぐ通路に碑を移設した )。 - 関西鉄道が国有化、当駅は国有鉄道の単独駅になる。 (明治41年) - の梅田(大阪駅前)停留場が開業。 (明治42年) - 線路名称制定により、東京駅 - 神戸駅間は、旧大阪鉄道線は、旧西成鉄道の区間はになる。 (3年)12月1日 - 貨物の取り扱い業務が新設されたに移管。 (昭和9年)• - 高架化。 - 当駅を含む - 間で電車運転を開始。 (昭和10年) - 二代目駅舎が解体され、仮駅舎建設。 (昭和15年) - 三代目駅舎が2階まで完成し使用を開始。 当初の予定では5階建てのの四角いビルであり、中央に5階分の高さの吹き抜けを設け、上層階はに合わせて鉄道ホテルとして使用される予定であった。 (昭和18年) - 三代目駅舎が完成(3階建てコンクリート造り)。 中央の吹き抜け部分を除き、4・5階部分の鉄骨は切断し軍に供出。 (昭和20年)・ - により、、の直撃被害を受け、当分営業を休止する。 仮復旧時は上り電車は東構内、下り電車は西構内で折り返し運転を行い、旅客は高架を歩き急造ので列車に乗車した。 (昭和28年) - の大阪駅前 - 神崎橋間が開業。 (昭和32年) - が設置される。 (昭和34年) - 0番のりばが使用開始。 (昭和35年) - 座席予約端末装置(1)の使用を開始。 (昭和36年) - 城東線全線と西成線の - 当駅間がとして開業。 (昭和37年)10月1日 - 11番のりばが使用を開始。 (昭和41年)• 7月1日 - 大阪市電の大阪駅前停留場が廃止(大阪市電の全廃は1969年〈昭和44年〉)。 - 大阪環状線ホームの工事が開始される。 (昭和44年)10月1日 - 大阪市営トロリーバスが大阪駅前より撤退(大阪駅前 - 神崎橋、大阪駅前 - 森小路一丁目間廃止)。 (昭和45年) - 大阪環状線ホーム(環状1番・環状2番のりば)が使用を開始。 (昭和54年) - 四代目駅舎の北駅ビル完成。 (昭和57年) - 大阪環状線ホームが環状1番・環状2番のりばから、環状内回り・環状外回りのりばに変更。 (昭和58年)• - 自動放送装置の使用を開始。 - 大阪ターミナルビル「」が開業。 (昭和62年) - により(JR西日本)の駅となる。 (昭和63年) - 路線愛称の制定により、東海道本線の当駅 - 間で「」、東海道本線の当駅 - 神戸駅間およびの神戸駅 - 間で「」、東海道本線の当駅 - 間およびの尼崎駅 - 間で「」の愛称を使用開始。 (3年) - 待ち合わせスポット「旅立ちの鐘」が除幕。 東口を「御堂筋口」、北口を「御堂筋北口」、西口を「桜橋口」と命名。 駅ナカ施設「」が開業。 (平成5年) - 改札口に導入。 (平成6年) - 桜橋口の改装工事が開始される。 (平成7年)• - 午前5時46分にが発生し、駅名を表示する看板が外れたりするなどの被害を受けた。 また関西の在来線は各線で運休となった。 - JR神戸線の当駅 - 尼崎駅間で営業運転を再開。 - 復旧工事がすべて完成。 (平成9年)• - 桜橋口の改装が完成。 ホームに電光掲示板導入。 - にが開業し、連絡駅となる。 - 導入。 (平成12年)4月1日 - が導入される。 (平成14年) - JR京都線・JR神戸線に導入。 (平成15年)• 4月23日 - 中央コンコースの南側に設置された「砂時計」が除幕。 に「サンドファンタジー」と命名。 - 「」の利用が可能となることに伴い、当駅でも供用を開始する。 (平成16年) - 改良工事が本格的に開始。 旧1・2番のりばが使用停止。 (平成17年)• - 環状内回り・環状外回りのりばが1・2番のりばに変更。 旧1・2番のりばの改良工事が完成し、新3・4番のりばとして供用開始。 旧3・4番のりばは使用停止。 - 仮駅舎東棟「」が開業。 の使用を開始。 - 仮駅舎西棟「」が開業。 - 旧3・4番のりばの改良工事が完成し、新5・6番のりばとして供用開始。 旧5・6番のりばは使用停止。 (平成18年) - 旧5・6番のりばの改良工事が完成し、新7・8番のりばとして供用開始。 旧7・8番のりばは使用停止。 (平成19年)• 3月18日 - に合わせてJR京都線・JR神戸線でを更新。 4月1日 - 高架下コンコースの改装工事がすべて完成。 4月8日 - 旧7・8番のりばの改良工事が完成し、新9・10番のりばとして供用開始。 旧9・10番のりばは使用停止。 旧11番のりばの撤去工事が開始される。 (平成21年)• - 大阪環状線に導入。 - 旧9・10番のりばの改良工事が完成し、新11番のりばとして供用開始。 旧11番のりばの撤去工事が完成し、駐車場連絡通路・タクシーのりばに転用。 (平成22年)• - の使用を開始。 10月12日 - 7・8番のりばの拡幅工事が完成。 11月1日 - 橋上駅舎の一部が乗り換え専用通路として使用を開始する。 (平成23年)• - 「」が閉館。 - 橋上駅舎が全面使用開始。 連絡橋口開設。 - 五代目駅舎とが開業。 - 大阪市営バスのバスターミナルが北口に集約される。 6月1日 - 西日本JRバスのバスターミナルが北口に集約される。 - ギャレ大阪西館跡地に「」が開業。 10月12日 - 改札口の電光掲示板をフルカラーのものに交換。 - JR京都線・JR神戸線ホームにガラス製の屋根が設置される。 (平成24年)• - が当日の発車分と翌日3月17日の到着分をもって定期運用から引退し、当駅を起点、終点とするが全て消滅。 - 「フロートコート」が閉鎖。 - 「」が開業。 エキマルシェ大阪口開設。 「トラベルコート」が閉鎖。 (平成25年)• - が駅北側の再開発エリア「うめきた」地区に開業。 大阪ステーションシティと新たに建設したで直結。 5月2日 - 中央口・桜橋口の自動改札機をJR西日本テクシア製、AG50型に交換。 - 御堂筋口・南口の自動改札機をJR西日本テクシア製、AG50型に交換。 (平成26年) - 大阪環状線ホームにを導入。 曲はの代表曲「」。 (平成27年)• 2月16日 - タクシー乗り場を御堂筋口側から桜橋口側に移設。 3月12日 - 寝台特急がこの日の発車分と当日の到着分をもって引退。 これにより、当駅を起点、終点とする一般営業の寝台特急列車はすべて消滅。 - 「(ルクア イーレ)」が開業。 - のと姉妹駅となる。 (平成28年) - ダイヤ改正に伴い、特急「」の当駅までの乗り入れが廃止される。 また、当駅を発車するJR京都線・JR神戸線のとの運転間隔が均等化される。 (平成29年)• - 駅構内に観光の総合相談窓口「Travel Service Center OSAKA」がオープン。 - 6番のりばにが設置され、使用を開始。 - 7番のりばに可動式ホーム柵が設置され、使用を開始。 - 周遊型「」の停車駅となる。 (平成30年) - が導入され、使用を開始する。 (平成31年・元年)• 2月16日 - 5番のりばに昇降式ホーム柵が設置され、使用を開始。 - 8番のりばに昇降式ホーム柵が設置され、使用を開始。 - 1番のりばの足元乗車位置案内をリニューアル。 - 1番のりばに可動式ホーム柵が設置され、使用を開始。 (令和2年) - 2番のりばに可動式ホーム柵が設置され、使用を開始。 - 駅構内にを地下化して新たに地下ホーム を設置する予定である。 既存のとは改札内連絡通路を設ける。 地上ホームとは徒歩6分ほどで移動できるとのことである。 - 地下ホームに大阪市内を南北に縦断するが乗り入れる予定である。 これにより(南海)もなにわ筋線を通して乗り入れる予定。 その他 [ ] 新大阪駅構内にある在来線乗り場案内。 「大阪(梅田)」が赤字で表示。 初代大阪駅舎の駅前には高さ10メートルの時鐘台があり、列車が発車する5分前になると鐘を鳴らしていた。 この鐘は駅が二代目に改築された時に行方が分からなくなったが、三代目が建築された頃に区で逆さ向きにして手洗い鉢にされているのが発見され、急遽回収されたという逸話が残っている。 その後、(昭和35年)にによりに指定され、現在はに保存展示されている。 重さ約100 kg。 後に大阪駅でもう一つの鐘(重さ28 kg)が保管されていることが発覚し、時鐘は二つあったと推測されている。 この鐘は(昭和55年)から大阪駅北ビルで「旅立ちの鐘」として展示されたが、駅改良工事に伴い(平成22年)に撤去された。 (明治34年)の二代目駅舎の建設時に、正面玄関の左右に銅像の「噴水小僧」が2体設置された。 1体は三代目駅舎建設時に移転する際に行方不明になり、もう1体が中央コンコースの人工池に展示され待ち合わせ場所として親しまれていたが、五代目大阪駅舎に引き継がれることなく、駅改良工事に伴い(平成16年)に撤去された。 構内にある在来線乗り場案内では「 大阪(梅田)」と「 梅田」が併記され、かつ赤字で表示されている。 駅構造 [ ] ・線路は、高架上に東西に伸びている。 以前は7面13線のホームがあったが、より行われている再開発工事に伴い一時期5面10線にまで縮小した後、より新11番のりばの使用を開始して以降は6面11線となって現在に至る。 ホーム有効長は1・2番のりばが8両編成分、3 - 11番のりばが12両編成分あるが、の普通電車が発着する6番のりばと7番のりばは、7両編成4扉車専用のホーム扉が設置されている関係で、この2線のみ8両編成以上または3扉車の入線は出来なくなっている。 14両編成の寝台特急サンライズ瀬戸・出雲は、東京行きは11番のりばで客扱いを行う。 岡山方面行きは客扱いを行わないが、3番のりばで運転停車を行い、臨時停車の場合のみ客扱いを行う。 東海道線ホームとなっている3番のりばから11番のりばには引き上げ線がなく、下りと上りを繋ぐ配線も存在しないためホーム上での折り返しができず、当駅終点の列車は当駅到着後まで回送する。 改札口は、御堂筋口・南口・中央口・桜橋口・連絡橋口・エキマルシェ大阪口の6か所がある。 中央口と桜橋口は、改札内の大半が中2階の乗り換え通路になっている。 御堂筋口・中央口・連絡橋口には南北を結ぶ改札外のコンコースがあり、両端に駅の出入口がある。 御堂筋南口・御堂筋北口・中央南口・桜橋口には地下街や阪急・阪神・地下鉄の梅田駅につながる階段やがある。 より橋上駅舎の一部が乗り換え専用通路として供用開始され 、には新しい改札口「連絡橋口」の使用が開始された。 駅ビル [ ] 駅南側に27階建て、高さ122. 3mの「アクティ大阪」から改称した「」があり、とが入居している。 また駅北側には大阪駅開発プロジェクトに基づいて建設された「」があり、西側の高層棟(28階建て・高さ約150m)と東側の低層棟(13階建て・高さ約78m)から構成され、ファッションビル「」 LUCUA と「(イーレ)」(旧JR大阪)、シネコンの「」やスポーツクラブ、オフィスなどが入居している。 サウスゲートビルの東側に、再開発工事に伴い駅内の商業施設を移設した、までの期間限定の仮施設である「」と、ビルの西側に同じく期間限定の仮施設「」があったが、フロートコートは2012年に、トラベルコートは2012年をもって閉鎖された。 北側にはかつて低層の駅ビル(北ビル)があり飲食店などが入っていたが、ノースゲートビル建設工事のため解体された。 駅ナカ [ ] 御堂筋口には「イーストコートミドー」 EAST COURT mido があり、高級スーパーの、カフェの DELI CAFE などがある。 中央口には「セントラルコート」 CENTRAL COURT があり、コンビニの ・土産物店・飲食店などが並ぶ。 改札内にはのほか、中央口と桜橋口を結ぶ連絡通路などに、ベーグル店 、ロールケーキ店(クリオネ)、喫茶店やセブン-イレブン Heart・inがある。 かつて中央口西側に専門店街「」 GARE があったが、の開業による商業施設の再編によりで閉館し、ギャレ大阪の西館は、2011年に新商業施設「」として再オープン。 本館はに「」としてオープンした。 地下街 [ ] 大規模な地下街が展開する梅田にありながら、地下が存在するエリアは限られている。 地下が存在するのはサウスゲートビル()とそれに沿って東西に延びる専門店街「」 crost のみである。 南北に駅を横断する地下通路や地下改札は設置されておらず、現在行われている再開発工事でも設置されない。 これは軟弱な地盤と、地下水くみ上げによる地盤沈下対策として、(昭和27年)から(昭和39年)に、度重なる改良工事がアンダーピニング工法などにより行われた結果、地下深くの天満層まで200本を超える杭が埋まっているためである。 ノースゲートビルディング側 駅前の様子 のりば [ ] 出典: のりば 路線 行先 1 大阪環状線(内回り) ・・方面 JRゆめ咲線 ・方面 大和路線 ・・方面 阪和線 ・・方面 関西空港線 方面 2 大阪環状線(外回り) ・方面 3・4 JR宝塚線・福知山線 ・・方面 3 - 6 JR神戸線 ・・方面 6 JR宝塚線 ・方面 7 - 10 JR京都線 ・・方面 11 (特急ホーム) 特急のりば [ ] 出典:• 3・4番線:・方面「」、・方面「」、・城崎温泉方面「」、方面「」• 10番線:・方面「」• 11番線:・・方面「」、方面「」、方面「」「」 発車メロディ [ ] 「」の一環として、からホーム(1・2番のりば)のに、の代表曲『』を導入している。 ホームドア [ ] に、安全性の向上を目的として、6・7番のりばにを設置することがJR西日本より発表された。 可動式ホーム柵の設置に伴い、に6・7番のりばとともに停車位置が変更され、に6番のりば、に7番のりばで可動式ホーム柵の使用が開始された。 これに続いて、5・8番のりばにはが設置され、こちらは2月16日に5番のりばで、に8番のりばで使用が開始された。 大阪環状線ホーム(1・2番のりば)の可動式ホーム柵は1番のりばがから、2番のりばがから使用を開始した。 ダイヤ [ ] 近距離列車 [ ] JR神戸線・京都線(東海道本線) 日中は、1時間に16本(・がそれぞれ4本、が8本)発着し、新快速・快速は普通と緩急接続を行う。 朝ラッシュ時は本数が多くなり、新快速・快速・普通で当駅止まりが設定されている。 平日夕方にはJR神戸線・JR京都線ともに当駅始発の新快速が設定されている。 JR宝塚線(福知山線) 日中は、1時間に8本(区間快速・普通(直通)がそれぞれ4本)発着する。 朝晩は丹波路快速と快速が設定されている。 当駅始発の普通は外側線を走行するためを通過する。 大阪環状線 日中は、1時間に12本(を周回する普通・・ がそれぞれ4本)発着する。 朝晩は本数が多くなる。 方面へ向かうに直通する普通は日中と朝ラッシュ時を除く時間帯に運行されている。 なお、大和路快速・関空快速・紀州路快速の外回り列車は当駅より先は各駅に停車するため、当駅で種別を普通に変更する。 優等列車 [ ] 当駅は北陸方面へのの始発・終着駅として機能している。 西行きの特急は「」・「」が当駅始発で、それ以外の列車は・への連絡を考慮してやまで直通する。 ただし、・・京都駅 - 間の特急「」や、京都駅・新大阪駅 - ・・・・間の特急「」はを経由するため、当駅には停車しない。 また、は当駅を通らずや梅田貨物線を経由するが、跡地の再開発とともに新線に移設する予定である。 特急「」(大阪駅 - ・間)• ・方面• 特急「」(大阪駅 - 間)• 特急「」( ・- 大阪駅間)• 特急「」(大阪駅 - 間)• 山陰方面• 特急「」(京都駅 - ・間)• 特急「」(大阪駅 - ・・鳥取駅間)• 北近畿方面(福知山線経由)• 特急「」(新大阪駅 - ・・間) 引き上げ線 [ ] がホームの西に2線、(・)ホームの東と西にそれぞれ1線ずつ設置されている。 大阪環状線の引き上げ線は、当駅止まりの列車の折り返しなどに使用され、東海道本線の引き上げ線はJR京都線の4時台の始発列車および、その次の列車がから回送されてくる時と、1時到着の最終列車が宮原総合運転所へ回送される際に、西引き上げ線で折り返す。 ホームの使い分け [ ] ・については、・が5・8番のりば、(JR京都線とを直通する列車を含む)が6・7番のりばに着発する。 ただし、平日朝ラッシュ時の新快速・快速、平日17時以降の新快速は3・4・9・10番のりばを使用する。 JR宝塚線列車のうち当駅始発の列車は3・4番のりばから発車し、当駅止まりの列車は9・10番のりばに到着するが、平日朝ラッシュ時は8番のりばに到着する。 また、当駅 - 尼崎駅間は外側線を走行するため普通も塚本駅を通過する。 「」行き、「」行き、「4号」行きは9・10番のりばに着発する。 ただし、平日朝ラッシュ時の「こうのとり」は8番のりばに着発する。 「」・行き、「」行き、「・」行きは11番のりばから発車する。 当駅止まりの「」、「」は10番のりばに到着する。 「びわこエクスプレス2号」行きは「はまかぜ6号」の車両をそのまま使用するため10番のりばから発車するが、車内点検と清掃を行うため一度ドアは閉められる(はまかぜから引き続き乗車する場合も一度降車する必要がある)。 「スーパーはくと」・行き、「こうのとり」・・行き、はまかぜ」・・鳥取行き、「らくラクはりま」行きは3・4番のりばに着発する。 当駅止まりの「サンダーバード」・「ひだ」・「びわこエクスプレス」は3・4番のりばに到着するが、平日夕ラッシュ時の「サンダーバード」は5番のりばに到着する。 大阪駅開発プロジェクト [ ] 再開発エリアについては「」を参照 より、大規模改良・事業である「大阪駅開発プロジェクト」が行われている。 再開発エリアは「」 OSAKA STATION CITY と名付けられ 、・・・オフィスなどで構成される巨大()である。 広場・通路の整備、の建設、「アクティ大阪」から改称したの増築がなされた。 店舗面積(・・を合算)で134,000m 2と大規模なものとなり、(、115,000m 2)を抜いて西日本最大、日本第2位の規模を誇る商業施設となる。 にグランドオープンした。 プラットホーム中央部を覆うように弧を描く巨大な片流れのが設置された。 東西長約180m、南北長約100mで、高さは最も高い地点で約50mに達する。 一部にガラスが使われ、自然光が差し込む作りである。 これに伴って既存のホーム屋根は端部を残して撤去される予定であったが、風に飛ばされた雨が屋根の横の隙間から吹き込むことが判明したため 、透明なガラス製の屋根を設置することとなった。 また、駅改良工事としてホーム上に建設された人工地盤に新しく橋上駅舎が設置されるとともに、8番のりばなどの拡幅による混雑緩和や御堂筋口の中2階通路の廃止によるコンコースのフラット化や増設などの化も図られた。 橋上駅舎には新しい改札口「連絡橋口」が設置され、から暫定的に乗り換え専用通路として使用し 、2011年に使用を開始している。 総事業費は2,100億円に及ぶ。 現在の当駅の平均乗降客数は85万人だが、JR西日本では大阪ステーションシティの開業で91万人にまで増えると想定している。 また、開業後の当駅の増収効果を鉄道業や流通業、ビルのテナント料収入などで年間725億円と試算され、開業当初はなどがかさむが、5 - 6年後には利益を生み始めると見積もられている。 旧6番のりばと旧7番のりばに存在した留置線跡。 非常に急な曲線を描き7番ホームに列車は入線する。 新北ビルの建設用地を捻出するため、ホームの削減工事が行われた。 削減に伴い、7面13線から6面11線となっている。 ホーム数削減工事は、に方面への・の発車や北陸方面からの特急列車が到着していた旧1・2番のりば(現在の3・4番のりば)の使用を停止し、同ホームの工事が行われた。 から同ホームは3・4番のりばに改められると同時に、「環状内回りのりば」「環状外回りのりば」と割り振られていた大阪環状線のホームは1・2番のりばに変更された。 その後も順次、各ホームごとに11番のりばまで工事が行われ、一時は5面10線まで縮小された。 また、に6番のりばと旧7番のりばの間にあった旧中線跡を利用してホームが拡張され、末端部分にあった留置用の中線も撤去されている。 このホーム数の削減に合わせてホームの改修工事が行われた。 主な工事内容は次の通り。 御堂筋口の中2階通路の撤去• の新設• 階段の改良• ホーム上屋の改良• 床の張替え(タイルへの変更)• 橋上駅舎新設の準備工事 のりば表記と各ホームの切替日 ホーム 改良工事前 2004年5月16日 2005年2月27日 2005年10月16日 2006年7月30日 2007年4月8日 2009年12月20日 環状線ホーム 内回り 西九条・新今宮・天王寺方面 内回り 西九条・新今宮・天王寺方面 1 西九条・新今宮・天王寺方面 外回り 京橋・鶴橋方面 外回り 京橋・鶴橋方面 2 京橋・鶴橋方面 1号ホーム 1・2 JR宝塚線・山陰方面特急 使用停止 3・4 JR宝塚線・山陰方面特急 JR神戸線 三ノ宮・姫路方面 2号ホーム 3・4 JR神戸線 三ノ宮・姫路方面 3・4 JR宝塚線・山陰方面特急 JR神戸線 三ノ宮・姫路方面 使用停止 5・6 JR神戸線 三ノ宮・姫路方面 JR宝塚線 普通 3号ホーム 5・6 JR神戸線 三ノ宮・姫路方面 JR宝塚線 普通 5・6 JR神戸線 三ノ宮・姫路方面 JR宝塚線 普通 使用停止 7・8 JR京都線 新大阪・高槻・京都方面 4号ホーム 7・8 JR京都線 新大阪・高槻・京都方面 7・8 JR京都線 新大阪・高槻・京都方面 使用停止 9・10 JR京都線 新大阪・高槻・京都方面 北陸方面特急 9・10 JR京都線 新大阪・高槻・京都方面 5号ホーム 9・10 JR京都線 新大阪・高槻・京都方面 9・10 JR京都線 新大阪・高槻・京都方面 使用停止 11 北陸方面特急 6号ホーム 11 北陸方面特急 11 北陸方面特急 撤去(駐車場連絡通路、タクシー乗り場に転用) 旧11番のりばのうち西側の約100mほどはへの連絡通路へと転用されたが、ホーム時代の屋根等がほぼ廃止時のままの形で再利用されており往年の面影を残している。 平日ラッシュ時はのとの当駅始発の列車(特急・快速)が同じホームに停車するため、この時間帯の北陸方面からの「」は比較的余裕のある5番のりばに到着することが多くなる。 案内標 [ ] 当駅ではのりば番号の下にやが2015年より併用されている。 また、日本語・英語・中国語・韓国語の4カ国語表示に対応し、のピクトグラムも導入されている。 「」も参照 2018年度の1日平均は 433,637人である。 の駅では第1位であり、およびで最多の利用客であり、全体では・・に次ぐ第4位である。 2017年度の一日の乗降客数は、863,086人である。 1987年度から1995年度にかけての8年間で乗車人員は16万人以上増加して47万人を越えた。 に隣接するのが開業した後は乗車人員が減少し、しばらく42万人程度で推移していたが、にが開業した後は2010年度まで大きく落ち込み、40万人を割り込んだ。 これにより、2012年度はJR各社の乗車人員の比較において、横浜駅および(JR東日本)を上回る第3位となった。 しかし、2015年度に東京駅に抜かれ、第4位となった。 各年度の1日平均 乗車人員は以下の通り。 1985年度以前の1日平均乗車人員は、年度毎乗車人員を365(閏年が関係する年度は366)で割った値を、小数点第一位で四捨五入したものである。 定期率は、定期乗車人員を総乗車人員で除した値を、パーセントにして小数点第二位で四捨五入したものである。 年度 1日平均乗車人員 出典 総数 定期 定期率 1980年(昭和55年) 284,636 64. 5% 2018年(平成30年) 433,637 駅周辺 [ ] 詳細は「」を参照 駅の立地する は西日本最大の・となっている。 同駅周辺には・・ホテル・オフィスビルなどが林立しており、と並ぶ大阪の商業の中心地である。 難波を中心とする繁華街をというのに対し、梅田を中心とする繁華街はと呼ばれる。 高速バス乗り場やタクシー乗り場、ビジネス街も近いところから、近隣の交通や経済の要となっている駅である。 やなどの有名ホテルも近い。 ・、、、Osaka Metro、などは徒歩圏内である。 特に渡辺橋駅へは地下道に乗換案内が記載されており、やの至近にある。 北側にはがあったが、に廃止され、貨物駅の機能はとに移転された。 跡地のエリアは再開発が計画されている。 そのうち東側の一部は貨物駅の廃止以前に先行して再開発が進められ、2013年にであるが開業した。 現在はグランフロント大阪の西側に2期地区として再開発が進行中であり、都市公園・オフィス・ホテル・商業施設などで構成される予定である。 には駅北西側に梅田貨物線を地下化して新たに大阪駅の地下ホーム(通称:)が設置される予定である。 これにより南紀・関西国際空港からの特急列車の停車が可能となる。 梅田本店• 詳細は「」を参照 大阪駅とは別の駅であるが、の - 北新地駅間、または北新地駅 - 間に有効な・では、北新地駅と同一駅扱いとして当駅でも乗り降りできる。 またにおいては、発着となる長距離券による両駅間の乗り換えが認められており 、尼崎駅以遠(・方面)各駅から相互発着となる近距離切符の場合は、当駅からの営業・運賃計算キロで計算する特例がある。 西日本旅客鉄道• 寝台特急「」「」上り停車駅 時期によっては下りも停車• 特急「」「」停車駅• 日本国有鉄道旅客局 1984 『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』 1998年• 「鉄道 歴史・地理なるほど探検ガイド」(・ 2002年 )• 、 1993 『近畿470駅』(JR・私鉄全線 各駅停車8)、p. 32、。 「大阪市街と環状線の建設」『』第20巻第6号、鉄道ジャーナル社、1986年6月、 50-57頁。 「旧国鉄大阪駅学徒報国隊『あゝ紅の血は燃ゆる』学徒動員の思い出」p. 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p. 362。 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p. 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p. 364。 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p. 366。 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p. 110。 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p. 180。 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p. 379。 『近畿地方の日本国有鉄道-大阪・天王寺・福知山鉄道局史』大阪・天王寺・福知山鉄道局史編集委員会、2004年、p. 210。 神沢和敬、田幸香純 2015年4月2日. 朝日新聞社 : p. 夕刊 1• 読売新聞. 2017年3月24日. 2017年3月24日閲覧。 [ ]• 広島敦史、宮山大樹 2017年6月17日. 朝日新聞社 : p. 夕刊 8• 交通新聞社 : p. 2019年2月5日• デイリースポーツ. 2019年7月11日. Yahoo! ニュース. 2020年3月25日閲覧。 時鐘に関しては「大阪駅物語」P187-191• asahi. com 朝日新聞社. 2011年5月19日. の2011年5月20日時点におけるアーカイブ。 MSN産経ニュース 産経デジタル. 2010年1月15日. [ ]• 産経デジタル. 2010年9月23日. の2010年11月30日時点におけるアーカイブ。 YOMIURI ONLINE 読売新聞社. 2011年5月19日. [ ]• 『JR時刻表』2017年3月号、、2017年、 245頁。 MSN産経ニュース 産経デジタル. 2011年5月20日. の2011年5月23日時点におけるアーカイブ。 神戸新聞NEWS 神戸新聞社. 2011年8月19日. [ ]• faq. jr-odekake. net. 2018年9月26日閲覧。 www. jr-odekake. net. 2018年9月26日閲覧。 www. jr-odekake. net. 2018年9月26日閲覧。 日本経済新聞 2020年3月25日. 2020年3月25日閲覧。 官報 [ ]• (インターネットアーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2003年8月30日• - 西日本旅客鉄道ニュースリリース 2015年12月1日付• - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2010年9月15日(2010年9月19日時点の)• - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2012年(2012年5月26日時点の)• - 西日本旅客鉄道、2012年5月17日閲覧。 - 西日本旅客鉄道、2012年5月17日閲覧。 - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2010年1月22日(2010年1月26日時点の)• - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2011年7月1日(2011年7月5日時点の)• 日本語 プレスリリース , 西日本旅客鉄道, 2015年5月28日 , 2015年5月29日閲覧。 統計資料 [ ]• 西日本旅客鉄道. 2019年9月27日閲覧。 - 大阪府 p. 186• - 大阪府 p. 188• - 大阪府 p. 210• - 大阪府 p. 190• - 大阪府 p. 210• - 大阪府 p. 210• 『'88 JR西日本』西日本旅客鉄道、1988年、p. - 大阪府 p. 212• - 大阪府 p. 212• - 大阪府 p. 212• - 大阪府 p. 212• - 大阪府 p. 194• - 大阪府 p. 192• - 大阪府 p. 194• - 大阪府 p. 190• - 大阪府 p. 194• - 大阪府 p. 194• - 大阪府 p. 194• - 大阪府 p. 206• - 大阪府• - 大阪府• - 大阪府• - 大阪府• - 大阪府• - 大阪府• - 大阪府• - 大阪府• - 大阪府• - 大阪府• - 大阪府• - 大阪府• - 大阪府• - 大阪府• - 大阪府• - 大阪府• - 大阪府 参考文献 [ ]• 社会部編 『大阪駅物語 : だれも知らないマンモス駅の素顔』 、1980年11月。 『大阪駅の歴史』西日本旅客鉄道株式会社 監修、株式会社駅史編集委員会 編著、2003年。 「旧国鉄大阪駅学徒報国隊『あゝ紅の血は燃ゆる』学徒動員の思い出」旧国鉄大阪駅学徒報国隊合同懇親会編、1993年(図書館、所蔵)。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 オープンストリートマップに があります。 - -• 外部リンク [ ]• - 西日本旅客鉄道•

次の

JR大阪駅構内図(jr大阪駅構内図)写真付きで詳しく解説

大阪 駅 待ち合わせ 場所

2011年に大阪ステーションシティが誕生して、劇的に変化を遂げたJR大阪駅。 しかし、その変化を遂げた分だけ、JR大阪駅で待ち合わせをする場所に迷っている方はきっと多いはず! 『JR大阪駅の一階の改札付近だと人が多くて見付けにくい。 』、 『JR大阪駅って1階と3階に改札があってややこしくね?』、 『JR大阪駅って一体何処で待ち合わせするのが良いの?』と思っている方、ご安心ください。 今回はそんな方々の為に、 私・ 実演販売士のまつもとしん児 が写真付きで 『JR大阪駅で人混みが嫌いな方が好む7つの待ち合わせ場所』を分かりやすくご紹介したいと思います! ルクア、大丸、ハンズへ行く方はココ 待ち合わせした後に、 LUCUA・LUCUA1100(ルクア・ルクアイーレ)、 大丸梅田かハンズに買い物に行きたいという方、お薦め待ち合わせ場所はここ 『JR線のりば連絡橋口』にあります。 JR線に乗って来た場合、電車から降りて、上へ行くエスカレーターもしくは階段で上がって下さい。 ホームの中央付近に上へ行くエスカレーター・階段はありますよ。 改札を出ると正面に座席があります。 ここでゆっくり座って待つ事が出来ますよ。 ずら~っと座席が並んでいます。 姿勢よく、待ち合わせ人をお迎えしましょう 笑。 ルクア・グランフロントへ行く方はココ 『JR線のりば連絡橋口』の改札を出て右に行くと、 LUCUA・LUCUA1100(ルクア・ルクアイーレ)の3階入り口があります。 更に奥に行くと グランフロントへ行けるので、待ち合わせ後にルクア・グランフロントに行く方はお薦めです。 ここ LUCUA110(ルクアイーレ)3階のエントランス付近は広いし、人通りもJR大阪駅一階の改札に比べると少ないので、良い待ち合わせスポット! 更に便利な事に、待ち合わせ人を待ってる間に、用を足したくなっても、すぐ近くにトイレもあるから安心です。 時空の広場でゆっくり待ちたい方 2011年に大阪ステーションシティが出来て、 新しく『大阪駅の定番の待ち合わせ場所』の一つとなった 『時空の広場』はゆっくり待ち合わせをしたい方にお薦め!ちょっとしたカフェもあるし、ベンチシートもあるのでゆっくり待てます。 『時空の広場』は大阪ステーションシティの5階部分にあります。 相手がかなり遅刻してきた場合は、時計の真下に座って、暗に 『どれぐらいの時間待ってたかアピール』してやりましょう 笑。 ヨドバシカメラ、阪急電車利用の方へお薦め ここ 『カリヨン広場』も最近の待ち合わせ場所として、多くの方が利用されています。 何故多くの方に利用されているかと言うと、 JR大阪駅と ヨドバシカメラ梅田、 LUCUA(ルクア)、 阪急梅田駅と繋がっているので非常に便利なんですね。 JR大阪駅御堂筋北口から出て、上に上がると 『カリヨン広場』に出ます。 阪急・阪神百貨店方向へ行く方はココ 阪急・阪神百貨店に行く方にお薦めの待ち合わせ場所は 梅田新歩道橋の上! 雨が降っていない日に限りますが… 笑。 テレビのロケもよくやっている場所なので、ひょっとしたら有名タレントに遭遇出来るかもですよ。 行き方は JR大阪駅御堂筋南口から出て、エスカレーター・階段で上がってすぐです。 相手が遅刻して来てもへっちゃらな待ち合わせ場所 それでは最後におまけとして、私・ 実演販売士のまつもとしん児がプライベートでよく使う、 『相手が遅刻して来てもへっちゃらな待ち合わせ場所2カ所』を出血大サービスでご紹介しましょう! 何時間待っても平気な場所 『JR線のりば連絡橋口』の改札を出て左に曲がり、真っ直ぐ歩くと大丸の入り口があります。 ここは大丸に入らず、エスカレーター・階段で下ってください。 そして、更に矢印の方向に奥まで行って、 エスカレーター・階段で下ります。 するとご覧ください!この広々としたスペース!雨風にも完全にしのげます。 更にちょこっと座れるベンチも完備! 更に更に、相手が大幅に遅れてきたとしても大丈夫!時間潰しの味方 『スタバ』があります! 更に更に更に、相手がめちゃくちゃ遅刻して、その間に暇潰しでYouTubeなんて見ちゃう人も安心!Wi-Fiが飛んでおります! ここの待ち合わせ場所で恐れるモノは何一つありません!安心して待ち合わせして下さい! 待つイライラを癒してくれる場所 出血大サービス2カ所は JR大阪駅中央南口から出て、矢印の方向に曲がります。 すると 『水の時計』があります。 写真のように水で時間を知らせてくれるので、待ち惚けのイライラを少しは解消してくれます 笑。 よく、遅刻する人との待ち合わせ場所としては最適ですよね! Welcome・・・かな? 何かよく分かりません・・・ 笑。 このように待ってる間に色々の文字が水で表示されるので、あっという間に時間が過ぎると思います 笑。 是非、ここもご利用ください。

次の