村松 さゆり。 研究者詳細

CiNii Articles

村松 さゆり

[1種 一般 ]• [2種 高校生年代 ]• [3種 中学生年代 ]• [4種 小学生年代 ]• [女子]• [シニア]• [フットサル]• [ビーチサッカー]• JFA. [日本代表]• [日本女子代表]• [フットサル日本代表]• [ビーチサッカー日本代表]• [サッカーe日本代表]• [1種 一般 ]• [2種 高校生年代 ]• [3種 中学生年代 ]• [4種 小学生年代 ]• [女子]• [シニア]• [フットサル]• [ビーチサッカー]•

次の

村松沙友里(さゆりんご)の姉が結婚※さらにやらかしたこととは

村松 さゆり

研修受講歴 【 表示 / 】• 大学病院の緩和ケアを考える会主催第4回医学生の緩和ケア教育のための教員セミナー修了,2007年10月• EPEC-0(Education in Palliative and End-of-life Care-Oncology)トレーナーズ・ワークショップ,2007年12月• ELNEC-J End-of-Life Nursing Education Consortium 指導者養成プログラム,2008年11月• 構造構成主義アカデメイア主催第4回質的研究集中ワークショップ受講,2009年01月 ~ 2009年02月• 日本福祉スウェーデン福祉研究所主催「認知症緩和ケア」初級コース修了,2009年10月 論文 【 表示 / 】• 同種造血幹細胞移植後患者の試験外泊時の思い,小田香澄,後藤康子,伊東舞,阿部久美,石井幸弘,坂井さゆり,新潟大学保健学雑誌,Vol. 15,No. 1, pp. 39-47,2018年03月,日本語 研究論文(学術雑誌),共著• 看護学専攻のカリキュラム評価による教育課程のあり方の検討-カリキュラム改正後の卒業年次学生へのアンケート調査から-,定方美恵子,成田太一,西方真弓,柏美智,住吉智子,坂井さゆり,清水詩子,小林恵子,新潟大学保健学雑誌,Vol. 15,No. 1, pp. 79-86,2018年03月,日本語 研究論文(学術雑誌),共著• 笠原英里子,青木萩子,石田真由美,田口めぐみ,中村勝,林はるみ,坂上百重,サトウ恵,堀田かおり,山崎芳裕,坂井さゆり,村松芳幸,笠原英里子,青木萩子,石田真由美,田口めぐみ,中村勝,林はるみ,坂上百重,サトウ恵,堀田かおり,山崎芳裕,坂井さゆり,村松芳幸,新潟大学保健学雑誌,Vol. 15,No. 1, pp. 19-27,2018年03月,日本語 研究論文(学術雑誌),共著• 2,No. 2,2017年07月,英語 研究論文(学術雑誌),共著• Consensus development of quality indicators for end-of-life care in elders,Harue Masaki, Nobuko Kawai, Keiko Matsumoto, Miyoko Kuwata, Sachiko Yoshioka, Midori Nishiyama, Ryoko Uchino, Hiroko Nagae, Megumi Teshima, Sayuri Sakai, Kazuko Endo,International Journal of Nursing Practice,Vol. 23,No. S1,2017年06月,英語 研究論文(学術雑誌),共著 著書 【 表示 / 】• 新体系看護学全書経過別成人看護学 終末期看護:エンド・オブ・ライフ・ケア,田村恵子,坂井さゆり 他,メヂカルフレンド社,2017年12月,日本語 単行本(学術書),共著• 看護に活かすスピリチュアルケアの手引き第2版,田村恵子,河正子,森田達也編,青海社,2017年06月,日本語 単行本(学術書),共著• パーフェクト臨床実習ガイド老年看護実習ガイド第2版,正木治恵編,照林社,2017年05月,日本語 単行本(学術書),共著• やさしいがん患者の代謝と栄養管理~病態の変化にそった実践法~ ,小山諭,内山美枝子,坂井さゆり,医歯薬ジャーナル,2017年01月,日本語 単行本(学術書),共著• 人間科学のためのナラティヴ研究法,Catherine kohler Riessman原著,大久保功子,宮坂道夫監訳 ,クオリティケア,2014年10月,日本語 単行本(学術書),単著 科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 】• 基盤研究 C ,2016年04月 ~ 2019年03月,ナラティヴ・アーカイブを活用した臨床倫理教育の構築• 基盤研究 C ,2015年04月 ~ 2018年03月,臨床現場との対話に基づくホスピス・緩和ケアの哲学の構築• 基盤研究 B ,2012年04月 ~ 2015年03月,世俗化する欧州社会における看取りの思想的な拠り所の究明• 基盤研究 B ,2012年04月 ~ 2015年03月,高齢者の豊かな最晩年を創出する終生期ケア質指標の開発• 基盤研究 C ,2012年04月 ~ 2015年03月,がんと認知症をともにもつ高齢者への緩和ケア評価指標を活用した教育プログラムの開発 共同研究実施実績 【 表示 / 】• QOL向上のための,主に精神,心理,社会,スピリチュアルな側面からの患者・家族支援プログラムに関する研究,2011年04月 ~ 2014年03月,厚生労働科学研究費補助金 第3次対がん総合戦略研究事業,国内共同研究• がん医療の均てん化に資する緩和医療に携わる医療従事者育成に関する研究,2009年04月 ~ 2011年03月,厚生労働科学研究費補助金 がん臨床研究事業,国内共同研究• 日本ホスピス緩和ケア研究振興財団事業助成「対応困難なスピリチュアルペインの事例検討集の作成,2009年04月 ~ 2011年03月,日本ホスピス緩和ケア研究振興財団,国内共同研究 研究発表 【 表示 / 】• 第56回日本神経学会学術大会 サテライトプログラム メディカルスタッフポスターセッション,野崎文香,金澤雅人,西澤正豊,坂井さゆり,国内会議,2015年05月,神経難病の緩和ケアに関する文献検討,ポスター(一般)• 第62回新潟生命倫理研究会 ,坂井さゆり,国内会議,2015年04月,新潟水俣病のQOLと緩和ケアニーズそして倫理的検討,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等• 第18回日本病態栄養学会年次学術集会 ,植木明,吉原喬,曽根あずさ,村山稔子,山際直美,園部里美,澁澤幸子,佐藤祐一,坂井さゆり,生駒美穂,国内会議,2015年01月,通院治療センターにおける栄養指導の取り組み,ポスター(一般)• 第45回(平成26年度)日本看護学会学術集会 在宅看護,木津直美,小林令奈,渡辺ひとみ,坂井さゆり,国内会議,2014年10月,悪性脳腫瘍患者を在宅で介護する家族の困り事と思い,ポスター(一般).

次の

ナショナルトレセンコーチ紹介

村松 さゆり

[1種 一般 ]• [2種 高校生年代 ]• [3種 中学生年代 ]• [4種 小学生年代 ]• [女子]• [シニア]• [フットサル]• [ビーチサッカー]• JFA. [日本代表]• [日本女子代表]• [フットサル日本代表]• [ビーチサッカー日本代表]• [サッカーe日本代表]• [1種 一般 ]• [2種 高校生年代 ]• [3種 中学生年代 ]• [4種 小学生年代 ]• [女子]• [シニア]• [フットサル]• [ビーチサッカー]•

次の