アドセンス 収益。 アドセンス収益の公開【OKか違反か?】直接質問してみた!

私のアドセンス収益が日給1000円超えるまでの時間と記事数を教えるよ

アドセンス 収益

Googleアドセンス総合専門家として、人が人らしく生きるため、叶えたい未来を叶えることをモットーに僕の学んだスキルで多くの人たちに喜んでもらえるノウハウ提供のブログ運営をしています。 Googleアドセンスに詳しくなって収益化する方法を初心者でも分かりやすく理解できるように提供しています。 現在は、オンラインセミナーの開催やコンサルティングをして、誰でもGoogleアドセンスで収益化していただけることに力を入れています。 Googleアドセンス実績:月141万PV・月41万円達成。 2019年6月30日3時間で71万PV達成。 オンラインセミナー開催実績:合計35回以上開催180名以上参加。 メルマガ購読者:2,500名以上が購読。 正しいノウハウを学べていない• 無料で実践しようとする• 真剣に実践していない これ以外にもいろいろな原因や理由はありますが、今回はこれらのことを突き詰めるお話ではないので割愛します。 僕が一番収益化していた2015年と比べて、アドセンスそのものも変化してきたし、アドセンスで収益化する方法も少しずつ変化してきました。 そこで今回は、現在と以前と比べて、アドセンスで収益化していくことについて、有利なことと不利なことのお話をします。 アドセンス収益化で不利なこと 不利なことその1 アドセンス審査 僕がアドセンス審査に通過したときは、無料ブログで大して記事がなくても審査用のアドセンスコードを設置するだけで、すぐに審査通過できていました。 少ない文字数1記事だけで審査通過できたブログもあったと聞きます。 それほど、審査基準が甘かったのです。 しかし、2016年から審査基準が厳しく改正され、審査基準に見合っていないブログでないと審査通過できなくなりました。 価値あるコンテンツを提供できていないと審査通過できなくなりました。 さらに独自ドメインも必要になりました。 不利なことその2 アルゴリズムの変動 以前までは、記事内容がぜんぜん伴っていない記事でも、ライバルが少なかったり、ドメインが強いと上位表示がとても簡単でした。 しかし、コアアルゴリズムという言われるアルゴリズムの変動が繰り返し行われるようになり、価値のないコンテンツは、ほとんど上位表示できなくなりました。 ラッキーで一時的に上位表示できたとしても、今は間違いなく下位に落とされます。 アドセンス収益化で不利なことまとめ アドセンス審査に通過することも、記事を上位表示させることも、ブログや記事に価値があることが必要です。 読者さんがあなたのブログに来てくれたとしても、満足できる記事内容でないと不満を持ってしまいます。 アドセンス広告を設置する これから設置する 以上、Googleは読者さんに満足してもらう必要があります。 価値のないコンテンツでは、広告費を支払う広告主である企業にも不利益が生じてしまいます。 そして、アドセンスで収益化するには、たくさんのアクセスを集める必要があります。 価値のないコンテンツでは、アクセスは集まらないので、価値のあるコンテンツが必要になります。 「前はいい時代だったんだなあ」と思うのは間違いで、 価値あるコンテンツを提供できている方が収益化できます。 審査についても、審査基準が甘かったとしても、審査通過後に価値あるコンテンツを提供できなければ、収益化はできないので、厳しくても同じことです。 結論として、思っているよりも不利なことはなく、価値あるコンテンツを提供できる方が結果的に有利に収益化できます。 アドセンス収益化で有利なこと 有利なことその1 スマホユーザーの増加 僕が一番収益化していた2015年は、 スマホユーザーが3人に1人くらいの割合でした。 しかし現在、高齢者を除くインターネットを利用する世代のほとんどは、スマホを持っています。 電車に乗ってみると、ほとんどの人がスマホを触っていますよね。 何か検索しようとしたときに、パソコンを開くまでもなく、スマホで事足りる時代になりました。 単純に考えても、あなたが書いた記事に、僕がたくさん収益化していた時代よりも3倍の人が見に来る可能性があります。 この4年でアドセンス収益化の敷居は、3倍くらい下がっていると言えます。 その広告配置は、で詳しく解説しているので、ぜひ設置してみてください。 同じアクセスであれば、収益額は倍になります。 さらに自分自身やクライアントさんの手を借りて、分析や検証を繰り返し、さらに収益アップになる広告配置を研究しています。 もしかすると、 もっと良い広告配置を提供できる日が来るかもしれません。 僕のアドセンスの最高月収は41万円です。 単純計算になりますが、今あの頃のように作業すれば、6倍になると仮定して、 246万円の月収になる可能性があります。 あくまで仮説ですが、それほどまでにアドセンスというものは、大きな可能性を秘めています。 まとめ 以前より仮に不利であるとしても、それは今のアドセンス実践者全員が同じことです。 あなただけが決して不利ではありません。 総合した結論として、今のアドセンスで収益化することは以前と比べて大きく有利です。 それなのに、言い訳したり、面倒くさがったり、作業する時間を作らなかったり、こういうことをして、アドセンスで収益化できる機会を逃しては、とてももったいないです。 あなたも可能性を信じて、素晴らしい未来に向かって前進していきましょう! 僕がブログ開設後6ヶ月でGoogleアドセンスで41万円達成したすべてを詰め込んだノウハウを無料E-bookとして差し上げています。 僕がGoogleアドセンスで収益化したノウハウを惜しみなく公開しています。 何も知らない初心者でも『0』から初めても、このE-book通りに実践すれば、Googleアドセンスで収益化をすることができます。 無料なのに有料の教材を買ったのかと勘違いしてしまうほどのノウハウをぜひ手に入れて、あなたのGoogleアドセンス収益化に役立ててみてください。 さらにあなたのGoogleアドセンス収益化を少しでもお手伝いするとっておきの情報もお付けしています。 それはE-bookの最後でお知らせしています。 歌を唄うことと猫が大好きなただのサラリーマンでしたが、10年間のうつ病闘病生活中に会社を解雇され、人生のどん底に突き落とされました。 その後、前から興味があったブログに真剣にチャレンジし、ブログ開設から6ヶ月目にサラリーマンの平均月収を上回る月収41万円を達成。 もう雇用されることを辞め、人が人らしく生きるため、叶えたい未来を叶えることをモットーに、僕の学んだスキルで多くの人たちに喜んでもらえるノウハウ提供のブログ運営をしています。 Googleアドセンスに詳しくなって収益化する方法を初心者でも分かりやすく理解できるように提供しています。 現在は、オンラインセミナーの開催やコンサルティングをして、誰でもGoogleアドセンスで収益化していただけることに力を入れています。 Googleアドセンス実績: 月41万円 達成。 2019年6月30日 3 時間で71万PV 達成。 オンラインセミナー開催実績:合計35回以上 180名 以上が参加。 メルマガ購読者: 2,500名以上 以上が購読。 僕がブログ開設後6ヶ月でGoogleアドセンスで41万円達成したすべてを 詰め込んだノウハウを無料E-bookとして差し上げています。 僕がGoogleアドセンスで収益化したノウハウを惜しみなく公開しています。 何も知らない初心者でも『0』から初めても、このE-book通りに実践すれば、Googleアドセンスで収益化をすることができます。 無料なのに有料の教材を買ったのかと勘違いしてしまうほどのノウハウをぜひ手に入れて、あなたのGoogleアドセンス収益化に役立ててみてください。 さらにあなたのGoogleアドセンス収益化を少しでもお手伝いするとっておきの情報もお付けしています。 それはE-bookの最後でお知らせしています。

次の

アドセンス収益で月10万円稼ぐ目安は?PV数と記事数を解説!

アドセンス 収益

アドセンスとは アドセンスはグーグルのサービスの一つで正確にはと言います。 多くのブログやウェブサイトの記事を見ていると「スポンサーリンク」として下のような広告を見かけます。 これがアドセンス広告です。 みなさんも見たことあると思います。 サイトを訪問した人がその広告をクリックすると、グーグルからサイト運営者に報酬が支払われる仕組みになっています。 アドセンスで表示される広告はグーグルが自動で選択しますので、サイト運営者は広告の表示位置を指定するだけでよいです。 なおアドセンス広告は、本来はサイトの内容に沿ったものが表示されることになっています。 しかし最近は、訪問者個人がこれまでによく見てきたサイトの内容に沿った広告が表示されることが多いです。 アドセンスで期待できる収益 アドセンスを導入すると、どの程度の収益を期待できるのでしょうか? アドセンスはクリック報酬 アドセンスは、上にも書きましたようにサイトの訪問者が広告をクリックすると、グーグルからサイト運営者に報酬が支払われるクリック報酬の広告です。 ですから1クリックで何円の収入になるかが1つのキーになります。 実際には広告によって千差万別で、およそ1クリックで1円~数百円とされています。 中には1クリックで数千円またはそれ以上の金額になる場合もあるようです。 一般的には金融関係や転職などの分野が高額になりやすいと言われています。 1ヶ月のおおよその報酬は? 上で1クリックの単価を説明しましたが、1ヶ月の収入となると、これに1ヶ月間のクリック数をかける必要があります。 広告が貼られているページが訪問されても必ずしも広告がクリックされるとは限りません。 そもそも、そのページが1ヶ月に何回見られるかに影響されます。 不確定要素が多くて正確な予測値を出すのは不可能ですが経験則はあります。 経験的には月間ページビューの0. 3~0. 7ぐらいになると言われています。 つまり広告の貼ってあるページが例えば1ヶ月に10万回見られれば、アドセンス収入は3~7万円程度になることが多いということです。 月間ページビューが数千回とか少ない場合はこの幅から外れることもありますが、ページビューが多くなれば、おおよそこの範囲に入ってくるようです。 副業としてのアドセンスのメリット・デメリット ここで副業という観点から主にアフィリエイトと比較してのアドセンスのメリット、デメリットを整理しておきます。 アドセンスのメリット アドセンスはとにかく手軽なのがメリットです。 好きな分野で記事が書ける アフィリエイトで収入を得ようとすると必然的にアフィリエイト案件がある分野を選んで記事を書くことになります。 しかしアドセンスの場合は、どんな分野の記事を書いても自動的に記事の内容に合った広告や、訪問者が今までに見てきたサイトの内容に沿った広告が表示されます。 よって自分な好きな分野でサイトを作って記事を書くことができます。 自由に記事が書ける ページの中で広告を表示したい場所を前もって設定しておけば、広告そのものはグーグルが自動的に表示します。 したがってどんな内容の広告が表示されるのか、サイト運営者には分かりません。 またアドセンスのルールで、広告へのクリックを誘導するような文言をページに記載することは禁じられています。 よって逆に言えば、広告のことは気にせず自分が書きたいように記事を書くことができます。 広告をクリックしてもらうために、誘導する文を書かなくてはならないアフィリエイトとは大きな違いです。 安定性 アフィリエイトの場合は広告主の都合によって突然、案件が終了となる、つまりその後は収益がゼロになることがあります。 一方、アドセンスには非常に多くの広告主が参加していますので、一部の広告主が撤退することがあってもサイトの収益には影響しません。 アドセンスのデメリット アドセンスにもアフィリエイトと比べていくつかのデメリットがあります。 収益が低い アドセンスとアフィリエイトとでは「クリック」と「購入」など収益化の条件は異なり、単純に比較はできません。 しかし同じページビュー数なら報酬の高いアフィリエイト広告を貼っているサイトの方が収益が高いケースが多いです。 ルールが厳しい アドセンスには広告を掲載するにあたって細かいルールがたくさんあります。 (詳しくは後で書きます) 広告を掲載した後も、日々、このルールに従って自動的にあるいは人の目によって、サイトがチェックされています。 これに違反するとグーグルから警告のメールが届き、すぐに対処すれば問題ないことも多いですが、最悪の場合はアカウント停止になることもあります。 アドセンスの始め方 アドセンスを始めるにはグーグルに審査を申請して承認される必要があります。 ただ自分でブログなどを運営していれば、あまり手間をかけずに始めることができます。 申請・審査までの流れ グーグルにアドセンスを承認されて広告が有効になるまでの流れは以下のようになります。 サイト(ブログなど)を作る• 記事を書いていく• AdSenseアカウントを作成する(から「お申し込みはこちら」をクリック)• アドセンスの広告コードを取得する• 広告コードをサイトに掲載する• グーグルに承認される(アドセンスアカウントが有効になる)• アドセンス広告が有効になる 申請にあたっての注意点 人によってはAdSenseアカウントが有効にならない(審査が通らない)ことがあるようです。 AdSenseアカウントを作成する(申請する)前にAdSenseヘルプでサイトの条件を確認しておくようにしましょう。 まず「AdSense コンテンツ ポリシーの詳細」として次のようなコンテンツが「禁止コンテンツ」として記載されています。 ・アダルト コンテンツ ・家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ ・危険または中傷的なコンテンツ ・危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ ・アルコールに関連するコンテンツ ・タバコに関連するコンテンツ ・ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ ・ヘルスケアに関連するコンテンツ ・ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ ・報酬プログラムを提供するページ ・不適切な表示に関連するコンテンツ ・衝撃的なコンテンツ ・武器および兵器に関連するコンテンツ ・不正行為を助長するコンテンツ ・違法なコンテンツ またサイトのプライバシー ポリシーは必須コンテンツとしています。 このほかにもAdSenseヘルプには多くの情報が掲載されていますので事前に目を通しておきます。

次の

アドセンスのインプレッション収益とは|平均を知っておこう!

アドセンス 収益

ユーザーがページをスクロールしたりページ間を移動したりする際に、広告が「固定」位置または「フローティング」位置で表示されるような配置方法は禁止されています。 ところが2019年7月に上図で赤で囲った部分が削除されました。 まずこの追尾広告はポリシー変更までは Google に許可を得ている場合にのみ使用ができていました。 当サイトでも許可を得ており2年程度使用させてもらっていましたが、上記ポリシー変更により追尾広告が全ユーザーに開放されることになりました。 追尾広告が使用可能になったことは積極的にオープンにされていなかったのでご紹介してきませんでしたが、AdSense チームの方々によって作成されている動画で追尾広告も紹介されるようになったため、今回私もこのページで紹介できることを嬉しく思います。 ただ追尾広告を使用する上で注意しなければならないことがあります。 また追尾広告にはデメリットも存在するので、このページでは追尾広告を使用する上での注意点や2年間使用して感じるメリット・デメリットをお伝えいたします。 まず AdSense チームの方々が紹介されている動画はこちらです。 ユーザーが画面をスクロールしても広告が画面内に表示されたままになるため、当然のことながらアクティブビュー視認可能率が高くなります。 他の広告と比較しても 圧倒的に視認可能率が高いです。 つまり広告がユーザーの目に留まり続けるわけなので、クリックされる可能性も高まりクリック率も高くなりました。 具体的な数値を公開することはできませんが、サイドバーに掲載していた広告のデータがこちらになります。 アクティブビュー視認可能率は約20%アップ、クリック率は約90%アップ、この広告の RPM は約60%アップしました。 文章量が多いなど、ページが縦に長くある程度スクロールするようなコンテンツであれば効果があると感じています。 追尾広告のデメリット ただしスクロールしても広告が画面内に表示されたままになるということは、ユーザーにとって「邪魔だ」と思われるケースも多く、 ユーザーエクスペリエンスの視点からはマイナスとなる可能性があります。 ウェブ広告のユーザー体験に関する基準として有名な Better Ads Standards でも、 大きな追尾広告はユーザーが不快に思う広告フォーマットの一つとして取り上げられています。 さらに Better Ads Standards に準拠していないウェブ広告は Chrome ブラウザ上でブロックすると、公式の Chromium ブログでも公開されています。 どのような広告が問題となるかなどについては、下記ページでもご紹介しております。 広告がコンテンツに重ならないようにする。 広告とコンテンツの配置が近すぎないようにする。 広告が全て表示された状態で追尾されるようにする。 余白部分で追尾されるようにし、広告と一緒にコンテンツやリンクの下に追尾広告が表示されるようにする。 広告と一緒にコンテンツやリンク、他者広告が追尾されるのはNG。 広告がスムーズに追尾されるようにする。 (スクロールしたときカクカク追尾されるのはダメ)• ユーザーのスクロール以外の動作で広告を非表示することはダメ。 追尾広告の表示は1ページにつき、サイドバーに1枠とアンカー 上下 に1枠ずつまで。 モバイルサイトに導入する場合はアンカー形式のみ。 (画面の上部または下部のみ表示可能)• 縦スクロールでの追尾が可能。 横スクロールでの追尾は不可。 追尾広告を実装されているサイトを見ていて多い間違いが、アドセンス広告以外の広告やコンテンツも一緒に追尾させてしまっていることです。 動画内でも紹介されていますが、アドセンス広告以外のコンテンツやリンク・他社広告が追尾されないようにお気をつけください。 追尾広告を実装する方法 実装は CSS や JavaScript で行えばよく、WordPress であれば『Q2W3 Fixed Widget』などプラグインを使用することで簡単に実装が可能です。 CSS で実装する場合は下記のようにします。 また 必ず収益が上がるとも限りません。 収益性やユーザーエクスペリエンスのバランスが取れるのか検討しながらお試しになってみてください。

次の