内海光司 舞台。 内海光司の悲しき現在と病気疑惑から結婚・彼女事情から北嶋マミとの関係まで│No Title Journal

内海光司の現在は?結婚相手は舞台女優?病気説は本当?二階堂ふみとの関係は?

内海光司 舞台

元光GENJI、内海光司の活躍ぶりを振り返る 光GENJIの中で内海光司さんは最年長ということもありリーダーを務めていましたが、オラオラ系ではなくいつも笑顔で優しい印象。 ファンからは「キノッピー」と、とっても可愛らしい愛称で親しまれる存在でした。 光GENJIのメンバーにはイメージカラーが設定されていて内海光司さんは青。 ダンスの実力はメンバー内でも1位2位を競う実力の持ち主でしたが、歌唱力は今ひとつ…。 SMAPでいうところの中居正広さん的な存在だったといえるでしょう。 そんな内海光司さんがジャニーズ事務所に入ったきっかけは何だったのでしょうか? 内海光司がジャニーズ事務所に入ったきっかけ 内海光司さんには内海裕一さんというお兄さんがいますが、そのお兄さんがジャニーズのファンでジャニーズファミリークラブに加入していたとのこと。 そんなこともあってジャニーズに親しみを持っていた内海光司さんは中学1年生の時に友人と再びジャニーズファミリークラブのイベントに訪れた際にジャニー喜多川社長に直接スカウトされたというエピソードの持ち主です。 なお、お兄さんの内海裕一さんは、内海光司さんに誘われジャニーズJr.として活動していましたがデビューするにはいたらなかったようですね。 内海光司のイーグルス時代 ジャニーズJr. として舞台の子役、バックダンサーなどを経験後、1983年3月25日、内海光司さんはイーグルスの一員としてデビューします。 ファーストシングルは『走れ! ゴーインBOY』 後に光GENJIで一緒に活動することになる大沢樹生さんも同じくイーグルスのメンバーでした。 発売されたシングルは2枚。 どちらもロサンゼルス・オリンピック(1984年開催)のマスコットを主人公としたアニメ番組「イーグルサム」の主題歌でした。 2枚目の「虹色 I LOVE YOU」はオリコン99位にランキングしています。 デビュー当時の画像がこちらです。 左端が内海光司さん、そして右から二番目が大沢樹生さん。 二人とも若くって可愛らしい感じですよねっ! 内海光司の光GENJI時代 アニメ「イーグルサム」の終了と共に、イーグルスのメインボーカルだった中村繁之さんが脱退。 ソロデビューすると、イーグルスの活動は自然消滅してしまいます。 内海光司さんと大沢樹生さんは少年忍者、さらにジャニーズ・シニアの一員として活動をつづけました。 その後、内海光司さんと大沢樹生さんの2人はユニット「光」として少年隊や田原俊彦のバックダンスを務めました。 その後、先に結成されていた5人組の「GENJI」と合流。 こうして1987年5月に伝説のアイドルグループ「光GENJI」が誕生しました。 1987年8月19日のレコードデビューと同時に火がついた光GENJI人気は、アイドルとしての人気にプラスしてローラースケートでのパフォーマンスが大ブレイク! 当時は光GENJIにあこがれて日本中の子どもたちがローラースケート練習するという社会現象を巻き起こしたことは懐かしい話ですね。 内海光司の光GENJI SUPER5時代 1994年8月、光GENJI人気絶頂の中、大沢樹生さんと佐藤寛之さんが脱退し光GENJIは解散。 残りの5人のメンバーは『光GENJI SUPER5』として活動を続けることになります。 しかし、光GENJI SUPER5は光GENJI以上の人気を獲得することが出来ず、アイドルグループの人気低迷の時流もあってわずか1年で解散。 メンバーはそれぞれソロ活動に専念することになりました。 内海光司さんはジャニーズ事務所に所属しながら俳優として活動を開始しましたが、現在の様子を心配する声が上がっています。 内海光司の激やせ画像に心配の声 テレビドラマにはもう10年以上出演のない内海光司さん。 またジャニーズ事務所のカウントダウンライブといった催しにもまったく出演がありません。 露出が少ない中、あるバラエティ番組に久しぶりにゲスト出演した際の内海光司さんの様子に、多くの人から「痩せすぎ」「大丈夫?」との声があがりました。 そのときの画像がこちらです。 フジテレビ「ウチくる!?」2013年6月23日放送分より。 またこれより前に出演した、2012年8月15日と22日放送の「大人の極上ゆるり旅」(テレビ東京)でも、笑顔はアイドル時代と同じながら、その激やせぶりが心配されました。 確かに画面では激やせして見える内海光司さん、なにか深刻な病気をかかえていたりはしないでしょうか? 後半に続きます! スポンサーリンク 内海光司は現在病気なのか!? テレビで見かける機会がほとんど無いため、「激やせ」画像を見ると、何があったのかとつい心配してしまいますが、実際のところ現在も舞台でコンスタントに活躍中です。 それもハードな殺陣(たて)のある時代劇や、踊りまくるミュージカルなど体力が必要なものがほとんど。 こちらの画像は内海光司さんが今年9月に出演した舞台「瞑るおおかみ黒き鴨」の一場面です。 内海光司さんは山縣有朋役として、戊辰戦争・西南戦争を駆け抜けます。 D-BOYSをはじめ、舞台を走り回って活躍する若手俳優にまじって、内海光司さんは激しい殺陣を披露しました。 稽古期間の長さや舞台数を考えただけでも、身体の具合が悪い人にはとてもつとまらないことが分かりますよね。 また、内海光司さんはミュージカルでは舞台上で華麗なローラーブレード姿(懐かしい!)を披露することもあるそうです。 体力はまったく問題なさそうですね。 また、内海光司さん本人のインタビューでも 「体形は(アイドル時代と)ほとんど変わりません」 とのこと。 体脂肪率は8~9%に保っているとも語っていましたのでまるでアスリート並みですっ! 身体の調子を整えるために、趣味のパン作りでもオリゴ糖を積極的に使うなどして、免疫を高めるよう心がけているそうです。 でも、もう少しだけ太った方が健康的に見えますがね…。 解散後もずっと内海光司さんウォッチを続けてきた人たちの間では、特に心配という声はあがっていません。 むしろその細さをこれまで通りの内海光司さんの魅力と受け止めているようです。 激やせして見える内海光司さんが病気なのでは?という心配は、どうやら取り越し苦労だったようですね。 内海光司は現在舞台で活躍中! では、内海光司さんの現在の活躍ぶりを見てみましょう。 内海光司さんは、2016年5月に日本を代表する女優である水谷八重子さん主演の舞台「愛のお荷物」で息子を演じました。 クレジットは3番目という重要な役柄です。 また同年9月には先ほど画像を紹介した「瞑るおおかみ黒き鴨」に出演しています。 それ以外にも、ジャニーズ事務所の携帯サイトで、8月から「HAPPY LUCKY KINOPPY」という連載を開始。 これで内海光司さん自身から近況を知ることができるようになりました。 2017年2月には、俳優座劇場での主演舞台「記憶のパズル」も控えています。 これからのますますの活躍が期待できますね! こちらの画像は内海光司さんの舞台の代表作「マウストラップ」です。 アガサ・クリスティーが描き下ろした同作品はロングランの世界記録を更新しているイギリス演劇の傑作です。 内海光司さんはこの日本版の主役を、なんと100公演以上つとめました(現在は代替わり)。 俳優としてのキャリアも堂々たるものですね。 内海光司さん激やせ!と聞き心配しましたが、画像をたどってみれば、十代のころから内海光司さんは、手も足も細かったのでした。 その体形を維持したまま、年齢と共に若者らしいお肌のもちもち感が減少すれば、頬骨の高い内海光司さんのこと、特に首から上はパっと見、痩せすぎに見えて当然ですね。 舞台での活躍ぶりといい、とにかくお元気そうで安心しました。 これからも内海光司さんには健康に気を付けた上で、舞台役者としての充実した活動を期待しています!.

次の

内海光司の悲しき現在と病気疑惑から結婚・彼女事情から北嶋マミとの関係まで│No Title Journal

内海光司 舞台

前回舞台写真より 1952年ロンドンで初日の幕を開け、世界演劇史上最長ロングランを今なお更新する、クリスティー作品の中でも特筆すべき極上娯楽ミステリー。 再演は、山荘の女主人、モリー役に、ジンジャーブレッド・レディでピーターを相手に溌剌とした娘役を好演した芳本美代子を得、新鮮な作品に生まれ変わりました。 毎回一部キャストを変え、一層パワーアップしていく舞台は、まさに半世紀を越えて観客を魅了し続ける本作の実力を見る思いです。 単なる犯人探しというだけでなく、大胆などんでん返しの裏に人間の哀しい営みが潜んでおり、なおかつエンタティンメントとして成立している、このバランス感覚が観客を選ばない大きな要因でもあります。 映画化やテレビドラマにすることはクリスティー財団が禁止しており、舞台でしか観ることのできない本作ですので演劇ファンのみならず多くの方々にご紹介したい作品です。 クリスティー自身が絶賛する戯曲、シンプル且つ巧みな秀作を、若手、ベテラン、個性溢れる俳優陣を得、映画監督になりたかったという大和田伸也が、気品漂う人間ドラマに仕上げました。 前回舞台写真より 第二次大戦直後、ロンドン近郊のゲストハウス「マンクスウェル山荘」の記念すべきオープンの日。 若夫婦が、客を迎える準備に追われている。 あいにく外は大雪、 やがて、5人の客たちが次々と到着し始める。 翌日の午後。 道路は閉ざされ、山荘は完全に外界と遮断されていた。 そこへバークシャー警察の部長刑事が現れる。 前日ロンドンで起きた殺人事件とこの山荘に密接なつながりがあるという。 雪に閉じ込められ、電話線も切られた山荘で、人々は動揺し、疑心暗鬼に陥って、お互いを疑い始める……。 ミステリという興味深さに加えて戯曲としてもわかりやすく、計算されつくしたクリスティーの秀作。 一部キャストを変えての再演がまた良い。 ロンドン同様、今度は、誰が、あの役を、どう演じるか、と見る楽しみも発見した。 単なる犯人探しの面白さだけではない、クリスティの人間をみつめる暖かさが伝わってくるところにロングランの秘密があるのだろう。 観客の興味をそらさない実に巧みな戯曲であることは言うまでもないが、俳優・大和田伸也の演出は、照明・美術・音楽へのこだわりも繊細で美しく、 ロンドン版とはまた違った味わいがある。 淡路恵子の圧倒的な存在感には脱帽. それに負けていない芳本美代子の愛らしさも印象的で、すがすがしい幕切れも見事な素敵な作品だった。

次の

内海光司の悲しき現在と病気疑惑から結婚・彼女事情から北嶋マミとの関係まで│No Title Journal

内海光司 舞台

前回舞台写真より 1952年ロンドンで初日の幕を開け、世界演劇史上最長ロングランを今なお更新する、クリスティー作品の中でも特筆すべき極上娯楽ミステリー。 再演は、山荘の女主人、モリー役に、ジンジャーブレッド・レディでピーターを相手に溌剌とした娘役を好演した芳本美代子を得、新鮮な作品に生まれ変わりました。 毎回一部キャストを変え、一層パワーアップしていく舞台は、まさに半世紀を越えて観客を魅了し続ける本作の実力を見る思いです。 単なる犯人探しというだけでなく、大胆などんでん返しの裏に人間の哀しい営みが潜んでおり、なおかつエンタティンメントとして成立している、このバランス感覚が観客を選ばない大きな要因でもあります。 映画化やテレビドラマにすることはクリスティー財団が禁止しており、舞台でしか観ることのできない本作ですので演劇ファンのみならず多くの方々にご紹介したい作品です。 クリスティー自身が絶賛する戯曲、シンプル且つ巧みな秀作を、若手、ベテラン、個性溢れる俳優陣を得、映画監督になりたかったという大和田伸也が、気品漂う人間ドラマに仕上げました。 前回舞台写真より 第二次大戦直後、ロンドン近郊のゲストハウス「マンクスウェル山荘」の記念すべきオープンの日。 若夫婦が、客を迎える準備に追われている。 あいにく外は大雪、 やがて、5人の客たちが次々と到着し始める。 翌日の午後。 道路は閉ざされ、山荘は完全に外界と遮断されていた。 そこへバークシャー警察の部長刑事が現れる。 前日ロンドンで起きた殺人事件とこの山荘に密接なつながりがあるという。 雪に閉じ込められ、電話線も切られた山荘で、人々は動揺し、疑心暗鬼に陥って、お互いを疑い始める……。 ミステリという興味深さに加えて戯曲としてもわかりやすく、計算されつくしたクリスティーの秀作。 一部キャストを変えての再演がまた良い。 ロンドン同様、今度は、誰が、あの役を、どう演じるか、と見る楽しみも発見した。 単なる犯人探しの面白さだけではない、クリスティの人間をみつめる暖かさが伝わってくるところにロングランの秘密があるのだろう。 観客の興味をそらさない実に巧みな戯曲であることは言うまでもないが、俳優・大和田伸也の演出は、照明・美術・音楽へのこだわりも繊細で美しく、 ロンドン版とはまた違った味わいがある。 淡路恵子の圧倒的な存在感には脱帽. それに負けていない芳本美代子の愛らしさも印象的で、すがすがしい幕切れも見事な素敵な作品だった。

次の