奥田民生 レスポール。 イシバシ楽器:奥田民生1959レスポール!Gibson Custom Collector's Choice #29 9

奥田民生

奥田民生 レスポール

数々のヒット曲を持ち、プロデューサーとしての手腕、マルチプレイヤーの実力が高く評価されている、人気ミュージシャンの奥田民生氏。 一度でもライブを観た方であれば、ギターを弾くだけで自身の世界を作れる、卓越したギタリストであるということに異論はないでしょう。 特にスティーブ・ジョーダン、ピノ・パラディーノ、ダニー・コーチマという、世界で活躍するトップ・プロの中で、存在感のあるプレイで応えたヴァーブスのツアーは、それを広く知らしめました。 トレードマークである1959年製のサンバースト・レス・ポール、レス・ポール・スペシャル、フライングV、SG、ES-330、ES-335、J-45、B-25、CF-100Eといった、ギブソンの名器の数々を、どれも最高の音色で使いこなすとなると、それは完全にテクニックの領域になります。 ステージでのギターの持ち替えは、それぞれの楽曲に合わせて、各ギターのトーンの最も良い部分を活かしたサウンド・メイキングをしているのであり、それを体感できるのが奥田氏のライブの醍醐味と言えます。 曲間は多くを語らず、独自の脱力感で会場を和ませますが、曲中は熱を帯びた演奏でショーマンとして魅せるところはキッチリ魅せ、さらにライブならではのアドリブによるギターソロは、観るものを黙らせるプレイとサウンドで圧倒します。 となれば、数々のヒット曲を持つ人気、ギタリストとしての実力、若手を牽引する音楽シーンにおける影響力といった、ギブソン・シグネチャ・アーティストとしての条件を全て満たしているということは言わずもがなであり、エピフォンも含む数々のシグネチャ・モデルがリリースされるのも必然と言えます。 奥田氏は、楽器全般についてかなり造詣が深く、ツアーの合間には楽器店に立ち寄り気になる機材を自らチェックしたり、自身の機材についても、理想に近づけるためにネックやカラーをカスタマイズしたり、ピックアップを交換するなど強いこだわりを持っています。 更に、所有する貴重なヴィンテージから現行品まで、それぞれの良いところを公平に評価して、最も適した現場に投入する確かな選択眼は、まさしくプロギタリストならではのものであり、またギターへの深い愛情を感じさせます。 この9 1165のクローンを製作するプロジェクトでは、貴重なヴィンテージを借りて、ネックシェイプ、各パーツ、傷の具合まで1日がかりでデータ収集をしました。 プロトタイプを製作する場合、トーンについては、レコーディング、ステージともに即戦力となること、プレイアビリティについては、ヴィンテージと持ち替えても違和感無く使えること、ルックスについては雰囲気、風合いといった五感に訴えるレヴェルの部分まで、いかに理想に近づけられるかということが課題になります。 ネックはデジタル・データ化したものをプログラムして、マシンで大まかにサンディングを行いますが、さらにヴィンテージの角の落ちたフィーリングにするために、クラフツマンのハンド・シェイピングで仕上げを行い、フィーリングを本人に確認してもらいました。 交換されているパーツなども、そのアーティストの所有器たらしめる部分ですので漏れなくチェックしていきます。 ルックスの再現で重要なエイジングでは、数百枚の写真を撮り、オリジナルの傷をもとにしたテンプレートを作成し、それにならい塗装を加工していきます。 ピックアップは、ヴィンテージ・トーンを基本としながらも、オールマイティに使える57クラシックがリクエストされました。 様々な機材や多様なシーンにおける実用を考慮した、玄人的な選択と言えます。 9 1165のオリジナルは、今でも頻繁にライブで登場します。 奥田氏のライブは、ヴィンテージ・サンバースト・レス・ポールのトーンを体感できる、その真骨頂を発揮する控え目のゲインの生々しいサウンドで聴ける貴重な機会でもあります。 今年2018年10月13、14日には、バンドでのステージと、ひとり股旅という異なる構成の武道館2 daysが控えており、そのパフォーマンスはもちろん、どのようなギターが登場するのか目が離せません。 奥田民生オフィシャルサイト ラーメンカレーミュージックレコードサイト RCMR Official YouTube Channel 製品リンク(生産完了) ABOUT GIBSON ギターブランドとして世界でもっともアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、今まで100年以上に及びジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家達の最高のサウンドを創造してきました。 1894年に起源をもち現在はナッシュヴィルに本社を構えるギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的音楽の創造との密接な結び付き、そして革新的な製品開発など、これまでに脈々と受け継がれてきた伝統とレガシーを誇り、楽器メーカーの中で突出した存在感を示してきました。 ギブソン・ブランズの製品ラインには、ギターブランドとして頂点に位置するギブソンに加え、エピフォンやギブソン・プロオーディオ部門のような、製品の存在感とともにファンに愛され続けている多数のブランドも含まれています。 ギブソン・ブランズは、未来の音楽愛好家達がこれまでと同様にギブソン・ブランズの楽器によって創造された音楽を体験していただけるよう、クオリティ、革新性、卓越したサウンドの実現に全身全霊を注ぎます。 For more information on GIBSON, visit:.

次の

初心者におすすめのレスポール!安くてもいいじゃない特選

奥田民生 レスポール

ミュージシャン同士が指名し合いながら歌わせる、という企画です。 先日はTOZYさんからバトンを受け取りましたが、今回はあのチロリンさんから。 ありがとうございます! 「コロナには負けたくないのだ。 」 な気持ちを込めて、奥田民生さんの名曲『モグラライク』をカバーしました。 俺たちは絶対に負けないよ! さて。 このバトンは・・・。 きっと油断しかしていないであろうキミしかいない。 は、たくさんありますね。 ユニコーンの人で、パフィーのPで、陽水さんと一緒にやってて、一人股旅とかもやってて。 そのたくさんある中で、俺にとっての民生さんは「レスポールを引く人 」です。 レスポール、とはジャズギタリストの名前。 1950年代後半、ギブソン社というアメリカのギターメーカーが、レスポールさんのためにシグネイチャーモデルを作りました。 それが俗に言われている「レスポールモデル」で、今やギブソン社を象徴するエレキギターです。 ギブソンのレスポールは、俺のはじめてのエレキギターでもあります。 民生さんの奏でるレスポールはパワフルでスイートで、無骨なロックサウンド。 俺も民生さんにあやかりたい!という気持ちも込めて、レスポール弾き語りをカマしたのでした。 ぜひ聴いてねー。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ます。 お使いのブラウザの設定をご確認ください。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認てから掲載されます。 あらかじめご了承下さい。 次に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・誹謗中傷するもの。 ・わいせつな内容。 ・法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・公序良俗に反するもの。 管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

次の

奥田民生はギターが上手い?59年製レスポールが唸る!使用機材を紹介

奥田民生 レスポール

1987年に伝説のロックバンド「UNICORN ユニコーン 」で鮮烈のデビュー、数多くの大ヒット作を生み出して一世を風靡した奥田氏。 1993年のバンド解散後もプロデュース活動からソロワーク、様々なミュージシャンとのコラボレーションを通じて常にミュージックシーンの第一線で精力的な活動を続けている彼の凄まじい影響力は計り知れません。 ギブソンから2008年に限定発売された「Gibson Custom Shop The INSPIRED BY Series Okuda Tamio Les Paul OT Special」が瞬く間に完売してしまったのは記憶に新しいでしょう。 2014年10月にギブソン・モンタナから発売されたシグネイチャーモデルCF-100Eに続いて、このたび満を持して、「ヒゲとボイン」 1991年 の頃から長年愛用している名器1959 Les Paul Standardが復刻されることとなりました。 近年のツアーでもプロトタイプを愛用されているので、フォロワーの皆様には既に馴染みが深いかもしれません。 "Collector's Choice Series"とは、ギブソン・カスタムが現存する貴重なオリジナル・レスポールを最新テクノロジーによる3Dプロファイリングと伝統的なクラフトマンシップの融合により忠実に復刻したものです。 その第一弾は2010年に発売されたものでピーター・グリーンPeter Greenやゲイリー・ムーアGary Mooreが所有していた個体の復刻であるCC 1 Melvyn Franks 1959 Les Paul。 その後も数々の名作がリリースされて好評を得てきましたが、本器はその第29段となり、日本人が所有しているギターがコレクターズ・チョイス・シリーズでクローンされるというのはこれまで前例のない快挙となります。 こちらのCC 29は生産上限300本のリミテッドモデルで、シリアルナンバー「9-1165」の59レスポールをボディやネックのシェイプ、ピックアップの出力等々、至極細部まで徹底的に分析してプロファイル。 度重なる考察を経てリクリエイトされたものです。 木材の特性も実器に近似したものを厳選しており、数年間に及び、奥田氏本人とのディスカッション・改良を繰り返してきたもの。 その品質の高さは説明不要でしょう。 ナッシュビルのヴェテラン職人によって丹念にハンドクラフトされており、オールドのバーストさながら非常に巧妙なダメージ加工が施されたAGEDフィニッシュと、軽微なエイジングのみでヴィンテージの質感を再現したVOSフィニッシュの2モデルがラインナップされております。 2014年にアップデートされたヒストリック・コレクション・シリーズHistoric Collection Seriesと同様、1950年代当時のようなアニリンパウダーを使用したレッドフィラーを摺り込んだバックカラー。 ネックやフレットボードの接着にはハイドグルー(ニカワ)を使用しているため、以前よりタイトなジョイントとなり、ますます楽器としての鳴りを向上。 誰しもが納得するクオリティの高さではないでしょうか。 製作までの経緯(ギブソン社製品案内より引用) 2011年3月8日、デジタル・スキャナーをはじめとしたインスペクション・ツールを携行して来日したカスタム・ショップ・チームは、都内の音楽スタジオにて、奥田民生氏の所有する1959年製レス・ポール9-1165 を入念に調査し、収集した情報をパッケ ージ化して持ち帰りました。 プロジェクト開始後の2011年12月、先ずはホワイト・ギターと呼ばれる未塗装のギター(プロトのためのプロト)が製作され、ネックのフィーリング、ボディ形状、全体のバランスなど基本的な部分の本人確認を行い、そこで得たフィードバックを基に、トム・マーフィーも参加してエイジングまでも含むトライアル・アンド・エラーを重ね、2013年10月に遂にプロト1号が完成、このプロトは再来日したカスタム・チームから奥田氏に直接手渡され、ヒアリングが行われた後に、同年のツアーの中野サンプラザ公演など現場に投入されていきました。 その後一定のトライアル期間を経て検証し、さらにレプリカ度を高めるための仕様変更と、本人によるトーンへのリクエストにこたえるチューニングを施したプロト2号が完成したのが2014年10月、再度フィニッシュの色合わせの若干のモディファイを加えることが話し合われましたが、最終仕様が確定し、2015年のリリースが決定しました。 ~以上~ Specs• Body: Unique Figured Maple top, Genuine 1 Piece Mahogany Back• Neck: 1 Piece Genuine Mahogany neck with maple spline Vintage trussrod• Fingerboard: 1 Piece Indian Rosewood• Inlay: Aged Cellulose Trapezoid• Nut: Nylon• Tuners: Reissue Kluson Deluxe• Pickups: Neck:57 Classic, Bridge:57 Classic• Headstock: Reissue Holly Head Veneer with Pearl Gibson Inlay• Hardware: Nickel• Knobs: Gold Top Hats• Finish: Okuda 'Burst Top, Aniline Dye Back and sides• Collateral: Certificate of Authenticity• Run: Limited Edition of up to 300 Aged and VOS.

次の