エモい意味。 「エモい」の意味を超分かりやすく解説!使い方・例文付き!

エモいの意味と使い方|実例付きで徹底解説!百科事典

エモい意味

エモいとやばいの違い エモいとやばいの違いを分かりやすく言うと、 「エモい」とは感情が動かされた様子を示す言葉であり、「やばい」とは感情だけでなく出来事などについて程度が過ぎている様子を示す言葉であるという違いです。 また、 エモいとはプラスの意味で使われる言葉であり、やばいとは前後の文脈によってプラスにもマイナスにも捉えられる言葉であるという違いもあります。 「エモい」というのは、英語の「Emotional」(読み方:エモーショナル)という言葉の略語です。 エモーショナルというのは、感情的であるという意味を持つ言葉です。 元々「エモい」というのは、音楽用語として使われていた言葉でした。 音楽のジャンルに「Emo」(読み方:イーモウ)というものがあり、これは哀愁的であったり感傷的な音楽を示すものでした。 そこから、精神的に哀愁がある状態、なんとなく切ない雰囲気がある状態などを「エモい」と表現するようになりました。 エモいというのは、上記のように、感情に訴えかける状態である場合に使われる言葉です。 言葉で表現するのが難しいほどに繊細で情感的である様子を、どうにか相手に伝えようとする際に「エモい」という言葉が使われます。 一方の「やばい」というのは、危険なことや不都合なことが起こりそうな時に使われる言葉です。 感情の面でも使われますが、感情だけではなく出来事に対しても使われるのが「やばい」という表現です。 また、やばいというのは程度を示す言葉でもあります。 何かの出来事が言葉で表現できる範囲を超えてしまっている場合にも「やばい」と表現します。 この場合の「やばい」というのは、文脈によってプラスの意味でもマイナスの意味でも使われるものです。 やばいという言葉の語源については、様々な説がありますが、江戸時代あたりには既に使われていた言葉だと言われています。 元々は「厄場(やば)」と呼ばれる牢獄を示す言葉を、泥棒たちが隠語として「やばい」と呼んでいたのだと言われています。 泥棒にとって、牢獄は危険な場所です。 そういった身の危険がある場所のことを「やばい場所」と呼んだり、捕まりそうな状態を「やばいことになった」と表現していたことが、現在の「やばい」という言葉の元になっています。 近年では、身の危険を覚える状態だけでなく、良い意味で程度が行き過ぎている状態のことも「やばい」と表現します。 例えば「やばいくらい面白かった」「美味しすぎてやばい」などのように使われます。 やばいという言葉は、前後の文脈によって様々な意味を持つ言葉です。 その時々の状況によって、どのような意味で使われているのか判断する必要があります。 エモいとやばいを使い分ける際には、感情に訴えかけている様子を示す時にはエモいを使います。 出来事について表現する際にはやばいを使うと覚えておくようにしましょう。 また、エモいというのは、感傷的であったり、少しナイーブな印象を与えるもの、じっくりと浸ってしまうような様子を示す際に使います。 感傷的ではありますが、やばいとは違って、プラスの意味でのみ使われる表現です。 やばいについては、前述の通り、前後の文脈によってプラスの意味でもマイナスの意味でも使うことが出来るものであると覚えておくようにしましょう。 エモいの意味 エモいとは、 英語の「Emotional」(読み方:エモーショナル)を由来とした言葉であり、「感情が動かされた」という意味の形容詞を意味しています。 エモーショナルとは「感情的」という意味を持つ言葉です。 この言葉を省略して「エモ」とし、そこに形容詞の言い切りである「い」を加えて「エモい」という言葉が出来上がりました。 形容詞というのは「美しい」「楽しい」などのように「い」で終わる言葉であり、物事の状態を詳しくする補助の役割をしている言葉のことです。 エモいというのも、感情を表す補助をする役目を持っている言葉であると言えます。 エモいという言葉は「感情が動かされた」「感情が高まって心が動かされた」というような意味を持ちます。 日本語的な感性で言うところの「哀愁を帯びている」「いとをかし」「もののあわれ」と同じような意味を持つ言葉です。 エモいというのは、主にSNSなどで頻繁に使われている言葉であり、微妙な感情の動きや、言葉では表現しにくい曖昧な心持ちを表現します。 基本的には、筆舌し難いのだけれど、とても感動した、というようなプラスの意味で使われるものです。 エモいという言葉は、本来は音楽用語でした。 音楽のジャンルのひとつである「Emo」(読み方:イーモウ)からきている言葉です。 このEmoというジャンルは、メロディアスで哀愁のある音楽と切ない感情を表現した歌詞が特徴的な音楽です。 そこから派生して、感情的であったり、感傷的であったりして心を揺さぶる音楽についてエモいという表現を使うようになりました。 現在では、音楽だけでなく、日常生活の中でも心が動かされるようなことがあった場合に「エモい」と使われています。 エモいという言葉で表現される感情というのは、悲しいや寂しい、切ないといった言葉で表現しきれない部分であることが多く、一言で表現出来ないために、複雑な心境であることを伝える意味で「エモい」と使用されることもあります。 多様な感情が嵐のように渦巻いている状態であると言うこともできます。 はっきりと言い切れない感情について「エモい」と使うのだと覚えておくようにしましょう。 他にも、懐かしい物事に触れた時や、心に染みる出来事があった際に「エモい」という言葉を使ったり、あまりにも尊く素晴らしいものに出会った際に「エモい」と使ったりします。 やばいの意味 やばいとは、 危険で不都合な状況に置かれることが予測される時に、その危なさを示す意味を持つ形容詞を意味しています。 また、文脈によっては 「最高であること」「素晴らしいこと」「すごく良いこと」を意味することもあります。 やばいというのは、身に危険が迫っていて危ない様子を示したり、不都合なことになりそうであると予測されたりする場合に使われる言葉です。 例えば「ここはやばいから、逃げよう」などと言った場合、それは「ここは危ないから、逃げよう」という意味になります。 他にも「遅刻は連絡しないとやばいよ」という文章は「遅刻は連絡をしないと不都合なことになるよ」という意味で使われています。 やばいという言葉の語源は、諸説あります。 ひとつの説としては、江戸時代、牢屋や牢屋を警護する看守のことを「厄場(やば)」と呼んでいたのがその語源だと言われています。 江戸時代の泥棒は、自らの身が危険な状態になった時や、危険な場所に盗みに行く時に、「やばいことになった」や「やばい場所に行くぞ」と使っていたとされています。 これは、牢屋を意味する「厄場」を隠語として「やばい」として使っていたものです。 泥棒の危険な状態というのは、捕まりそうな状態という意味であり、厄場に連れていかれそうになる、ということを「やばい」と呼んでいました。 本来の意味としては、上記のように、危険が迫っている様子などを示すために「やばい」という言葉が使われていました。 しかし、近年使われている「やばい」は、出来事を強調する意味が強くなってきています。 例えば「このパンケーキ、やばいくらい美味しい」というようにプラスの意味でも使われます。 このように、やばいというのは、程度が過ぎている様子を示す言葉でもあると言えます。 「やばい」という言葉は、危険である様子や、不都合な状況に陥っている様子、またはやばいという言葉の前後の文脈にある出来事を強調して表現する言葉であると覚えておくようにしましょう。 「エモい」というのが、表現しきれない感情を表しているのに対し、「やばい」というのは物事の程度が行き過ぎている様子を示すものです。 エモいの例文 5.夜空に白い鳩が飛んでいる写真を撮ったら、すごくエモいものになった。 この言葉がよく使われる場面としては、切なく心に染み入るような出来事があった際に、その時の感情を上手く表現しきれない場合などが挙げられます。 エモいというのは、エモーショナルという言葉の省略形を形容詞化したものです。 エモいという言葉は、繊細な感情の動きを表現しています。 筆舌し難いような感動や甘く切ない曖昧な感情を表現したい時に「エモい」という言葉を使います。 本来は音楽用語であり、メロディアスで哀愁のある音楽のジャンルを示していました。 現在では、様々な場面で「エモい」という言葉が使われるようになっています。 例文3のように、昔懐かしいものを見た時や、例文5のように心に訴えかけるような写真が撮れた場合などにも使われます。 やばいの例文 5.テストの点数、そんなに悪かったの!?やばくない?! この言葉がよく使われる場面としては、何か危険な状況が迫っている時や、起こった出来事が表現しきれないほど、程度が行き過ぎていることを示したい時などが挙げられます。 前後の文脈によってプラスの意味にもマイナスの意味にも使える言葉です。 やばいというのは、元は牢獄や看守を意味する「厄場(やば)」という言葉が語源となっています。 江戸時代では、危険な場所を示す意味で「やばい」という隠語が使用されていました。 現代では、隠語ではなく、SNSや話し言葉で使われる言葉になっています。 現代で使われているやばいという言葉は、その前後の文脈により、意味が異なるもので、出来事の程度が言い表せないほどに凄いことを示すものだと覚えておくようにしましょう。

次の

emoの意味・使い方・読み方

エモい意味

「エモい」の意味をわかりやすく簡単に解説! 「エモい」の意味をわかりやすく簡単に一言にすると、現代における「もののあはれ」を意味します。 「エモい」を意味する「もののあはれ」について、学生時代などに古文に馴染みのなる方であればイメージしやすいかと思いますが、しみじみした「情緒」や「趣き」など、言葉ではハッキリ表現することが難しい「感情に訴えてくるもの」を意味します。 「もののあはれって、どんな意味?」とピンと来ない方はご安心下さい! これから、わかりやすく簡単に説明していきますので! では、「エモい」が意味する「もののあはれ」について見ていきましょう! 「エモい」は現代版「もののあはれ」を意味する言葉 では、「エモい」が意味する「もののあはれ」について見ていきましょう! 「もののあはれ」とは、無常な物事(変化がある物事)に対する「しみじみした趣き」を表現する言葉。 昔の日本(特に平安時代)における美学や価値観に関する理念の一つです。 古来日本人の趣きを表現するものとして、「をかし」という言葉を聞いたことありませんか? そう、枕草子(まくらのそうし)で有名な「いとをかし」です。 つまり「いとをかし」は「とても趣がある」という意味になります) 「もののあはれ」と「をかし」は、どちらも「趣がある」と訳される言葉ですが、少し意味のニュアンスが異なります。 「をかし」は明るい美しさを表現する言葉であるのに対し、「もののあはれ」はしみじみした情緒的な美しさを表現する言葉なんです。 わかりやすい簡単な例として、「満開に咲く桜」と「散っていく桜」をイメージしてもらえればと思います。 春に満開に咲く桜を見た我々は、その目に映る景観の「明るい美しさ」=「をかし」を感じるかと思います。 一方、風に煽られて散っていく桜吹雪を見ると、満開に元気よく咲いていた桜を知っているからこそ、どこか切なくも儚い美しさを感じて、「しみじみした情緒」=「もののあはれ」を感じるかと思います。 そう、その言葉では表現しきれない「儚さ」「哀愁」「懐かしさ」といった趣きを意味する言葉が、現代で言う「エモい」という言葉なんです。 「エモい」の由来 「エモい」の語源となる「emotional」(エモーショナル)の意味は、「感情的」や「情緒的」といった意味。 「エモい」が広く使われるようになった由来としては、「emo」(エモ)という音楽ジャンルにあります。 1990年代後半~2000年代初頭にかけて確立されたジャンルであり、「エモーショナル・ハードコア」を筆頭に、主に当時人気であったロックやパンクを中心として、「emo」は音楽だけではなく、ファッションやライフスタイルなどにも影響を与えていきます。 音楽ジャンルの定義が曖昧ですが、「emo」はパンクやハードコアで見られる特徴的なギターサウンドと、キーボードやシンセサイザーを用いたメロディカルで哀愁さを表現する音楽ジャンルとされています。 ただ、音楽シーンでも使われる「エモい」について、サウンドジャンル的な「emo」を指すばかりではありません。 青春パンクのような、淡くも懐かしさのある、人情的で感情的な歌詞(リリック)。 叶わない長年の片思いを前向きに終わらせることを描いたメロディや歌詞。 などなど、簡単な言葉では言い表すことが出来ないものを表現しようとするメロディや歌詞に、我々は心を動かされて「エモい」と感じる訳です。 例えば、「満開の桜の下で見た君の笑顔」という歌詞であれば、出会いの春や新しい動きのある春の恋をイメージさせますし、「彼の隣にはいない自分の足元には散った桜が落ちてきた」という歌詞であれば、淡い春の恋か、深い失恋を経験したことをイメージしますよね。 「エモい」の使い方 SNSでも良く利用される「エモい」という言葉は、実は使うのには難しい言葉なんです。 その理由は、例えばある曲を聞いて「エモい!」と感じることと感じないことがあるように、言葉には出来ない「表現力」が求められる言葉であるからです。 わかりやすく簡単に言うと、「エモい」という言葉にはセンスが問われるということ。 例えば、「この新曲マジエモいんだけど!聞いてみて!」と友達にオススメしたところ、「ハッ、どこがエモいの?」と共感を得られなければ、自分の価値観を否定されたような気持ちになりますよね。 TwitterやインスタグラムなどのSNSで自分の価値観(センス)を表現することが多い現代であるからこそ、「エモい」が流行したとも考えられるでしょう。 「エモい」の基本的な使い方は以下の通りです。 「学生時代の写真見つけたら、エモくてやばい」• 「かまって欲して寄ってきたウチのネコがエモい」• 「(ドラマの俳優)がエモすぎる」• 「今日食べたラーメン、エモすぎる」 などなど、何か自分の感情を動かされたものを評価することと同時に、多くの人に共感してもらえるであろう自分のセンスを表現している言葉だったりするのです。 また、「エモい」が個人のセンスや表現力を意味する言葉でもあるので、あえてセンスが無いことをイジる意味として「エモい」が使われることもあります。 イジりとして使われる「エモい」であっても、プロの芸人さんのように、ただ人を傷つけることの無いイジりであるからこそ、またセンスが問われる言葉なのでしょうね。 「エモいは古い」と言われる理由 「もうエモいは古い!」と言われる理由は、以下2つです。 流行的なトレンドが過ぎてしまったから• 10年以上前から使われていた言葉であるから SNSなどでも「エモいは古い」とされる理由の一つとしては、単純に多くに人に知られて、一時的な流行やトレンドが過ぎ去ってしまったからです。 毎年流行語大賞が発表されますが、その来年以降に流行語を使っているかというと、流行語のほとんどが使われていなかったりしますよね。 インスタグラムを中心に流行った「チル」という言葉も、今ではもう古い言葉として扱われているかもしれませんね。 若かりし頃に、バンドライブやフェスに通っていた音楽好きの方にしてみたら、「何でいまさらエモいが流行るの?」という疑問が生じてしまうということなんです。 その時の流行に乗る、また、好きな音楽を発信するというのは、数年前も今も自分のセンスを表現することを意味する部分があります。 現代の流行と、10年以上前から「エモい」を利用している人それぞれが、自分の価値観を表現するために「エモいは古い!」とするのでしょうね。 「エモい」は表現力が求められる言葉 「エモい」はセンスが問われる言葉としましたが、つまりは、自身の美学や価値観の表現力が求められる言葉であると言えるでしょう。 SNSで投稿する画像や写真。 SNSの投稿から伝わるライフスタイル。 たくさんの「いいね!」がもらえて、多くの人に共感されるSNSの投稿。 確かに、しみじみした趣きを感じる「儚さ」「哀愁」を伝えるには、表現力が求められるものなのかもしれません。 その表現力や無常の美しさに趣きを感じるのは、今も昔も変わりなく、心が動かされる美しさを大切にする日本人ならではの美的価値観があるからなのでしょうね!.

次の

エモいの意味や使い方とは?エモかった/エモみ/激エモ/エモすぎる

エモい意味

「エモい」の由来 「エモい」とは 「エモい」は、英語の「emotional(エモーショナル)」の「エモ」と形容詞化する接尾語の「い」を組み合わせた造語です。 日本では、英語に形容詞化する接尾語の「い」を組み合わせた言葉はよく使われています。 例えば「ナウい」もそうですし、よく使われている「グロい」や「エロい」もそうです。 「emotional」とは「感情的な」「情緒的な」「感動に動かされやすい」「感情に訴えるような」などといった意味があり、「エモい」も本来はそのような意味で使われています。 では、なぜ英単語の「エモーショナル」が形容詞化され日本語で「エモい」と使われるようになったのでしょうか? 実はそのルーツには 音楽が関係しています。 「エモい」は音楽からきている 21世紀に入った頃、海外から「Emo(エモ:英語での発音はイーモウ)」というロックの形態の一種の音楽が日本にも流れ込んできました。 この「Emo」こそが「エモい」の発端となっています。 「エモい」は最近できた造語ではなく、実は15年以上も前から使われている言葉なのです。 「Emo」は精神的にも音楽的にもハードコアをルーツに持つことから「エモーショナル・ハードコア」とも呼ばれています。 「Emo」は、感情的でストレートかつメロディアスなバンドサウンドに、センチメンタルな心情を吐露するような歌詞が特徴的なロックミュージックのスタイルの一つです。 攻撃的で激しい音楽の中で、哀愁漂う歌詞やどこか物憂げな歌詞が人々の心に響いたことから 「感情的でどこか哀愁漂うような音楽、曲、またそういった曲を歌うバンド」が「エモい曲」「エモいバンド」などと表現されるようになりました。 このようにバンドや音楽に対して使われていくうちに、音楽だけではなく日常で「感情的・情緒的である、感情が強く動かされるようなこと、言葉にならない気持ち」などを「エモい」と使うようになりました。 「エモい」の使い方 本来「エモい」は音楽に対して使われていましたが、現在は 日常的な「感情が強く動かされること」「情緒的なこと」に対しても使われています。 また、経験してきたことや懐かしむ気持ち、また感傷的であったりどこか ノスタルジックなことに対しても「エモい」と使われています。 例えば幼少期に観ていたアニメなどをひさびさ目にして懐かしむ気持ちを「エモい」と表現します。 そもそも「情緒」とは「ある事に触れることで、起きるさまざまの微妙な感情」という意味でありはっきりとした定義がないため、 最近では「エモい」は「なんとなくいい」「何かを感じる」ことに対して幅広く使われています。 そこから、何かを思うことがあればどんなことでも使う人が増えてきて、「今日もエモい」「カレーがエモい」「あの女優はエモい」など、よく意味がわからない使い方もされています。 もはや「エモい」をその場面で使う意味がよくわからないけど「とにかく使う」ということが面白いとされているのもしばしば見受けられます。 また流行り、というのもあり「エモい」を使えばいいと思っている人や「エモい」と使えば面白いと思っている人もいるので、実際に「エモい」と表現したものが「感情が強く動かされるようなこと」ではないことが多くあります。 そのため、「このように使う」「この使い方は間違っている」と明言することは難しくなっています。 ただ、 本来「エモい」は「感情が強く動かされるもの」「感情的なもの、感情に訴えかけてくるもの」などあまり日常では使われるものではありませんでした。 最近は「エモい」からさらに言葉が派生して使われているのでいくつか紹介します。 「エモい」から派生された「エモ」を用いた造語 ・エモみ ・エモる、エモってる ・エモの極み ・エモってる ・エモニスト ・エモいい ・エモがすぎる もはや「エモ」ならなんでもアリですね。 何がどうエモいのかはどうでもよくて、ただ「エモ」を使いたいだけの人が多いです。 「エモい」の類語 感情的 (意味:理性を失い感情がむき出しなる様子) 情緒 (意味:とある事に触れて起きる様々な微妙な感情のこと、それを起こさせる雰囲気) 情動 (意味:感情が急速に引き起こされ、それらの過程が一時的なものであり急激であるもの) 心に響く (意味:物事や言葉などで心を打たれ深く感じる様子) 感銘を受ける (意味:深く心が動くこと、忘れられないほど感動し心に刻むこと) ノスタルジック (意味:遠く懐かしいと思わせるもの、得がたいもの、郷愁) 心模様 (意味:心のありさま、心境がどうであるかの言い回し) 哀愁 (意味:物悲しい気持ち、なんとなく寂しく悲しいこと) 感傷的 (意味:感情が動かされやすくなっているさま、涙もろく悲哀の感情に動かされやすいさま).

次の