ぽん すけ お 菓子。 家庭でのポン菓子レシピ!材料やアレンジとフライパンでの作り方は?

家庭でのポン菓子レシピ!材料やアレンジとフライパンでの作り方は?

ぽん すけ お 菓子

ポン菓子と聞いてぱっと思いつくのが、「にんじんの形の袋に入っているポン菓子」ではないでしょうか?駄菓子屋でにんじん型のポン菓子が並んでいる光景を見たことがある方は多いでしょう。 何故、にんじんの形の袋に入っているのかというと、「にんじん型のパッケージに入れることで、にんじん嫌いな子供に好きになってもらいたいから」なんですよ。 確かに、こんな可愛いパッケージに入っていたら、にんじんの事も好きになるかもしれません。 実にユニークなアイデアですよね。 今回は、素朴な味わいが人気のポン菓子について紹介していますが、コストコのお菓子も気になるという方には下記の記事もおすすめです。 用途別に人気のお菓子をランキング形式で紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね。 ポン菓子の特徴は、ソフトな食感と白い見た目です。 また、膨張することで、元々硬い米がふんわりさくっとした食感に変わります。 元々米やオオムギや餅であることが多いので、腹持ちも抜群と評判の菓子です。 気になるポン菓子の名前の意味は、穀類膨張機で圧をかけて解放する時の「ポン!」という音のことです。 駄菓子のイメージが強いので日本生まれかと思われがちですが、意外にもアメリカ生まれなんですよ! その由来は、アメリカの穀物研究者が実験中にミスをしたことがきっかけとなっています。 今では多くの人に愛されているポン菓子ですが、このミスが無ければこの世には存在していないのかもしれませんね。 詳しい由来を以下に載せておきますので、是非チェックしてみてくださいね。 QUOTE 1901年ミネソタ大学の 研究者だったアレクサンダー・ピアース・アンダーソンが、穀物の研究中、米が膨化することを発見した。 米を試験管に入れオーブンで熱する工程で、誤って試 験管に蓋をしてしまい、試験管を破裂させてしまったことにより、ガラスの破片の中から発見された。 アンダーソンは特許を取得し、クエイカーオーツ社と手を組み、同社の研究所でさまざまなものが膨らむかどうかの実験を行った。 引用元:ウィキぺディア 家庭でポン菓子を作る時の材料は? 材料はいたってシンプル! 家庭でも、圧力鍋で作れるのでは?という意見もあるのですが、家庭で使う圧力鍋は2気圧でまでしか耐えることができず、ポン菓子を作るためには、10気圧の圧力に耐える機械(穀物製造機)である必要があります。 なお、この専用の機械は購入することができますが、40万台とかなり高額です。 この機械さえ手に入れれば、あとは穀物を用意するだけなのですが、現実的ではないでしょう。 ポン菓子を作るためだけに購入するには、多くの方にとってためらう金額ですよね。 ただ、本格的なものでなければフライパンと電子レンジを使って家庭で作ることができます。 ここから紹介してまいりますので、挑戦してみてくださいね。 家庭でのポン菓子レシピ!フライパンでの作り方は? 家庭で作るポン菓子の材料【フライパン編PART1】 それではさっそく、家庭で作ることができるフライパンと稲穂を使ったポン菓子の作り方をご紹介します。 稲穂を手に入れる機会があれば是非試してみてくださいね。 学校から稲刈りの手伝いを農家に体験しに行く、小学生のいる方に人気のレシピです。 フライパンで作る稲穂のポン菓子の作り方• まずは、稲穂から茎を取り、「もみ」だけにしたら、よく洗います。 ポンポンと音がしてきますが、音が鳴り止んだら完成です。 フライパンには様々な種類がありますが、中でも「鉄製のフライパン」について詳しく知りたいという方には、下記の記事もおすすめです。 鉄製のフライパンの手入れ法から使い方まで紹介していますので、是非チェックして使いこなしてくださいね。 それではさっそく、電子レンジを使った家庭で作るポン菓子の作り方をご紹介します。 塩を少しかけてそのまま食べてもいいですし、お茶漬けに入れても美味ですよ。 電子レンジで作るパフ菓子の作り方• 米ひと握り~ふた握りぶんをよく干して乾燥させます。 電子レンジ700w2分で加熱します。 パチパチ音がするので、焦げないようにチェックし、膨らんだら完成です。 1人暮らしの方で、使いやすい人気の電子レンジを知りたいという方には、下記の「1人暮らしのおすすめ電子レンジ14選」の記事もおすすめです。 おすすめの電子レンジと併せて小型のオーブンレンジも紹介していますので、是非参考にしてくださいね。 1つ目のポン菓子のアレンジレシピは、「ホワイトパフ」です。 こちらのレシピは、材料が2つのみで揃えやすく、とても簡単なのでお子様と一緒に作るのもおすすめです。 お好みでくるみなどのナッツを入れるのもいいでしょう。 ホワイトパフの材料• ホワイトの板チョコ…3枚• ポン菓子…30g ホワイトパフの作り方• ボウルにホワイトの板チョコを割り、湯せんで溶かします。 ポン菓子をボウルに加えてよく混ぜ合わせます。 さらに上からラップをかけ、上から押さえて平らにします。 冷蔵庫に入れて固めたら完成です。 食べる時は好きな大きさにカットしてくださいね。 ポン菓子…50g• アーモンドスライス…適量• 砂糖…90g• 食塩不使用バター…40g 濃厚!バターキャラメル味の作り方• フライパンを熱してアーモンドスライスを空炒りしていきます。 フライパンを熱し、バターを溶かして砂糖を加えます。 中火でゆっくりと砂糖を溶かします。 ふつふつとなりますので、焦げないように注意しながら混ぜます。 混ざったら、敷いたクッキングシートに広げます。 冷めたら、食べやすい大きさにカット、もしくは割れば完成です。 こちらのレシピは、お茶碗に材料を入れるだけなので、料理が苦手な方でも簡単に作ることができますよ。 寒い日に食べると体の芯から温まることができる!と人気のレシピです。 さらっと入るので、食欲が無い時や深夜の勉強の夜食にもおすすめです。 ほっこり温まる雑炊の材料• ポン菓子…お茶碗3分の2程度• スープの素…適量 ほっこり温まる雑炊の作り方• ポン菓子をお茶碗に入れます。 ポン菓子が丁度浸かる位お湯を入れます。 約1分間放置して軽く混ぜれば完成です。 さくさくとした食感で、食べ出したら止まらない美味しさが人気です。 フルーツグラノーラは、好みのメーカーのものを選んでくださいね。 おすすめは、食べごたえのあるごろごろしたタイプです。 お手軽シリアルバーの材料• ポン菓子…30g• フルーツグラノーラ…200g• ゴマ…15g• マシュマロ…90g• バター…20g お手軽シリアルバーの作り方• ポン菓子と好みのフルーツグラノーラとゴマをボウルに入れて混ぜます。 鍋を火にかけ、バターとマシュマロを入れて溶かします。 上から平らになるように押さえ、冷蔵庫に入れます。 固まったら、好きな大きさにカット、または割れば完成です。 こちらのレシピのクッキーには、グラハム粉が入るので、プチプチとした歯ざわりになります。 甘すぎることなく程よい甘さなので、甘いものが苦手な方にもおすすめ。 コーヒーや紅茶とよく合いますよ。 また、作り方は袋に入れて混ぜるだけなので、汚れ物があまり出ないのも嬉しいですよ。 とても美味しいのに簡単なので、是非チャレンジしてみてくださいね。 ざくざくクッキーの材料• ポン菓子…20g• ホットケーキMIX…110g• グラハム粉…50g• サラダ油…大1• 砂糖…大1• 卵…1個 ざくざくクッキーの作り方• 破れにくいビニール袋に全ての材料を入れて混ぜます。 混ざったら、2cm程度の大きさの丸にしていきます。 オーブンを180度に温め、15分程度焼きます。 (オーブンの種類によって焼き加減が変わってくるので様子を見ながら焼いてくださいね。 ) 昔から親しまれているポン菓子以外に、美味しいコンビ二の菓子パンについても詳しく知りたいという方には、下記の記事もおすすめです。 記事では、人気のコンビ二菓子パンを11選紹介していますので、是非チェックして好みの菓子パンを見付けてくださいね。 7つ目のポン菓子のアレンジレシピは、「ポン菓子のソフトプリン」です。 とろーりとしたクリームに近いプリンは、甘いものが欲しい時にぴったり。 短時間でできるので、手の込んだ風のお菓子が急に必要になった時に活躍してくれますよ。 はちみつの優しい味わいなので、お子様のおやつにも最適です。 ポン菓子のソフトプリンの材料• ポン菓子…プリンの器2杯弱ぶん• 牛乳…ポン菓子がひたひたに浸かるまで• はちみつ…適量• 生クリーム…大2 ポン菓子のソフトプリンの作り方• 鍋にポン菓子を入れます。 ポン菓子が軽く浸かる程度牛乳を注ぎ入れます。 沸々と湧いたら、はちみつと生クリームを加えます。 火を止めて粗熱がとれたら、プリンカップに移します。 冷蔵庫に入れて完全に冷えたら完成です。 好みでカラメルソースやカットしたフルーツを乗せるのもおすすめです。 地域ごとに異なるポン菓子の呼び方は? 地域ごとに異なるポン菓子の呼び方【関東編】|「爆弾」が多い印象 最後に紹介する地域ごとに異なるポン菓子の呼び方は、九州・沖縄です。 沖縄では、「はちゃぐみ」というオリジナリティの高い呼び方で親しまれているのですが、福岡ではポンポン菓子という呼び方が一般的です。 福岡と沖縄は距離が近いですが、少し離れただけで呼び名が変わってくるのですね。 九州・沖縄のポン菓子の呼び方• 福岡…ポンポン菓子• 沖縄…はちゃぐみ ポン菓子を美味しく食べて生活を楽しく! 今回は、ポン菓子について詳しく紹介してまいりました。 お店で売られているような本格的なポン菓子を完全に家庭で再現するのは難しいですが、「なんちゃってポン菓子」でも充分に美味しいですし、どれも簡単に作れるレシピばかりなので、材料も簡単に揃うので不器用な方も是非試してみてくださいね。 また、ポン菓子が余ってしまった時や、いつもの味に飽きた時はアレンジを楽しみましょう。 お気に入りのポン菓子で、楽しいティータイムを過ごしてくださいね。

次の

家庭でのポン菓子レシピ!材料やアレンジとフライパンでの作り方は?

ぽん すけ お 菓子

ポン菓子と聞いてぱっと思いつくのが、「にんじんの形の袋に入っているポン菓子」ではないでしょうか?駄菓子屋でにんじん型のポン菓子が並んでいる光景を見たことがある方は多いでしょう。 何故、にんじんの形の袋に入っているのかというと、「にんじん型のパッケージに入れることで、にんじん嫌いな子供に好きになってもらいたいから」なんですよ。 確かに、こんな可愛いパッケージに入っていたら、にんじんの事も好きになるかもしれません。 実にユニークなアイデアですよね。 今回は、素朴な味わいが人気のポン菓子について紹介していますが、コストコのお菓子も気になるという方には下記の記事もおすすめです。 用途別に人気のお菓子をランキング形式で紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね。 ポン菓子の特徴は、ソフトな食感と白い見た目です。 また、膨張することで、元々硬い米がふんわりさくっとした食感に変わります。 元々米やオオムギや餅であることが多いので、腹持ちも抜群と評判の菓子です。 気になるポン菓子の名前の意味は、穀類膨張機で圧をかけて解放する時の「ポン!」という音のことです。 駄菓子のイメージが強いので日本生まれかと思われがちですが、意外にもアメリカ生まれなんですよ! その由来は、アメリカの穀物研究者が実験中にミスをしたことがきっかけとなっています。 今では多くの人に愛されているポン菓子ですが、このミスが無ければこの世には存在していないのかもしれませんね。 詳しい由来を以下に載せておきますので、是非チェックしてみてくださいね。 QUOTE 1901年ミネソタ大学の 研究者だったアレクサンダー・ピアース・アンダーソンが、穀物の研究中、米が膨化することを発見した。 米を試験管に入れオーブンで熱する工程で、誤って試 験管に蓋をしてしまい、試験管を破裂させてしまったことにより、ガラスの破片の中から発見された。 アンダーソンは特許を取得し、クエイカーオーツ社と手を組み、同社の研究所でさまざまなものが膨らむかどうかの実験を行った。 引用元:ウィキぺディア 家庭でポン菓子を作る時の材料は? 材料はいたってシンプル! 家庭でも、圧力鍋で作れるのでは?という意見もあるのですが、家庭で使う圧力鍋は2気圧でまでしか耐えることができず、ポン菓子を作るためには、10気圧の圧力に耐える機械(穀物製造機)である必要があります。 なお、この専用の機械は購入することができますが、40万台とかなり高額です。 この機械さえ手に入れれば、あとは穀物を用意するだけなのですが、現実的ではないでしょう。 ポン菓子を作るためだけに購入するには、多くの方にとってためらう金額ですよね。 ただ、本格的なものでなければフライパンと電子レンジを使って家庭で作ることができます。 ここから紹介してまいりますので、挑戦してみてくださいね。 家庭でのポン菓子レシピ!フライパンでの作り方は? 家庭で作るポン菓子の材料【フライパン編PART1】 それではさっそく、家庭で作ることができるフライパンと稲穂を使ったポン菓子の作り方をご紹介します。 稲穂を手に入れる機会があれば是非試してみてくださいね。 学校から稲刈りの手伝いを農家に体験しに行く、小学生のいる方に人気のレシピです。 フライパンで作る稲穂のポン菓子の作り方• まずは、稲穂から茎を取り、「もみ」だけにしたら、よく洗います。 ポンポンと音がしてきますが、音が鳴り止んだら完成です。 フライパンには様々な種類がありますが、中でも「鉄製のフライパン」について詳しく知りたいという方には、下記の記事もおすすめです。 鉄製のフライパンの手入れ法から使い方まで紹介していますので、是非チェックして使いこなしてくださいね。 それではさっそく、電子レンジを使った家庭で作るポン菓子の作り方をご紹介します。 塩を少しかけてそのまま食べてもいいですし、お茶漬けに入れても美味ですよ。 電子レンジで作るパフ菓子の作り方• 米ひと握り~ふた握りぶんをよく干して乾燥させます。 電子レンジ700w2分で加熱します。 パチパチ音がするので、焦げないようにチェックし、膨らんだら完成です。 1人暮らしの方で、使いやすい人気の電子レンジを知りたいという方には、下記の「1人暮らしのおすすめ電子レンジ14選」の記事もおすすめです。 おすすめの電子レンジと併せて小型のオーブンレンジも紹介していますので、是非参考にしてくださいね。 1つ目のポン菓子のアレンジレシピは、「ホワイトパフ」です。 こちらのレシピは、材料が2つのみで揃えやすく、とても簡単なのでお子様と一緒に作るのもおすすめです。 お好みでくるみなどのナッツを入れるのもいいでしょう。 ホワイトパフの材料• ホワイトの板チョコ…3枚• ポン菓子…30g ホワイトパフの作り方• ボウルにホワイトの板チョコを割り、湯せんで溶かします。 ポン菓子をボウルに加えてよく混ぜ合わせます。 さらに上からラップをかけ、上から押さえて平らにします。 冷蔵庫に入れて固めたら完成です。 食べる時は好きな大きさにカットしてくださいね。 ポン菓子…50g• アーモンドスライス…適量• 砂糖…90g• 食塩不使用バター…40g 濃厚!バターキャラメル味の作り方• フライパンを熱してアーモンドスライスを空炒りしていきます。 フライパンを熱し、バターを溶かして砂糖を加えます。 中火でゆっくりと砂糖を溶かします。 ふつふつとなりますので、焦げないように注意しながら混ぜます。 混ざったら、敷いたクッキングシートに広げます。 冷めたら、食べやすい大きさにカット、もしくは割れば完成です。 こちらのレシピは、お茶碗に材料を入れるだけなので、料理が苦手な方でも簡単に作ることができますよ。 寒い日に食べると体の芯から温まることができる!と人気のレシピです。 さらっと入るので、食欲が無い時や深夜の勉強の夜食にもおすすめです。 ほっこり温まる雑炊の材料• ポン菓子…お茶碗3分の2程度• スープの素…適量 ほっこり温まる雑炊の作り方• ポン菓子をお茶碗に入れます。 ポン菓子が丁度浸かる位お湯を入れます。 約1分間放置して軽く混ぜれば完成です。 さくさくとした食感で、食べ出したら止まらない美味しさが人気です。 フルーツグラノーラは、好みのメーカーのものを選んでくださいね。 おすすめは、食べごたえのあるごろごろしたタイプです。 お手軽シリアルバーの材料• ポン菓子…30g• フルーツグラノーラ…200g• ゴマ…15g• マシュマロ…90g• バター…20g お手軽シリアルバーの作り方• ポン菓子と好みのフルーツグラノーラとゴマをボウルに入れて混ぜます。 鍋を火にかけ、バターとマシュマロを入れて溶かします。 上から平らになるように押さえ、冷蔵庫に入れます。 固まったら、好きな大きさにカット、または割れば完成です。 こちらのレシピのクッキーには、グラハム粉が入るので、プチプチとした歯ざわりになります。 甘すぎることなく程よい甘さなので、甘いものが苦手な方にもおすすめ。 コーヒーや紅茶とよく合いますよ。 また、作り方は袋に入れて混ぜるだけなので、汚れ物があまり出ないのも嬉しいですよ。 とても美味しいのに簡単なので、是非チャレンジしてみてくださいね。 ざくざくクッキーの材料• ポン菓子…20g• ホットケーキMIX…110g• グラハム粉…50g• サラダ油…大1• 砂糖…大1• 卵…1個 ざくざくクッキーの作り方• 破れにくいビニール袋に全ての材料を入れて混ぜます。 混ざったら、2cm程度の大きさの丸にしていきます。 オーブンを180度に温め、15分程度焼きます。 (オーブンの種類によって焼き加減が変わってくるので様子を見ながら焼いてくださいね。 ) 昔から親しまれているポン菓子以外に、美味しいコンビ二の菓子パンについても詳しく知りたいという方には、下記の記事もおすすめです。 記事では、人気のコンビ二菓子パンを11選紹介していますので、是非チェックして好みの菓子パンを見付けてくださいね。 7つ目のポン菓子のアレンジレシピは、「ポン菓子のソフトプリン」です。 とろーりとしたクリームに近いプリンは、甘いものが欲しい時にぴったり。 短時間でできるので、手の込んだ風のお菓子が急に必要になった時に活躍してくれますよ。 はちみつの優しい味わいなので、お子様のおやつにも最適です。 ポン菓子のソフトプリンの材料• ポン菓子…プリンの器2杯弱ぶん• 牛乳…ポン菓子がひたひたに浸かるまで• はちみつ…適量• 生クリーム…大2 ポン菓子のソフトプリンの作り方• 鍋にポン菓子を入れます。 ポン菓子が軽く浸かる程度牛乳を注ぎ入れます。 沸々と湧いたら、はちみつと生クリームを加えます。 火を止めて粗熱がとれたら、プリンカップに移します。 冷蔵庫に入れて完全に冷えたら完成です。 好みでカラメルソースやカットしたフルーツを乗せるのもおすすめです。 地域ごとに異なるポン菓子の呼び方は? 地域ごとに異なるポン菓子の呼び方【関東編】|「爆弾」が多い印象 最後に紹介する地域ごとに異なるポン菓子の呼び方は、九州・沖縄です。 沖縄では、「はちゃぐみ」というオリジナリティの高い呼び方で親しまれているのですが、福岡ではポンポン菓子という呼び方が一般的です。 福岡と沖縄は距離が近いですが、少し離れただけで呼び名が変わってくるのですね。 九州・沖縄のポン菓子の呼び方• 福岡…ポンポン菓子• 沖縄…はちゃぐみ ポン菓子を美味しく食べて生活を楽しく! 今回は、ポン菓子について詳しく紹介してまいりました。 お店で売られているような本格的なポン菓子を完全に家庭で再現するのは難しいですが、「なんちゃってポン菓子」でも充分に美味しいですし、どれも簡単に作れるレシピばかりなので、材料も簡単に揃うので不器用な方も是非試してみてくださいね。 また、ポン菓子が余ってしまった時や、いつもの味に飽きた時はアレンジを楽しみましょう。 お気に入りのポン菓子で、楽しいティータイムを過ごしてくださいね。

次の

ポン菓子

ぽん すけ お 菓子

ポン菓子と聞いてぱっと思いつくのが、「にんじんの形の袋に入っているポン菓子」ではないでしょうか?駄菓子屋でにんじん型のポン菓子が並んでいる光景を見たことがある方は多いでしょう。 何故、にんじんの形の袋に入っているのかというと、「にんじん型のパッケージに入れることで、にんじん嫌いな子供に好きになってもらいたいから」なんですよ。 確かに、こんな可愛いパッケージに入っていたら、にんじんの事も好きになるかもしれません。 実にユニークなアイデアですよね。 今回は、素朴な味わいが人気のポン菓子について紹介していますが、コストコのお菓子も気になるという方には下記の記事もおすすめです。 用途別に人気のお菓子をランキング形式で紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね。 ポン菓子の特徴は、ソフトな食感と白い見た目です。 また、膨張することで、元々硬い米がふんわりさくっとした食感に変わります。 元々米やオオムギや餅であることが多いので、腹持ちも抜群と評判の菓子です。 気になるポン菓子の名前の意味は、穀類膨張機で圧をかけて解放する時の「ポン!」という音のことです。 駄菓子のイメージが強いので日本生まれかと思われがちですが、意外にもアメリカ生まれなんですよ! その由来は、アメリカの穀物研究者が実験中にミスをしたことがきっかけとなっています。 今では多くの人に愛されているポン菓子ですが、このミスが無ければこの世には存在していないのかもしれませんね。 詳しい由来を以下に載せておきますので、是非チェックしてみてくださいね。 QUOTE 1901年ミネソタ大学の 研究者だったアレクサンダー・ピアース・アンダーソンが、穀物の研究中、米が膨化することを発見した。 米を試験管に入れオーブンで熱する工程で、誤って試 験管に蓋をしてしまい、試験管を破裂させてしまったことにより、ガラスの破片の中から発見された。 アンダーソンは特許を取得し、クエイカーオーツ社と手を組み、同社の研究所でさまざまなものが膨らむかどうかの実験を行った。 引用元:ウィキぺディア 家庭でポン菓子を作る時の材料は? 材料はいたってシンプル! 家庭でも、圧力鍋で作れるのでは?という意見もあるのですが、家庭で使う圧力鍋は2気圧でまでしか耐えることができず、ポン菓子を作るためには、10気圧の圧力に耐える機械(穀物製造機)である必要があります。 なお、この専用の機械は購入することができますが、40万台とかなり高額です。 この機械さえ手に入れれば、あとは穀物を用意するだけなのですが、現実的ではないでしょう。 ポン菓子を作るためだけに購入するには、多くの方にとってためらう金額ですよね。 ただ、本格的なものでなければフライパンと電子レンジを使って家庭で作ることができます。 ここから紹介してまいりますので、挑戦してみてくださいね。 家庭でのポン菓子レシピ!フライパンでの作り方は? 家庭で作るポン菓子の材料【フライパン編PART1】 それではさっそく、家庭で作ることができるフライパンと稲穂を使ったポン菓子の作り方をご紹介します。 稲穂を手に入れる機会があれば是非試してみてくださいね。 学校から稲刈りの手伝いを農家に体験しに行く、小学生のいる方に人気のレシピです。 フライパンで作る稲穂のポン菓子の作り方• まずは、稲穂から茎を取り、「もみ」だけにしたら、よく洗います。 ポンポンと音がしてきますが、音が鳴り止んだら完成です。 フライパンには様々な種類がありますが、中でも「鉄製のフライパン」について詳しく知りたいという方には、下記の記事もおすすめです。 鉄製のフライパンの手入れ法から使い方まで紹介していますので、是非チェックして使いこなしてくださいね。 それではさっそく、電子レンジを使った家庭で作るポン菓子の作り方をご紹介します。 塩を少しかけてそのまま食べてもいいですし、お茶漬けに入れても美味ですよ。 電子レンジで作るパフ菓子の作り方• 米ひと握り~ふた握りぶんをよく干して乾燥させます。 電子レンジ700w2分で加熱します。 パチパチ音がするので、焦げないようにチェックし、膨らんだら完成です。 1人暮らしの方で、使いやすい人気の電子レンジを知りたいという方には、下記の「1人暮らしのおすすめ電子レンジ14選」の記事もおすすめです。 おすすめの電子レンジと併せて小型のオーブンレンジも紹介していますので、是非参考にしてくださいね。 1つ目のポン菓子のアレンジレシピは、「ホワイトパフ」です。 こちらのレシピは、材料が2つのみで揃えやすく、とても簡単なのでお子様と一緒に作るのもおすすめです。 お好みでくるみなどのナッツを入れるのもいいでしょう。 ホワイトパフの材料• ホワイトの板チョコ…3枚• ポン菓子…30g ホワイトパフの作り方• ボウルにホワイトの板チョコを割り、湯せんで溶かします。 ポン菓子をボウルに加えてよく混ぜ合わせます。 さらに上からラップをかけ、上から押さえて平らにします。 冷蔵庫に入れて固めたら完成です。 食べる時は好きな大きさにカットしてくださいね。 ポン菓子…50g• アーモンドスライス…適量• 砂糖…90g• 食塩不使用バター…40g 濃厚!バターキャラメル味の作り方• フライパンを熱してアーモンドスライスを空炒りしていきます。 フライパンを熱し、バターを溶かして砂糖を加えます。 中火でゆっくりと砂糖を溶かします。 ふつふつとなりますので、焦げないように注意しながら混ぜます。 混ざったら、敷いたクッキングシートに広げます。 冷めたら、食べやすい大きさにカット、もしくは割れば完成です。 こちらのレシピは、お茶碗に材料を入れるだけなので、料理が苦手な方でも簡単に作ることができますよ。 寒い日に食べると体の芯から温まることができる!と人気のレシピです。 さらっと入るので、食欲が無い時や深夜の勉強の夜食にもおすすめです。 ほっこり温まる雑炊の材料• ポン菓子…お茶碗3分の2程度• スープの素…適量 ほっこり温まる雑炊の作り方• ポン菓子をお茶碗に入れます。 ポン菓子が丁度浸かる位お湯を入れます。 約1分間放置して軽く混ぜれば完成です。 さくさくとした食感で、食べ出したら止まらない美味しさが人気です。 フルーツグラノーラは、好みのメーカーのものを選んでくださいね。 おすすめは、食べごたえのあるごろごろしたタイプです。 お手軽シリアルバーの材料• ポン菓子…30g• フルーツグラノーラ…200g• ゴマ…15g• マシュマロ…90g• バター…20g お手軽シリアルバーの作り方• ポン菓子と好みのフルーツグラノーラとゴマをボウルに入れて混ぜます。 鍋を火にかけ、バターとマシュマロを入れて溶かします。 上から平らになるように押さえ、冷蔵庫に入れます。 固まったら、好きな大きさにカット、または割れば完成です。 こちらのレシピのクッキーには、グラハム粉が入るので、プチプチとした歯ざわりになります。 甘すぎることなく程よい甘さなので、甘いものが苦手な方にもおすすめ。 コーヒーや紅茶とよく合いますよ。 また、作り方は袋に入れて混ぜるだけなので、汚れ物があまり出ないのも嬉しいですよ。 とても美味しいのに簡単なので、是非チャレンジしてみてくださいね。 ざくざくクッキーの材料• ポン菓子…20g• ホットケーキMIX…110g• グラハム粉…50g• サラダ油…大1• 砂糖…大1• 卵…1個 ざくざくクッキーの作り方• 破れにくいビニール袋に全ての材料を入れて混ぜます。 混ざったら、2cm程度の大きさの丸にしていきます。 オーブンを180度に温め、15分程度焼きます。 (オーブンの種類によって焼き加減が変わってくるので様子を見ながら焼いてくださいね。 ) 昔から親しまれているポン菓子以外に、美味しいコンビ二の菓子パンについても詳しく知りたいという方には、下記の記事もおすすめです。 記事では、人気のコンビ二菓子パンを11選紹介していますので、是非チェックして好みの菓子パンを見付けてくださいね。 7つ目のポン菓子のアレンジレシピは、「ポン菓子のソフトプリン」です。 とろーりとしたクリームに近いプリンは、甘いものが欲しい時にぴったり。 短時間でできるので、手の込んだ風のお菓子が急に必要になった時に活躍してくれますよ。 はちみつの優しい味わいなので、お子様のおやつにも最適です。 ポン菓子のソフトプリンの材料• ポン菓子…プリンの器2杯弱ぶん• 牛乳…ポン菓子がひたひたに浸かるまで• はちみつ…適量• 生クリーム…大2 ポン菓子のソフトプリンの作り方• 鍋にポン菓子を入れます。 ポン菓子が軽く浸かる程度牛乳を注ぎ入れます。 沸々と湧いたら、はちみつと生クリームを加えます。 火を止めて粗熱がとれたら、プリンカップに移します。 冷蔵庫に入れて完全に冷えたら完成です。 好みでカラメルソースやカットしたフルーツを乗せるのもおすすめです。 地域ごとに異なるポン菓子の呼び方は? 地域ごとに異なるポン菓子の呼び方【関東編】|「爆弾」が多い印象 最後に紹介する地域ごとに異なるポン菓子の呼び方は、九州・沖縄です。 沖縄では、「はちゃぐみ」というオリジナリティの高い呼び方で親しまれているのですが、福岡ではポンポン菓子という呼び方が一般的です。 福岡と沖縄は距離が近いですが、少し離れただけで呼び名が変わってくるのですね。 九州・沖縄のポン菓子の呼び方• 福岡…ポンポン菓子• 沖縄…はちゃぐみ ポン菓子を美味しく食べて生活を楽しく! 今回は、ポン菓子について詳しく紹介してまいりました。 お店で売られているような本格的なポン菓子を完全に家庭で再現するのは難しいですが、「なんちゃってポン菓子」でも充分に美味しいですし、どれも簡単に作れるレシピばかりなので、材料も簡単に揃うので不器用な方も是非試してみてくださいね。 また、ポン菓子が余ってしまった時や、いつもの味に飽きた時はアレンジを楽しみましょう。 お気に入りのポン菓子で、楽しいティータイムを過ごしてくださいね。

次の