いびき を 治す に は。 いびきを治す方法 女性のいびきの原因は加齢?簡単にできる対策は?

なんとかしたい!いびきの原因と改善法|病気・症状と予防|eo健康

いびき を 治す に は

いびきの原因としてもっとも多いものといえば「肥満」ですよね。 おそらくあなたも一度はダイエットに挑戦したことがあるのではないでしょうか? しかし、 「いびきを治すためにダイエットに取り組みやっとの想いで体重を2、3kg落としたものの、一向にいびきは治らなくてやる気をなくしてしまった……」という方も多いはず。 せっかく痩せることができたのに肝心のいびきが抑えられなければやる気をなくてしてしまうのも致し方ありません。 ところが、多くの方が勘違いしていることがひとつあります。 それは、いびきを治すためのダイエットとして大切なのは「体重の数字の変化」ではなく 「首まわりの脂肪がどれだけ落ちたか」だということです。 そしてもうひとつ大切なことが、私たちの身体は 「ダイエットをしたときの痩せる順番が決まっている」ということです。 それを知らずに数字だけで判断してしまうと 「本当はあと少し頑張ればいびきを抑えられたかもしれないのに挫折してしまった」ということがあるのです。 そこで今回は、ダイエットをしたときの「痩せる順番」についてご紹介していきたいと思います。 この記事の目次• アメリカ人と日本人を比べて分かる「首まわりダイエット」の重要性 さて、「痩せる順番」の説明に入る前に「首まわりダイエットの重要性」についてカンタンに触れておきたいと思います。 冒頭にも書いた通りいびきの原因で一番多いものと言えば「肥満」ですが、そもそも 「日本人ってそんなに肥満の人って多いかなぁ?」と疑問が湧きませんか? 例えば肥満大国のひとつであるアメリカ人と日本人を比べてみましょう。 成人のアメリカ人の肥満率は30%以上ですが、日本人はというと4%程度と大きな差があります。 出典:より この身長と体重をもとにBMI WHOで定めた肥満判定の国際基準 を算出すると以下の通りとなります。 実は日本とアメリカでは体格や生活習慣の違いからBMIの基準値が異なるので、日本ではBMI25以上となると「肥満」と判定されますが、一方アメリカではBMI25以上は「やや肥満」です。 それを踏まえても アメリカ人は平均で「やや肥満」になるわけですから、いかに肥満体質の人が多いか分かりますね。 さて、このデータを見ると「それならアメリカ人は日本人に比べていびきをかく人が多いんだろうな」と考えるのが自然ですよね。 ところが実は睡眠時無呼吸症候群 SAS の患者比率で言うと日本もアメリカも大差はないと言われているのです。 それは一体なぜでしょうか? 実はその理由は日本人の 「顎の小ささ」にあります。 日本人はもともと顎が小さい上に、近年では食生活の欧米化の影響でさらに顎が小さい人が増えています。 その影響で何が起こったのでしょうか? 顎 顔 が小さいということは上気道の面積も小さいため、 少し脂肪がついただけでも上気道が塞がっていびきをかいてしまうことに繋がるのです。 また、いびき体質の人は猫背など姿勢が悪いことが多いため、二重あごといった首まわりに脂肪がつきやすい人が多いです。 このような理由から、たとえ見た目は太っていない人でも、いびきを治すためにも首まわりをダイエットすることはとても大切なのです。 首が痩せる順番って何番目? ダイエットの話になると「自分は顔から痩せるタイプ」「お腹が痩せてほしいのに胸から落ちてしまう」といった会話がよくありますが、実は人間の身体は痩せる順番が決まっています。 その順番はおよそ以下の通りと言われています。 パーツごとに見る痩せる順番• 手首・足首• ふくらはぎ• 太もも• 胸・顔• お尻 いかがでしょう? 見た目的に痩せて欲しい顔やお腹、腰やお尻は最後の最後になっていますね。 ちなみに通常のダイエットで挫折してしまう人がいるのはこの「痩せて欲しいパーツがなかなか痩せてくれない」というのがひとつの要因でもあります。 そして今回のテーマである首はというと7番目の胸・顔のあたりです。 つまり、いびきを治すためのダイエットは 顔がほっそりしてきて初めて効果が期待できるということになります。 そして勘の良い方はお気づきかもしれませんが、逆に太る時は先ほどの表と逆の順番で太っていきますので、 顔がふっくらしはじめたらいびきにも要注意というわけです。 それではなぜ私たちの身体はこのような順番で痩せていくのでしょうか? 肝臓から遠いパーツから痩せていく 人間の体は「生きるため」という視点で見ると奇跡とも言えるほどよくできています。 ところが、「ダイエット」という視点で見ると悩ましいことがたくさんあるのです。 なぜなら先ほど紹介した痩せる順番は、私たちが「痩せて欲しい」と思うパーツほど後回しになっているからです。 顔やお腹、お尻なんかはできればさっさと痩せてほしいですよね。 それではなぜ私たちの身体はこのような順番で痩せるようにできているのでしょうか? そのヒントは 「肝臓」にあります。 「肝臓」と聞くとお酒を分解する場所というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実は肝臓は500以上もの仕事をこなす優秀な器官なのです。 そして、肝臓の主な仕事は以下の3つです。 肝臓の役割とは?• 栄養素を身体が吸収できるように代謝 加工 したり貯蔵する• 身体に取り入れた毒を解毒する• 不要なものを排出するための胆汁を生成する 代謝や解毒、排出といった人間が生きていく上で欠かせない役割を肝臓が担ってくれているんですね。 そして、人間の身体は生きていく上で大切な部分を脂肪で覆おうとしますので、臓器がたくさんあるお腹まわりはなかなか痩せないようになっています。 また、顔は肝臓から少し距離があるのに痩せにくい理由としては身体の中でもとくにエネルギー消費の多い「脳」があるからです。 つまり、ダイエットは 「肝臓から遠いパーツから痩せていく」というのが一般的なのです。 このような理由から首まわりの脂肪は落ちにくいことを覚えておきましょう。 さらに首は身体の中でも意識的に鍛えにくい部分です。 スポーツ選手であれば首の筋肉をトレーニングすることもありますが、一般人の筋トレメニューに首の筋トレというものはほとんどありません。 なので、首まわりの脂肪を落とすためにはバランスの取れたダイエットを継続することを心がけましょう。 まとめ 今回は 「いびき体質の人にとっての首まわりダイエットの重要性」と 「身体のパーツごとの痩せる順番」についてご紹介しました。 年齢を重ねると基礎代謝が落ちる影響もあり、首まわりだけでなく身体全体に脂肪がつきやすくなってきます。 また、いびきは複数の要因があるため、首まわりの脂肪以外にも 「口呼吸」や 「舌の筋力低下」など、歳を重ねるごとにいびきリスクは高まります。 しかし、筋肉というのは唯一、 年齢に抗って鍛えることができる器官でもあります。 なので、筋肉を鍛え始めることに遅いということはありません。 「年齢のせいだからどうしようもない」と考えずに、食生活のコントロールで脂肪を落としつつ、地道な筋力トレーニングでスッキリした首と身体を手に入れて、いびきを改善していきましょう!.

次の

いびきを治す方法まとめ

いびき を 治す に は

女性のいびきが困る場面 女性がいびきをかいて困るシーンは多々あります。 例えば家族や気の合う友人たちと旅行に行くときなどが挙げられます。 本人は寝ているためいびきには気がついていませんが、一緒の部屋で就寝していた方はわかります。 ときには疲労が溜まり、他の人の睡眠を妨げるいびきをかくことは少なくありません。 そのため次の日に指摘を受けて恥ずかしい思いをし、その旅行を心から楽しめないケースもあるようです。 なかには、いびきをかくかもしれないという思いがストレスになり、さらに症状を悪化させることがあります。 いびきは美容や健康にも影響する可能性が 上記のように恥ずかしい思いをするだけではなく、女性にとっては気になる美容面にも悪影響を及ぼすことがあります。 いびきは呼吸がスムーズに出来ないことから、深刻な睡眠不足を引き起こします。 睡眠が足りないとホルモンバランスが乱れたり、疲れが取れず慢性疲労を生じたりします。 ほかにも酸素が不足すると血糖値を上昇させるホルモンが分泌され、高血圧や糖尿病のリスクを高めると言われています。 それだけではありません。 ホルモンバランスが乱れることで、食欲を増進させます。 食事は人が生きていくために必要な行為ですが、過剰過ぎると肥満になります。 また酸素不足によって脂肪を燃焼できず、太りやすい体質になってしまうのです。 肥満は糖尿病や高血圧など深刻な病気を引き起こすリスクを高めます。 また心臓や脳に十分な酸素と栄養素を供給できずに、心疾患や脳疾患を起こす可能性もあります。 病気や美容面に悪影響をもたらす他に、日常生活にも支障をきたすケースがあります。 慢性的な睡眠不足によって起きている最中に強烈な睡魔に襲われたり、イライラしたりする方は少なくありません。 これらの症状はシチュエーションによっては、命の危険を脅かす可能性があります。 睡眠不足が及ぼす悪影響 例えば運転中に抗えない睡魔に襲われたら、場合によっては事故を起こす懸念があるため注意が必要です。 最悪の場合、被害者をだしてしまうケースもあります。 またイライラが続くと大切な人と些細なことで喧嘩する可能性もあります。 ご自身ではどうしようもない感情に振り回され、大切なものを失うことだけは避けたいものです。 もし、日中にイライラしたり眠かったりするようであれば、いびきをかいている可能性があることを疑いましょう。 いびきは決して治らない症状ではありません。 早めに原因を知り、対処することで上記のような問題を解決することができます。 女性のいびきの原因と治し方 様々な問題を引き起こすいびきですが、決して解決策がないわけではありません。 そもそもいびきとは、空気の通り道である気道が狭くなることで生じます。 つまり狭くなった気道を元の状態に戻すことが重要です。 しかし一概に気道を元の状態に戻すと言っても、原因は一つではありません。 人によって原因は様々です。 女性ホルモンやストレスからくるいびき 例えば女性の場合、原因のひとつとして女性ホルモンの減少が挙げられます。 女性はもともと男性と比べるといびきをかく割合は少ないと言われていました。 しかし昨今では加齢の他にストレス等で女性ホルモンが減少する方が多く、いびきをかく方が増えてきたのです。 女性ホルモンの働きの一つに、気道を支える筋肉の働きを活発化するというものがあります。 しかし女性ホルモンが減ることで空気の通りが悪くなり、いびきをかいてしまうのです。 加齢による女性ホルモン減少は仕方ありませんが、ストレスが原因の場合はストレス解消を講じることも解決のひとつです。 身体の特徴が原因のいびき 他にも身体の特徴によって、いびきをかきやすい人もいます。 現代人は昔と比べると顎が小さい方が多いです。 しかし顎が小さいと気道も細く、顎周辺の筋肉も低下しがちです。 対策としては、噛む力を鍛えることです。 例えば食事の際に、噛む回数を増やしたり硬いものを食べたりするとよいでしょう。 また顎周辺の筋肉を鍛える体操も効果的です。 もし音楽に興味があるなら、トランペットなどの楽器をしてみるのもおすすめです。 サックスやフルート、トランペットなどの楽器は、息を強く吐いたり吸ったりするため気道を鍛えることができると言われています。 肥満の人はいびきをかきやすい? 上記の他に肥満もいびきをかく原因と言われています。 外見上太って見えていなくても、実際は姿勢の悪さや運動不足等もいびきをかく要因です。 なぜなら首周りの筋肉が低下することで脂肪がつき、舌が喉の奥に落ちていびきをかいてしまうからです。 まずは首周りの筋肉を鍛えたり、姿勢を良くしたりなどを心がけましょう。 ほかにも簡易的でよいので、こまめにストレットすることをおすすめします。 いびきを解消することは、健康にも良い影響を及ぼします。 また食生活の改善も意識していきましょう。 肥満の大きな原因は食生活です。 普段から甘いものやお肉類などカロリーが高いものを好んで食べる方は、積極的に野菜を食べることを意識してください。 野菜を食べる量が増えることで、必然的にカロリーが高い肉や甘いものを食べる量が減っていきます。 また食べる順番を意識するのもおすすめです。 先に野菜を食べてから主食を食べる生活を心がけるだけで、自然と体重も落ちていきます。 もし一人暮らし等で料理がする時間がない方等は、コンビニやスーパーで売られているカット野菜を使うとよいでしょう。 カット野菜でも十分に量がありますので、コンビニ弁当やスーパーのお惣菜を併用することで食べ過ぎを防ぐことができます。 無理をするとそれ自体がストレスになり、さらに悪循環を生み出すことがあります。 大切なのは無理をせず、できる範囲で頑張ることです。 鼻が詰まっていることが原因のいびき 普段から鼻が詰まっている方も、いびきをかく方が多いです。 風邪などで鼻が詰まると、必然的に口呼吸になってしまいます。 確かに鼻で呼吸をできないので仕方ありませんが、口呼吸は決して身体に良い影響をもたらしません。 口呼吸の状態で就寝すると、舌が喉の奥に落ち込みます。 その結果、気道が狭くなっていびきをかいてしまうのです。 対策としては早めに鼻の通りを良くすることが重要です。 風邪なら早めに薬を飲んだり病気で診てもらったりして、早めの完治を目指しましょう。 しかしアレルギーなどで常時鼻が詰まっている方は、寝る姿勢を工夫してみてください。 仰向けではなく横向きに寝ることで、舌が喉の奥に落ちこむのを防げます。 また上の鼻の穴が広がることで、鼻呼吸がしやすくなります。 同時にいびきを防止する商品などを併用するともよいでしょう。 もし症状が酷い場合は、手術を受ける選択肢もあります。 レーザーで部分的に鼻の粘膜を取り除く手術があり、受けることで改善する可能性があります。 興味がある方は一度耳鼻咽喉科で詳細な話を聞いてみてください。 お酒好きな人は注意! ほかにアルコールや睡眠薬を服用している方も注意が必要です。 これらは飲むことで筋肉の緊張を緩ませ、なかには筋肉がゆるみすぎて気道が狭くなるケースがあります。 もちろん睡眠薬を必要とする方もいますが、出来る限り睡眠薬に頼らない方法を模索してみましょう。 また普段からお酒を飲む習慣がある方は、お酒を飲むタイミングを調整してみてください。 例えば寝る直前まで飲むのは、避けるのが無難です。 テレビをみたり食事をしたりとながら飲みするのは止めて、寝る3時間前までにはお酒を切り上げるとよいでしょう。 早めに切り上げることで体内でアルコールが分解されて、いびきを防ぐことに繋がります。 お酒を飲まないと寝付けないという方は、部屋の照明を変えてみたりお風呂や食事の時間を工夫する等の対策を講じていきましょう。 まとめ 女性の睡眠不足は人によっては深刻な問題を引き起こすことがあります。 しかし人から指摘されない限りは自覚症状もなく、放置してしまう方は少なくありません。 もしいびきをかいていることを指摘されたり、疑ったりした場合は大きな問題が起きる前に早めに対策が大切です。 対策方法は人によって異なりますが、どれも今すぐに始められるものばかりです。 食事に気をつけたり軽い運動をしたりなど、できることから始めていきましょう。 どの対策もいびきだけではなく、健康に良い影響をもたらすものばかりです。 いびきの問題を解決できれば、慢性的な疲労や日中の猛烈な睡魔などの問題から解放されます。 また大きな病気を発症するリスクを軽減することにも繋がりますので、諦めずに少しずつ改善していきましょう!.

次の

いびきの治療|いびきの話|睡眠時無呼吸なおそう.com

いびき を 治す に は

友人や家族との旅行やお泊まり会で、「昨日寝てる時、いびきかいてたよ」なんて言われて、恥ずかしい思いをすることありませんか?無意識なんだからしょうがないじゃない、と思うけどできれば治したいもの。 そんないびきを治すためにはコツがあるのだそうですよ。 いびきは治すことができる? 男性・女性関係なく、実践すればいびきは治ります! 自分の息子にいびきがうるさいと言われた私も、ここ何年もいびきに悩んでいた私の父も実行して治ったのです! 痛みもなしですし、読んだその日から実行できる「簡単ないびきを治すコツ」を教えします。 なぜいびきをかくのか? まずは、「いびきをかく原因」をしっかりと理解していれば、自分でも自分の体に合わせて対処しやすくなると思います。 いびきの音の正体は何か 呼吸する時に、行きが喉を通ると起こる「振動音」なのです。 なぜいびきの音がでるのか 仰向けで寝ると舌の付け根が喉の奥へ下がる。 これがいびきの音なのです。 口呼吸をしていると特に大きな音が出やすいので要注意です! いびきをかきやすい人の特徴 いびきをかきやすい人には特徴があります。 仰向けに寝る人 仰向けに寝ると口が開きやすいので口呼吸になる。 太っている人 喉の周辺に脂肪がついているので、圧迫されて気道が狭くなる。 年齢を重ねている人 加齢とともに口内の筋肉も衰え、睡眠中にしっかり舌を支えられていない。 アレルギー性鼻炎の人 鼻がつまり口呼吸になりやすい。 ストレスや疲労を日常的に感じている人 呼吸が浅くなってしまう。 お酒を飲む人 飲酒後は喉の周辺の筋肉がゆるみやすく、また口呼吸になりやすい。 たばこを吸う人 たばこの成分で喉の壁に傷がつき、むくみ・炎症が起きて気道が狭くなる。 枕の高さが合っていない人 枕が高すぎると首が曲がり気道を塞いでしまう。 小顔の女性 顎が小さく後退気味だと、仰向けに寝て舌で気道が塞がれると、普通の人よりも狭くなる 皆さまは上記の要因に当てはまっていますか?私は5個も当てはまりました…。 誰でもできる簡単にいびきを治すコツ 上記の中でも、太っている・アレルギー性鼻炎・ストレス・疲労・お酒・たばこ・枕の高さが要因の場合は、まずこれらの原因を改善するのが一番です。 少しずつでも改善していけるように心がけてみてください。 とは言っても、すぐに解消したい方は、今日から実行できる方法をご紹介します。 横向きに寝る 横向きだと舌が沈みこまないので、いびきが軽くなる人は多いです。 首や腰のあたりに丸めたタオルをあてがうと、楽に横向きの姿勢ができます。 抱き枕があればとても楽ですし、便利ですよ!また最近は横向き用の枕も販売しているので、ぜひ試してみてください。 いびき対策グッズを使う 鼻腔拡張テープや口呼吸改善テープなど、ドラッグストアでも販売しています。 鼻腔を広げることで口呼吸をしないようにするためのグッズですが、私はブリーズライトを使用しました。 付ける位置を間違えると効果が大幅にダウンしてしまうので、要注意です。 もともと私は花粉症なので、鼻づまりも解消されて凄く楽になりました。 口内の筋肉を鍛える 睡眠中に舌をしっかり支えてくれる筋肉をつけます。 食事の時は両側とも均等に使って噛むようにしましょう。 また普段から、ガムやグミを噛んで口内の筋肉を鍛えるトレーニングをしてみてください。 私が実践したトレーニング方法は、こちらです。 ・口を大きく開けて「あ~」という。 ・口を大きく開けて「い~」という。 ・口を前に突き出して「う~」という。 ・舌を鼻につけるつもりで、思いっきり上方向に突き出す。 これを5秒間キープ。 ・左頬・顎・右頬につけるつもりで順番に5秒ずつ突き出す。 これを毎日3セットずつしてみてください。 このトレーニングは口周りのたるみ防止にもなるので、美容にも効果がありますよ! えぞ式すーすー茶 これは年中鼻炎に悩まされ、鼻がグズグズ・ズルズルや花粉症の時期に辛い思いをしている人には必見のアイテムです。 ネットなどでも気軽に購入することができるのですが、えぞ式すーすー茶を飲み始めて3日程経つと効果が実感できると思います。 今まで息苦しかったのがウソみたいになくなるのです。 私は1杯のんで半日ぐらいは効いています。 味が苦手な方もいると思いますが、1週間も経てば慣れてきますよ! いびきが治れば、人前でも熟睡できる! 1人暮らしや、自室で1人で寝ている女性などは、いびきをかいていることを自覚していない方も多いと思います。 最近では20代・30代の女性にもいびきをかく人は多いようです。 また、いびきは 睡眠時呼吸障害の一つです。 毎晩大きないびきをかいていると、体も脳も酸素不足になって体が休まらないため、日常生活にも支障が出るようになってしまうのです。 いびきは体にさまざまな悪影響を及ぼす可能性があるので、いびきがひどいと感じている方は早めに解消してくださいね。 自力で改善できない場合は、専門医にみてもらうことをお勧めします。 一日でも早く治療してぐっすり熟睡しましょう。 記事/anone anone アノネ は女性の悩みを解消するwebメディアです。 こっそり教えて、あなたの悩み。 その他のおすすめ記事.

次の