警察官と合コン。 警察官の合コン セッティング・パーティー情報

警察官との合コンを成功させる!ポリスメンを捕まえる恋の必勝法

警察官と合コン

成功させたい!警察官との合コン お堅い職業のイメージがある警察官ですが、付き合う男性の職業としては安定しているため、お眼鏡にかなうという女性も少なくないでしょう。 それだけに彼らと合コンする機会がやってきたら、普通の合コンより緊張してしまうかもしれません。 ぜひとも合コンを成功させたいですよね。 警察官の合コンは普通の合コンとどこが違うのかを知り、合コン成功のコツを掴んで挑むべし! 1. 「さみしがりや」をアピールするのは間違い まず、「独りじゃ寂しくてしかたないの」という内容の発言は可愛さアピールのつもりなら止めておいたほうが良いでしょう。 警察官が通常の会社員と異なるところは、事件や事故は予定通りに起きるものではないというところ。 人命にかかわる緊張感を伴っていることもあるため職務に対する責任感も多大なものであることも少なくないのです。 そういった緊急時に備える職務を持つ彼らにとっては、ことさらプライベートは仕事に優先されるものではありません。 デートの約束も急きょ駄目になることも想定されるため、寂しがり屋をアピールする女性や毎日連絡を取りたい女性とは、お付き合いが始まっても上手くいかないことが予想できてしまうので敬遠されやすいのです。 事件につながるような悪い話はしない 相手は警察官ですから、正義感に熱い人柄を想定しましょう。 彼らにとって社会のルールを守ることは普通のこと。 いくらプライベートだからといって、そんな彼らを前に過去の武勇伝のように悪さをしたことを語ってはいいはずがありません。 「そういう事は言わない」と思っている人でも気をつけてほしいのが、ついつい話のネタにしてしまう周りの人の話。 あなた自身ではないからとあなたの周りの人の事件につながるような、ちょっと印象悪い話は決してしないのが無難です。 そんな人と近い存在だと思われてしまうことは、印象が悪いだけでなく敬遠される可能性が高くしてしまいます。 合コンなどの飲み会の席はプライベートであっても、彼らは秩序を守る警察官ということを忘れずにいましょうね。 警察官ならではの特殊な仕事の話もちゃんと聞こう 話が進んでくると、たまに話せる限りの仕事のことをしてくる人もいます。 あまり聞くことがない話の内容に「えー!」と驚くことや、怖くなったり少し引いてしまうこともあるかもしれません。 しかし、相手が楽しく話をしているなら、 あなたにとってあまり理解のできない話でもきちんと話を聞いて「うんうん」と相槌を打ってあげると、場を和ませ相手にも何でも話せそうな安心感を印象付けられるでしょう。 警察官として頑張っている彼を褒めてあげよう 席が隣り合わせになって打ち解けてくると、警察官としての愚痴を聞かされることもあります。 愚痴はできれば聞きたくないものですが、 合コンを成功させるべく優しく受け入れましょう。 「疲れた、辞めたい」なんて愚痴がこぼれる反面、「警察官としての自分を頼ってくれる人もいるし、地域の人を守る責任がある」ことは、彼自身がよく理解していること。 責任感や、自身の仕事に誇りを持っているものです。 ここは警察官として頑張っている彼を認め、優しく褒めてポイントを稼ぐところです。 愚痴を言っても、それはその場限りの言葉なので間違っても「辞めちゃえ」などとは言わないであげてくださいね。

次の

長文です。年末に警察官の方と合コンで知り合いました。その方...

警察官と合コン

「市民の安全を守る警察官はかっこいいな…」と憧れを抱いたことはありませんか?もし、実際に彼氏が警察官だったらどんなメリットがあるのでしょうか。 頼りがいがある 警察官に対し、 頼りがいがあって誠実なイメージを持つ人は多いでしょう。 警察の仕事は、人々の安全を守ることが使命で、酔っ払いの検挙やケンカの仲裁、犯人の検挙と常に危険と隣り合わせです。 警察学校では、柔道や剣道、合気道などの武道の訓練を受けるため、警察官の彼氏を持つと、「いざというときに守ってもらえる」という安心感があります。 また、憲法や刑法などの法律や人を助ける救急法についても広く熟知しているので、一般人ならパニックになってしまう トラブルにも冷静に対処してくれるでしょう。 給与、福利厚生など経済面の安定感 警察官は、国家公務員試験を合格者だけがなれる 公務員です。 公務員は、国家公務員と地方公務員に大別でき、 国家公務員の警察官であればかなりのキャリア組といえるでしょう。 警察官のほとんどは地方公務員です。 年収は階級や採用区分によって差がありますが、一般事務の行政職よりも、基本給が高い公安職の俸給表が適応され、年に2回のボーナスもあります。 扶養手当、住宅手当などの 福利が充実しているほか、警察共済や警察職員互助組合の特典で、全国のホテルやレジャー施設を格安で利用できるメリットもあるでしょう。 将来への安心感も抜群 地方公務員の場合は、まず、巡査として地方の警察署に配属され、巡査長、巡査部長というふうに役職が上がっていきます。 役職が警視正にキャリアップすれば、国家公務員の所属になり、給与もぐっと増えるでしょう。 警察官の 給与は階級による等級と、年功による号給によって給与が決まります。 順調に勤務を続けていれば、給与が段階的に上がっていくため一般企業の男子よりも将来的に安心感があるといえるかもしれません。 警察官は頼りがいがあり、将来的に安定している職業ですが、一般会社員の彼氏にはないデメリットもあります。 警察官と付き合うにはそれなりの覚悟が必要なでしょう。 デートの予定が立てづらい 警察官は、 時間外労働や突発的な勤務が多く、デートの予定が立てづらいのがデメリットです。 警察官は交代制勤務で非番の日は自宅待機になりますが、出動人数が足りない場合はすぐに出動しなければなりません。 せっかくの公休でも、 体を休めることが最優先となるため、デートらしいデートがあまりできない可能性が高いでしょう。 警察官の彼氏を持つと、会う約束もライフサイクルも彼に合わせなければならないので、寂しい思いをする女子もいるようです。 彼氏の体が心配な場面も 警察官は、一般人に命の危険が及べば身を盾にしなければなりません。 急な出動要請があったときは、「無事でありますように…」と祈るような気持ちで待つこともあるでしょう。 交番勤務中に暴漢に襲われる可能性もゼロではなく、まさに危険と隣り合わせです。 好きな相手が警察官なら、 万が一のことも考え、覚悟を決めてお付き合いをする必要があります。 転勤があるので寂しい思いも 公務員である警察官は、 数年に一度の転勤があります。 転勤期間は3~5年が一般的ですが、同じ部署に10年も留まる人もいれば、1年で転勤をする人もいて一概にはいえません。 転勤範囲は全県に及び、離島がある県なら離島勤務もあり得ます。 警察官との恋愛は 遠距離恋愛になる確率が高いので、会えない寂しさにどれだけ耐えられるかが問題でしょう。 「将来はマイホームを建ててのんびりと暮らしたい」という夢を描く人は、警察官の彼氏は向かないかもしれません。 警察官の彼氏が欲しい?出会い方 警察官と付き合うデメリットも含め、やっぱり警察官の彼氏が欲しいと思ったら、さっそく出会いを探しにいきましょう。 休みが少なく、生活も不規則になりがちな警察官男子とは、どこに行けば出会えるのでしょうか? 出会いの定番 合コン お堅い職業の警察官は合コンには参加しないのかと思いきや、出会いを求めて参加する若い警察官も少なくありません。 男の職場といわれる警察官や消防士は、職場での出会いが少ない職業(保育士や看護師など)との合コンが多くセッティングされる場合があります。 周りの友人に 自分が警察官に興味があることを伝えておけば、警察官が参加する合コンでは声をかけてもらえるでしょう。 また、ライバルが多いのを覚悟で、公務員限定の婚活パーティーに参加してみるのもおすすめです。 マッチングアプリもおすすめ 合コンに参加しても必ず警察官の男子に出会えるとは限らず、出会っても自分の好みでなかった場合は、相手探しが振り出しに戻ります。 「もっと効率よく相手探しがしたい」という人は マッチングアプリを活用しましょう。 恋活サイトやマッチングアプリは、 登録者数が多いので、警察官に出会える確率も高くなります。 職業などの条件が絞り込める上に、 メッセージのやり取りがメインになるので、段階的に相手との仲が深まっていきます。 合コンのように同性同士の熾烈なバトルが繰り広げられることもなく、家にいながら憧れの警察官と交流できるのもメリットでしょう。 彼女として気を付けておくべき点は? 警察官の彼氏と長続きするには、彼の仕事を理解し、サポートする姿勢が大切です。 また、職業柄、一般民間人には理解しがたいルールが存在することも覚えておきましょう。 正義感をもってルールを守れる女子に 警察官は世の中の犯罪やルール違反者を取り締まるのが仕事です。 プライベートにおいても 真面目で正義感がある人が多く、たとえ友人や彼女であっても不正やルール違反をする人を見過ごさないでしょう。 また、警察社会は 協調性と上下関係を重視する社会なので、自分勝手で相手を尊重しない態度は嫌われる可能性があります。 警察官の彼女になるなら、挨拶をしっかりする、感謝の言葉をきちんと伝える、人との協調性やつながりを大事にするなど、コミュニティにおける基本を大切にし、 ルールを守れる人を目指しましょう。 寂しいアピールは彼の重荷に 勤務が不規則でなかなか会えず、連絡もマメにできない警察官の彼氏に対し、 「寂しい!」「もっと構って…」「こまめに連絡して」のアピールをするのは彼の重荷になります。 せっかくの旅行やデートがドタキャンになることも日常茶飯事なので、それについて彼を責め立てるのも控えましょう。 警察官の彼女は彼がよい仕事ができるように陰でサポートするのが理想で、時には 「自分を1番に考えて欲しい」という願望を抑える必要があります。 警察官は厳しい試験と訓練を積んでこそなれる職業です。 彼の仕事に対する誇りや意欲を削ぐようなことはしたくないものです。 結婚の際には身辺調査が入る 警察官という職業柄、結婚の際には、 付き合っている相手の身辺調査が行われます。 本人はもちろん、家族や親戚に犯罪歴を持つ人はいないか、特定宗教の信者および特定反体制政党がいないかなどが細かく調査されます。 調査の範囲がどの程度に及ぶかは非公開ですが、 結果によっては、結婚がNGになることも少なくないようです。 もし、本気で警察官との結婚を考えているなら、お付き合いをする段階で二人の結婚を阻む障害がないかを調べておくとよいでしょう。 まとめ 警察官は、男らしく、正義感に溢れた魅力ある職業です。 「彼氏が警察官だったらいいな」と憧れを抱く女子も多いですが、一般民間人と付き合う以上に大変な部分もあります。 メリットやデメリットを理解し、納得した上でお付き合いをはじめましょう。

次の

警察官と合コンってどう思う?

警察官と合コン

警察官と結婚することはそこまで難しくありません。 ただ少しだけ特殊なこともありますので、その辺りについて解説しますね。 警察官と結婚を考えている方、将来警察官と結婚したいと考えている方は意外と多いのではないでしょうか。 警察官という職業は 「正義感がある」「真面目」「かっこいい」というプラスなイメージも強く、公務員ということもあって結婚したい職業ランキングでもよく上位に入っています。 それに警察官との結婚という話題については、TwitterのDMでもよく質問を頂きます。 警察官とはどこで出会える?• 警察官と結婚するのはハードルが高い?• 身辺調査ってなに? ご存知の方も多いかもしれませんが、警察官と結婚するということは普通の会社員と結婚するのとは少しだけワケが違います。 私も警察官になってから結婚しましたが、そのときは 色々と面倒な手順があり少し苦労しましたし、妻や妻の両親もそれには驚いていました。 では、実際に 警察官と結婚するということはどういうことなのか。 この記事では「 警察官との結婚」をテーマに様々な角度から解説していきます。 私自身も警察官だったときに結婚していますので、リアルな経験談も交えてみなさんの疑問を解消します。 警察官のプライベートについては下記の記事をご覧ください。 警察官と出会うには?• 合コン・街コン 最も警察官と出会える可能性が高いのはズバり合コンや街コンです。 私の周りでも5割くらいの人が結婚相手とは合コンや街コンで出会ったと言っていました。 ぶっちゃけて言うと、私も現在の妻とは合コンで知り合いました• 婚活パーティー 参加男性がすべて警察官という婚活パーティーが存在します。 ここで出会って結婚する警察官も多かったです このような婚活パーティーは表向きに募集があるわけではなく、ある程度の人脈が必要になりますが、こういった場所に参加できれば警察官との出会いはグッと高まります• 相席居酒屋・ナンパ 結婚まで関係が続くかは別として、若い警察官はよく繁華街に遊びに行きますので、相席居酒屋やナンパといった形で出会えることもよくあります 上記以外にもちろん学生時代から交際していたという人たちもいましたが、 「警察官になってから相手と出会った」という人も多かったです。 先ほども言った通り、警察官もプライベートでは普通の人間ですので、彼女や彼氏が欲しいと思うのは当然で、常に出会いを求めています。 出会いというのは巡り合わせもあるので思い通りにはいきませんが、 「警察官と出会いたい」と思っている人は自分自身も積極的に出会いを求めて行動した方がいいでしょう。 警察官の結婚相手は条件がある? 警察官は特殊な職業ですので、誰とでも結婚できるわけではありません。 少なからず結婚相手になるには条件があります。 まず大前提として、 外国人との結婚はほぼ認められていません。 警察官という仕事は国の機密情報を扱うこともあり、家族にでも仕事の話をすることができないこともあるので、情報の管理にはとても厳しいです。 決して外国人の方を差別しているわけではありませんが、警察の情報が海外に流出しては非常に困るので、外国人との結婚はほぼ認められていません。 ちなみに「ほぼ」と書いたのは「絶対」ではないからです。 私の8年間の警察人生の中で、1人だけ外国人の女性と結婚した同僚がいました。 詳しい事情についてはわかりませんが、可能性が0ではないということです。 ただし、限りなく0に近いことは覚えておいてください。 (基本的には認められない) 出世は望めなくなる… 当時、外国人女性と結婚した同僚は「クビにはならないけどこれ以上の出世は望めない」と言われていました それは警察の幹部になればなるほど取り扱う情報の重要度は増すため、さらに情報の管理については厳しくなるためです では、 日本人なら問題なく誰でも結婚できるのか?ということですが、実はそうでもありません。 これについては次の項目で詳しく解説していきます。 また余談ですが、警察官は 「結婚前の同棲」があまり良く思われません。 上司に「彼女と同棲したいのですが…」と相談すると、場合によっては許可が下りないこともあります。 警察官は 「同棲するのは結婚してから」という考えが根強く、結婚前の同棲は堂々とすることができません。 その理由としてはやはり 情報の流出が懸念されるからです。 警察官は基本的に仕事上で得た情報を自宅に持ち帰ることはありませんが、それでもときには資料などを持ち帰ることがあります。 そのとき交際者と同棲していれば、一般人に情報が流出することになってしまう恐れがあるのです。 もしかしたら、警察官と交際している人で 「同棲できない」と言われて疑問に思っている人もいるかもしれませんが、色々と事情があって同棲は良く思われないことを知っておいてください。 結婚相手の身辺調査• 反社会的勢力の関係者ではないか 当然のことですが、警察官と結婚する人が反社会的勢力の関係者ではいけません。 普通の人であればまったく関係ないことですが、反社会的勢力の関係者であれば警察官と結婚することはできません• 左翼思想の人間ではないか 警察は愛国心を大事にする組織ですので、革新派である左翼(左派)とは敵対関係にあります。 よって、左翼思想であったり、共産党関係者とは結婚できません• その他問題のある人間ではないか 結婚相手に前科前歴がないか、警察にマークされている人間ではないかなども調査の対象となります これらの身辺調査についてはどこまで調べられるのかは厳密にわかりません。 結婚相手の個人情報を上司に報告し、さらにそこから幹部へと報告が上がるので、身辺調査の詳細についてはごく一部の幹部でしかわかりません。 また結婚相手だけでなく、結婚相手の家族についても個人情報は上司に報告しますので、家族も調査の対象となっている可能性はあります。 「これくらいの調査がありますよ」っていうことくらいしかわかりませんし、真相は警察の幹部を経験した人にしかわからないことです。 ただよっぽどのことがなければ身辺調査で引っかかることはないと思いますので、必要以上に気にする必要はありません。 上司からは「家族の情報も報告して」と言われたので、私は妻の実家に赴き 「個人情報を報告しなければいけないので教えて欲しい」ということを妻の家族にお願いしました。 妻の両親からは「そんなことまで必要なの?」と少し驚かれましたが、丁寧に事情を説明して理解を得ました。 そして後日、上司から結婚しても問題ないという回答をもらったので、晴れて結婚することに至りました。 つまり 妻及び妻の家族は身辺調査でも問題がなかったのだと思います。 余談ですが、 「警察官と付き合っているけど個人情報を聞かれたことがない」という場合は少し疑った方がいいかもしれません。 私が働いていた県警では交際者については絶対に報告しなければいけないことだったので、真剣な付き合いをしていれば上司に報告が必要になるはずです。 (あまり相手を疑いすぎないように注意。 笑) 警察官と結婚するメリット&デメリット 警察官と結婚するメリットとデメリットについて紹介します。 警察官は特殊な職業ですので、普通の会社員と結婚するのとは少しワケが違います。 警察官と結婚するメリット• 収入が安定している 警察官は公務員ですので、不祥事を起こさない限りクビになることはありません。 さらに一般的な公務員に比べると危険手当や特殊手当などの手当てが充実しているため、収入が安定しています 生活に困ることはよっぽどありません• 周りに誇れる職業 警察官は結婚相手にしたい職業としても人気ですし、子どもが憧れる職業でもありますので、周りに誇れる立派な職業です 夫や妻が公務員というのは1つのステータスでもあります• 不況にも強い 警察官は不況になったからと言って給料が下がることはほとんどありません。 また社会に絶対必要な仕事ですので、不況だからと言って休業になることもありません 「警察官の給料なんて大したことないんじゃ…」 と思う方もいるかもしれませんが、中小企業で働いていた私からすると警察官の給料はとても良かったです。 生活にはまったく困りませんし、公務員の中でも給与水準は高いのでそれなりの生活ができます。 続いてデメリットについて紹介します。 警察官と結婚するデメリット• 長時間の残業や休日出勤がある 警察官の仕事はいつなにが起きるかわかりませんので、長時間の残業や休日出勤もたくさんあります。 旅行の予定が潰れてしまうことも覚悟しなければいけません• 不規則な勤務が続く 警察官は3交代勤務を代表するように不規則な勤務が続きます。 早朝に出勤することや夜中に帰宅することも多々あるので、それに合わせていかなければいけません• 突然の呼び出しがある 大事件や災害などが発生した場合、警察官は休日でもすぐに出勤しなければいけないときがあります。 例え子どもとどこかに出かけているときでも仕事優先になります やはり 不規則な勤務で休日出勤も多々あるということが家族としてはデメリットになるかもしれませんし、警察官と結婚するならば覚悟しなければいけないことです。 プライベートが犠牲になることは夫婦喧嘩の原因にもなってしまうことですし、しっかり理解しなければいけません。 警察官は激務ですので、家族の支えが必須となります。 まとめ 警察官との出会いについては、警察官も出会いを求めて行動していますので、警察官と出会いたいと思っているならば自らも積極的に行動しておく必要があると言えます。 また、警察官との結婚は色々な条件や流れがあるので、結婚相手になる人はしっかり理解しておかなければいけません。 普通の会社員と結婚することとは少し異なるので、メリットやデメリットについても覚悟が必要です。 最後に余談ですが、警察官の結婚式はとてもハチャメチャになることもしばしあります。 結婚式ではここぞとばかりに暴れまわる同僚がいますので、きっと記憶に残る結婚式になると思いますよ(笑) 今回は警察官との結婚について書きました。 警察官は特殊な職業であり、特殊な世界でもあります。 それだけに警察官と結婚するならば色々と覚悟は必要ですし、理解もしなければいけません。 実際に 「警察官なんて理解できない!」と相手に言われて破局や離婚する方もたくさん見てきました。 しかし、警察官という職業は家族にとって自慢のできる存在です。 誰にでもできる仕事ではありません。 ときには命の危険があっても体を張らなければいけない使命感の高い仕事です。 警察官と結婚する方、警察官との結婚を考えている方はぜひ支えてあげてください。

次の