青森 県 コロナ 感染 者 数。 新型コロナウイルス感染速報

青森県が新型コロナ感染者数を隠蔽?公表しない理由とは?

青森 県 コロナ 感染 者 数

Contents• 岩手県のコロナウイルス感染者 4月13日現在、岩手県の感染者数は0人。 全国に感染が拡大する中、岩手県だけ0人というのは疑問があります。 コロナウイルスの感染者のうち70%以上が無症状ということもあり、 感染を自覚していないだけなのかもしれません。 岩手県のPCR検査の実施数 岩手県のホームページを閲覧してみると、PCR検査の実施数が書いてありました。 4月12日で 155件の検査を実施し全て陰性だったとのこと。 それでは隣の青森県の実施数を見てみましょう。 青森は検査の実施数378件。 青森県の人口124万人と岩手県122万人には差はほとんどありません。 東京都の1390万人に比べるとどちらも10分の1程度ではありますが、人口比率からしてもコロナウイルスの感染者の割合は凄く少ないのが分かります。 岩手県のコロナウイルス対策 岩手県では感染者を一人も出さないような取り組みが行われているのかと調べてみましたが、特にありません。 (バカにしているワケではありませんw) 県内では小学校や中学校が再開しています。 ただ、医療関係者は「いつ患者が出てもおかしくない」と意識を高めているようです。 「他地域への往来は控えていただくようお願いします」。 首都圏など7都府県に緊急事態宣言が出た7日、達増拓也・岩手県知事はコメントを出した。 感染を防ごうと、それ以前から首都圏からの来県者だけでなく、首都圏に1泊した県民に対しても2週間の外出自粛を要請してきた。 引用 感染者を出さない為にロックダウンならぬロックアップ?とでも言えば良いのでしょうか? まずは 他県から岩手県へ感染者を入れないように細かな対応を行っているようです。 岩手県で感染が拡大した場合 岩手県では重症患者が出た場合の対応できる病院が盛岡市立病院などあわせて9つの病院で、ベッド数は38しかありません。 万が一流行してしまえば、すぐに対応出来なくなってしまいます。 この危機感からも「絶対に感染者を出さない」という意識が高まっているのかもしれません。 全国的に感染者を流入させないことが終息への近道 日本も海外からの入国者に対して、2週間の外出の自粛を要請しています。 この取り組みを上手く実施しているのが岩手県でしょう。 感染が拡大している今、感染が判明した地域からの流入を防ぐことが肝心です。 県境に住んでいて、隣県へ仕事で行く方もいると思いますが、感染が判明した地域は地区規模で緊急事態宣言を出して拡大させない取り組みを行うことが出来れば、結果的に経済的な損失も少なくなるのではと考えます。 岩手県.

次の

医療崩壊の危機は 新型コロナ対応のベッド数・入院患者数データ|特設サイト 新型コロナウイルス|NHK NEWS WEB

青森 県 コロナ 感染 者 数

スポンサーリンク 新型コロナウイルスへの感染が確認された青森県の70代男性は誰?どこに住んでいる?住所は? 青森県で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認され70代が夫婦が住んでいるのは、八戸市と発表されています。 詳しい住所については、公表されていません。 新型コロナウイルスへの感染が確認された青森県八戸市の70代男性の職業は、会社経営者 新型コロナウイルスへの感染が確認された青森県八戸市の70代男性は、会社経営者と発表されています。 なお、青森県八戸市の70代男性の職場の場所や住所は一切、公表されていません。 新型コロナウイルスへの感染が確認された青森県八戸市の70代夫婦の感染経路は?行動歴は?症状は? 青森県八戸市の70代男性は3月9日〜15日までスペインへ旅行に行っていました。 詳しい症状や経緯、行動履歴については、下記の通りです。 70代男性の妻の症状・経緯、行動履歴は下記の通りです。 70代妻の行動歴については、外出時にマスクを着用していたことは分かっているようですが、詳しいことは確認中となっています。 【症状・経緯】 3月18日(水) 咽頭痛あり 3月19日(木) 熱(36. 日本に帰国後、濃厚接触者である70代妻に感染したということでしょう。 スペイン旅行には、感染が確認された70代会社経営者の男性以外にも9名が同行していたようで、他の9名の方の感染も心配です。 スペインでは、新型コロナウイルスの感染が拡大していて、スペインから帰国した沖縄の10代女子学生などの新型肺炎感染が確認されています。 スペインでの新型コロナウイルス感染者数は1万9980人で、 死者は1002人です(3月20日現在)。 日本政府は3月19日にマドリードを入国制限対象地域に指定、 全員に検査を実施していました。 スペイン旅行に行き、新型コロナウイルスへの感染が確認された青森県八戸市の70代夫婦の濃厚接触者は? 新型コロナウイルスへの感染が確認された青森県八戸市の70代夫婦の濃厚接触者については、現在のところ調査中です。 スポンサーリンク スペイン旅行に行き、新型コロナウイルスへの感染が確認された青森県八戸市の70代会社経営者と同行の4人の感染確認 (2020年3月25日追記) 青森県八戸市に住む60代の男女2人と、70代の女性2人の合わせて4人が新型コロナウイルスに感染していることが、新たに確認されました。 この4人は、感染が確認された青森県八戸市の70代会社経営者とともに、3月9日から15日にかけてスペインを旅行していました。 スペイン旅行に行き、新型コロナウイルスへの感染が確認された青森県八戸市の70代夫婦に対するネットの反応 新型コロナウイルスへの感染が確認された青森県八戸市の70代夫婦に対するネットの反応は下記の通りです。 青森県のコロナの人って旅行いってたの… あほか? この大変な時期だからって子供でも家にいるっていうのに… — おひさま RngyAOb4rGNgtxJ ありえないね 3月にスペインツアー行ってきて、普通の病院受診するなんて ありえない 常識ないの?テレビないの? 青森県コロナ — ぱぴこ I0Yf8sUGn21fYjB やばい、 青森県八戸市 新型コロナウイルス感染者出た… 真下だから近い😭😭😭 しかも新幹線で乗って帰って来ているから、うちのとこ通ってるやん。 もう勘弁してくれ、、、 — matsukana hidetolove0614 まとめ この時期に70代の方がスペインに旅行に行くのは非常に危険でしょう。 高齢の方は、新型肺炎の重症化が懸念されています。 また、スペインから帰国後に新幹線などの公共交通機関を利用しているので、感染が広がっている可能性があります。

次の

岩手県でコロナウイルス初感染者判明!?PCR検査の実行数と特別措置は?ー岩手県|チエタビ

青森 県 コロナ 感染 者 数

Contents• そして青森県は、北海道から最も近くにあり、青函トンネルで繋がっている県です。 北海道からの流入も多く、感染が広まってもおかしくない状況にあります。 Twitterでも以下のようなコメントが見つかりました。 県民が疑うのも無理はないのかもしれませんね。 また、 以下のようなコメントを見つかりました。 おいおい、八戸の市民病院にコロナ怪しい患者3人いるらしいぞ。 前に1人って聞いてたけど、しっかり増えてるな。 真偽の程はわからんが、本当だとしたら隠蔽青森、本当クソ森だな。 情けねぇ ここまでくると、きちんと公表している都道府県の方が好感持てるな。 八戸の市民病院に勤めている職員や、この病院に入院している患者などから情報が発信されれば、すぐに県民に知れ渡ってしまいます。 こちらのコメント主は口伝で聞いたのかもしれませんし、一般市民の情報なので、どこまで信憑性があるかは疑問です。 しかしこういったコメントがSNS上に投稿された事実は、同じように思っている県民がたくさんいることの証明でもあります。 いろんな状況から考えて、県民は青森県が新型コロナの感染者を隠蔽してるのではないかと疑ってしまうんですね。 もしそうだとしたら、事情を知っているのは、県知事クラスの政治家や、コロナの患者を受け入れている医療関係者くらいのものでしょう。 そういった点を踏まえて以下をお読みください。 やはり一番の理由は、以下のコメントにもあるように、青森県全体の経済力が衰退しないようにするためだと思われます。 質の良い温泉もたくさんあるので、県外からの観光客は、青森県の観光産業を支える大きな柱になっています。 ところが、青森県から感染者が出たとなると、観光客は激減してしまいます。 観光業界だけではなく、生産業や運輸業、サービス業など、人と人が接触するような業界が全体的に萎縮してしまいます。 そのような点を苦慮して、青森県からはまだ感染者が出ていないとパフォーマンスしているかもしれないんですね。 でも違った角度から見ると、隠蔽ではない可能性も高いのです。 どういうことでしょう? 日本の政府は、少々の体調不良の場合は自宅療養するようにと国民に伝えました。 多くの日本国民はそれを守ったため、病院が患者で溢れかえることもありませんでした。 もし、政府から自宅療養するようにとの知らせが無ければ、自分自身や家族を心配した人たちが、こぞって病院を訪れたことでしょう。 すると、人が密集することになり、新型コロナの感染者が急激に増えた可能性もあるのです。 まさにイタリアがそうでした。 そのような事態を防ぐために、検査数を一定ラインで制限し、多くの人が医療機関に押しかけないようにコントロールしたとも考えられるのです。 今の日本に必要なのは、これ以上新型コロナの感染者数を増やさないことです。 一人一人が反省しないように注意して、一刻も早くこの脅威が去るように協力していきたいですね。

次の