ドコモ光 無線。 ドコモ光電話向けサービス

フレッツ光からドコモ光に転用したらルーターはどうする?交換必要なケースは…|ドコモ光乗り換えガイド

ドコモ光 無線

スマホやタブレットでもインターネットをしたいのでWi-Fiルーターが必要なんだよね• ドコモ光ぷららが提供しているWi-Fiルーターの機種・型番が知りたいんだよなぁ• ぷららからドコモ光を申し込むと、高性能なWi-Fiルーターが無料で利用できるって本当なの? このような考えを持っている人に役立つ情報を用意しました。 ドコモ光ぷららでは、Wi-Fiルーターのレンタルサービスを行っています。 なので、ドコモ光回線をスマホやタブレットなどのモバイル端末でも利用できて便利ですよ。 現在提供しているWi-Fiルーターは、次世代通信IPv6 IPoEに対応したNEC製の高性能Wi-Fiルーター【 Aterm WG1200HS3】です。 こちらのWi-Fiルーターは、ぷららのドコモ光キャンペーンサイトから申し込むと、 契約期間中ずーっとレンタル料金が無料になる特典付きです! ぷららのWi-Fiルーター無料レンタル ドコモ光ぷららが提供しているWi-Fiルーターは【 NEC Aterm WG1200HS3】です。 NEC Aterm WG1200HS3は、次世代インターネット接続方式 IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6に対応している高性能Wi-Fiルーターなので、ネットワーク上がインターネット利用者で混雑している時間帯であっても快適に接続したい人に人気のあるタイプですよ! しかも、ドコモ光ぷららからの申し込みであれば、 契約期間中ずーっと無料で利用できるのでお得すぎます! 【NEC Aterm WG1200HS3】の特徴・性能 ぷららのWi-Fiルーターレンタルでは、 NEC Aterm WG1200HS3が提供されます。 次世代インターネット接続方式のIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6に対応している高性能Wi-Fiルーターです。 ぷららのIPv6サービス 「ぷららv6エクスプレス」でも利用可能です。 NEC Aterm WG1200HS3とは NEC製のWi-Fiルーター「Aterm WG1200HS3」は、高速Wi-Fi規格の「11ac」に対応した最大伝送速度867MbpsのWi-Fiルーターです。 NEC Aterm WG1200HS3 5GHz帯接続時では 最大867Mbps、2. 4GHz帯接続時では最大300Mbpsの高速通信が可能です。 ぷららが提供している次世代インターネット接続方式の 「ぷららv6エクスプレス」にも対応しているので、より快適かつ高速なインターネット接続が可能になります。 特定の通信相手に的を絞って電波を送るビームフォーミング技術に対応しているので、よりつながりやすく実効速度もアップしますよ。 また、 NECの独自技術「ハイパワーシステム」により、無線性能が向上しています。 Wi-Fi電波の送信可能な範囲が広がるので、より快適で高速な通信環境を実現します! NEC Aterm WG1200HS3の特徴 Aterm WG1200HS3には、快適なインターネット接続をサポートする様々な機能が搭載されていますよ。 高速Wi-Fi規格対応(11acは5GHz帯で最大867Mbps、11nは2. 4GHz帯で最大300Mbps)• NEC独自技術ハイパワーシステム搭載(Wi-Fi電波の送信エリア拡大による高速化を実現)• IPv4 over IPv6対応(IPv4対応Webサイト・IPv6対応WebサイトのどちらでもIPv6 IPoEによる高速で快適なインターネット通信が可能)• ビームフォーミング技術(受信端末の位置で電波が重なり合うように調整することで安定した通信品質とノイズなどによる速度低下を防ぐ)• 11ac 伝送速度 5GHz帯 最大867Mbps IEEE802. 11n 伝送速度 5GHz帯・2. 4GHz帯 最大300Mbps IEEE802. 11a 伝送速度 5GHz帯 最大54Mbps IEEE802. 11g 伝送速度 2. 4GHz帯 最大54Mbps IEEE802. 11b 伝送速度 2. 4GHz帯 最大11Mbps アンテナ 2. 11ac、IEEE802. 5W 最大 主な機能一覧• IEEE802. 11ac(5GHz)• IEEE802. 11n(5GHz)• IEEE802. 11n(2. 4GHz)• IEEE802. 11a(5GHz)• IEEE802. 11g• IEEE802. 11b• 4GHz)同時利用• WPA2-PSK(AES)• WEP(128bit)• MACアドレスフィルタリング• ESS-IDステルス機能• マルチSSID• ネットワーク分離機能(SSID内分離含む)• らくらく無線スタート機能• らくらくQRスタート 2機能• WPS(Wi-Fi Protected Setup)対応• 強制ブリッジ(BR)モード• Wi-Fi中継機能• MU-MIMO• ビームフォーミング• オートチャネルセレクト• Aterm スマートリモコン• 見えて安心ネット• こども安心ネットタイマー• Wi-Fi設定引越し機能 ぷららのドコモ光キャンペーン特典〈Wi-Fiルーター無料レンタル〉の機種とスペックまとめ ドコモ光ぷららでは、光回線をスマホやタブレットでも使いたい人にとって嬉しい、Wi-Fiルーターのレンタルサービスを行っています。 スマホやタブレットでネットがしたいけれど、Wi-Fiルーターを自前で用意したり月額料金を払うのには抵抗があるなぁという人は、ドコモ光ぷららでレンタル料金無料のWi-Fiルーターを利用してみましょう!.

次の

ドコモ光|OCN for ドコモ光|NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

ドコモ光 無線

ドコモ光に限らず、インターネットを利用していると、 それまで普通に利用することができていた通信が頻繁に途切れてしまったりすることがあります。 通常、そんなに頻繁に起こることではないですが、それでも急にそんな事態に遭遇すると、対処方法に困ってしまうのではないでしょうか。 私はドコモ光を利用しているときにそんな極端な通信トラブルに直面したことはありませんが、それ以前のOCN光を利用していた時に何度も通信が途切れるという症状に悩まされたことがあります。 これからドコモ光を利用しようと考えている人はもちろん、既に利用中の人まで、様々な可能性がある中から原因を切り分けし、ドコモ光が途切れる、つながらないなどの問題に対処するための方法を確認しておこうと思います。 関連記事:「」 目次• ドコモ光で通信が切れる原因を切り分ける まず、明らかに通信が頻繁に途切れると感じられる場合には、その原因をある程度切り分けていく必要があります。 「そんな面倒なことはしたくない、ドコモショップに駆け込んだ方が早い」、「インフォメーションセンターに電話すればいい」と考えている人も多いと思いかもしれませんが、結局そうしたところで細かい状況の確認は入りますし、それがされていなければ「まずはそこから確認してほしい」と言われて再来店を促される流れになるのは目に見えているので、まずは 二度手間を防ぐためにも自分である程度の可能性をつぶしておくことが先決です。 その上でドコモショップなりインフォメーションセンターなりに相談をすれば、話の進み方もまるで違います。 ということで、まずドコモ光の通信が途切れてしまう原因として考えられるケースを想定してみて、切り分けていこうと思います。 1.Wi-Fi規格の問題による家電製品との電波干渉ではないか 2.スマホ側の設定や故障ではないか 3.Wi-FiルーターやONUの故障ではないか 4.自宅外・WAN側の故障ではないか 電波の問題や身近な通信機器の設定から故障と疑っていき、それでも違うのであればさらに進めてWi-FiルーターやONU、ホームゲートウェイなどの故障の可能性、そして最終的にはドコモ光のWANまたは根本的なシステム障害の可能性まで考えていきます。 1.Wi-Fi通信規格の問題による電波干渉で通信が切れる・つながらない 無線LANにおけるWi-Fi規格にはいくつかの種類があり、そのうち 2. 4GHz帯を利用するケースで、 電子レンジなどの家電製品と電波の干渉が起こってしまい、Wi-Fiの接続が不安定になり切断してしまったり繋がらなくなったりすることがあります。 自宅の構造によっては高確率で起こる現象でもあるので、まずは真っ先に疑ってみる必要がある項目と言えます。 実際にこの点を改善するだけで通信が安定するようになった、というケースも少なくありません。 この問題を抱えている場合には、機器の故障ではないのでドコモ光から他の光に仮に変えたとしても、結果はまったく同じです。 わざわざ工事のやり直しをして工事料金や手数料を払ってまで別の光に変えても何も変わらないので、非常にもったいないです。 そんなことにならないように、初めに確認するようにしましょう。 この問題は別記事「」にて確認していますので、そちらも参考にされてください。 2.スマホ側の設定や故障で通信が切れる ドコモ光でのWi-Fiの通信が切れてしまう原因として、親機ではなく子機側、つまりスマートフォンやiPhone、パソコンなどの方に原因がある場合があります。 このケースは、家族でWi-Fiを利用している場合には最も原因に気が付きやすいと思われます。 何故なら他の家族はまったく問題なくWi-Fiを利用できているのに、 自分だけが通信が不安定に感じたり切断されてしまったりするからです。 逆に気づきにくいのは、一人暮らしのケースです。 他にWi-Fiで利用している端末を所有していないと、スマホ側に問題があるのかルーター側にあるのかの切り分けができないためです。 もし、別にタブレットやパソコン、過去に使っていたスマホでもいいのでWi-Fi接続できる機器を所有しているのであれば、そちらで試してみてどうかを確認することで、ある程度原因を絞ることができます。 他の機器では問題ないのに、特定の機器だけで通信が切れてしまうのであれば、やはり機器側の問題である可能性が高いといえます。 他にも、端末側に原因がある可能性が高いと思えるのであれば、自宅ではない別のWi-Fi環境で利用してみてどうかを確認したりすることも有効です。 例えばドコモショップに故障として相談にいけば、ショップのWi-Fi環境でも試してくれるでしょうし、自分でdocomo Wi-Fiを利用してみて切り分けることも可能です。 スマートフォンのWi-Fi機能の故障は実際に比較的起こりやすいようなので、自宅のWi-Fiルーターの故障と考えるよりも先に疑ってみてもいいかもしれません。 3.ONUやWi-Fiルーター、ホームゲートウェイの故障で通信が途切れる・繋がらない 24時間365日稼働しているONUやWi-Fiルーター、ホームゲートウェイですので、どうしても故障が発生することもあります。 この切り分けは、スマホ端末側の故障を切り分けるときと同様、複数のWi-Fi端末を所有していると簡単に実施することができます。 例えば、家族全員のスマホでWi-Fiが頻繁に途切れたり繋がらないということであれば、これはほぼ間違いなくWi-Fiルーターの不調ではないかと考えられます。 複数端末を所有していないと、スマホ側が悪いのか、Wi-Fiルーター側が悪いのか判断がつかないので、先にスマホを点検を兼ねた修理に出してみて原因をつぶしてみるのも一つの方法です。 スマホに異常がなければ、あとはWi-Fiルーター側の問題の可能性が非常に高くなるからです。 このケースでは、一体型のホームゲートウェイを利用している場合にはいいのですが、ONUとWi-Fiルーターが分かれている場合にはさらにONUが原因なのか、Wi-Fiルーターが原因なのかを切り分ける必要があります。 ここで切り分けに役立つ方法としては、Wi-Fiルーターを介さず、LANケーブルで直接ONUと接続した場合にはどうか試してみるという方法です。 この場合スマホやタブレットでは無理なので、パソコンが必要になりますが、パソコンでLANケーブルで直接つないでインターネットを利用し、接続が切れることがない、ということであれば、電波の干渉かWi-Fiルーターの問題と推測できます。 パソコンがないとこの確認はできないので、Wi-Fiルーターを買い替えてみるか、誰かに別のWi-Fiルーターを借りたりすることができれば切り分けはできますが、個人的な経験上、ONUよりはWi-Fiルーター側に問題があるケースが多いような気はします。 以前私が直面した Wi-Fiが頻繁に切断する症状は、おそらくこの Wi-Fiルーターに問題があると思われる症状でした。 通信がいきなり切れてWi-FiからLTEにいつの間にか切り替わっている、というもので、Wi-Fiルーターの電源を落とし、再起動させることで症状が改善していました。 複数のWi-Fi対応機器で同じ症状が出ましたので、個別のスマホ端末などの故障とは考えにくいものでした。 気にはなっていましたが、電源断再起動により改善はしていたので、長く放置していたのですが、今思えばWi-Fiルーターに問題があったのはほぼ間違いないと思えます。 私のケースのように、稀に起こる、という程度であり、Wi-Fiルーターの電源断再起動で症状改善するのであれば、そのまま様子を見てもいいかもしれませんが、あまりひどい場合にはWi-Fiルーターの買い替えを検討しましょう。 4.自宅外のWAN環境・ドコモ光のシステム障害で通信が切れる 最後に、以上のどのケースでも問題ない、という結論が出た場合に考えられるのが、家を飛び出した外の環境、つまりWAN側の通信網、またはドコモ光のシステム上に問題があるケースです。 このケースの特徴としては、継続的に問題があり続ける、ということはあまり考えにくく、どちらかというと突発的な障害で通信にエラーが出るようなケースがほとんどではないかと思われます。 そのため、時間が経てば復旧作業が行われて改善することがほとんどです。 ドコモ光に限らず、固定のインターネットサービスについてはあくまでベストエフォート型のサービスであり、場所や環境によってかなり通信環境は左右されます。 とはいえある程度の安定性は担保されているはずなので、あまりないとは思いますが、どう考えてもおかしい、という場合にはドコモとの要相談という形になるかもしれません。 ここまでくるとドコモショップ、またはドコモインフォメーションセンターへの相談が必要です。 ドコモ インフォメーションセンターへの問い合わせ方法 ドコモ光の故障の場合の問合せ窓口は、当初ドコモインフォメーションセンターのみでしたが、2018年3月12日より、トライアルとしてLINEでの故障問合せ受付が実施されています。 電話する時間がなかなかとれないとか、ちょっとした疑問なので電話するほどではない、という場合にはとりあえずこちらを利用してみましょう。 LINEでのドコモ光故障問合せ LINEを利用したドコモ光の故障問合せでは、故障窓口である113センターに電話ではなくLINEで問い合わせることができます。 受付は土日祝日と年末年始を除く平日のみで、午前9時から午後5時までの受付となっています。 あくまでドコモ光の故障についての問合せ窓口なので、スマートフォンや携帯の故障についてなどは受付してもらえませんので注意しましょう。 その問合せ方法としては、まずは「ドコモ故障サポート」をLINEでともだち追加する必要があります。 ともだち追加の方法としては、下記ドコモ公式サイトにスマートフォンでアクセスをし、「友だち追加」のボタンを押してください。 友だち追加ができたら、後はドコモ光の故障について問い合わせればOKです。 サポート範囲はドコモ光および光オプションサービスについての故障やトラブル、とされています。 回答に時間がかかることもあるため、質問を投げたら後は気長に返答を待ちましょう。 最終的に修理受付になる場合は、電話での手続きが必要となります。 電話でのドコモ光故障問合せ ここまでの内容で、ある程度の通信のトラブルは解消する可能性が高いと思われますが、それでもなお、ドコモ光の通信状態に改善が見られない、やはり故障では、という場合には、ドコモインフォメーションセンターへ問い合わせするしかありません。 その大まかな流れをお伝えしておこうと思います。 ドコモ インフォメーションセンターは、ドコモを契約中の場合にはドコモケータイから「151」でかけることができ、固定電話などからは「0120-800-000」でかけることができますが、故障の場合には専用窓口としてドコモケータイから「113」でかけることができますので、そちらを優先しましょう。 始めにガイダンスが流れますので、番号を選択していきます。 113センターの場合、ドコモの故障とNTTの故障のどちらなのかを最初に聞いてきますので、該当の番号を選びます。 判断が難しい場合はとりあえずで選べば問題ありません。 151センターに電話をすると、こちらは総合窓口なので様々な要件の中からドコモ光を選ぶ必要があります。 「7番」を選択することで「 ドコモ光の手続き、問い合わせ、接続、設定」に入ります。 続けて、4つの番号の中から選択します。 1番:ドコモ光引っ越し・ネットトータルサポート契約・新規申し込み・解約・サービスに関する問い合わせ 2番:工事 3番:設定・接続 4番:故障 ここでは4番の「故障」を選びましょう。 相談することで症状が改善できるかどうかはわかりませんが、できる限り詳細に情報を伝えてみましょう。 スマホのトラブル以上に光回線のトラブルは原因の切り分けが難しいため、相手に任せきりになるのではなく、自分でもどういう状況でどういうトラブルなのか、具体的に情報を集めて共有するようにしてみましょう。

次の

ドコモ光電話向けサービス

ドコモ光 無線

ドコモ光を利用しており、以下の機器をレンタルしています。 ・無線LANルータ:GE-ONU(PR-400NE) ・無線LANカード:SC-40NE 最近、室内wi-fiの調子がイマイチの為、カスタマーセンターに相談しました。 色々、やりとりをした結果、我が家の状況ですとレンタル機器の故障はなさそうです。 考えられるのは「無線LANカード(SC-40NE)」が、AC対応してないからかも・・・とのことでした。 なので、AC対応の機器を購入して調子が良ければ、カードレンタルを解約した方が良いと思いますよ。 とのことでした。 そこで、無線LANカードに代わるものの購入を検討しているのですが、それは何という名称の機器になるのでしょうか? 初歩的過ぎてお恥ずかしいのですが、「無線LAN親機」or「無線LAN中継機」or「無線LANアクセスポイント」? どれがカードの代わりの機器なんでしょうか? そして、おすすめメーカーや機種も教えて頂けますと幸いです。 ちなみにオフィス街にあるマンションの1室ですので、1~3Fまで電波が届きますというようなものでなくて結構です。 詳しい方、どうぞ宜しくお願い致します。 ACとは無線方式の802. 11acのことでしょうか? その場合、無線接続されている機器がacのみにしか対応していのでしたら通信が出来ませんが、一般にWiFi対応の機器は複数の無線方式に対応しています。 ですのでルーター側がacに対応していないことが即無線接続出来ない状態になるようなことはありません。 ましてやそのことが原因で通信が不安定になるということはありません。 ちなみにSC-40NEが対応している無線方式は802. WiFi接続で利用したいPCなどの機器がこの3種類のいずれかに1つに対応していれば問題ありません。 以前は安定して使用出来ていたが最近どうも、、、という場合は大きな家具の配置換えや冷蔵庫の買い替え、あと無線の親機の設置位置や向きの変更などが原因の場合がほとんどです。 具体的には以下のようなメーカーサイトのページにあるものです。 上に示しましたメーカーの物でしたら大差ありません。 個人的にはここ15年ほどの間に両メーカーのWiFiルーターを数台使用しましたが、どれも特にトラブルなく使用出来ました。 なお、実売価格は5,000円前後からあります。 参考まで。 >ACとは無線方式の802. 11acのことでしょうか? 良くわからないのですが、新しい方式と言っており、AC対応という機器を購入すると良いとのことでした。 一応、現在のカードでも結果的には繋がってはいます。 ですが、Aの端末は繋がるけどB・Cはダメなんてことがここ最近頻繁なんです。 家具の移動などは全くありませんので、「レンタル品の不具合か?」と思いサポートへ連絡した次第でした。 >WiFiルーター(無線LANルーター)とかWiFi親機(無線LAN親機)と呼ばれるものです。 これを、NTTの「無線LANルータ:GE-ONU(PR-400NE)」に接続すればよいのですね。 助かりました。 どうもありがとうございました。 1です。 現在PR-400NEには無線カードが取り付けられていると思いますが、WiFiオプションを解約するとそれも取り外されます。 なのでPR-400NEはただのルーターになります。 別途WiFiルーターを購入された場合、現状PR-400NEの背面にある4つ(だったかな?)の有線LANポートに接続している機器がある場合は、これも購入したWiFiルーターの背面にある有線LANポートに差し替えて下さい。 ようはPR-400NEの有線LANのポートと購入したWiFiルーターの背面にあるWANのポートをLANケーブルでつなぎ、有線LANで使用したい機器はWiFiルーターの背面にある有線LANのポートを使う、、、という配線です。 ルーターが2段になりますがとりあえずそれで問題無く使えます。 Q 現在、自宅のインターネット接続は、パソコンと機器 ルーター? をLANケーブルで繋いで 行っています。 これを、無線LANの機器に替えて、契約を無線LANにすると、パソコン使用時にケーブルを 繋がなくで良くなるとおもいます。 【質問1】 この場合、自宅でスマホを使う際にも、この無線LANを使う事ができますか? もし、使えるならLTEなど容量の制限のあるスマホの契約の場合、この容量を使わずに 節約できて、その浮いた分を野外のWi-Fiのない箇所で使用する場合等に遠慮なく使える事に なると思いますが・・・ この考え方で合っていますか? スマホの取説の中に、「WPS対応のルーターにネットワークキーの入力なしで接続できる」 という事が書かれていました。 【質問2】 また、「Wi-Fi」というと、飲食店や公共施設などで提供されていますが、 自宅における「無線LAN」も「Wi-Fi」と同じなのでしょうか? A ベストアンサー >これを、無線LANの機器に替えて、契約を無線LANにすると、パソコン使用時にケーブルを >繋がなくで良くなるとおもいます。 契約を無線LANにする必要などは無いでしょう。 >この場合、自宅でスマホを使う際にも、この無線LANを使う事ができますか? もちろんできます。 >この考え方で合っていますか? その考えで合ってます。 >スマホの取説の中に、「WPS対応のルーターにネットワークキーの入力なしで接続できる」 >という事が書かれていました。 簡単接続に対応してるよって事です。 無線LANルーターにWPSの機能があれば、それで簡単に接続可能って事です。 >また、「Wi-Fi」というと、飲食店や公共施設などで提供されていますが、 >自宅における「無線LAN」も「Wi-Fi」と同じなのでしょうか? 無線LANとwi-fiは同じ事です。 Q 現在iphone6sを使用していてipad proの購入を 検討しています。 自宅では1階の事務所にパソコンのルーターが設置してありますが、 wi-fiの電波が1階、2回の各部屋まで届きかねています。 ルーターはNTTのPR-500KIという機種です。 家が鉄骨の為2回へは無線などの電波も届かない状態で、1階の部屋・2階の部屋 ともにCAT5eと書いてあるLANケーブルをはわせています。 これだと高性能なWi-Fi機種は必要なく安いもので十分だと仰られていたのですが、 どの程度の物を購入すればよいでしょうか? NECのAterm WF1200HP2 PA-WF1200HP2という機種とかはどうなのかなと 思っていますが、 もっと安くても大丈夫なのか?それとももっと高いもののほうがよいのか?と これでいいのかもちょっと見当がつかない状態です。 何かお勧めの物などもあれば教えてください。 また、1階でルーターを設置すると2階でタブレットなどを使うときに またルーターを外して2階へ持って行って使おうとすればその都度 設定し直したりしなければいけなかったりするのでしょうか? どうか宜しくお願いします。 現在iphone6sを使用していてipad proの購入を 検討しています。 自宅では1階の事務所にパソコンのルーターが設置してありますが、 wi-fiの電波が1階、2回の各部屋まで届きかねています。 ルーターはNTTのPR-500KIという機種です。 家が鉄骨の為2回へは無線などの電波も届かない状態で、1階の部屋・2階の部屋 ともにCAT5eと書いてあるLANケーブルをはわせています。 方法は大きく2つ。 一つ目。 PR-400MIの背面にあるLANの口とWiFiルーターの背面にあるWAN(INTERNET)の口をLANケーブルでつなぎ、PR-400MIの背面にあるLANの口につながっているそれ以外のLANケーブルをWiFiルーターの背面にあるLANの口へ移す。 これで今まで有線LANで使用していた機器も、新たにWiFi接続する機器もインターネット利用できます。 二つ目。 PR-400MIの背面にあるLANの口とWiFiルーターの背面にあるWAN(INTERNET)の口をLANケーブルでつなぐ。 これは一つ目と同じ。 で、PR-400MIの背面にあるLANの口につながっているそれ以外のLANケーブルはそのままとし、WiFiルーターを「ブリッジモード」に設定する。 この方法でも今まで有線LANで使用していた機器も、新たにWiFi接続する機器もインターネット利用できます。 [補足] PR-400MIには接続する機器にIPアドレスを配布する機能があり、接続している機器は起動時にPR-400MIから自分が使用するIPアドレスをもらっています。 この機能はWiFiルーターも持っています。 そしてご自宅のネットワーク内にPR-400MIからIPアドレスをもらう機器と、WiFiルーターからIPアドレスをもらう機器が混在するとWiFiルーターからもらう機器がインターネット利用できなくなるのです。 (厳密な説明では無いですがそんな感じに理解してください) 一つ目の方法ではそういった機器を全てWiFiルーターに集め、PR-400MIからIPアドレスをもらうのはWiFiルーターのWAN側だけとすることで問題が起きないようにしています。 二つ目の方法はWiFiルーターのルーター機能(インターネット側と自宅内側の2つのネットワークをつなぐ機能)を停止させかつ、自宅内の全ての機器がPR-400MIからIPアドレスをもらうようにすることで問題が起きないようにしています。 補足の補足として、一つ目の方法でPR-400MIのルーター機能を止めるとルーターが無駄に2段ある状態を避けられるのですが、それをしても速度性能的に大きく変わるものでは無いのでそっとしておいてそいでしょう、、、ということで特にいじらなくてよいかなと。 方法は大きく2つ。 一つ目。 PR-400MIの背面にあるLANの口とWiFiルーターの背面にあるWAN(INTERNET)の口をLANケーブルでつなぎ、PR-400MIの背面にあるLANの口につながっているそれ以外のLANケーブルをWiFiルーターの背面にあるLANの口へ移す。 これで今まで有線LANで使用していた機器も、新たにW... A ベストアンサー PR-400NEは、NTT東 西 の「ひかり電話ルータ」なので、harukaze33さんは「ひかり電話」も、ひかり回線と共用していますね。 html PR-400NEは、光ケーブルのONU(光端末装置)と「ひかり電話ルータ」が一体型の装置です。 また,PR-400NEは、ひかり電話の交換機の一部でもあり、PR-400NEの内部に設定の各種アドレスが数種類設定されています。 このPR-400NEの内部の数種類の各種アドレスと、ひかり電話交換機に設定の各種アドレスを照合しながら、電話やインタネットを接続しています。 したがって、PR-400NEを無断でNTT東 西 に取り替えると、ひかり電話もインタネットも不通になります。 この様にPR-400NEは、ひかり電話等の交換機の一部なので、ルータのPR-400NEは「レンタル」になっているはずです。 さて本題の、ひかり電話ルータPR-400NE本体に差込む、無線LANカード「SC-40NE」の回答です。 無線LANカード「SC-40NE」は、ひかり電話ルータPR-400NE本体用に、ドライバーも開発されて、無線LANが正常動作を確認された製品です(ルータとカードの型番が似ているのが、専用ドライバーという証拠?)。 無線LANカード「SC-40NE」を設定する時、問合せはNTT東 西 です。 もし、動作保証していないNTT東 西 以外の無線LANカードをルータに差込んだ場合は、問い合わせ先がたらい回し状態になります。 NTT東 西 に聞いても,無線LANカードはNTT東 西 ではないから,無線LANカードのメーカへと聞けと言われます。 無線LANカードメーカへ聞くと、ルータ本体のドライバーや設定が判らないから、NTT東 西 へ聞けと言われます。 また、ルータと無線LANカードのメーカが違う場合に、将来、無線に不具合が出た時,ひかり電話ルータPR-400NE本体なのか、無線LANカードのNTT東 西 以外のメーカなのか、harukaze33 さんはどっちが不具合か確認・切り分け出来ますか? このようなたらい回しにならないためにも、NTT東 西 のルータに差込む無線LANカードは、同一メーカ、つまり,NTT東 西 の無線LANカード「SC-40NE」をレンタルをお勧めします。 レンタルですから、不具合が出た時は、無料の点検・修理になります。 パソコン側の無線LANカードは、現在市販のパソコンは、ほとんど内蔵です。 古いパソコンは、無線LANは内蔵していないので、外付けの無線LAN等が必要です。 無線区間で不具合が出た場合は、ひかり電話ルータPR-400NE本体と、本体差込の無線LANカード「SC-40NE」までの正常性の確認まではレンタルなので無料点検をします。 しかし、パソコン側の無線LANはNTT東 西 は、NTT東 西 のマークがない製品は点検をしません。 PR-400NEは、NTT東 西 の「ひかり電話ルータ」なので、harukaze33さんは「ひかり電話」も、ひかり回線と共用していますね。 html PR-400NEは、光ケーブルのONU(光端末装置)と「ひかり電話ルータ」が一体型の装置です。 また,PR-400NEは、ひかり電話の交換機の一部でもあり、PR-400NEの内部に設定の各種アドレスが数種類設定されています。 このPR-400NEの内部の数種類の各種アドレスと、ひかり電話交換機... A ベストアンサー NTT東日本地域 光コラボの方が毎月の維持費が安価な場合が多い NTT西日本地域 NTT西日本+ISPの現行の方が安価な場合もあれば、光コラボの方が安価な場合もある。 NTT西日本地域なら、携帯電話とセットにして考慮しなければいけないが、NTT東日本地域なら、とりあえず、光コラボって選択でも問題はないでしょう。 ファミリータイプの場合 NTT東なら、4500円+ISP 1000円前後 NTT西なら、3610円(3810円)+ISP1000円前後 光コラボ OCN光 5100円 ドコモ光(A) 5200円 ぷらら 4800円 もし、IP電話を利用するなら、+500円発生します。 光コラボの場合は、IP電話が、NTT東西ではなく、ISPが提供する場合がありますので。 (OCN光、ドコモ光(一部)のIP電話は、ISPが提供します。 ぷらら、ドコモ光(一部)は、NTT東西より提供されます。 ) となりますので。 基本的にNTT東エリアなんですから、光コラボの方が安価だったりします すべて税別表記ですので、別と消費税とユニバーサルサービス料が発生します。 NTT東日本地域 光コラボの方が毎月の維持費が安価な場合が多い NTT西日本地域 NTT西日本+ISPの現行の方が安価な場合もあれば、光コラボの方が安価な場合もある。 NTT西日本地域なら、携帯電話とセットにして考慮しなければいけないが、NTT東日本地域なら、とりあえず、光コラボって選択でも問題はないでしょう。 ファミリータイプの場合 NTT東なら、4500円+ISP 1000円前後 NTT西なら、3610円(3810円)+ISP1000円前後 光コラボ OCN光 5100円 ドコモ光(A) 5200円 ぷらら 4800円 もし、IP電話を利用... ・Wi-Fi 対応する機器同士が無線でデータのやり取りをするための、規格のようなもの。 断じて「スマホのパケ代節約にもなる、新たなインターネット回線」という意味ではない。 ・Wi-Fiルータ これに接続した機器を、インターネット回線に接続する仲立ちを行う機器。 職場や家庭などの固定インターネット回線に接続するもの(据置型Wi-Fiルータ)と、携帯電話回線などのモバイル回線に接続するもの(モバイルWi-Fiルータ)がある。 ・ポケットWi-Fi モバイルWi-Fiルータの一種で、ワイモバイル社の提供する製品・サービスの登録商標。 ・WiMAX ちょっと特殊な携帯電話回線みたいなもので、データ通信が割と高速。 ・光ファイバー 本来は「光通信用のケーブルの材質」だが、転じて「従来の電話線(メタル線)に代わる、高速な固定通信回線」の意味になっている。 これを利用した通信サービスに「フレッツ・光」や「au光」等がある。 質問の趣旨は「自宅で、Wi-Fiを利用したインターネット接続を行いたい」という事だと思うので、何らかのインターネット接続回線が必要です。 フレッツ・光やau光などが利用できない場合、ケーブルテレビを利用したインターネット接続回線やADSL(従来の電話線を利用した固定インターネット回線)が利用可能か、確認しましょう。 固定インターネット回線が利用できない場合、モバイルWi-Fiルータを利用して携帯電話回線等を経由したインターネット接続を行うことになります。 ただし通信速度は固定ネット回線より落ちますし、データ通信量に制限がある事が多いです。 携帯電話も通じないような場所である場合、残念ながらお手上げです。 (本当は「衛星通信」という手があるが、費用的に一般人向けではない) まずは、前提となる用語の整理を。 ・Wi-Fi 対応する機器同士が無線でデータのやり取りをするための、規格のようなもの。 断じて「スマホのパケ代節約にもなる、新たなインターネット回線」という意味ではない。 ・Wi-Fiルータ これに接続した機器を、インターネット回線に接続する仲立ちを行う機器。 職場や家庭などの固定インターネット回線に接続するもの(据置型Wi-Fiルータ)と、携帯電話回線などのモバイル回線に接続するもの(モバイルWi-Fiルータ)がある。 ・ポケットWi-Fi モバイルWi-Fiルータの一種... Q こんにちは。 pcには全く詳しくない人間です。 先日、無線ラン内臓、配線不要で届いたその日からすぐに使えるというPCを購入したのですが(中古)、結局LANケーブルをつながないとネットに接続できません。 そこで2つ質問です。 1.家にはルーターがないのですが、そもそもルーターがないと配線不要でpcを使用することはできないのですか? 2・外出時でもpcを使用するには、何が必要ですか? ちなみに、以下のうたい文句で購入しました。 部屋から部屋へと手軽に持ち運んでネットをするなど使い方・楽しみ方もいろいろ。 また、Bluetooth V3. 【Bluetooth】 あり Bluetooth V3. お手すきの方、よろしければ回答いただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします。 こんにちは。 pcには全く詳しくない人間です。 先日、無線ラン内臓、配線不要で届いたその日からすぐに使えるというPCを購入したのですが(中古)、結局LANケーブルをつながないとネットに接続できません。 そこで2つ質問です。 1.家にはルーターがないのですが、そもそもルーターがないと配線不要でpcを使用することはできないのですか? 2・外出時でもpcを使用するには、何が必要ですか? ちなみに、以下のうたい文句で購入しました。 高速無線LAN、Bluetoothなど様々な無線機器に対応... A ベストアンサー 工夫が必要になります。 このUSB端子をもう片方につなぐのですが、電源供給の目的だけで、この端末をアンドロイドで認識させるのは無理だと思います。 私ですと、USB供給へのバッテリーを用意する、携帯電話などの補助電源用のものが有効です。 あるいは、親機から長いLANケーブルでつなげば、確実にネットへのアクセスが可能になります。 工夫が必要になります。 このUSB端子をもう片方につなぐのですが、電源供給の目的だけで、この端末をアンドロイドで認識させるのは無理だと思います。 Q こんにちは。 去年の秋ごろから、 バッファローの無線LANルータをモデムとの間に入れてネット接続しようとすると、 接続が不可能になる現象が発生し困っています。 もう1年以上使用していますが、PC自体に異常は特になく、問題なく動作しています。 当方、インターネット回線はベイコムなのですが、 ガレリアXTを購入した際、ベイコムのモデムと バッファローの無線LANルータのWHR-G301Nというものを繋いでいました。 PCはLANケーブルで有線接続し、スマホでwi-fi接続をしたり、 PS4やpsvitaともAOSSで無線接続がちゃんとできていました。 しかし、去年の秋ごろからネットがプツプツ切れるようになり、 ある時から繋がらなくなりました。 最初は接続できていたのですが、 その後ベイコムの担当者が来てモデムを新しいものを交換していきました。 それからなぜか新しく買ったバッファローの無線LANルータでも wi-fiや無線接続が不可能になり、LANケーブルで有線接続すらも出来なくなりました。 ベイコムに問い合わせた所、 モデムのところまでインターネットの回線が正常に届いており、 モデムの故障ではないとのことで、 バッファローの無線LANルータの方に異常があるのではないかとの回答でした。 それを踏まえてバッファローの方に問い合わせ、 ルータのリセットボタンを押したり、PCを再起動、電源ケーブルを10秒以上抜いた状態で再接続、 など色々試しましたが全く効果がなく「故障なので修理に出してください」と言われました。 これはバッファロー製品に問題があるとみていいのでしょうか? (PCとバッファロー製ルータの相性の問題?) また新しく別の会社のものに買い替えようと思っているのですが、 それでもまた繋がらなくなるのではないかと心配です。 それともPCが悪いのでしょうか? 回答お願いします。 こんにちは。 去年の秋ごろから、 バッファローの無線LANルータをモデムとの間に入れてネット接続しようとすると、 接続が不可能になる現象が発生し困っています。 もう1年以上使用していますが、PC自体に異常は特になく、問題なく動作しています。 当方、インターネット回線はベイコムなのですが、 ガレリアXTを... A ベストアンサー >スマホの無線接続の方は、AOSSで接続を試みましたが、「AOSSで正常に設定しましたがIPアドレスの自動取得ができなかったため接続できませんでした。 ネットワーク上にルーター DHCPサーバー が存在するかを確認してください。 」と表示され、できない状態です。 APモードでの使用では問題なのですか? APモードで使用可能ならWIFIは手動で繋げば問題ないかと思いますが。。 (繋げようとする端末(携帯電話、ゲーム機等)でSSIDを選んでパスワードを入れる。 ) APモードはアクセスポイントモードなので、DHCPの機能(ルーター機能)は使えず、IPアドレスの配布は上流機器(この場合モデム)に依存されます。 モデムがDHCPの機能(ルーター機能)を持って居れば無線ルーターはAPモードで無いと成りません。 なので、「APモードでしか繋がらない」という事ですから、既に「ルーター機能の付いてるモデム」という事になります。 ですが、ベイ・コミュニケーションズはケーブルTVの回線なので、NTT回線の様に一般のWIFIルーターが使えない場合(そもそもの仕組みが両者では異なる)が有ります。 ケーブルTVの回線は家庭内LANと同じく、回線全体がLANで構成されています。 なので、DHCPはブロバイダのサーバがその機能を持っていますから、下流に繋がれる機器はDHCPの機能を持たない機器で無いと使えません。 つまり、ケーブルTV回線で使う限り、下流でルーターの機能(DHCP機能)は一切使えませんので、APモードしか選択肢が無いのです。 elecom. html? また、回線の仕様がNTTとは異なりますから、ケーブルTV回線ではモードなどの切り替え時には、必ずモデムも再起動する必要が発生します。 また、AOSSが使えない場合(以前とは仕様が異なってる場合も考えられます)も有りますから、使えなければ先出の様に手動でWIFIに繋げて下さい。 WIFIパスワードはWIFIルーターの説明書と機器のシールで読み解く事が可能です。 >スマホの無線接続の方は、AOSSで接続を試みましたが、「AOSSで正常に設定しましたがIPアドレスの自動取得ができなかったため接続できませんでした。 ネットワーク上にルーター DHCPサーバー が存在するかを確認してください。 」と表示され、できない状態です。 APモードでの使用では問題なのですか? APモードで使用可能ならWIFIは手動で繋げば問題ないかと思いますが。。 (繋げようとする端末(携帯電話、ゲーム機等)でSSIDを選んでパスワードを入れる。 ) APモードはアクセスポイントモードなので、DHCPの...

次の