将棋 アプリ。 将棋で強くなりたい人におすすめの無料アプリ3選 [将棋] All About

「66将棋」アプリで対局 天童商議所、京都の会社開発|山形新聞

将棋 アプリ

将皇のタイトル画面に表示されているのは3つのモード。 まずは新規対局。 このモードではCOMとの対局が楽しめます。 COMの強さは駒の動かし方を覚えたばかりの方でも楽しめる「覚えたて」と、レベル0〜3の合わせて4段階から選べます。 覚えたてもキチンとした手を打ってきますがコチラがフリになってきても中々詰めには来ませんので、よくある将棋アプリで初心者が味わう「あっという間に負けて面白くない」ってことがありません。 まずここから始めれば将棋初心者の方も安心ですね。 ちなみにCOMの強さだけではなく手合(ハンデ)も設定出来るのですがCOM側の駒落ちだけでなく、人間側に対して手合の設定が出来るのも面白い所です。 COMにハンデを与えて勝つなんて格好良いことに挑戦したくなります。 途中で対局を終わらした場合はタイトル画面に対局再開が表示され続きをプレイ出来る様になるので、通勤中など空いた時間に対局を進めることも可能です。 プロの凄さを実感出来る勝ち切れ将棋.

次の

ぴよ将棋w (ぴよ将棋 WEB版)

将棋 アプリ

【日本将棋連盟後援】に認定されている将棋アプリです! コンピュータと対局できる将棋アプリです。 詰将棋風の実戦問題や投了図から最後まで勝ちきる問題を解いて遊ぶこともできます。 問題は毎日更新していますので、暇つぶしや頭の体操などにご利用ください。 将皇が強すぎると感じた方は「将皇入門編」をプレイしてみてください! --- 【対局】 手番、手合、コンピュータの強さを選択して対局を開始します。 [駒の動かし方] 1 動かす駒をタッチします。 選択した駒の枡目が反転します。 2 動かし先の位置をタッチします。 駒の移動が完了します。 [キャンセルの仕方] 駒を持ちあげた状態で、駒が動かせる場所以外をタッチするとキャンセルできます。 [待った] 指し手を2手戻します。 自分の手番で駒を選択していないときに「待った」ボタンをタッチすることで実行できます。 【実戦詰将棋】 詰将棋風の実戦問題をプレイします。 難易度と出題日を選択すると問題が始まります。 連続で王手をかけて相手の王を詰ませてください。 将皇の実戦詰将棋は、世間一般でいう詰将棋とはルールが異なります。 持ち駒が余ったり、複数の詰み手順があったりします。 違いを理解した上でお楽しみください。 【勝ち切れ将棋】 プロ同士で対局した棋譜の投了図を途中から引き継いで最後まで勝ち切るゲームです。 COMの強さと出題日を選択すると問題が始まります。 プレイヤー側が有利の状態からスタートするので、逆転されないように注意して最後まで勝ち切ってください。 将棋指しとして将棋人口が増えることは喜ばしい事ですが、お口は悪いですが、予備知識もなく始めたての方がこちらのアプリから始めるには役者不足かと存じます。 このアプリはレベルが六段階ありますが、どのレベルでもこちらが甘い手を指しますと容赦なく咎めてきます。 この無慈悲な攻めで挫折し、折角持たれた興味が薄れてしまうことが大変悲しく思います。 将棋アプリとしてCPUが強いことに越したことはございませんし、棋力の鍛錬においてとても効率的な詰将棋や勝ち切れ将棋が内蔵しているこちらのアプリは、他のモノと比較しても非常に良い優れている部類であると思います。 しかし、このアプリを十二分に楽しみたいという場合は少なからず勝つための知識が必要とされます。 YouTubeやGoogle先生には指し方や定跡、囲い、戦術、受け方が多数ありますので、是非ともそちらを参照にしてみては如何でしょうか。 因みに初心者おすすめは、ひふみんこと、加藤一二三九段がよく指されています矢倉棒銀です。 連続王手による千日手ではないのですが…どうかと思いますね。 とにかく飛車道で攻めたいみたいですが… これじゃあ面白くはありません。 人とマッチングして対戦できるアプリではないのでCPUのシステムにかかってるわけでして改善すべきではないでしょうか。 他のレビュー見てみると連続王手の千日手もやってきて反則にならないみたいですね。 これはいけない。 詰め将棋の問題が毎日更新されて面白い分、実際の対戦がこれでは勿体無い.

次の

将棋ゲーム 将皇(FLASH版)

将棋 アプリ

「入門編」だけに、 初心者用の将棋アプリです。 市販の入門書+アルファの情報がこのアプリにはあり、特に初心者にお薦めです。 初心者だけど 理論派(攻め方、守り方の基本を学びたい)という人は、「 将棋の基本を学ぶ」をコツコツ読み進めていくと良いでしょう。 そして疲れたら、「実践練習」「問題集」を。 理論なんてなんぼ、 とにかく指して上達したい人は、「 実戦練習」「 問題集」にひたすら取り組むと良いでしょう。 実戦練習では、レベルを選んでAIと対局できます。 一番簡単なレベルは、「 ずっとあなたの手番(1)」です。 AIは指しません。 つまり負けません。。。 最後の「 平手(後手)」までなると、なかなか強く、五級くらいの実力はあると思います。 詰将棋の問題集も充実しています。 ーーー 次に紹介するアプリは「 将皇」(、)。 実戦的なアプリです。 AIとの対局はもちろん、「 実戦詰将棋」が特にお薦めです。 4つのレベルの詰将棋が毎日一問ずつ出ます。 普通の詰将棋は、持ち駒すべてを使うように作られていたり、実際には出ないような局面だったりします。 ところがこの「実戦詰将棋」は、実際の対局に出てきそうな局面で、持ち駒を使おうが使わまいが、とにかく王手をかけ続け相手玉を詰ますことが目的です。 この実戦詰将棋を毎日コツコツ解き続ければ、終盤力アップに役立つことでしょう。 ーーー そして最後は「 ぴよ将棋」(、)。 名前は可愛いですが、超オススメのフリーアプリです。 AIと対局するためのアプリですが、AIのレベルが 初心者レベルから プロレベルまであります。 もしも一番低いレベルで勝てないなら、「 手合割」(ハンディ)を変えて、勝てるレベルを見つけましょう。 そして、少しずつレベルアップしていくと良いでしょう。 中級以上の人にお薦めなのは、「 玉囲い」の指定機能です。 例えば、ライバルが矢倉を得意戦法としているなら、「 矢倉」を指定し対策を練ることができます。 最近、私もAIにあえて矢倉を組ませるようにしています。 ここだけの話ですが、 部長対策です。。 このアプリの素晴らしいのは、対局後に 棋譜解析ができることです。 つまり、 一人感想戦ができることです。 対局を初手から振り返って、形勢がどう変化したか、どの手が悪かったか、他にどんな手があったかを知ることができます。 これはレベル問わず、将棋上達に威力を発揮します。 ただし、をしっかりマスターしておく必要があります。 対局を重ねてAIに勝ち続けるとポイントがたまり、5級などと級位がつきます。 他にも設定機能が充実していて、とても出来の良いアプリです。 ーーー 以上、 お薦めのフリーアプリ3つでした。 他にもいくつかありますが、また別の機会にでも。 もし良いアプリを知っていれば、コメント欄で教えてください。

次の