約束 の ネバーランド 146。 約束のネバーランド 146話 「激突!鬼vs鬼」 ネタバレ ノーマンの鬼全滅作戦を大考察

約束のネバーランドのネタバレ147話最新&感想!700年前何があったのか!?

約束 の ネバーランド 146

もうちょい詳しく教えてくれ〜 約束のネバーランド147話「積怨」ネタバレ 誰よりも民のことを考えていたギーラン 700年前、鬼の世界では農園の生産が追い付かず各地で飢饉が相次いで起こっていました。 そこで ギーランは民を守るために、貴族が保有していた備蓄の一部を開放するように進言します。 しかし、それでは我々の取り分は減ってしまうと反発する貴族たち。 ギーランは、飢えに苦しむ鬼たちが共食いし合っている事実を鑑みて、そのようなことを言っている場合ではないと一喝。 さらにこう続けました。 「治める民あっての統治であろう。 民を守らずして鬼の繁栄はない。 手を打たねば鬼全体が滅びる!」 「我らのため、統治のためにも貴族が身を削り救うべきなのだ!」 しかしギーランの必死の説得もむなしく、うやむやにされて終わってしまいます。 ギーランが孤軍奮闘している間、一人だけ味方になってくれる鬼がいました。 それは、ギーランの家臣をしているドッザ将軍。 嘆いているギーランに対し、「ギーラン様の義は必ず届きます」とエールを送った。 一人でも味方がいてくれるとなんと心強いことか! 仲間の裏切り ある日、 ギーランは謀反の罪で野良落ちの刑に処されてしまいます。 もちろん、ギーランは謀反など謀ってなどいませんでした。 それはすべてドッザの計略だったのです。 あんなにギーランを慕っているように思われた、ドッザはこう言いました。 「あんたがバカで良かったよ。 」 ギーランはイヴェルク卿を呼び、身の潔白を証明しようとします。 「知っているよ」とイヴェルク卿。 知っていながらなぜ冤罪を着せるのかと尋ねると、イヴェルク卿はこう答えました。 「邪魔なのだ。 きみのその義が、正しさが。 」 当時の王でさえも、 「民が少なくなればその分取り分に回せるから問題ない」と思っていたため、ギーランは上層部にとって邪魔でしかなかったのです。

次の

約束のネバーランド【ネタバレ】第146話「王都決戦」感想!

約束 の ネバーランド 146

スポンサーリンク 前回、予想外に早いラムダの発作によって、ハヤト達の邪血殺害計画は失敗。 ギルダの涙の頼みで、ムジカ達はノーマンと鬼との戦争を止めるため王都を目指すことに。 一方で、順調に進軍を続けるノーマンとラムダの仲間達。 みんなを鼓舞するノーマンですが、実は自身も計画を早めざるを得ない発作のリスクを抱えていました! ということで、エマ達の王都への出発とノーマンの秘密に注目して、145話の内容をお届けしていきます! スポンサーリンク 迫るデッドライン! 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」145話より引用 ノーマンを止めるために王都へ。 出発直前、エマ達はデッドラインを確認します。 それはノーマンが王と貴族を殺し尽くすまで。 王都の鬼全ての虐殺を阻止するのは勿論だが、王達を殺し尽くせば鬼は政治機構を失う、それは俺達が交渉相手を失うということだ、とレイ。 どういうこと、と聞く年少組にエマが、そうなれば和平の道が絶たれ、戦争や混乱が止められなくなる、と説明します。 レイは、王達が集まるティファリという機会を逃したくないノーマンは、おそらく何より先に王と貴族の殲滅を実行する、と続けます。 王と貴族の殲滅、どんなに遅れてもその前には間に合わせ、ノーマンを説得しなければ。 間に合わなかった場合、待っているのは血まみれの虐殺。 エマは想像して表情を固くします。 普通に行けば5日かかる王都までの道のり。 エマとレイは3日後のデッドラインに間に合わせるため、危険度外視で近道を急ぎ、早速出発しようとします! 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」145話より引用 そんな2人を止めたのはアンナでした。 今は11月7日の午後、厳密にはティファリまで後2日半だと。 ギリギリ間に合ってない、戦火のど真ん中に到着することになるんじゃ、とトーマやラニオンも不安げです。 やはり疲労の自覚はあるのか、エマ達も思い悩んでしまいます。 ここまでのシーンで、デッドラインまで予想以上に時間がないことが明らかに。 焦るエマとレイに対し、弟・妹達の方が冷静でした。 スポンサーリンク 馬でエマ達出発! このままでは間に合わない、という状況の中、エマとレイを呼んだのは意外な助けでした。 そこにいたのは馬に乗ったオリバー、ザック、ジリアン、ナイジェルの4人。 驚くエマ達にオリバーが言います! 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」145話より引用 「乗れ!」 エマとレイを乗せ、森の中を馬で駆けるオリバー達。 みんな馬に乗れたの? とエマ。 ジリアン曰く付け焼刃らしいですが、問題なく乗りこなしています。 でもなんで、みんな、とくにジリアンは鬼を救うのは反対なんじゃ、とまだ戸惑っているエマ。 確かにジリアンは以前、鬼達よりまず仲間を守りたいと断言していました。 エマの問いに、何か吹っ切れたようにジリアンは言います。 仲間に危害を加える鬼は全部殺す、でも、と。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」145話より引用 「友達を助けたい友達を助けたいの私も」 ノーマンを助けたいエマを助けたい。 その言葉で思いを同じくするみんなは笑顔に。 オリバーがさぁとばすぞと呼びかけます。 俺達4人と4頭で、最大の速度で送り届ける。 オリバーの頼もしい言葉と共に、エマ達は王都へ、ノーマンの元へと急ぎます! 間に合わないかと思われた状況でしたが、オリバー達の協力で希望が見えてきました。 移動手段が必要になるのを見越して乗馬を習得したんでしょうか? 銃撃の腕もそうですが、グランド=ヴァレー組はとくにサバイバル力に長けている気がします。 友達を助けたい友達を助けるという心意気も合わせてかなり頼もしいです! スポンサーリンク 仲間を鼓舞するノーマン 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」145話より引用 一方、ノーマンとラムダの仲間達は、既に王都が見える場所にまで迫っていました。 フクロウが届けた物見からの報告を読み上げるシスロ。 ノーマンの目論見通り着々と偽の地点に集まる王都軍、予定通りティファリ当日朝に到着するだろう五摂家の親族達。 上々だな、とノーマン。 さらには例のアレについて聞くノーマンに、ヴィンセントは完璧だ、後で確認してくれと頼みます。 計画はバンジぬかりなしだと盛り上がるバーバラ。 しかしその頃、アジトに残っているヴァイオレットやポーラ、年少組達はぬかりない時ほど危ないと話していました。 ルーカスやユウゴが言っていた、と。 年少組はノーマンに限ってないとは思いつつも、焦りすぎているのではと心配そうです。 エマと自分が量産農園で鬼に見つかったことが理由にあるのだろうと言うアンナ。 それに対し、サンディはこんなに急いでる理由はそれだけなのかな、と不安混じりの疑問を口にします。 そして視点は再び進軍中のノーマン達へ。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」145話より引用 野営の場でノーマンは、順調な時ほど用心だと、薬の準備や休息をみんなに指示します。 エマ達が知らないノーマンが計画を急ぐ理由、それはラムダの発作のリスク。 薬や休息はそれをかろうじて抑えるために必要なもの。 既に死を覚悟しているかのようなシスロ達は、口々にノーマンへの感謝を伝えます。 ボスがいたから生きられた、ここまで来られた、とヴィンセント。 こんな体になって時間もない、でもボスのおかげで死ぬ前にこのヘドが出る世界をブチこわせる、とバーバラ。 自分達はここで果ててもボスや他の子ども達が新しい世界へ行ける、それが何よりの願いで希望だ、とシスロ。 一瞬きょとんとした様子のノーマンは、次の瞬間には馬鹿を言うなときっぱりと告げます。 驚くシスロ達に、まず僕達は無血で勝利する、誰一人戦死は許さないと言うノーマン。 それに感謝は勝ってから言え、僕達は新しい世界をつくる、そして全員でこの目で見るんだと少し笑って続けます。 その言葉に感極まるシスロ達。 さらにノーマンは仲間達全員に向かって声をあげ、鼓舞します! 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」145話より引用 「僕達は自由だ!!今こそ1000年の苦しみを終わらせるぞ!!」 ボスの言葉でラムダの仲間達の士気は最大限に高まっていきます! ラムダの仲間達にとってノーマンが理想のボスだということが改めて分かる、絆も感じるシーンでした。 死を覚悟している自分達にも、当然のように新しい世界を見るんだと断言してくれる、確かにそんなボスになら命がけでついていきたくなりそうです。 スポンサーリンク ノーマンの秘密 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」145話より引用 そして時間は流れ、1人夜空を見上げるノーマン。 思い浮かべるのは2人の親友のこと。 友達を殺して生きる未来じゃもう笑えない、と言ったエマ。 全部話して、一緒に生きよう、という言葉。 それを思い出しレイとエマの名を呼びますが、その時、激しい頭痛と吐き気がノーマンを襲います! 蹲り、咳き込むノーマン。 口を押さえた手には血がべっとりと付いていました。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」145話より引用 それを見たノーマンは諦めたような笑みを浮かべます。 「ごめんね」 ノーマンにも発作が!? というまさかの展開でした。 発作はラムダのイレギュラーのみに起こるのかと思っていましたが、一時期ラムダにいたノーマンも例外ではなかったということなのでしょうか。 ごめんねという言葉は、既にエマ達と一緒には生きられないと悟っているかのようです。 そして悲壮な覚悟の末、ついに決戦の日を迎えることに……!! スポンサーリンク 『約束のネバーランド』ネタバレ 145-146 話のまとめ 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」145話より引用 王達の殲滅より早く辿り着けるのかと苦悩するエマとレイ、それを馬で助けたオリバー達、仲間を鼓舞する一方でノーマンが抱えていた発作のリスク、ついに始まる鬼との決戦。 死を悟ったノーマンの切ない笑みと覚悟が印象的でした! 本当にノーマンに死期が迫ってしまっているのか、かなり気になるところです。 ノーマンが計画を急ぐ理由がまた1つ明らかになった訳ですが、一方でノーマンが順調に計画を進めるということは、エマ達のデッドラインである王達の殲滅も着実に近づくということ。 しかし王達も無抵抗でやられることはないと思います。 ヴィンセントが準備したアレが鍵となるのか? エマ達やムジカ達は間に合うのか? いよいよ始まる決戦、ますます盛り上がりを見せる展開で、次回も楽しみです!.

次の

約束のネバーランド【第146話】のネタバレ・感想!鬼VS鬼の激戦 | Comic theory

約束 の ネバーランド 146

約束のネバーランド147話「積怨」ネタバレと伏線考察 美しくて、清廉だった700年前のギーラン。 少なくても、幼少期のバイヨン卿は思っていた。 ですが、700年の歳月は、憎しみは、ギーランを非情な復讐鬼とするには十分だった。 ギーラン達の策略で食われてしまった妻子の仮面を手にし、絶望に膝をつくバイヨン卿。 「ギーラン貴様ァ……ッ!! 」 そして。 激昂する。 ー700年前の鬼の世界の回想ー 700年前の五摂家は、まだギーラン卿は5摂家の一員だった。 彼は鬼の民たちのことを第一に考え、彼らに寄り添う理想的な領主だった。 女王にも、下級農園の生産が追い付かず、民が飢えて滅ぶことを危惧し、『国庫を開き、貴族の備蓄食料を解放する』ことを提案しました。 その提案に一同はざわめき、ノウマ卿・プポ卿・バイヨン卿と程度は違えど難色を示していた。 一部ならいいのでは、と思うバイヨン卿や 自分たちの取り分が減る!というプポ卿。 でも、- 『貴族が食べる人肉は、下々の者とは違うから危険だ』と。 そんな反対意見にもギーランは熱弁で返す。 下々のものがあってこその統治であり、民を守らないと鬼の繁栄はない。 鬼全体が滅びるのを防ぐためにも、自分たちが身を削るべきなのだ、と。 「まあ、落ち着こうぞギーラン卿」 「君の話は解った。 だが、皆の懸念も尤もである」 互いに平行線な議論がなされている中で、イヴェルク卿が口を開く。 そして、イヴェルク卿は「農園の整備の問題なので、もう少し様子見で」と結論を出し、反論を認めずに閉会した。 そのことに憤るギーラン。 皆が自分の保身のことしか考えていないから。 深刻な事態に陥っていることに気が付いていないと。 この事態を嘆くギーランを支えていたのが、当時ギーラン家の家臣だった、将軍ドッザでした。 高貴な血筋で、ふんだんに持つ富と知を惜しみなく領民に分け与えていて、一番飢饉の災禍を抑えられているのはギーラン領だと。 領民のことを思う素晴らしい領主だと、ドッザは言います。 「だがまだ全てを救えてはおらぬ…」 「されどお諦めてはなりませぬ。 蒔いた種はいずれ実ります。 救えます。 ギーラン様の儀は必ず届きます。 私もどこまでもお支え申し上げます」 「……ありがとう。 『領下の行商から耳にしたある噂。 それを調べに向かってほしい』と。 それはムジカ達、邪血の存在のことを言っていました。 ギーランは純粋に思っていた。 『彼らの力が本当なら、民の飢えを何とかできる…農園の今後にも役立てるかも』と。 しかし、彼の身に待ち受けていたのは破滅。 「ギーラン卿。 必死に身の潔白を訴えるギーランでしたが、そんなことはイヴェルク卿も女王も承知の上での裁量でした。 牢に入れられたギーランに、イヴェルク卿は言います。 「知っているよ」と。 ギーランほどの忠臣はいなく、謀反も企ててない。 全てはドッザの讒言で出まかせだと。 だけど。 「邪魔なのだ。 だが邪魔なのだ」 女王は『増えすぎた民が死ねば人肉は足りる』ので、何の問題もないと思っていると。 「な…に…?」 上に立つものとして腐っている考えに、ギーランも言葉を詰まらせる。 「腐っているのだよ。 陛下だけではない。 みんな腐っている」 「君の清さは目障りで、ドッザの濁りが丁度良かった。 渡りに船だったのだ」 そういって、イヴェルク卿はそのままギーランに処罰を与え、ドッザを五摂家の一員として新たに据えたのだった。 そんな700年前の出来事。 でも、 あっさり返討にあってしまう。 ギーランの強い強い憎しみの方が勝っていたのかもしれない。 大切で、かけがえのなかった家族も家臣もみな失って、彼の味わった700年はこんなものではなかったと。 「バイヨンの倅とノウムの末娘か。 恨むなら己が父母を恨むがよい」 「ハッ。 バイヨン卿とノウマ卿を一瞬で葬ったギーランが、今までとは違うことはよくわかった。 ドッザは五摂家の地位に胡坐をかかずに武人として自分を高めてきたので、油断も驕りもないと自負していた。 「いざ!!」 全力で葬ろうと向かって行ったが… ザクッ。 「頭が高ぇよ」 そんなドッザも、ギーランの部下の手によって一撃で首を取られてしまいました。 そして、落ちた首の核に短剣を突き立てる。 「てめぇまず「ごめんなさい」だろ。 ドッザ」 「あと2匹」 そんなギーランの復讐を気配を消して屋根裏の穴から見守っていたのはシスロとバーバラで、ノーマンに報告を入れています。 「よし、動け」 ザジと行動を共にしていたノーマンがそう指示したところで、第147話が終わります。 約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法 あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます! U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。 31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで 『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます! 無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます! 登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです! 伏線? イヴェルクも女王も腐っている。 だからラートリーとも手を組んで約束を結んだんですものね。 そんな中で正しすぎるものは邪魔になるって、今現代にも通じるものがありますね。 治世とは恐ろしい。 ドッザの自分は驕ってないは思いっきり小物感あふれるフラグでしたね。 しかもギーランではなく部下の手で一撃。 美味い人肉だけだと弱体化するのでしょうか。 お貴族様だから地の底をはいつくばって必死に生きてきたものには敵わないってだけか 摂取した高貴な脳がギーラン達をもとの力以上のものに戻しているのでしょうか。 部下も随分と人間対に近いスマートな姿になっていますし。 あとイヴェルク卿と女王のみになったので動き始めたノーマン軍が何を暗躍するのかが気になりますね。 約束のネバーランド147話感想 鬼の内乱に何とも言えない気持ちになった147話でしたが、ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね! ギーランなんだこの主人公属性。 普通に同情できるし応援したくなってしまう — 河の童 kawawawara ギーランの過去…これはきついな…善人が損をして悪人が蔓延る典型的なパターンだけど、良くしてあげていた家臣にまで裏切られるなんて… そして今現在、過去の善人さなんか微塵も感じられない、憎しみだけで復讐をしているのがとても辛い… それにしても強すぎないか…? — やっほー iDuXys9qk10EjEG 鬼は何百年も生きられるほど長生きだから、子孫繁栄とか次の世代に繋ぐって考えが全くないんだな。 自分が安泰であればいいんだ。 全体が良くならなくても、自分が利益を得られる環境を維持することが重要なんだ。 その辺が人間社会との違いかもな。 ノーマンの動きも期待できないしな。 エマが来るまでこのままか。 権力を得て世代を重ね、チェック制度がなければこんなもの。 天竜人状態。 — 鈴木宏 saxblue13 週刊少年ジャンプ2019年39号の掲載順をご紹介 39号はこのような掲載順になっていました。 上から ・夜桜さんちの大作戦 新連載巻頭カラー ・鬼滅の刃 ・ONE PIECE ・Dr. STONE センターカラー ・約束のネバーランド ・ハイキュー!! ・呪術廻戦 ・僕のヒーローアカデミア ・ブラッククローバー センターカラー ・ぼくたちは勉強ができない ・チェンソーマン ・アクタージュ ・神緒ゆいは髪を結い ・ボーンコレクション 読み切りセンターカラー ・ゆらぎ荘の幽奈さん ・サムライ8 ・トーキョー忍スクワッド ・ふたりの太星 ・ビーストチルドレン 作者コメント欄 で、19作品になっています。 『約束のネバーランド』今週の掲載順番は5番目です。 ここ5週の掲載順番は『5番、1番、3番、2番、11番(最新号から)』ですので、平均は変わらず4番です。 コミックス15巻が2019年8月2日 金 発売になりました。 125話「噓吐きの同盟」から133話「あそぼ」までの9話分収録です。 本誌掲載分よりもずっと美麗に改変された絵に、単行本にのみ収録されている番外編カットも楽しい。 みんなの日常や鬼側のオフショットが描かれているのも楽しいです。 15巻巻末にありましたが、すでに16巻の発売日も決定しているようで、 約束のネバーランドコミックス16巻は2019年10月4日 金 発売予定です!! 「約束のネバーランド」アニメ2期も制作決定ですね! 2020年公開予定ですので、ちょっと先になりますが・・・ワクワクして待ちましょうか。 アニメは終わってもラジオは続いたり、何かしら動きはアリそうですので随時追いかけてみようと思います。 公式Twitterでメディア系情報が続々出ています。 詳細気になる方は公式ページをチェックです。 公式Twitterピックアップツイート! 2018年4月からスタートした『約束のネバーランド』公式Twitterから気にあるツイートをピックアップ! 【WJ39号 裏・目次コメント】 今週は白井カイウ先生! 「俺、このネームが終わったら約束のテレフォンランドに電話するんだっつって全然全部掛けきれてない…!まだ全員と電話できてない!エマ達との電話あと4日とちょいです。 まだの方是非。 (個人的にはドッザのやられっぷりにはスカッとするものがあったり…) でも…憎しみに暴走しているからそれもまた微妙。 結局700年の月日はギーランのやさしい心をすり減らし潰して跡形もなくなったんですもんねぇ。 仮に復讐を果たした後も、結局は善い政治なんてできなさそう… そこまで先はまだ見据えてないのが正しい? イヴェルク卿と女王が残りましたが、国の深部まで知ってそうなこの2人がいれば、あとは首のすげ替えでどうにでもなるからって大した痛手には思っていなさそうな予感。 このラスボス?がどんなものなのか登場回数も少なめなので、これからの展開に期待です。

次の