松井証券評判。 【評判と口コミ】松井証券で5年投資してわかった6つのメリットをこっそり紹介!

投信工房(松井証券)の評判・口コミ・実績

松井証券評判

松井証券に口座開設するメリット• 業界最安!10万円までの株式・ETFの手数料0円• デイトレードで信用取引を行う場合、売買手数料が0円• NISA口座なら売買手数料が0円!• IPOは個人投資家にうれしい完全平等性!• 株主優待をお得に獲得するのに必須の一般信用取引ができる• 高機能なツールが無料で利用できる• プロも愛用するQUICKリサーチネットが無料!• 即時入金を使えば入金手数料は無料!出金は条件なしで無料! 業界最安!10万円までの株式・ETFの手数料0円 株式投資の初心者には分かりやすい手数料体系となっていて、他のネット証券では一回の約定代金毎に手数料が決まるコースと一日の約定代金合計で手数料が決まるコースがありますが、松井証券では1日の約定代金合計で手数料が決まるコースのみとなっています。 参考 しかも、約定代金が10万円までなら売買回数に関係なく現物株式・ETFの手数料は0円となっていて、手数料体系は下記のようになっています。 参考 デイトレードで信用取引を行う場合、売買手数料が0円 信用取引で新規で取引をして、その日のうちに反対売買を行う 一日信用取引の場合、約定代金がいくらでも売買手数料が0円となります。 信用取引とは? 現金や株式を担保として証券会社に預けることで、その担保の約3倍の取引が可能となる株式取引です。 信用取引には、返済期限が6ヶ月と決められている制度信用取引と、証券会社が自由に返済期限を決められる一般信用取引があります。 NISA口座なら売買手数料が0円! NISAは毎年120万円まで非課税投資枠が与えられる制度ですが、松井証券のNISA口座(ジュニアNISA口座含む)では、株式の買付時と売却時の手数料が無料となります。 NISAの非課税枠は年間120万円までですが、株式や投資信託などの売買益や配当・分配金は非課税となるお得な制度です。 参考 IPOは完全平等抽選で誰でも当選するチャンスあり! 株式投資初心者の方でも利益を出しやすいIPOは、資金が多い方や証券会社での取引実績が多い方などに優遇する証券会社もありますが、松井証券では抽選は完全平等抽選となっているので、誰にでも当選する可能性があります。 取扱い銘柄数はそれほど多くはないのですが、IPOはなかなか当選しないので、当選確率を増やすためには多くの証券会社で申込をすれば当選確率を上げられ、完全平等抽選なので普段取引してなくても当選する可能性があります。 参考 株主優待をお得に獲得するのに必須の一般信用取引ができる 株主優待をノーリスクで手に入れるには逆日歩が発生しない一般使用取引を利用することが必要ですが、一般信用取引ができる証券会社は数が少ないです。 その中で松井証券は一般信用取引ができるので、株主優待をお得に獲得したいのであれば是非利用してみてください。 参考 高機能なツールが無料で利用できる トレードツールは各社提供していますが、有料のものが多いのですが松井証券が提供する「ネットストック・ハイスピード」は 非常に高機能ながら無料で利用することができます。 特に板情報が下記のように見え、まさにプロのトレーダーのような情報量で取引することができるツールです。 下記のように1画面で複数の銘柄を監視できたりもします。 他にも1画面で投資情報も表示させることができたりと高機能なのに 口座開設したら無料で利用できます。 参考 口座開設・維持費用は無料の松井証券の詳細については公式サイトも確認してみてください。 >> (公式サイト) プロも愛用するQUICKリサーチネットが無料! QUICKリサーチネットとは、日本経済新聞社グループのQUICK社が提供している株式投資情報サービスで、同社の豊富な株式データやアナリストレポートなどを合わせて株式投資初心者にもわかりやすく作られた投資情報リサーチサービスです。 SBI証券やauカブコム証券でもQUICKリサーチネットを利用できますが、有料もしくは無料となるための条件を満たす必要があったりします。 松井証券なら特に条件もなく口座開設すれば無料で利用できますのでこれだけでも口座開設するメリットがあります。 参考 無料でQUICKリサーチネットを利用したい方はこちら! >> (公式サイト) 投資信託は100円から購入でき、購入時手数料は実質無料 松井証券では低コストなインデックスファンドはもちろん、取扱いファンド数は約900と様々な投資信託を取扱っていて、100円から購入できます。 アクティブファンドなどでは、購入時手数料が必要なファンドがありますが、購入時手数料は全額ポイント還元されるので実質無料で購入できます。 (消費税分を除き、ブルベア型投資信託は対象外) 即時入金を使えば入金手数料は無料!出金は条件なしで無料! 松井証券への入金方法は4種類あり、銀行振込入金以外は手数料が無料となっています。 ネットリンク入金対応金融機関は下記のように主要な金融機関に対応しています。 また、毎月27日に指定した金融機関から自動で引落し、松井証券の口座に入金するサービスである「定期入金」は、都市銀行、地方銀行、ネットバンクなど、全国100行以上の口座から指定可能となっています。 参考 松井証券 定期入金「」 松井証券のデメリット 元々は日本株式の取引に強い証券会社で、投資信託も取扱いを始め低コストなインデックスファンドなど取扱いがありますが、外国株式・ETFなどの取扱いがなかったり大手ネット証券と比較すると取扱い金融商品は少ないです。 まとめ 松井証券は、10万円までなら取引手数料が無料だったり、デイトレードでの信用取引なら手数料が無料だったりと、初心者の方から上級者の方までお得となる手数料体系をとっています。 特に 株式初心者の方や、ETFに投資を考えている方は10万円まで取引手数料が無料というのはもちろん業界最安値なので是非とも活用しましょう。 10万円といっても株式であれば下記のような有名企業を購入することができます。

次の

ネット証券会社の 口コミ と 評判 をまとめてみた

松井証券評判

松井証券とは 松井証券は、1918年に松井房吉により創設された証券会社です。 (創業当時は松井房吉商店) 1995年にインターネット証券に参入し、2001年8月には日本初の「インターネット取引専業の証券会社」として東証1部を果たしました。 株式を中心に取り扱いながら、手数料体系や各種取引ツールなどを他の証券会社に先駆けて開発・提供するなど、個人投資家からも評判を呼んでいます。 松井証券の特徴 業界初のサービスの先駆け 以下の表は、松井証券が業界で初めて導入したとされているサービスです。 さまざまな金融商品がある 松井証券は通常の現物株式だけではなく、IPO(新規公開株式)やPO(株式の公募・売り出し)、立会外分売など、様々な現物取引サービスを取り扱っています。 ほかにも、FXや信用取引などの与信取引、外貨MMFや債券・株式ファンドなどの投資信託、ETF(上場投資信託)やREIT(不動産投資信託)など、投資の選択肢が豊富です。 多様な注文方法がある 松井証券の現物株・信用取引では幅広い注文方法が用意されています。 通常の成行注文や指値注文、逆指値注文だけではなく、逆指値価格を自動的に追尾して価格調整をする「追跡逆指値注文」や、新規注文時にあらかじめ反対売買の予約注文も同時に発注する「返済予約注文」も利用することができます。 松井証券のメリット 現物・信用株式取引で1日50万円以下なら売買手数料無料 松井証券の現物・信用株式取引では、手数料体系として、取引所取引とPTS取引の1日の約定代金合計額により手数料を決定する「ボックスレート」というルールを採用しています。 ボックスレートでは、1日の株式売買の約定代金が50万円以下の場合、手数料が0円というメリットがあります。 (インターネット取引の場合のみ) 【投信積立について詳細を知りたい方はこちら】 ロボアドバイザー「投信工房」を活用できる 松井証券が提供しているロボアドバイザーの投信工房は、数ある投資信託からどれを選べばよいかわからない方にメリットがあるサービスです。 投信工房が用意している簡単な8つの質問に答えることにより、ロボアドバイザーがその投資家におすすめの投資信託や、ポートフォリオ作成(投資信託の組み合わせ)などを提案してくれます。 また、ポートフォリオの形成だけではなく、市況や投資家のタイプに合わせた定期的な見直し「リバランス」の提案まで行なってくれるのが特徴です。 投信工房は投資資金を入金してあとは全て自動的に運用がなされるロボアドバイザーと異なり、投資信託の組み合わせやリバランスなどの提案に留まるため、実際の購入などは自分自身で行う必要がありますが、その分の信託報酬などの各手数料が抑えられています。 【投信工房について詳細を知りたい方はこちら】 単元未満株は売却のみ対応 松井証券では、現物の単元株だけではなく単元未満株も取り扱っています。 しかしながら、購入はできず、売却のみとなります。 単元未満株の売買は、通常の現物株式とは手数料率や約定タイミングが異なるため、サービスを利用する際は各条件を確認しましょう。 6%(最低手数料なし)となっています。 注文受付時間 約定価格 約定反映時間 備考 09:00~10:59 前場の終値から一定の値を引いた差 11:45以降 値段が付かない場合や特別気配で前場が終了した場合は、11:00〜14:30の注文として引き継がれます。 そのため海外株式投資を行いたいという方は別の証券会社で口座開設をする必要があります。 取り扱いがない金融商品もある 松井証券は全ての金融商品を取り扱っているというわけではありません。 先述した海外株式の他に、海外ETF、国債・社債などの債券、金・プラチナなどの取り扱いがないため、注意しましょう。 松井証券の実績 創業100年で培ったノウハウ 松井証券はその前衛となる「松井房吉商店」が創業されてから、2018年5月で100周年を迎えました。 松井証券には第二次世界大戦やリーマンショックなど、さまざまな荒波を乗り越えてきたという実績があるといえるでしょう。 IPO投資の取り扱い数 松井証券のIPO投資の取り扱い数は、他のネット証券と比べるとそれほど多いわけではありません。 2017年に行われたIPOのうち、松井証券が取り扱ったのは10社でした。 【IPO投資について詳細を知りたい方はこちら】 松井証券の評判 豊富なツールと投資情報が用意されている 松井証券には、初心者から上級者まで、様々なレベルの投資家が利用できるツールが提供されています。 Webブラウザで利用できる注文ツール「ネットストック・スマート」や、デスクトップにインストールして利用するチャート分析・注文ツール「ネットストック・ハイスピード」などの、PCで利用できるツールも投資家のニーズに合わせていくつもの種類があります。 ほかにも、スマートフォンアプリの「株touch」、業界初のAIスピーカーを利用して株価情報や銘柄ランキングを案内する「株か教えて!by松井証券」などのツールが利用できます。 顧客満足度も高い充実したサポート 松井証券では、フリーダイヤルで利用できる「松井証券顧客サポートダイヤル」と、オンラインサービスログイン後の「問い合わせ・ご意見メッセージ」の2種類の問い合わせにより、サポートサービスを受けることができます 「松井証券顧客サポートダイヤル」は、HDI-Japan ヘルプデスク協会 が主催する2017年度問合せ窓口格付け 証券業界 において、最高評価である「三つ星」を7年連続で獲得した実績があります。 各キャンペーン情報を事前に確認 松井証券では定期的に口座開設キャンペーンが行われています。 口座開設キャンペーンには、キャッシュバックなどのプレゼントがありますが、各条件が設定されています。 松井証券で口座開設をする前に、各キャンペーン情報を事前に確認しておく必要があります。 【松井証券のキャンペーン情報はこちら】 各種情報を入力 キャンペーンを確認したら、実際に口座開設手続きを行ないましょう。 松井証券のWebサイトやキャンペーン専用URLより口座開設手続き画面にアクセスします。 続いて、「ご本人情報(氏名・生年月日)」、「住所」、「連絡先電話番号」、「お勤め先」、「取引情報」、「銀行口座情報」を入力します。 入力内容と後で送信する本人確認書類に記載されている情報に相違があると、口座開設手続きが不備になってしまう可能性があります。 本人確認書類や銀行の口座番号に誤りがないか確認しながら、各種情報を入力しましょう。 書類をアップロードして送信 各種情報の入力が完了したら、「本人確認書類」と「マイナンバー確認書類」の提出を行ないます。 あらかじめ運転免許証や健康保険証などの「本人確認書類」と、マイナンバー通知カードか個人番号カードいずれかの「マイナンバー確認書類」を撮影しておき、それぞれ必要な書類の写真をアップロードします。 最短4日で会員ログイン可能 オンライン上の口座開設手続きが完了したら、松井証券から送付されてくる郵便書類を待ちます。 書類には松井証券オンラインサービスへログインするための必要情報が記載されているので、それらを入力してログインすることで取引が開始可能となります。 送付されてくる書類は転送のできない簡易書留郵便のため、登録した住所から単身赴任先などに転送をかけていると、書類を受け取ることができず、取引ができない可能性がありますのでご注意ください。 まとめ 松井証券は業界初のさまざまなサービスを提供してきた歴史と実績ある証券会社です。 1日の株式売買の約定代金が50万円以下で手数料が0円であることに加え、取引に役立つ豊富なツールやサポートなども充実しているなどの特徴がありました。 口座開設を検討する際は自分自身の投資方針と合わせて確認しましょう。

次の

松井証券の評判は?メリット・デメリットや他証券会社との違いを比較

松井証券評判

松井証券 あの松井道夫社長が率いるのが松井証券です。 ちょっと変わったユニークな証券会社として知られていて、なんと10万円までの約定手数料が 無料なんです! 10万以下の株取引であれば、買い・売り共に手数料0円は驚きですね。 初めての株取引で大金を投入するのは勇気がいるモノです。 少額取引から株を始めたい人にとって、手数料などコスト面は重要になってくると思いますので嬉しい制度です!• 評判・口コミ 松井証券の 株式・投資信託は 評判はまずまずで、口コミ評価もまあまあですね。 人気・信頼性 歴史のある証券会社ですので、昔からの利用者の支持は当然多いです。 50代・60代など高齢者に人気のネット証券です。 分析・情報ツール 松井証券は無料で使えるツールが充実しています。 高機能トレーディングツールの「ネットストック・ハイスピード」ではマウスの操作だけでスピード感あふれる注文を実現することができます。 また、評価損益の自動更新機能が搭載にしているのも魅力的ですね。 さらに分析ツールに優れている「株式マーケットウォッチャー」では多様な銘柄分析が可能です。 その他、株価ボード、クイック情報、クイックリサーチネット、チャートフォリオ、銘柄ニュース、約定等の通知メールなど多彩なツールがあります。 サービスの充実 本格的に株式投資を始める人におすすめのネットストックトレーダー・松井証券ディーリング・ブラウザなどの有料ツールも充実しています。 また投資タイプ別のアドバイスや株主優待・デイトレードなのど取引の主旨別に取引方法を説明しています。 その他リモートサポート、障害時の対応、ツール利用の手引き、税制・相続税の手続きなどのサポート対応が充実しています。 取扱商品 国内株式・・・現物取引、IPO(新規公開株)、PO(公募・売り出し株式)、立ち合い外分売、預株制度、単元未満株、信用取引 投資信託・・・ETF(上場投資信託受益)、ETN(上場投資証券)、REIT(不動産投資信託)、米ドルMMF 先物・オプション・・・日経先物取引(ミニ含む)、日経オプション• 注文種類 成行、指値、逆指値、追悼逆指値• 約定手数料 指値注文 10万円まで:無料 30万円まで:315円(例外あり) 50万円まで:525円 100万円まで:1050円 1日定額コース 10万円まで:無料 20万円まで:315円 30万円まで:315円 50万円まで:525円 100万円まで:1050円• HPの操作性 松井証券ではネット証券の利用が初めての方でも簡単にホームページを操作できるようにマニュアルが用意されています。 株初心者の方でも悩むことなくスムーズに利用できるはずです。 口座開設の日数 オンラインと郵送の2つのパターンで口座開設することができます。 インターネットが苦手な人は郵送で手続きできるので安心です。 最短で4日程度で口座開設完了・取引開始が可能です。 松井証券の公式ホームページ HPでは最新情報の確認や無料資料請求・口座開設の手続きをすることができます。 なお、松井証券では口座開設・管理料の手数料は原則 無料となっています。 *上記の内容はできる限り最新の情報を提供するように更新していますが、内容に変更がある場合がございます。 正しい内容を確認するためには証券会社の公式ホームページをご覧ください。

次の