蜂窩 織 炎 フェレット。 蜂窩織炎とは(症状・原因・治療など)|ドクターズ・ファイル

フェレットなど野生動物に噛まれたら?蜂窩織炎ってどんな病気?│Comfort 〜「ああ、そうか」をあなたに〜

蜂窩 織 炎 フェレット

皮膚の傷から細菌が増殖して発症 大分県警によると、男性警部補は当時、大分市内の交番に勤務。 2002年6月26日、「近くの公園にフェレットがいる」との通報を受けて出動し、フェレットを発見して捕獲しようとした際に手をかまれました。 その年の9月、蜂窩織炎と診断され、その後は治療のため、休職と復職を繰り返しましたが、今年1月に大分県内の病院で亡くなりました。 41歳でした。 県警は死因を公表していませんが、地方公務員災害補償基金大分県支部が、かまれたことと死亡との因果関係を認めて、今年7月26日付で公務災害と認定しました。 「蜂窩織炎」について、獣医師の増田国充さんに聞きました。 蜂窩織炎とはどういう病気でしょうか。 増田さん「感染症の一つで、皮膚に生じた傷から細菌が増殖することで発症します。 原因となる細菌は、黄色ブドウ球菌と連鎖球菌が代表的で、表皮(皮膚の表面)の下の層である皮下組織を中心に問題が生じます。 人間の場合、顔や脚に発生しやすく、とりわけ肌の露出が多くなる夏場に多発する傾向にあります。 肌が赤くなったり、腫れたり、痛みや熱い感じが急速に拡大したりして、発熱や頭痛、悪寒、関節痛、全身のだるさなどを伴うことがあります。 治療は、原因となっている細菌を特定し、その細菌に効果を示す抗生物質を使います。 合わせて生じている症状があれば、それも同時にケアをしていきます。 ただ、病変が広い範囲で、さらに時間が経過している場合は改善しにくいことがあり、重症化することもあります。 致死率は、一般的にそれほど高くありませんが、持病がある人、特に免疫関連の病気がある人は注意が必要です」 犬や猫への感染は? Q. 人間も動物も蜂窩織炎になるのでしょうか。 今回はフェレットが話題になっていますが、猫や犬なども感染しますか。 増田さん「蜂窩織炎は人間に特化した疾患ではありません。 今回のニュースでは、警察官が感染、発症したことが大きな話題となりましたが、動物も蜂窩織炎を発症することがあります。 たとえば、犬の『若年性蜂窩織炎』は、幼齢期に体の外からのさまざまな要因に対する十分な免疫ができていないことによって、広い範囲で細菌感染による病変を生じるものです。 他の動物も蜂窩織炎を発症する可能性があります。 今回は、フェレットによるかみ傷からの発症でしたが、フェレットだけでなく他の動物にかまれても同様に感染症を生じる可能性があります。 野生の動物に限らず、ペットも感染する可能性はあります。 たとえば、猫同士がけんかしてかまれた場合、皮下で細菌感染をすることがあります」 Q. 今回、死因は非公表ですが、かまれたこととの因果関係は認められています。 蜂窩織炎になって、16年たってから死亡する場合もあるのでしょうか。 増田さん「蜂窩織炎は問題の生じている範囲の広さや、原因となっている細菌などによって治療に対する反応が異なります。 また、先ほどの説明通り、免疫に関連した持病を持っているか否かによっても回復の仕方が異なります。 蜂窩織炎は病変部の範囲が広い場合が多く、原因の一掃が難しくなります。 このため、時間が経過している状態ほど治療も大変になることが多いのです。 今回のように、16年経過して残念ながら亡くなってしまうことは、あまり多いケースとはいえませんが、あり得ます」 予防法と注意点は? Q. 予防法はありますか。 ワクチンなどはないのでしょうか。 増田さん「蜂窩織炎を生じる病原体は非常にたくさんあります。 従って、すべての蜂窩織炎を予防できるワクチンというものは残念ながら存在しません。 野生動物、あるいは家庭で飼育している動物にかまれないように注意することが予防法となります。 人間の場合は、主に夏場、皮膚を露出した脚で発生しやすいといわれます。 野山に入るときや田畑の作業を行うときに皮膚を出さないようすることも予防策となります」 Q. 動物にかまれたり、ひっかかれたりした場合の注意点を教えてください。 どのような場合に蜂窩織炎を疑い、受診すべきなのでしょうか。 増田さん「動物によって生じた傷(かみ傷やひっかき傷)が強い熱を持つ、痛みが強いといった違和感がある場合、あるいは全身の倦怠(けんたい)感や発熱といった症状も生じているようであれば、速やかに診察を受けましょう。 動物が被害を受けた場合もほぼ同様です。 かみ傷やひっかき傷は、今回の蜂窩織炎だけでなく、皮膚のある箇所に集中してうみがたまる『膿瘍(のうよう)』や、それ以外の感染症を引き起こす可能性があります。 また、不調が表に現れにくい場合があるため、気が付いたときには症状が重くなっていることもしばしばあります。 yahoo. 16年も苦しみ亡くなられたということは抗生剤も効かなくなり傷も化膿して治らなかったのでしょうか… フェレットが逃げたとかで捕まえて噛まれてしまったのでしょうけど警察官は本来人間の安全を守るお仕事なのでしょうけど逃げた動物を捕獲したりドブなどに落ちた動物を助けたりとか通報されたらなんでもやらないといけないので大変なお仕事だなぁと思ってしまいます。 飼い主も勝手に捨てたりしないよう責任をもって飼って欲しいです! まさかフェレットで命をおとすと思っていなかったでしょう、、、 ご冥福をお祈りいたします 最近読んだ記事で、米国で飼い犬になめられたオーナーが、犬の唾液中にあるバクテリアが傷口から体内に入り肢体が壊死し、変色し両膝から下と片腕を途中から切断しなければなかったとあった。 自分も飼い猫をうっかり踏んずけてしまうという事故を起こし、驚いた猫にふくらはぎの下方をブスリと爪を立てられ、腫れだし赤く熱を持って救急クリニックへ行くはめになった。 ちょうどアキレス腱の走る箇所で、激痛で歩行不能。 2種類の抗生物質が効かず、3種目を飲みつつ、もしかすると血の塊が出来ているかもしれないし、それはエコノミークラス症候群と同じことで命取りになるからと超音波検査までやられて、まともに歩けるようになるまで1週間以上かかった。 私はこれくらいで幸運と言わざるを獲ない。。 こんなお若い方が、長く体調を崩され、このような事が原因で命取りになるとは。。。 御家族の無念さはいかがばかりか。。。 心よりお悔やみ申し上げます。 管理人の率直な感想 不幸な事故です。 ご本人もフェレットに噛まれて死亡するとは夢にも思わなかったでしょうし、長い闘病生活の辛さは筆舌に尽くしがたい。 フェレット・・・可愛いですよね。 飼いやすいのでペットとしても人気です。 もともとペットとして飼われていて逃げたのか、捨てられたのかわかりませんが、野生化すると病原菌を持つ場合がある。 最初から完全室内飼いならば大丈夫でしょうけど、屋外屋内を行き来できる環境でペットを飼っていらっしゃる方は要注意です。 今は野良犬を見かける機会はありませんが、可愛いからといって安易に野良猫に近づくことも避けなければいけない。 すべての蜂窩織炎を予防できるワクチンが無いという現実は怖い。 病原菌って何で存在するんだろう。 なんて考えるわけですが、 野生生物と人間との一種の境界線なのかもしれません。 警官を噛んだフェレットだって、自分の身を守ろうとしただけで、たまたま病原菌を持っていただけ。 不幸としか言いようがない。 人間だって、動物を虐待する心無い者が存在する。 野生生物との「共存」とは僕らが考える以上に難しいものであって、必ずしも必要なものではない気がします。 それぞれのテリトリーがあり、それぞれの生活をしている。 もちろん心優しい飼い主さんが現れるのであれば動物にとって幸せなことですが、野生動物にそんなことは予測できない。 警官がなくなった件は本当に悲劇としか言いようがないです。 ご自身はもちろん、現在ペットを飼っていらっしゃる方には感染しないよう是非気を付けていただきたいと思います。

次の

フェレットに噛まれ長期闘病の末に41歳で死亡した警察官…感染症「蜂窩織炎」どんな病気?

蜂窩 織 炎 フェレット

原因 人間の皮膚は細菌などの外敵に対して非常に強力なバリアとしてはたらき、細菌の侵入を防いでいます。 しかしこの強力な皮膚のバリアがなんらかの理由で破られてしまうと、そこから細菌が侵入して感染が起こります。 皮膚のバリアが破られてしまう理由には、下記のようなものが挙げられます。 や擦り傷など皮膚に傷がついている• やその他ののために皮膚のバリア機能が弱っている• ()や(白癬)のために細菌が増殖しており、かつバリア機能が弱っている その他の原因として、過去に手術(特にリンパ節を取り除く手術)を受けた方の場合、繰り返し蜂窩織炎にかかることがあります。 また、免疫の機能が低下している方の場合(の方、HIV感染のある方、抗がん剤による化学療法を受けている方など)にも蜂窩織炎にかかりやすくなります。 原因となる細菌としては、と黄色ブドウ球菌の2種類が一般的です。 これらはどちらも私たちの生活環境に生息する菌で、いたるところに存在しています。 症状 蜂窩織炎にかかった部位は、皮膚が赤く腫れて熱をおび、触ると痛みを感じます。 蜂窩織炎は足に発症することが比較的多いですが、足以外のさまざまな部位の皮膚にも起こります。 炎症が広範囲に及んだ場合は、発熱、寒気、関節痛、だるさといった全身症状を伴うこともあります。 免疫機能が低下した方の場合、細菌感染が脂肪組織から全身に広がり、重い感染症()に進行することもあります。 蜂窩織炎と初期症状が似た疾患として 壊死性筋膜炎 えしせいきんまくえん があります。 細菌感染である点は同じですが、皮膚症状が数時間のうちに急速に拡大し、皮膚の紫色の変化や水ぶくれが起こります。 これは治療が遅れると命にかかわる疾患で、緊急手術による治療が必要であるため、両者を慎重に区別することが重要です。

次の

蜂窩織炎って?フェレットに噛まれて死ぬ?17年闘病の警察官の話の疑問点|フェレット大学 フェレットの飼い方・種類・寿命・しつけ・基礎知識

蜂窩 織 炎 フェレット

前回は 蜂窩織炎の 抗菌薬選択を中心に解説しました。 今回は蜂窩織炎の経過の見方について触れたいと思います。 感染症診療の原則は蜂窩織炎に関しても変わりません。 熱や炎症所見だけで判断せず、必ず臓器特異的なパラメーターを熱や炎症所見と合わせて判断してください。 蜂窩織炎の臓器特異的なパラメーターというのは、当然、皮膚所見になります。 熱や炎症の改善がなく、皮膚所見が増悪する場合には「それまでの治療法では効果が乏しい」と判断するのですが、そこも1つ重要なピットフォールがあります。 治療を始めて2日間は、抗菌薬が効いていても一見、皮膚所見が悪化して見えることがありますので注意が必要です。 ただし、3日間観察すれば、ほとんどの症例で皮膚所見の改善があります 1)。 故に外来でみる軽症の蜂窩織炎ではバイタルが安定していれば、3日間は観察の期間と考えましょう。 もちろん、もし1~2日のうちに皮膚所見のみならず、血圧低下や意識障害が認められるならば、 壊死性軟部組織感染症や トキシックショック症候群などを疑い、速やかな病院搬送が必要です。 3日経過しても、いまひとつ皮膚所見が改善しないと感じたならば、いきなり耐性菌を考えて抗菌薬を変えるのではなく、まず以下の3点を考えてみてください。

次の