リンパ マッサージ。 福岡県のリンパマッサージが人気のサロン

リンパマッサージが人気のサロンをご紹介|ホットペッパービューティー

リンパ マッサージ

リンパとは、内臓や筋肉など体のいたるところにあるリンパ管を通る体液のことで、リンパ液とも呼ばれます。 リンパは体の中の老廃物や余分な水分の排出を促したり、体を細菌などから守ったりする働きがあります。 リンパが詰まって流れが悪くなると細胞の中に老廃物などがたまり、むくみやこりの原因になったり、肌に影響を与えたり疲れなどが起こったりします。 リンパマッサージは、手や器具を使って肌の上から適度な刺激を与えながら、リンパ液の流れをうながし、いらなくなった水分や不要物のスムーズな排出を促すようにします。 リンパマッサージは、美肌やダイエット、デトックス、小顔のほか、脚のスタイル改善、余計な脂肪の解消など、美容に効果があると言われています。 また、免疫機能を高めて疲労回復や肩や首のこりの解消、冷えなど健康維持にも役立ちます。 さらに、マッサージによるリラックス効果が得られ、ストレス解消も期待できます。 リンパマッサージができるサロンの中には、サロンによって岩盤浴やサウナ、ゲルマニウム温浴などさまざまなオプションがついているサロンや、痩身や美顔、アロマトリートメントなどがセットになったオリジナルメニューを用意しているサロンがあります。 例えば、 ・体の12経絡(けいらく)にも働きかける経絡リンパマッサージができるサロン ・小顔や美肌を目指す人にうれしいフェイシャルのリンパマッサージができるサロン ・その日の体調や気分に合わせてリンパマッサージにフェイシャルやボディなどのメニューを組み合わせられるオーダーメイドコースがあるサロン ・こりの深部にまで働きかける力加減の強いリンパマッサージなどのメニューがあるサロン など、数ある中からあなたに合ったサロンが見つかるでしょう。 健康維持のためだけでなく、美肌やダイエットなどにこだわりたい人には、オプションやセットメニューのあるサロンがおすすめです。 またリンパマッサージは、体質や生活習慣などで個人差がありますが、定期的に通うことをおすすめします。 サロンと自宅でのマッサージをうまく使い分けると、より効果的にリンパの流れが改善され、健康維持につなげることができるでしょう。 太ももの付け根や鎖骨リンパ節など、詰まりやすい部分は自分でも毎日簡単なマッサージをするようにして、気になる症状が出てきたときや、リフレッシュをかねてマッサージを受けたいときにサロンへ通うなど、予算や体調に合わせて工夫してみるのもおすすめです。 サロンでの施術は、リフレッシュや美容効果が期待できるメニューと組み合わされていることも多いので、目的に合わせて上手に活用しましょう。

次の

リンパマッサージの効果の高い方法!15のやり方を簡単にお家で

リンパ マッサージ

「顔のむくみが気になる。 自分で顔のリンパマッサージをやってみたい」 「でも、やり方に何かルールはあるのかな?」 あなたは今、そんなふうにお考えではありませんか? エステサロンに行きたいけど、毎日忙しくて時間もないし、お金ももったいない。 もし、顔のリンパマッサージ が自分で手軽にできて、しかも効果があるならうれしいですよね。 そんなあなたに朗報です! 「効果的な顔のリンパマッサージは、自分でもできます!」 この記事を読めばそのやり方が良くわかります。 しかも、 リンパマッサージに必要な時間は、たったの3分。 それだけでむくみがとれるだけでなく、シミ、シワ、たるみなどの肌トラブルを防ぐ効果も期待できるのです。 今回は、 イラストを交えてわかりやすく顔のリンパマッサージのやり方から、注意するポイント、人気のマッサージオイルやクリームまでご紹介していきます。 リンパの流れが良くなると、免疫力も高まることが医学的にもわかっています。 美容にも健康にもいいリンパマッサージを、さっそく自宅で試してみましょう。 リンパは常に流れているので、日頃からこまめにマッサージをして、むくみの原因となる老廃物を溜めないことが何より。 ぜひやってみてくださいね。 顔のリンパマッサージ のことを深く理解して、引き締まった美しい小顔を手に入れるために、この記事がお役に立てば幸いです。 【イラスト図解あり】自分でできる!小顔になるための効果的な顔のリンパマッサージ むくみをとって小顔になりたいときや、シワ、シミ、たるみなどの改善に、顔のリンパマッサージはオススメです。 マッサージでリンパや血液の流れを促進すれば、老廃物の排出が進んで、栄養や酸素が細胞のすみずみまで行き渡るようになり、肌が活性化することが期待できるからです。 リンパは静脈に沿って体中に網の目のように走っていて、常に老廃物を回収しながら体の中をゆっくり流れていますが、血管に対する心臓のような大きなポンプ機能がないので滞りがちです。 1回3分、1日1〜3回までの優しいマッサージで、リンパの流れを助けてあげましょう。 ハリ・ツヤがある明るい素肌はもちろん、肩こり、眼精疲労の改善効果も期待できます。 また、リンパマッサージをすると細胞が活性化して免疫も強くなるといわれています。 美容と健康に一石二鳥。 ぜひリンパマッサージを毎日の習慣に取り入れていきましょう。 それでは、誰でも簡単にできる顔のリンパマッサージについてご説明していきます。 1-1. ここが重要!顔のリンパマッサージの基本ルール 顔まわりの重要なリンパ節は、「耳下腺」「顎下腺」「鎖骨」にあります。 リンパマッサージをするときは、リンパの流れにそって、顔の中央から左右の「耳下腺」「顎下腺」へ流し、そのまま首へ下ろして、鎖骨まで持っていくのが基本になります。 リンパが全身をめぐって最後に静脈と合流する静脈角が、左右の鎖骨の下にあるからです。 静脈角を「最終出口」として、そこまでしっかり老廃物を流すイメージを持ちながらリンパマッサージを行なってみましょう。 1-2. 効果を高めるためにやるべき準備とウォーミングアップ 準備とウォーミングアップを正しく行ないましょう。 より効果が出やすくなります。 【準備】 ・手は清潔にして、両手をこするなどして温めておく。 ・朝の洗顔後、もしくは夜のお風呂から出た後、化粧水をつけ、マッサージオイルかクリームをつける。 リンパの最終出口である鎖骨まわりや顔周辺を温めることで、リンパの流れが一段と良くなります。 同様に反対側も行う さらに時間があれば、首をぐるぐる左右に各5回まわしたり、肩を前後に各5回まわしたりしてください。 以上でウォーミングアップは終了です。 1-3. デイリーはこれだけでOK!【基本の小顔マッサージ】 毎日の習慣にオススメの基本のマッサージです。 むくみが消えて顔が小さく、ラインはスッキリ、目鼻立ちもクッキリしてくる効果が期待できます。 1-4. ピンポイントの不調に【集中ケアマッサージ】 ここからは、とくに気になる不調にアプローチするマッサージをご紹介します。 1-4-1. 同様に反対側も行なう 1-4-5. 1日に行うマッサージは3種類まで! 1日に行うマッサージは、ウォーミングアップをのぞき、3種類までにしてください。 顔の皮膚はとてもデリケートなので、やり過ぎも負担になるからです。 1回でたくさん行うより、コツコツ継続するがオススメです。 1-5. 効果を感じるのは1週間後から 早ければ1週間、遅くても1カ月くらいで効果を実感する人が多いようです。 リンパマッサージを続けるとむくみが消えて目鼻立ちがハッキリしてきやすいので、『「整形した?」と友だちに聞かれた』というエピソードも聞かれます。 効果を楽しみに毎日、少しずつ続けてみてください。 効果が出るのが遅い人は、暴飲暴食、深酒などしていないか振り返ってみましょう。 内臓の疲れが顔に出やすいからです。 睡眠もしっかりとるようにしてみてください。 効果アップ!顔のリンパマッサージの4つのポイント 顔のリンパマッサージの効果をよく出すためにはコツがあります。 以下の点を頭に置いて行なってみてください。 夜ならお風呂の中やお風呂の後で行なうのがオススメです。 リンパマッサージは、血行が良い状態でリラックスして行なうとより効果が出やすいからです。 手を清潔な状態にしておくことも忘れないようにしましょう。 力を入れて摩擦すると肌に負担がかかり、シワ、シミなどの原因になることもあるからです。 リンパは表皮の下を流れているので、さするだけで充分流れます。 自分を優しくいたわるようにマッサージしてあげましょう。 血流やリンパの流れは関連性があるので、他部位の老廃物の滞りが顔色をくすませることがよくあるからです。 顔のマッサージついでに首を回したり、頭皮をもんだりすることで、いっそう顔色が明るくなる効果が期待できます。 マッサージで流れた老廃物を体の外に排泄しやすくするためです。 ほぐした老廃物外に出さないと、逆に体調が悪くなることもあります。 マッサージで流れが良くなっているうちに、常温の水や白湯等で押し出していきましょう。 気をつけないと逆効果!顔のリンパマッサージの4つの注意点 顔のリンパマッサージで効果を出すためには、いくつかの注意点があります。 やり方を間違うと逆効果になることもあるので、以下のことを守ってください。 すべりが良くなることでマッサージの刺激を軽減してくれるからです。 しかもマッサージをすると血行が良くなるので、オイルやクリームの有効成分の吸収率も高まり、より効果的です。 オイルやクリームはタイプがいろいろあります。 用途や自分の肌質に合ったものを選んでください。 (「3. なぜなら長い時間行うと、マッサージの摩擦が肌の負担になり、たるみ、シワ、シミの原因になることがあるからです。 顔の皮膚の厚みは0. 02ミリ程度しかなく、とてもデリケートなものです。 やり過ぎは老化を早める場合もあるので注意しましょう。 マッサージをすると血行が良くなるので、胃腸にまわるべき血液が分散してしまい、消化に良くない場合があります。 また、飲酒後にリンパマッサージをすると、アルコールの体に良くない成分も全身にまわりやすくなります。 リンパマッサージは朝の洗顔後、夜はお風呂の中やお風呂上がりがオススメです。 血行が良くなることで、症状が重くなることがあります。 体調不良時は基本NG。 好転反応ではないと思います。 ウイルス等とリンパの免疫細胞が戦っているところをマッサージで邪魔してしまうことで悪化する場合もあります。 リンパマッサージは体調が良いときに行ないましょう。 オイルは主に表層に働きかけて肌を保護し、クリームは浸透力で有効成分を肌の奥に届けます。 商品もさまざま、テクスチャーや香りなどの使い心地から、美白やアンチエイジングなどの有効成分、値段も幅広くあります。 デイリー使いにまずお手頃なものを1本持ち、あとは肌の状態に合わせて使い分けてみてください。 すべて通販を行っているので、さっそく試してみてください。 使用上の注意を守ってお使いください。 4-1. フェイスマッサージオイル オススメ5選 加齢や乾燥で硬くなった肌を柔らかくして潤いを与えたい場合は、オイルがオススメです。 オイルは肌の表層の細胞間に入り込み、水分が蒸発するのを防いでくれるからです。 年齢とともに皮脂量が減ってくると、肌の表面を被う脂のカバーがなくなり、水分がどんどん蒸発してしまいます。 天然成分の高いマッサージオイルを使って肌に栄養をあげながら、潤いをキープしていきましょう。 朝、化粧前にオイルを使用すれば肌に輝きが生まれ、流行のツヤ顔もつくれます。 マッサージオイルは天然成分が高いピュアなものが人気で、髪や全身にも使えるものが多くあります。 おトクに全身ピカピカになりたいなら、まずはオイルを1本持ってみるといいでしょう。 1の商品です。 肌馴染みが良く、少量で1日潤うとの口コミが多数。 無香料、無着色、アレルギーテスト済みで、顔、髪、全身に使えます。 無印のオイルシリーズはホホバのほかに、オリーブスクワラン、ローズヒップ、アルガン、スウィートアーモンド、オリーブ等があります。 全身マッサージ用のオイルもあります。 オリーブ果実油、ツバキ種子油、ユズ種子油、コメヌカ油と20種類の和漢・植物エキスがハリと透明感をもたらします。 98%が自然由来成分。 負担になる成分は一切無添加で、界面活性剤も使っていません。 美容成分とオイルの二層式なので、よく振って使ってください。 1 ハーバー 高品位「スクワラン」 出典: 精製を繰り返して不純物を取り除き、純度99. 9%を実現したスクワラン100%オイルです。 1983年の発売以来、数々の有名美容雑誌・サイトで話題になり続け、現在(2019年2月)も購入制限がかかるほどの人気ぶりです。 スクワランはもともと肌にある潤い成分で、肌のバリア機能に深く関係しています。 「ハーバーのスクワランを使い続けると乾燥やシワが目立たなくなり、肌がもっちりする」と好評です。 こちらは「ニキビが減った!」「ニキビ痕が薄くなった!」という声も多い、有名美容サイトで殿堂入りを果たした100%天然由来成分のオイルです。 ドイツの老舗・クナイプの商品は自然環境に優しく、「NATRUE」の最高ランクの「オーガニック化粧品」の認証を取得しています。 顔はもちろん全身にも使え、サフラワー油、オリーブオイル、グレープフルーツ果皮油の力で肌のターンオーバーを整えます。 アルガンオイルのオレイン酸やリノール酸、ステロールなどの美容成分がふっくらとしたハリ肌へ導きます。 洗顔後すぐ使うことで、アルガンオイルが化粧水やクリームの潤いを抱え込むブースターの役割をします。 口コミでは「トラブルがなくなってキメが整った」等、肌のベース力が上がったという声が多くあります。 自然由来100%、化学成分不使用で、顔だけでなく髪や全身にも使えます。 価格:50ml 3,888円(税込) 4-2. フェイスマッサージクリーム オススメ5選 顔のマッサージをクリームで行なうときは、「フェイシャルマッサージクリーム」を使うか、「のびの良い美容クリームやクレンジングクリーム」を使うのがオススメです。 一般的な美容クリームの中には、指のすべりが良くないものもあるからです。 マッサージの肌への負担を減らし、新たなシワやシミをつくらないためにも、なるべくマッサージ専用のものを使いましょう。 そしてマッサージクリームは、デイリーに値段を気にせず使えるコスパの良いものと、リッチなものの2種類を持っておくと便利です。 「明日までに顔の肌を回復させたい!でもサロンに行く時間もない!」というときには、アンチエイジング等の有効成分がたっぷり入ったリッチなクリームを多めに使ってマッサージしてあげると、相乗効果でいつもより素早く肌にハリと潤いが戻るでしょう。 それでは、デイリー使いから特別な日のマッサージクリームまで、人気商品を幅広くご紹介しましょう。 クリームに厚みがあり、集中保湿でハリと弾力を与え、透明感がある肌へ導きます。 口コミでは「このクリームでスック独自の『顔筋マッサージ』すると小顔になる!」「肌が明るくなった」との評判があります。 顔筋マッサージはデパートの売り場で行なってもらうか、下記のサイトで動画を見ることができます。 マッサージクリーム 出典: 有名美容雑誌で2018年度のマッサージ部門1位を獲得した商品です。 希少な黄金繭から独自の開発製法で抽出した「ゴールデンLP(加水分解シルク)」を配合。 ハリと弾力のある肌を目指します。 リッチな使用感と癒しフローラルウッディの香りに「高級エステに行った気分になる!」とハマる人が増えています。 下記のサイトでマッサージ動画もあります。 指のすべりがよく、軽いタッチでするするマッサージができます。 メイクにもよくなじんで、汚れ落ちもバッチリです。 300gと大容量でこのお値段なのでデイリー使いに人気があり、「敏感肌でも使えて、肌もふわふわになる」「トーンが明るくなった」と評判です。 秋冬の季節やしっとり保湿がしたい方は、マッサージクリーム(100g 700円)もオススメです。 ぷるんとしたジェリーの感触で気持ちよくマッサージが楽しめます。 アルビオンにはマッサージクリームが複数あり、冬虫夏草エキスやマツエキス配合で、肌内部の不要物を積極的に排泄する細胞の動きを活発にする「エクシア アンベアージュ マッサージ(80g 18,000円)」等も人気があります。 1950年にパリの皮膚科専門医の処方から生まれたベストセラーのクリームで、トリートメント効果と保湿効果に定評があります。 ミツロウやシアバター、アロエベラ、ダイズタンパク等を使ったシンプルな成分で、敏感肌の人も安心して使えます。 マッサージのほか、保湿クリーム、化粧下地、クレンジングにもなるスグレモノです。 価格:75ml 3,024 税込 、30ml 1,620円 税込 、15ml 918円 税込) 以下の記事もおすすめです。 興味があればぜひ読んでみてください。 関連記事 5. 短期間に劇的に効果を出したいならサロンがオススメ 「週末に友だちの結婚式がある!」「合コンまでになんとかしたい!」など、急いで効果を出したい場合は、リンパマッサージサロンに行くのがオススメです。 プロは知識も技術もあって、経験も豊富なので、セルフとは効果の出方がまったく違うからです。 サロンをオススメする理由と、優良サロンの選び方をくわしくご説明しましょう。 5-1. セルフよりサロンの方が効果が出る4つの理由 サロンの施術がなぜセルフよりいいのか、その理由をまとめてみました。 それは施術者が専門の知識と経験から状態を判断し、その人に合わせた手技(リンパの流し方、手の圧のかけ方、指の動かし方)でマッサージを行なってくれるからです。 例えば、人間の体には約800カ所のリンパ節があり、正式なリンパマッサージでは部位によってどこのリンパ節に向けて流していくかが決まっています。 これを間違うとリンパの流れに逆らうことになり、逆効果になることもあります。 この細かいリンパの流れを把握し、効果的な順番や力加減でマッサージができるのは、やはりプロならではの技術なのです。 自分でさまざまな種類のマッサージオイルやクリームを揃えるのは大変です。 サロンであれば、選りすぐりの質の良いものが揃っていますし、その時々の肌の状態に合ったものを選んでもらえるので安心です。 顔の肌の不調が、実は頭や肩などほかの部位の緊張から来ていることはよくあります。 効果が出るさまざまな処置を、必要に応じて行なってもらえることもサロンの利点です。 それは「人にマッサージを行なってもらうと副交感神経が優位になって、血管やリンパ管が開き、血液やリンパの流れが良くなる」ということです。 人にマッサージしてもらう気持ち良さは格別ですね。 実はその心地良いリラックスが、医学的にも体に良い効果をもたらすというわけです。 心にも体にも良い効果をもたらすサロンの施術。 一度サロンに行ってプロの技を体験しておくのは、セルフマッサージの勉強にもなるのでオススメです。 5-2. 良いリンパマッサージサロンの選び方 これだけ効果が高いリンパマッサージサロンですが、サロン選びは慎重に行なう必要があります。 なぜなら、リンパマッサージには公的な資格がないため、サロンによって技術に差があるからです。 この章では、優良サロンに多い共通のポイントをご紹介します。 ぜひ以下のポイントを参考にサロンを選んでみてください。 日本のリンパマッサージサロンの業態はさまざまで、リンパマッサージ専門店から整体などと兼業で行っている店まであり、施術者も医学を学んだ人から経験の浅い方までいます。 リンパマッサージサロンに行く前に、必ずホームページでサロンの詳細を確認しましょう。 また業歴が長いというのは、ある程度の力がある証明になります。 料金の目安は、地域によりますが10分1,000〜1,200円くらいが平均です。 リンパマッサージの途中で「これもやっておくといいですよ」とオプションを進められた場合は、その場で値段を訊いてください。 気軽に追加を頼むと料金が予想以上にかさむこともあるので、注意しましょう。 なぜなら民間のリンパマッサージはあくまでリラクゼーションのひとつなので「絶対効きます」とはいえないからです。 派手な宣伝表現を使うサロンは、商売の意識が高い傾向があるので注意しましょう。 知識の浅い人は、どこかで聞いたような一般的な知識はいえますが、「それはなぜですか?」と深くつっこむと、答えられないことが多いものです。 「それはなぜですか?」と訊いてみて、的確に答えられる施術者がいるサロンに行きましょう。 初めて行ったサロンで回数券をすすめられても、乗り気でなかったら「1回様子を見てみます」といっても問題ありません。 以下の記事もおすすめです。 興味があればぜひ読んでみてください。 関連記事• リンパマッサージは1回3分、1日1〜3回まで• 体が温まっているお風呂の中やお風呂上がりがベスト• 力を入れず、優しくさする程度で行なう• 耳の下や鎖骨まわりに向かって流すのがポイント• コスパ良くしたいなら、全身使えるオイルを1本持つのがオススメ• 余裕があれば、美容効果のあるクリームも揃える• 短期間に効果を出したいならサロンがオススメ …でした。 毎日3分のリンパマッサージでイキイキ小顔になっていただきたいです。 リンパマッサージは自分でも行えるものの、熟練のプロの施術はやはり違います。 力を抜いてリラックスしたところを、優しく、それでいてしっかりとリンパを流してもらうことは、至福のリラクゼーション体験になるでしょう。 ぜひ一度リンパマッサージにトライしてみませんか?マッサージ・リラクゼーションサロンの検索・予約サイト『EPARKリラク&エステ』なら、お近くのリンパマッサージサロンを探すことができます。 さらに 施術が割引になるキャンペーンや、新規のお客さま限定のお得なクーポンも利用できます。 気になった方は以下のボタンから『EPARKリラク&エステ』のページをご覧になってみてください。

次の

首のリンパマッサージで首こり・肩こりを改善!効果的な方法を解説

リンパ マッサージ

リンパマッサージに国家資格は必要? リンパマッサージはエステサロンのメニューにもありますが、リンパ浮腫などを治療するためのリンパマッサージを行う場合は国家資格が必要です。 ただしリンパマッサージ自体には国家資格はなく、リンパマッサージの資格を取得するための条件として医師、看護師、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ指圧師などの国家資格が必要となっています。 この条件を満たした上で取得できるのが、民間資格となるリンパマッサージです。 不規則な生活習慣によって起こるリンパの滞りにアプローチするリンパマッサージは、年々需要が高まっている施術です。 その施術を医師の診断および指示に基づいて治療として行うリンパトレナージは、今後さらに需要が求められていくことが考えられます。 専門的な知識を持ち、より効果的な施術を行えるセラピストになるためには民間資格が必要です。 民間資格はたくさんの団体が認定を行っているので、自分に必要なカリキュラムを受講できる団体を見つけましょう。 リンパマッサージの民間資格の中で代表的な3団体をご紹介します。 医療リンパドレナージセラピスト 医療リンパドレナージセラピストは、医師の診断や指示に基づいて、患者・家族への生活指導や、リンパ浮腫の複合的理学療法を行う施術者です。 医療リンパドレナージセラピストになるには 資格を得るには、複合的理学療法に関しての知識と技術を習得できる、医療リンパドレナージセラピスト養成講習会を受講します。 資格取得の条件 医療リンパドレナージセラピストの資格取得には、「日本医療リンパドレナージ協会」が主催している「医療リンパドレナージセラピスト養成講習会」として、初級・中級の2段階の講習を受講し、修了試験に合格することが必要です。 尚、講習会の受講には、前提として医師・正看護師・理学療法士・作業療法士・あん摩マッサージ指圧師の国家資格を持っていることが条件になります。 また、資格取得後はさらに継続研修を受け、医療リンパドレナージ上級セラピストの資格取得を目指すことも可能です。 資格取得までの流れ まずは初級講習会(理論3日・実技7日)に参加します。 その後、中級講習会(理論2日・実技8日)の修了後に、筆記・実技・口述の3種類からなる修了試験を受け、合格すれば資格取得です。 費用・難易度 学ぶべき内容は多いものの、講習会の講師には専門医や認定講師があたり、理論的に学べるため、真剣に授業へ取り組めば決して資格取得が困難な試験ではありません。 費用は、一般で税込54万円、学生で税込43万2千円となっています 消費税率8%。 リンパ浮腫セラピスト 国際リンパ学会で治療と認められた複合治療を行うのがリンパ浮腫セラピストです。 リンパ浮腫セラピストになるには 現在認定している機関は日本ライフプランニングセンターとリンパ浮腫療法士認定機構です。 座学45時間以上、実技90時間以上のカリキュラムを終了後、座学33時間、実技67時間以上の新・リンパ浮腫研究を受講後、認定試験に合格すれば資格を習得できます。 MLD認定セラピスト MLD認定セラピストは、MLD(マニュアル・リンパ・ドレナージュ)の知識やスキルを習得することで認定されます。 MLD認定セラピストになるには MLDは解剖生理学の知識か国家資格を有するなど厳しい受講条件がありますが、開講されているコースを履修した方、500時間以上のマッサージの実務、スクールを修了した方などでも受講可能です。 カリキュラムは理論と実技で6日間(40時間)のベーシックコースを受講すれば取得出来る資格となっています。 その他の国家資格を持っていることが取得条件の資格 日本リンパ浮腫治療学会認定リンパ浮腫療法士 リンパ浮腫療法士とは、リンパ浮腫の複合的治療を中心として、専門的な知識・技術を有している、日本リンパ浮腫治療学会認定の専門医療従事者です。 資格取得には、資格試験の受験資格を得た上で申込手続きを行い、改めて書類選考と資格試験に合格することが必要です。 受験資格を得るには、まず以下の4つの要件を全て満たしている必要があります。 日本における医師・看護師・理学療法士・作業療法士・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師のいずれかの資格を有していること。 上記の資格取得後、それぞれの資格に基づく2年以上の実務経験を有していること。 リンパ浮腫治療に関する研修を終了していること。 3の研修終了後に、所定の医療施設でリンパ浮腫の実施症例を最低5例以上経験していること。 尚、認定登録時には、日本リンパ浮腫治療学会会員として年会費を納めていることも必要です。 受験料は1万5千円、試験合格後の認定登録料は2万円となっています。 ICAA認定リンパ浮腫専門医療従事者 ICAA認定リンパ浮腫専門医療従事者は、リンパ浮腫の患者へ、チーム医療の一員として、リンパドレナージやスキンケア、日常生活の指導といった治療を行う専門家です。 リンパ浮腫専門医療従事者の資格を取得するには、まず医師・看護師・理学療法士・作業療法士の内、いずれかの国家資格を持っていることが前提になります。 そしてその上で、一般財団法人ライフプランニングセンター「がんのリハビリテーションセミナー新・リンパ浮腫研修」と、ICAA認定リンパ浮腫専門医療従事者育成講座の両講座を受講し、認定試験に合格することが必要です。 尚、ICAA認定リンパ浮腫専門医療従事者資格は、保有している国家資格によって、それぞれリンパ浮腫専門医師・リンパ浮腫専門看護師・リンパ浮腫専門作業療法士・リンパ浮腫専門理学療法士に分かれています。 まとめ ここで紹介した資格は、医師や看護師など医療従事者のみが取得可能となっていますが、手軽にリンパマッサージを学べる場所として多くのスクールや専門学校が存在しています。 リンパ療法学院は、実践的な技術を手軽に学べるだけでなく、開業までに必要なノウハウも提供しているので卒業後に独立を考えている方も安心して通うことができます。

次の