原田 奈月。 出口汪の「最強!」の論理的に読む技術

教室のご案内:スタッフ紹介

原田 奈月

事前の予約はできません 再来:予約システムがありますが、11時半までの受付では予約外でも診察します。 通常の診察受付は、7時50分から11時30分までです。 診察開始は9時からです。 急患:眼科外来に電話でご連絡ください。 随時対応します。 診療内容 対応可能:一般眼科、眼鏡作成、ボトックス注射療法、VEGF阻害剤硝子体内注射、弱視治療 手術対応:白内障(原則入院対応のみ、片岩3日間入院)、緑内障 眼科レーザー(網膜疾患、緑内障)、翼状片、眼瞼下垂、内反症、大人の斜視などの外眼部疾患 先天性鼻涙管閉鎖症開放術、シリコンチューブ留置術、YAG後発切開は借用にて対応 対応のできない疾患:観血的手術の必要な網膜剥離、硝子体手術、光線力学療法(PDT)、涙嚢鼻腔吻合術 屈折矯正手術、角膜移植、一般のコンタクトレンズ処方 特色について 現在は、常勤医師1名と非常勤眼科医師、看護師1名と視能訓練士、クラーク各1名で外来診療を行っています。 これまで眼科は常勤医師が不在の状態が2年間続いたため、手術などの対応ができずに大変なご不便をおかけして、申し訳ありませんでした。 平成29年1月より、眼科常勤医として寺田が着任しました。 それに伴い、白内障手術などの診療を再開しました。 白内障手術は、入院で対応しています。 前日の午後入院して翌日午前に手術を行い、3日目の朝の診察後に退院の2泊で対応しています。 現在の手術待ちは、1か月程度です。 入院での手術のため、一人住まいで付き添いのいない人や、糖尿病、透析中、抗凝固剤内服中など全身合併症のある患者さんの手術も対応しています。 医療設備.

次の

出口汪の「最強!」の論理的に読む技術

原田 奈月

【本書の内容】• 第1章 AI時代に生き残るために• 第2章 自分を殺す技術• 第3章 論理的に読む技術• 第4章 思考力を鍛える読書• 第5章 教養を深める読書 「編集者のつぶやき」 水王舎編集部 原田奈月 AIをはじめとするテクノロジーが、生活のすみずみまで行き渡る時代がやってきました。 多くの職業がなくなると危惧されている中、出口先生は本書で「読解力」が最強の武器になると伝えています。 単なる読解力ではなく、論理的に読む力を鍛えることで頭の中を整理し「深い教養」を身につけていく。 そのために、本書では設問を数多く載せるなど実践的な内容となっております。 練習問題をハルカちゃんと一緒に解いていくことで「論理的に読むということがどういうことなのか、なぜ必要なのか」を実感していただけたら幸いです。

次の

Area66

原田 奈月

当外来は、流涙をきたす涙道疾患の専門外来です。 流涙とは、涙を出させる刺激(感情によるもの、冷たい風など)がないにもかかわらず、涙が出てしまう症状です。 涙は上眼瞼の外側にある涙腺で作られ、目の表面を覆い、上下の瞼の内側にある涙点から排出され、涙小管、涙嚢、鼻涙管を経て下鼻道へと流れます。 涙道とは、この涙点から下鼻道までの涙の排出系の構造を指します。 流涙の原因として、涙分泌が亢進している場合と、涙の排出ができない、涙道閉塞があります。 当外来では、涙道閉塞による流涙の治療を専門的に行います。 初診の患者さんは、まずかかりつけの眼科施設で当院あての紹介状を作成していただき、一般外来を受診していただきます。 新患担当医の判断で当外来の予約をお取りします。 閉塞した涙道を再開通させれば流涙が止まります。 しかし、閉塞部を開放させるとその部位の涙道粘膜は一時的に腫れて再び閉塞しやすくなります。 したがって、涙道閉塞の治療法のポイントは1 閉塞部をどのように開放するか、2 再閉塞をどのように防止するかです。 この方法は、主に外来手術で局所麻酔下に行っています。 閉塞の状況から涙道チューブ留置術を行えない場合や再発を繰り返すなど難治性の場合には入院手術で涙嚢鼻腔吻合術(涙嚢と鼻腔の間の骨を削って新しい涙の通り道を作る手術)を行っています。 本手術ではほとんど全例で流涙が改善しています。

次の