クラリネット オーボエ。 ネオテック オーボエ&クラリネット・ストラップC.E.O. メタルフック カラー:ブラック :16015916795:クロスタウンストア

オーボエの音色と値段、初心者におすすめのメーカー選び方

クラリネット オーボエ

フルート 【C管】 ・フルート Flute :一般的なフルート。 「コンサートフルート」とも呼ばれます。 ・ピッコロ piccolo : フルートより1オクターブ高い、高音域を担当する楽器。 フルート奏者が曲中で持ち替えることもあります。 ・コントラバスフルート Contrabass flute :フルートより2オクターブ低く、伸ばすと全長2. 8mにもなる巨大なフルート。 頭部管は4の字に曲がっており、立って演奏します。 F管も存在します。 ・ダブルコントラバスフルート Double Contrabass flute :フルートより3オクターブ下の、低音域を担当する巨大なフルート。 1994年に誕生したばかりの希少な楽器です。 「サブコントラバスフルート」ともいいます。 【G管】 ・アルトフルート Alto Flute :フルートより完全4度低く、 低音を力強く吹くことができます。 吹奏楽やオケでは出番が少ないものの、ソロやアンサンブル、またジャズやポップスなどで活躍します。 ・トレブルフルート Treble Flute :ピッコロとソプラノフルートの中間の音域を持つフルート。 マイナー楽器で、スコットランド・北アイルランドのブラスバンドで用いられています。 フルートの短3度上、ピッコロとフルートの中間の音色を持っていますが、滅多に見る機会はありません。 F管のものもあります。 マイナー楽器で見る機会は少ないですが、フルートとアルトフルートの中間の音域を担う楽器です。 オーボエ 【C管】 ・オーボエ Oboe :吹奏楽・オーケストラともにソロの多い花形楽器。 高音域を担当します。 オーボエの仲間ですが、ベルが卵型をしているのが特徴です。 【F管】 ・コール・アングレ Cor anglais :オーボエより完全5度低い音域を担当。 形はオーボエ・ダモーレに近いです。 別名イングリッシュホルン、稀にアルトオーボエとも呼ばれます。 ファゴット 【C管】 ・ファゴット fagott :低~中音部を担当、音域は4オクターブ弱にもなります。 英語圏ではバスーン bassoon と呼びます。 日本ではドイツ式の楽器をファゴット、フランス式の楽器をバッソン(バソン)と呼んで区別しますが、バッソンが使われる機会は減ってきています。 ・バスクラリネット Bass Clarinet :低音域の 主に伴奏を担当するクラリネット。 ・コントラバスクラリネット Contra Bass Clarinet :クラリネット属の最低音を担当するクラリネット。 ・バセットクラリネット Basset Clarinet :マニアックなクラリネットですが、A管とバセットホルンの間の音域。 有名なモーツァルトのクラリネット協奏曲の原典版演奏の際に使われることでも知られています。 ・アルトクラリネット Alto Clarinet :クラリネットとバスクラリネットの中間の音域をカバーするクラリネット。 ・コントラアルトクラリネット Contra Alto Clarinet :バスクラリネットと、コントラバスクラリネットの中間の音域をカバーする低音楽器。 【F管】 ・バセットホルン Basset horn :ホルンと名がつきますが、アルトクラリネットと近い音域を担当する れっきとしたクラリネット属。 G管やD管もあるようです。 ・バリトンサクソフォーン Baritone Saxophone :通称 「バリサク」。 アルトサックスより1オクターブ低く、木管パートの低音部を担当します。 ・ソプラニーノサクソフォーン Sopranino Saxophone :アルトサックスより1オクターブ上の音域で、高い演奏技術が要求されます。 ・コントラバスサクソフォーン Contrabass Saxophone :バリサクよりさらに1オクターブ下。 世界に数台しかない希少な楽器。 吹奏楽での出番はそれほど多くありませんが、アンサンブルなどで活躍します。 ・テナーサクソフォーン Tenor Saxophone :アルトサックスに次いでメジャーな楽器。 アルトより完全4度低い音域を持ちます。 ・バスサクソフォーン Bass Saxophone :テナーサックスより1オクターブ下。 バリサクより低い音域ですが、構造は似ています。 High-F管はデスカント・ホルン(Descant Horn とも呼ばれます。 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の使っているウィンナ・ホルン(Wiener Horn)は、F管シングル・ホルンです。 現在最も一般的に使われているフルダブルホルン、補正管がついていてフルダブルより管が短く軽量なセミダブルホルンがあります。 幅広い音域に対応できますが、高価で重量もあるため、あまり使われていないのが現状です。 吹奏楽、ジャズなどで使われる、基本の楽器です。 A管もよく使われます。 ・コルネット Cornet :トランペットと同じ音域ですが、 小ぶりで柔らかい音色が出る楽器。 トランペット奏者が持ち替えて演奏することが多いです。 ・フリューゲルホルン Flugelhorn :トランペットより 一回り大きく、温かみのある音色が特色。 やはりトランペット奏者が持ち替えて演奏します。 【C管】 ・Cトランペット C Trumpet :クラシック、オーケストラではC管トランペットもよく使われます。 吹奏楽やクラシックなどで活躍する多くがこのテナートロンボーンです。 ・ピッコロトロンボーン(piccolo trombone):テナートロンボーンより2オクターブ高い、マイナー楽器。 ・ソプラノトロンボーン(soprano trombone):テナートロンボーンより1オクターブ高い音域を持つ楽器。 やはりあまり見ることはりません。 ・バストロンボーン(bass trombone):1~2個のバルブを追加し、テナートロンボーンよりもさらに低音域をカバーできるようにした楽器。 限られたメーカーしか作っていませんが、C管も存在します。 吹奏楽や学校の備品として、最もメジャーな調です。 ・スーザフォン Sousaphone :アメリカの作曲家で「マーチ王」と呼ばれる ジョン・フィリップ・スーザ(John Philip Sousa)によって考案された楽器。 【F管】 ・F管チューバ F Tuba :チューバの中で最も管が短いです。 いかがでしたか? 楽器ごとにこんなに様々な調性のものが存在しているとは、改めて吹奏楽の奥深さを感じてしまいますね!.

次の

クラリネットとオーボエ

クラリネット オーボエ

クラリネット、サックス奏者 募集要項 挙式・披露宴・パーティ・葬儀など様々な場面でソロ演奏(カラオケ使用)または他楽器とのアンサンブル演奏などを行います。 アッシュの強み• 毎月 安定して仕事が見込める• 充実の 無料研修• 努力が 待遇アップにつながる• 楽譜や制服の 無料配布• オープニング 入場時 カラオケ伴奏使用で1〜2曲 B. 実技オーディション 下記の課題曲を演奏して頂きます。 *全てカラオケを準備しております。 *自由曲は伴奏なしで演奏できるもの、もしくは伴奏オケをご持参ください。 オーディションに必要な楽譜は下記よりご確認ください。 服装 当日は結婚式、又は葬儀式で演奏する服装で、オーディション前にヘア、メイクも本番通りに整えてください。 持参物 オーディションに際しては、下記をご提出ください。 ・プロフィール(履歴書) ・演奏衣裳での写真(全身とアップ) ・デモ音源または映像(youtubeやDropboxでの提示可) 登録オーディション申込・結果について 応募申込 準備が整えば、下記エントリーフォームからお申込みください。 オーディション日が決定次第、ご連絡をさせて頂きます。 結果 オーディションに合格された方にシステム説明を行い、 お仕事上のルールをご納得いただいた上で、登録手続きをさせていただきます。

次の

オーボエについて最低限知っておきたいこと

クラリネット オーボエ

まずはオーボエから。 続いてクラリネット。 両者を並べるとこんな感じ。 真っ黒のボディに、ギラギラの金属の部品の数々。 確かに似ていますね。 実際、オーボエとクラリネットは同じ木材で作られていることが多いです。 長さについても、メーカーにより多少の誤差はありますが、どちらも全長は70cmくらいです(オーボエは、リードをつけるとプラス5cm)。 おおよそ同じくらいの長さと言えますね。 ですが、よーく見ると、 オーボエの方が金属の部品が多いように見えませんか?また、少し オーボエの方が細いですね。 くわえるところ では、近くから見たらどうでしょう?くわえるところから見てみましょう。 まずはオーボエから。 続いてクラリネット。 両者を並べてみましょう。 こちらはずいぶん違いますね!オーボエは 細いリードを付けてくわえるのに対して、クラリネットは マウスピースをくわえて吹きます。 よって、 くわえるところが細ければオーボエと言えますね。 ベル(楽器のおしりの部分) 続いて、おしりの方はどうでしょう?まずはオーボエ。 続いてクラリネット。 両者を並べます。 こちらも、並べてみると違いますね! オーボエが丸みを帯びているのに対し、クラリネットは末広がりになっていますね。 【まとめ】オーボエとクラリネットを見分けるポイント いかがでしたか?似てはいるものの、決定的な違いがいくつかありましたね。 まとめると、 ・オーボエの方が金属が多く、少し細い。 ・オーボエは細いリードをくわえるが、クラリネットはマウスピースをくわえて吹く。 ・オーボエのベルは丸みを帯びているが、クラリネットのベルは末広がり。 このように言えますね。 中でも一番のポイントは「 くわえるところ」ではないでしょうか。 くわえるところが ストローのように細ければオーボエ、太ければクラリネット。 オーボエの音色は、人間の声質に似た波長をもっていることから、 人間の心に響きやすいとも言われています。 映画などでも、泣けるシーンの曲を聴いていると、よくオーボエがメロディを吹いています。 クラリネットは、よく 木のぬくもりのような暖かみのある音などと表現されます。

次の